時には 母 の ない この よう に。 カルメン・マキの「時には母のない子のように」: エムズの片割れ

時には母のない子のように

時には 母 の ない この よう に

誰にも話せないでいる心の内を吐き出させてください。 すごく長いですが。 父は小2の時に他界して、中1の時に母親が再婚した。 が、その生活は6年で終わった。 高3の時、再び母は離婚した。 中一になったばかりの頃、母が再婚。 養父には中2の娘がいて家族4人になった。 姉になったその子をA子とするけど、ふたりの話合いで 元々姉妹じゃないんだから姉とか妹とかやめて 名前で呼び合おうってことになって、最初のうちは結構仲良くやってた。 A子は頭が良くて学年でいつも5位以内には入ってて 県内でも有数の進学校に合格したんだけど、 高校で友人関係に躓き、成績も中学の時のようなわけにもいかなくて 高1の2学期から不登校になった。 私の高校受験の年は、そんなふうだったから家の中が緊張しまくってたけど 元々私は何をやっても平均値な子供だったから フツーのレベルの高校に進学して、フツーの高校生活を送っていた。 同じ中学の親友が同じ高校に進学したこともあって 毎日楽しくて、部活生活も充実してたんだ。 そこから徐々に姉妹関係が悪化してきて ・・・と言うより、家の中でA子ひとりが孤立していた感じ。 孤立と言っても部屋から出てこないので仕方ないけど。 母も養父も色んな所に相談に行ったり、時には厳しく接したり 旅行に連れて行ったり、頑張ってたけど事態は変わらなかった。 母は一度ウザがられて突き飛ばされて、階段から落ちて怪我したこともあった。 それでも母はいつも、自分たちの再婚が影響したのではないかと気にしてた。 その母が怪我した時に養父がA子を叩いた。 それからはもう修復不可能になって、A子の好きにさせるようになっていった。 高3になったばかりの頃に、母に病院に連れて行かれた。 私自身は全く自覚はなかったんだが、 やたら大きな深呼吸を一日に何度も何度もしていたらしく、 心臓でも悪いんじゃないかって心配したらしい。 それで病院で色んな検査を受けた。 それから数日経った頃に、学校から帰ったら珍しくA子が部屋から出てきて ニヤニヤしながら「あんたしぬかも知れない病気なんだってね」って言った。 検査の結果はまだ聞いてなかったけど、その結果が出たんだと思った。 ビックリしてショックで固まってたら 「せっかく楽しい高校生活なのにね~せいぜい今のうちに楽しんで~」 みたいなことを言われて、私は部屋で震えてた。 母が帰ってきて、その事を聞いたんだ。 そしたらまだ結果は出てないって言う。 でもショックが大きかったせいか、母よりA子の言葉を信じてしまって 「本当のこと教えてよ!」って詰め寄ったりして。 で、A子に言われたことを話したら、物凄い形相で階段上がって行って A子の部屋のドアをガンガン叩いて、あんな激しい母を見たのは初めてだった。 結局のところ、母方の祖母が心臓の弁が壊れてるみたいな病気で(病名忘れた) 覚悟しておくようにって電話が伯母さんからあったのを A子が断片的に聞いて誤解したらしいんだ。 その事をA子に説明したら「あら~残念~」って笑ったんだよね。 私の検査結果は特に問題のない健康体だった。 強いて言えば心配事やストレスのような精神的な原因らしい。 当時の私、確かに悩みごとがあった。 県外に行きたい大学があったんだが、家の中がこんな状態で 母を残して家を出ることに迷いがあったから。 で、この時のことがあって母は養父と話し合って離婚することになった。 母は、誤解だったとはいえ義理の妹が心臓の病気らしいと言うことを 笑って話したのがどうしても許せなかったらしい。 A子と私を姉妹にしておくと、将来何があるか分からない、 とにかく縁を断ち切らなければと思った、と後に聞いた。 養父もこれには何も言い返せなかったようだ。 その母が昨年他界した。 還暦を迎えたばかりだった。 亡くなる半月ほど前に病室で、元養父と会った。 母のお見舞いに来てたんだが、その時初めて離婚後もずっと会ってたことを聞いた。 なんか、切なかったよ。 母は私の為に離婚したんだなぁ・・・。 そう思ったら、母と元養父に頭を下げて謝った。 でも元養父は「あの判断は間違ってなかったんだよ」って優しく言ってくれた。 A子、アル中で病院を行ったり来たりしてるらしい。 母が亡くなった時、葬儀に来てくれた元養父は涙目だった。 そして「二度と私ちゃんの前に現れないようにする。 私ちゃんは幸せな家庭を築くんだよ」って言った。 あの時の元養父を思い出すとなんか泣けてくる。

次の

時には母のない子のように

時には 母 の ない この よう に

母のガンが再発して、生活保護を受けるため、私は一人暮らし母は弟と二人暮らしで、別々に住むことになりました。 当時私は、生活保護を受けることで毎月安定的にお金を受け取れるということが母にとっては一番だと思っていました。 確かにお金は大事です。 お金がないと生きていけないのも事実。 だけど、 私はこの時、母がどんな思いで生活をしていたのかまで気を回すことができませんでした。 母はとても気が強いタイプで、弱音や泣き言は一切言わない人でした。 今がその時どんな気持ちだったのかなとか、私が考えれるようになったのはそれからずっと後のこと、30歳ぐらいの時でした。 もう母はいないので、本当はどう思っていたのか、今となっては知るすべがないのですが、 「きっとこんな気持ちだったんじゃないかな」「こんなことを考えてたんじゃないかな」ていうことを、想像してあげれるのは私しかいないし、それを母に代わって代弁できるのも私だけです。 これを書くのは正直とても辛いです。 今のこれを泣きながら書いています。 でも、これを読むことで一人の人にでも 想いが届き、役に立てばいいなと思っています。 仕事も辞めてしまったので、 ほとんどの時間を家で一人で過ごしています。 私は会社員の仕事を続けていました。 毎日母からメールが来ます。 「今日、豆ご飯炊いたから取りにおいで」といった内容です。 私は、日々の生活でいっぱいで、「忙しいからまた今度行くね」と言って、いかない時もありました。 今思うと、 母はとても寂しかったんだと思います。 私に会いたくてそういったメールを毎日送ってきていたんだと思います。 「行ってあげればよかった」なんてそんな単純なことではありません。 母がどういう思いでメールを送ってきていたのか、なんで私は考える余裕もなかったのかな。 そう思うととても申し訳ない気持ちでいっぱいです。 目の前のことで精一杯になってしまうと、 大切な人の心の機微や、言葉の裏にある気持ちまで考えてあげられる余裕がなくなる、ということをあなたにお伝えしたいです。 そして 安心して暮らせる、 いつでも帰れる場所があるということ。 その大切さにすごく気づかされました。 母が家を買ったのは弟が生まれた翌年です。 母は45歳、私は高校1年生の時でした。 「なんで母が家を買ったのかな」ということを考えられるようになったのも、同じく三十歳ぐらいの時です。 その母の想いに気付いた時に、涙が溢れて止まりませんでした。 「家賃がかからない家を残してあげれる」 おそらく母はそのことを知っていたのでしょう。 45歳で35年ローンを組むと80歳で完済という計算になります。 もしかしたら母は、65歳までの20年間で、ローンを何とか完済しようと必死だったのかもしれません。 自己破産をして、生活保護を受けるとなった時に、母はどんな思いでその家を手放したのでしょうか。 それを思うと、とても胸が痛いです。 母は本当はとても寂しい思いをしていたんだと思います。 そしてそれを一人で抱えていたんでしょう。 家を買うということは 「あなたの家族とあなたがそこで過ごす空間、時間、居場所」という、 目に見えない大切なものを守る手段です。 どうかそのことを、忘れないでください。 亡き母を偲んで。 1年以内にやりたいことはやっておきなさい」#11.

次の

時には母のない子のように

時には 母 の ない この よう に

時には母のない子のように Sometimes I Feel like A Motherless Child 時々 自分が母のない子のように感じられる 二度と戻れない故郷 『時には母のない子のように Sometimes I Feel like A Motherless Child』は、19世紀アメリカで生まれた伝統的な。 親元から引き離されてアフリカからアメリカへ連れて来られ、もう二度と生きて母親には会えないという過酷な運命を改めて顧みながら、その境遇が時々「母のない子のように」感じられると嘆き悲しむ黒人労働者たち。 歌詞には「A long ways from home」、すなわち「故郷アフリカから遠く離れて」とあるが、この「home」が意味する所は決して現実世界の生まれ故郷の意味だけではなく、彼らにとって唯一の心の支えでもある主イエスの御許、人間界での苦役を終えて魂が帰る安息の地を意味しているようにも思われる。 過酷な労働と劣悪な生活環境に晒され、黒人労働者たちは幾度も生死の境をさまよいながら、栄養状態も悪く痩せこけた体に鞭打ってひたすら労働を続ける。 ついに「くたばる直前(I feel like I'm almos' gone)」までに至れば、死ぬほど苦しんだ過酷な運命も「」となるのだろうか。 黒人霊歌の定番・多数のカバー曲 黒人霊歌を代表する定番曲として、『時には母のない子のように』は様々なアーティストによってカバー盤がレコーディングされている。 ルイ・アームストロング(Louis Armstrong)、マヘリア・ジャクソン(Mahalia Jackson)、ボニーM(Boney M)、バーバラ・ヘンドリックス(Barbara Hendricks)などのカバーが有名。 ちなみに、黒人霊歌『時には母のない子のように』のメロディは後世の音楽にも影響を与え、ジャズのスタンダード・ナンバーとして有名な『』や、ガーシュウィン『』などにもそのルーツとしての痕跡を見ることができる。 ガーシュウィン『』に至っては、冒頭の歌詞「サムタイム sometime」と「サマータイム summertime」と発音やスペルまで似ているが、これは偶然の一致なのだろうか?興味深いところだ。 代表的な歌詞・日本語訳 Sometimes I feel like a motherless child A long ways from home 時々、自分が母のない子のように感じる 故郷から遠く離れて Sometimes I feel like I'm almos' gone Way up in de heab'nly land 時々、自分が母のない子のように感じる 天へと昇る道 注:正規の英語教育を受けていない黒人英語が歌詞に用いられているため、スペルが通常の英語と異なる。 家族 関連ページ 『かあさんの歌』、『肩たたき』、『この道』、『ぞうさん』など、母親・お母さんをテーマ・題材とした日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。 お父さんのうた、お母さんのうた、おじいさん・おばあさんの歌、兄弟姉妹の歌など、家族に関連する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。

次の