宮迫博之 評判。 宮迫博之の髪型がカッコイイ!セット方法も解説【画像あり】|ヘアスタイルマガジン

さんまも匙投げた?宮迫博之、YouTubeに妻も登場で遠のくテレビ復帰

宮迫博之 評判

そして、また芸風もそのキャラクター通りであり 破壊的な印象を与えている。 しかし、実際の宮迫さんの笑いに毒々しさは全く無い。 おなじみの「宮迫です!」のギャグ。 当初、 明石家さんまさん、ダウンタウン松本さん、今田耕司さんなどが 喜んでマネしていたぐらいだからインパクトのあるギャグではあったのだろう。 しかし、その一時期前、挨拶ギャグが流行りすぎた。 「はぁ〜ら〜だたいぞうです!」、「石井ちゃんです」、「三瓶です」など…。 (元祖はネプチューン泰造かな?) 正直、私は宮迫さんはただの 二番煎じだとしか思っていない。 (それでも流行らせた方が勝ちだとは思うが。 ) しかし、この「宮迫です!」。 いつまでやっとんねんと思う。 結局は、ただのつかみギャグ、挨拶ギャグなのでいつまでやろうと勝手なのだが、 だた、宮迫さんの場合は、 一度ウケるといつまで同じことしかやらない癖があり、 それがそのまま 自身の芸やボケをワンパターンにしてしまってることに気付いてない。 そのワンパターン傾向にあり、且つ非常に多用しているパターンが、 「ちょっと待ってください!」と一度空気を止めてからボケる技術、である。 実はこれはとてもうまくて、それまでの空気を全部自分に向け、 流れを切ることで発言に期待感を持たすことができる技術である。 言ってること自体はそこそこでも、その技術のおかげでウケてしまうし、 番組で言えばテロップ付きのボケになるのである。 漫画の技法で言うと 「見開き」のようなものだ。 そこそこの台詞や絵でも見開きで見せることによってインパクトがあり、 ここが衝撃を受けるシーンなんだなと読み手は無意識に理解してしまう。 宮迫さんも同じく意図的にそういった空気を周囲や視聴者に作っているのである。 なおかつ、この技術は必ずうまくウケてしまうがために、 宮迫さんはこの技術を多用しまくっている。 1本の番組見てると2回ぐらいはやってるね。 あと応援的な掛け声の時には、必ず「自分らしく!」と言う。 確かにおもしろい掛け声なのだがワンパターン。 こればかりである。 コンビシャッフルでおなじみの 「史上空前!!笑いの祭典ザ・ドリームマッチ」 この番組でもやはりワンパターンで、昨年ウケた漫才のパターンを次の年にもやってしまう。 シャッフルした相手が誰であろうと関係ない。 前の年にウケたから今年もやっただけ、と感じざるを得ない。。 「二番煎じ」という話に戻したいのだが、 「めちゃイケ」のかま騒ぎなどで宮迫さんがよくやる ドロップキック。 あれも過去に、 とんねるずのノリさんがよくやっていたことだったりする。 宮迫さんの場合、ドロップキックの対象が 蛍原さんや 山崎邦正さんだったりするのだが、 ノリさんのドロップキックの対象は、後輩タレントはもちろんだが、 放送局の司会者や女子アナだったり、会場のお客さんだったりする。 同じドロップキックでも、やはりおもしろさに差がある。 ノリさんのドロップキックは笑えたが、 宮迫さんのドロップキックは、私はやっぱり素直に笑えない。 「二番煎じ」だったり、ウケたことだけをワンパターンにやり続けたりと、 宮迫さんにはそれ以外の要素(笑いのセンス、発想、トーク力)などは無いと思っていた。 というのも、デビュー当時のラジオ番組での彼のトークはおもしろくなかった、 というより、めっちゃ普通だった。 リスナーのハガキに普通にまじめに答えていた。 その上、現在のような宮迫さん特有の勢いすらなかった。 しかし現在、東京に進出してからの宮迫さんの トークには感心させられる事が多い。 うまいのだ。 おもしろいのだ。 しっかりとオチがキマっているのだ。 何があったのだろう?努力をしたのだろうか? 昔、ラジオで話を振られても、 「俺、エピソード何にもないから…」と、 マジで発言していた、あの消極的な発言はどこに行ったのだろうか? あと、宮迫さんの笑いと言えば 動きの笑いがある(最近はそうでもないか?)。 もともと 「吉本印天然素材」のメンバーには動きを得意とする芸人がたくさんいた。 ナインティナイン岡村さん、FUJIWARA原西さん、バッファロー吾郎竹若さん、 そして雨上がり決死隊宮迫さんだ。 同じ動きの笑いでも、それぞれ動きのタイプが違うのだが 宮迫さんの動きはいつもお尻が強調される。 しかし、それはFUJIWARA原西さんと同じだ。 うん?…と言うか、しゃべり方も似ているぞ?芸風もかぶってはいないか? それに、2人が別々の番組で 同じギャグをしている時もある。 どういうことだろうか?? 彼ら二人は、吉本印天然素材の頃、 イベントなどで「マッスルブラザーズ」というユニットを組んでコントなどしていた。 だから、もともと笑いの方向というのはお互いに似ていたのだろう(!?)。 しかし今、別々の番組で2人が同じギャグをしているのはおかしい。 早い話、2人のどちらかがどちらかのギャグをパクってやっているのだ。 結論を言うと、 宮迫さんが原西さんのギャグをパクってやっているのだ! (これはもう、昔からのことではあるのだが…)。 しかも、大阪ローカル番組で披露した原西さんのギャグを 宮迫さんは無断でパクり、それを 「ガキの使いやあらへんで!!」や 「タモリ倶楽部」などの全国ネットの番組で さも自分が考えたかのように堂々とやってしまうのは非常に残念である。 (しかも、それを見て山崎邦正さんがさらにマネをする。 ) 「ガキの使いやあらへんで!!」の「七変化のコーナーに登場するも、 7つのうちの 2つは原西さんのギャグを丸パクリであった。 さらに、 「だまっとけ!」「死ね!」「おしり!」などのフレーズも すべて原西さんからの無断引用である。 (パクリについては大阪ローカル「吉本超合金」という番組の中で宮迫さんも認めた。 ) …などと言った事があるにも関わらず、「宮迫です!」を、 当時ミニモニが「辻ちゃんです」、「加護ちゃんです」と歌っているのを見て、 「オレのギャグ、パクっとるがな!」と怒る始末…。 ) ナインティナイン岡村さんもよく他人のギャグをパクると言われるが、 宮迫さんとはまるっきり意味合いが違う。 岡村さんの場合は、パクってもそのギャグの持ち主がハッキリしている上に、 「パくる」ということ自体がボケになっている。 それに対して、宮迫さんの場合は、 他人のギャグ(というより原西さんのギャグ)を 大阪から東京へ持って行き、いかにも自分が考えたギャグだという顔で、 その ギャグのおもしろさを使って笑いを取ろうとしている。 この差は非常に大きい。 だから、同じ「パクリ芸人」としてまとめないでもらいたい。 要するにまとめると、宮迫さんには オリジナリティーが無いのでは?と思っている。 冒頭で語った挨拶ギャグやドロップキック、原西ギャグのパクリ…、など。 正直、あの宮迫さんのキャラですら原西さんのパクリでは?と考えてしまう。 (袖なしGジャンのエピソードですら、原西さんのパクリである。 ) それに、あれほどダメだったトークの技術の急激な進歩。 誰かのおもしろエピソード話にアレンジを加えて話しているだけかでは?などと、 正直、いろいろ疑問を持ってしまう(これは私の何の根拠もない想像)。 FUJIWARAが東京進出してからは、 原西さんのギャグをパクる事ができなくなってしまった為か 今現在は、 ダウンタウン松本さんのおもしろフレーズを使用する事が多くなった。 何かを手本にしないと笑いを取れないのか?と思ってしまう。 そのダウンタウン松本さんは「宮迫は才能ある/売れるべくして売れた」と言うのだが、 私は、どうしても宮迫さんからは才能やセンスは感じられない。 今まで長年見てきているが、印象に残るような発言やボケも特に思いつかない。 持っている笑いのパターンも少ない。 大喜利のセンスも特別良くはない。 しかし、そんな宮迫さんも笑いに対しては、かなりの プライドを持っている。 例え、シャレであったとしても、「宮迫面白くない」と言われるとマジで気分を害する。 そして、「オレはおもろい!」と熱くキレながら言ってみたり、 「今のは、別に笑わす気なかったですからね」などと、 自分の ウケなかった事を絶対認めない。 そして、宮迫さんは酒に酔うと自慢話ばかりするらしい。 「昔、岡村は俺に憧れとったんやぁ!」などと。

次の

ロンブー亮と宮迫の復帰にネットの反応は?二人の違いを調査してみた

宮迫博之 評判

プロフィール 名前:宮迫 博之(みやさこ ひろゆき) 本名:宮迫 博之(みやさこ ひろゆき) 生年月日:1970年3月31日(45歳) 出身地:大阪府 血液型:B型 身長:169cm 所属:吉本クリエイティブ・エージェンシー ・ 1988年:NSC入学。 ・ 1989年:雨上がり決死隊結成。 ・ 1995年:映画「ごんたくれ」で映画初出演。 ・ 1999年:「美しい人」でドラマ初出演。 ・ 2001年:ユニットデュオ「くず」結成。 ・ 2012年:早期ガン治療の為休養。 ・ 2013年:がん治療から復帰。 宮迫博之が嫌いと言われる理由がヤバイ!? 宮迫博之さんは雨上がり決死隊としてコンビで司会を務める番組を何本も持っていて、同時にピンの俳優さんとしても活躍しています。 俳優としては大河ドラマ「龍馬伝」にも出演しているので凄いですよね。 吉本の芸人さんの中ではお笑いと俳優業を両立しているということで、まさにトップクラスの芸人さんと言えるかと思います。 なので、世間からの好感度も高いように感じてしまうのですが、意外にも宮迫さんは周りから嫌われているのだとか。 芸能人は皆に好かれるというのは難しいので、ある程度嫌われてしまうというのもわかるのですが、宮迫さんのどのようなところが嫌われてしまっているのでしょうか。 スポンサーリンク そこで調べてみると、まず、視聴者から嫌われてしまう理由としては、 「面白くない」「俳優気取り」「性格が悪い」 などの理由があるのだとか。 ただ、これは人によって感じるところが異なるようで、人によって嫌いな理由は異なっているそうです。 確かに、宮迫さんが嫌われている理由としてこうしたことを聞くと、うなずけるところもある気がしますよね。 ただ、こうした事以外にも宮迫さんが嫌われている理由があるのだとか。 そこで調べてみると、実は宮迫さんは、以前行われたテレビ局関係者が選ぶ「嫌われ芸人ワースト10」というランキングで3位に入ってしまったことがあるそうです。 このランキングは、テレビ局関係者が嫌いな芸人とその理由を選ぶというものだったのですが、宮迫さんが選ばれた理由として 「スタッフへの態度が悪い」 というものがあったそうです。 このランキングによると宮迫さんはスタッフへの態度が悪く、挨拶を無視したり、打ち合わせに二日酔いのまま来ることなどが多く、そうしたことからスタッフから嫌われてしまっているのだとか。 これが本当なら少しショックな感じもしますし、かなりヤバイですよね。 ただ、テレビに映る時は愛想がいいのに、裏ではスタッフに対して態度が悪いという人はいるとよく聞きますよね。 なので、もしかすると宮迫さんもそうしたタイプの人なのかもしれません。 しかし、宮迫さんは昔から人情にも厚いということも言われていてやさしい人だという評判もあります。 なので、どちらが本当であるのかはわからないのですが、どんなに礼儀正しくても嫌われてしまうことがあるので、人気芸人の宿命のようなものなのかもしれませんね。 スポンサーリンク 宮迫博之が嫁と離婚しそうでしない驚きの理由とは!? 宮迫博之さんは1996年に結婚をしていて、恐妻家としても知られています。 時折、宮迫さんが話すお嫁さんの話は、家でぐうたらしていて動かない、家事をしない、文句ばかり言うなどかなりひどい言動が多いのですが、そんなお嫁さんをかなり恐れているのだとか。 こうした話だけを聞いていると、夫婦仲もあまり良くないのかとも感じてしまいます。 なので宮迫さんは、以前から離婚をするのではないかと言われているそうなのですが、未だに離婚をする気配がなく、このまま離婚はしないだろうとも言われているそうです。 宮迫さんが本格的にブレイクする前にお嫁さんと結婚をしているので、今さら離婚ができないということもあるのかもしれませんが、芸能人だと、ブレイクした途端、これまで支えてくれた妻と離婚をするという人もいますよね。 なので、恐妻家である宮迫さんも離婚をするのではないかということも言われているのですが、現実にはそうはなっていないようです。 なぜ宮迫さんが離婚をしないのか気になるところなのですが、何か理由があるのでしょうか。 そこで調べてみると、宮迫さんがお嫁さんと離婚をしない驚きの理由があったのです。 というのも、 「離婚して欲しいという言葉が禁句」 という夫婦間のルールがあり、これを守っているため離婚をしていないと言われているのだとか。 どのような理由からこうしたルールが作られたのかはわからないのですが、子供もいるので多少、何かあったとしてもすぐに離婚はしないということなのかもしれません。 実際に宮迫さんは、過去に何度か浮気をしていて、それを週刊誌に撮られてしまっています。 スポンサーリンク 宮迫さんの浮気で有名なのはタレントの木村まみさんとのお泊りデートですが、この時の浮気発覚時にはお嫁さんもかなり激怒したのだとか。 しかし、それでも離婚までは至らずに現在も夫婦として暮らしています。 これは「離婚して欲しいとは言わない」というルールがしっかり守られているエピソードと言えるかと思いますが、やはり子供のことなど現実のことを考えると離婚をする気にはならないというのがあるのかもしれません。 ただ、恐妻家と言われる宮迫さんなのですが、実はお嫁さんのことをかなり愛しているとも言われているのだとか。 特に2012年にガンが発覚した際には、完治するまでかなりしっかりとお嫁さんに看病をしてもらったそうなので、その時のことを恩に感じて離婚はしないのかもしれませんよね。 そもそも、宮迫さんとお嫁さんが知り合ったのは1989年とのことで、別れていた時期もあるものの、それからずっと一緒にいるそうです。 なので、すでに離婚をするしないというレベルの話ではないのかもしれません。 芸人なので、どうしても世間から嫌われたりバッシングされたりすることの多い宮迫さんなのですが、これまでトップの芸人として頑張ってこれたのも、そうしたお嫁さんがいてくれたからなのかもしれませんよね。 なので、宮迫さんは世間で言われているように簡単には離婚をしないのかもしれません。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

ロンブー亮と宮迫の復帰にネットの反応は?二人の違いを調査してみた

宮迫博之 評判

この記事の所要時間: 約 5分 8秒 雨上がり決死隊のボケ担当である 宮迫博之さん。 一部では 「ハゲから復活した」とか「胃がんから復活した」事でも知られているようです。 一般的にあまり性格が良くないと思われているようなので、それについて具体的に考えてみました。 Sponsored Link 宮迫博之のプロフィール 本名:宮迫 博之(みやさこ ひろゆき) 生年月日:1970年3月31日(50歳) 出生地:大阪府茨木市 血液型:B型 身長:167. 5 cm 事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 宮迫さんは最初から芸人を目指していた訳ではなく、最初は警察官を目指していたそうです。 しかし、高校卒業後に試験を受けるも残念ながら不合格。 その結果「吉本総合芸能学院(NSC)」を目指し、芸能界に入る事を決意したそうです。 元々はあくまでも「演技の勉強の為のお笑い」をやっていて、 俳優の仕事に興味があったとか。 実際に宮迫さんは現在、お笑いだけでなくテレビドラマ、映画、舞台、はたまたアニメの声優まで非常に幅広い活動されていますね。 Sponsored Link 宮迫博之の性格は? 宮迫さんの性格についてザッと情報を調べてみると、 「スタッフへの態度が悪い」といった横柄な印象もありますが、逆に 「おとなしい」「根暗」とも言われているようです。 テレビで見られる、常にハイテンションでキレる姿を見ている方からすれば、かなり意外な感じがしますね。 「昔は人見知りが激しかった」と本人も言っているそうで、過去のインタビューでは、 「昔はプライベートに自身がなかったんですけれど、今は昔ほど人見知りしなくなりました」 と話されています。 とはいえ、まずお笑いを目指した時点で 「人見知り」とは言えない程度だった可能性は高いと思います。 芸能人は自身の性格についてインタビューで「人見知りです」というケースが多いですが、案外アテにはならない事が多かったりします。 (一般人からの共感を得る為の戦略の1つなのか、それとも本心なのかは分かりませんが…) その他の性格に関するエピソード そんな宮迫さんの過去のエピソードについては以下のようなものがあります。 雨上がり宮迫が最近俳優とか1人で仕事するのが増えた。 こんなふうにコンビに差が出来ると浮かんで来る『解散』。 昔は一緒にユニットを組んでた木村が心配になって「宮迫さん、解散とか独り立ちとか考えてるんですか?」と聞いたら 「え?何で解散せなあかんの?死んでも嫌や」 と答えた。 宮迫さんは人間関係を大事にするタイプなのかもしれません。 また、バカルディ(現:さまぁ~ず)のお笑いのネタを見に来た客が笑わなかった時、 「お前らおかしいんじゃないか?お笑いを見る客として最低だぞ」 と言ったこともあるそうです。 更には、爆笑問題の太田さんに自身が嫌われているというウワサを聞いた時には、 「俺あの人(太田さん)に嫌われてるの?でもいいよ。 俺は俺であの人の芸人魂に惚れてるから」 と話したんだとか。 普通の人にはなかなか難しい、「自分を嫌いだとしても尊敬できる部分があるならそんなの関係ねぇ」という男前なエピソードです。 こういった精神的な強さが形作られたキッカケにはかなり興味を惹かれますが、もしかしたら過去の自殺未遂から立ち直った経験も影響してる可能性もあるかもしれません。 これについては興味があれば以下をご覧ください。 「失うものは何もない」 と言いますか…。 宮迫さんの芸風がボカボカ受けて、仕事が次々に舞い込むようになったのもその経験があったからこそかもしれませんね。 「10回M-1グランプリ」で審査員を務めた際には、 過去の大会(第1~9回)の映像をすべて見直してから本番に臨んだ など、仕事に対する非常に真剣な姿勢も窺えます。 また、フジテレビ系列の情報バラエティー「バイキング」で上手く話せなかったなどを見てみると、 「一生懸命努力する姿勢を見せる人間が好き」 なのではないかとも思います。 ちなみに、宮迫さんと言えば過去には以下のツイートも話題になり「常識がない」といった意見が相次いでいたのを知っている人もいるかもしれません。 確かにこれだけ見れば一般的に「常識はずれ」感は否めませんが、少し見方を変えれば 「人情」に非常に重きを置いていることも分かるのではないでしょうか。 「コンビの解散なんて絶対しない!!」って言ってたのも、一生懸命ネタを披露する芸人を笑わない客に怒ったのも、 「人情」に欠けていると思ったからでしょう。 改めてエピソードをなぞってみると、宮迫さんの行動や正確には実は一貫性がある事が分かります。 ちなみに以下のようにスタッフへの対応の悪さも話題になっていましたが、 「人情をかける優先順位」に引っかかっているのかもしれませんね。 「スタッフへの対応が最悪。 番組の打ち合わせに二日酔いで来るのはザラだし、挨拶をしても無視したり。 業界関係者からいい噂を聞いたことないですよ。 蛍原は真面目で評判いいだけに残念です」(制作会社ディレクター) という事で、以上から宮迫さんの性格をまとめてみると、 「人情に厚く、人との付き合いを大事にする」 ただし、付き合いが浅いスタッフへの対応などは必然的に優先順位が後回しになる為、自分勝手で性格が悪く見える可能性も高い。 といった感じではないかと個人的には思っています。 「何故、性格が良いと言う人と悪と言う人が両方いるのか?」 という視点で考えてみると面白いですよね。 参考になれば幸いです。 それでは!.

次の