未満警察 面白くなさそう。 未満警察 ミッドナイトランナー #02 ★2

『未満警察』第1話の視聴率発表。初回のあらすじ内容、視聴者の反応は賛否両論。中島健人&平野紫耀がW主演で好スタートも…

未満警察 面白くなさそう

[以下引用] 「再放送が発表されると、ネットでは大盛り上がりで『全部見たい』という声が殺到。 高い注目度の中でオンエアされ、平均視聴率は11. 0%を記録しました。 その時間帯では『新・情報7daysニュースキャスター』が21. 8%といつも以上に高い数字を出したので割を食った部分もあるようですが、13日に放送されたフジテレビ月9新ドラマ『SUITS 2』が11. 1%だったことを見れば、十分高い数字です。 時間帯は違えど、再放送が新作ドラマに肉薄する数字を出すのですから、やはり人気の高さをうかがわせましたね」(制作会社スタッフ) この高視聴率に日テレ関係者も大喜びかと思えば、意外にも微妙な空気も漂っているという。 「数字が高いのは喜ばしいことですが、もろ手を挙げてというわけにもいかないみたいですね。 『未満警察』はそれこそ2月からあちらこちらで番宣をしていたように、ジャニーズともども力の入った作品です。 しかし、放送延期となったことで、番宣効果も薄れていってしまう。 『野ブタ』も同じジャニーズタレントが主演とはいえ、15年前のドラマの再放送に視聴率で負けるようなことがあってはならない。 亀梨&山Pコンビの人気の高さを改めて思い知らされましたが、現在は女優を引退してしまった堀北真希さんや、先月まで朝ドラ「スカーレット」で主演を務めていた戸田恵梨香さんなど、注目度の高い豪華キャスト陣が出演していたことも視聴率に貢献したと思われます。 しかし、上の引用記事にもあった通り、「未満制作」の制作現場はかなりドンヨリとしているそう。 健人くんも「まだ2話も完成していない」と明かしていましたし、そこに過去ドラマの高視聴率でハードルを上げられたのでは、プレッシャーに感じてしまうのも無理はありません。 しかし、まだまだ感染者数が増えている現状を鑑みると、5月6日までとされていた緊急事態宣言も延長される可能性がある。 「テレビ局内では、 撮影再開ができないドラマは7月クール以降に持ち越してはどうかという案も出ているそうです。 ただ、出演者のスケジュールの都合を考えるとそう簡単にはいかない。 特にジャニーズの人たちは、先にCDリリースやコンサートの予定が決まっているから、スケジュールに余裕がなくドラマの撮影もギリギリで進めることが多いと聞きますからね。 なんとか5話くらいの短いドラマに仕上げるか、最悪一時放送中止にして仕切り直すか……どちらにせよ苦渋の判断を迫られそうです」(大手事務所関係者) [日刊サイゾー] 撮影再開の目処が全く立たない以上、7月クール以降に延期というのが一番現実的だと思います。 その場合、撮影スケジュールを確保することができなければ、放送中止という決断も止むを得ないでしょう。 ただ、それは「未満警察」だけではなく、キムタク主演「BG」や堺雅人さん主演「半沢直樹2」といった注目ドラマも同じこと。 業界全体で「スケジュールを3ヶ月ずらそう」という流れになれば、最悪の事態も避けられるように思いますが… コロナがいつ収束するのかは神様にしか分かりませんし、今は諦めの境地で「全てを天に委ねる」しかないような。 外出禁止にウンザリした人たちが、GWに「もう我慢できない!」と全国各地に遊びに出掛けたりしないことを願うばかりです。 一般販売は当分先になりそうです。

次の

中島健人&平野紫耀「未満警察」の第一話は北九州監禁事がモチーフ?初回放送を終えて視聴者の感想は

未満警察 面白くなさそう

もちろん大筋は原作どおりなんですが、かなり 予想外の展開をします。 そこが意外過ぎて受け入れられない人が多いのでしょうか。 確かに原作を読まずに観に行って、この展開になるとあっけに取られてしまうかもしれませんね。 犯人が早々にわかってしまって、謎解きを楽しめなかった人もいたようです。 ミステリーなのでこれは致命的かも。 原作の感想をみても犯人がわかるという声はなかったので、これは映画の改悪部分なんでしょう。 他にもギャグが寒くて緊張感がなくなるという声も。 こちらも映画ならではの意見ですね。 このノリが好きな人なら気にならないかもしれません。 しかも結構苦手な人がいるタイプの変化球なんです。 ネタバレにならない程度にお伝えしたいのでふわっとしてますが、その展開になってすぐに見なきゃよかったと思う人がいるレベルで、子連れには厳しい内容です。 それが予告ではまったくわからないので、詐欺じゃないかとまで言われています。 2時間程度の尺に収めるにはどうしても削らないといけない部分があるわけで、仕方のないことではあります。 でも、どこをどう削るか、は脚本家なり監督なりの腕の見せ所でもあると思っています。 映画を見てから原作を読んだ人のほとんどが、原作の方が面白いと感じたようです。 映画版屍人荘の殺人は登場人物のキャラが薄っぺらくなってしまったんでしょうね。

次の

「未満警察」が放送中止or大幅カットの危機!「野ブタ。をプロデュース」再放送が高視聴率で中島健人と平野紫耀の出番なし

未満警察 面白くなさそう

土曜の夜に『野ブタ。 をプロデュース』を見る。 なんて久しぶりの体験だろう… 確か放送当時は小学生。 『ミッドナイトランナー』 そう聞いてあなたは何を思い浮かべた? いや、《どちらを》と問うのが正しいかな 私が指すその言葉には一応2つの選択肢がある。 そしてもう一方は、韓国映画 『ミッドナイトランナー』。 『未満警察』の制作が発表された時、なんだか聞いたことある気がして調べた結果、映画『ミッドナイトランナー』が検索にひっかかった。 あぁこれだこれだと、ドラマの予習を兼ねてその映画を見てみたら、そのテイストのまぁ重いこと重いこと… 韓国での若手人気俳優パク・ソジュンの主演だし、明るいアクション映画だと思って見たらかなりの社会派作品でした。 コミカルなやりとりやエンターテイメントらしい仕上がりのシーンも多々ありますが、メッセージ性がとても強い。 それでもすっごく面白かったな。 そして、映画の印象が強いままに『未満警察』の予告を見た私は、その内容を思いちょっと残念に感じて。 そして、ある疑問を持ちました。 原作の真面目なトーンや、テーマ性を引き継ごうとしてるとは思えないホームページや予告動画のテンション。 コミカルさの強い空気感からして、映画の『ミッドナイトランナー』に真正面からぶつける気はなさそうだ… なのにドラマの副題には同じタイトルを冠していて、ビジュアルも映画の二人に寄せ過ぎなくらい寄せている。 でもオリジナル作品への言及は全く見あたらない。 番組公式サイトにも、制作発表の文章にも。 何がしたいのかわからないなぁ… 権利の話かなんかそういう《大人の事情》があるのかな、とか思いつつ、それにしても中途半端だなって。 これだと設定借りパクしただけじゃん!って。 ドラマ版でのエンターテイメント性を高めるために、過度に現実離れしたエピソードを築いている、そんな印象を受けた第一話のあらすじも、そう感じた一因かもしれないけど。 そして、そういうブームを再び作りたい!というジャニーズと日本テレビの想いだけだ。 ジャニーズ事務所のタレントで、異なるグループからのメンバーコラボ。 初回放送延期になって、やっぱり挟まれた『野ブタ。 』の特別編。 そして土曜の夜のドラマと来たら、そう発想しないわけがない。 もちろん、流行とはそういうもの。 突如として現れた新人だと思ってても、それを事務所やらいろんな企業やらが口裏合わせて売出したりするもんだ。 特にジャニーズと日本テレビには、互いに力を出し合うことで 人気者を生み出してきた長くて深い歴史がある。 日テレが生んだ名バディたち たとえば、1997年に放送された 『ぼくらの勇気 未満都市』 KinKi Kidsの堂本光一、堂本剛が主演した日本テレビのドラマ。 人気アイドル二人の主演と、その衝撃的なストーリーで当時のかなりの話題作になったらしい。 今からすればNetflixなんかにあってもおかしくない程のシリアスなテーマ。 そして、今のテレビ局の予算じゃ作れなさそうな大規模なロケーション撮影もポイントかもしれない。 『未満警察』のタイトルをわざと『ミッドナイトランナー』じゃなく、《未満》ってついた言葉にしたのも、《未満シティー》を暗に示しての計らいか。 これから始まるドラマが、 その歴史の延長線上にいることを、わかる人にはわかるのはようにしたのかな。 それからおなじみ、2005年に放送された 『野ブタ。 をプロデュース』 KAT-TUNの亀梨和也と山下智久の主演作、そして堀北真希の出世作。 いろんな意味で話題作。 そして主題歌だった「青春アミーゴ」はミリオンセラーともなり。 あの頃、みんなが歌ってみんなが踊れた。 誇張なんてなしに、本当にみんなが。 それくらいの一大ブームとなったドラマだ。 『野ブタ。 』にも原作小説がある(実は『未満シティー』にもアイデア元らしい作品があるようだ)が、その内容はかなりアレンジされている。 原作をアレンジし新しいエンターテイメントとして送り出そうという試み、そして(このテキストの中でも何度も話してきたけど)ここまで露骨に修二と彰を彷彿とさせる 二人組の姿を見せられたら、『未満警察』は『野ブタ。 』を意識してないとは言えないはずだ。 あからさまに今2つの作品を取り上げたように、正にこの2作品は『未満警察』の源流とも言えるドラマではないか。 けれども今の私には、『未満警察』と上の2つは同じものとして見えてはいない。 『未満警察』の気になるところ 『野ブタ。 『未満シティー』では殺人ウイルスで大人が死に、子供しか生きられない地域が物語の舞台。 最終的には大人と子供の闘いにまで発展する。 『野ブタ。 』は学園ドラマではあるもの、きらびやかなスクールデイズとは程遠く、校内カーストやいじめ嫉妬の様がリアルに残される。 和やかなシーンの後にも、ヒリヒリとした空気や学生特有の複雑な関係性がストーリーの中に紡がれ、コミカルな中にも一筋縄ではいかない歯がゆさも残るお話がきちりと描かれていた。 そんな真面目なトーンだったからこそ、尚更みんなそれぞれのドラマを好きだった。 『未満シティー』のSPドラマ放送が決定したとき、『野ブタ。 』の特別編放送中に、性別問わず、それらのドラマを愛するたくさんの声を目にした。 大人になってからも、その好感が消えることはなかったからみんながやっぱり話題にした。 放送当時は小学生の子供だったけど、子供ながらに、 子供だましに作られていないことが理解できた。 タレント達の人気はもちろんだけど、作品自体がしっかり面白かったんだ。 だけど今の私には『未満警察』にそれは見えにくい。 だから少しだけドラマを見るのが心配だ とにかく、このドラマの行き着く先が【過去にやったことをもう一度辿れば売れるのでは、見てもらえるんじゃないか】そんな軽薄はことを感じさせる内容でなければ嬉しいです。 そうは言ってもこのドラマ、 けどまあこれまでのドラマだって、初めは鳴り物入りだったかもしれないな。 主人公を演じるのがチャラついたイメージのある アイドル事務所のタレントで、主題歌はその人たちが担当。 放送前は、新人の売り込みドラマだとしか思えない人の方が多かったのかもしれない。 期待していないものに対して、人はここまで興味を持たないはずだ 野ブタパワーに勇気を貰い、三人の関係性に元気と笑顔を貰った私のように 未満都市ではKinKi Kidsが、野ブタ。 では修二と彰がたくさんの人に光を与えた。 さて、未満警察はどんな最後を描くのだろう。 どんな物語を見せてくれるのだろう どんなムーブメントを起こすのだろう 『やってくれたなジャニーズ』と、ついつい言ってしまうような大傑作が見られることを、さて今回もまた期待しようか。

次の