マイニング シティ。 マイニングシティでビットコインを増やし、億り人を目指そう!

マイニングシティでビットコインを増やし、億り人を目指そう!

マイニング シティ

マイニングシティとは? ポーランドを拠点にした「 マインベスト」の設備を利用してサービスを提供している、クラウドマイニングサービス。 マイニング設備が整った企業に出資することで、マイニング報酬の一部を投資家に配当するというサービスなのですが、 2019年7月頃より様々なメディアに取り上げられ始めたことから話題となった投資案件です。 コインオタクやコインテレグラフといった大手仮想通貨メディアが一斉にPR記事を掲載。 広告費をかけて本格的に日本に参入を決めた模様でした。 海外の業者のクラウドマイニングといえば、ビットクラブのように悪質なMLM案件が目立ちますが、マイニングシティはいかなるものなのでしょうか? マイニングシティの運営会社とは? マイニングシティを運営しているのは、 キプロスを本拠地とした「 Prophetek Limited」という企業。 公式サイトにはCEOとされる「 Gregory Rogowski グレゴリーロゴフスキ 」氏の写真が確認できます。 ただ、運営会社とされる「 Prophetek Limited」について捜査していくと、興味深い情報を発見。 この人物が何者なのか?捜査したところ、 65社にも及ぶ企業に名を連ねていることが判明。 おそらくは キプロスの法人を設立を手伝う代行業者を利用したものと思われます。 現地で法人の設立すら行えない企業が果たして、キプロスに本拠地を置くでしょうか? 上記の情報からですと、「マイニングシティ」の 運営はキプロスでは行われていない可能性が高いと判断いたします。 マイニングシティがMINBEST社と業務提携? 「マイニングシティ」が信頼できる企業だとして公開されている情報である… ・MINBEST社 ・BTC. com 2社との業務提携ですが、調べてみると業務提携というよりは マイニングシティ側が各社の設備を利用しているだけに過ぎない様に見えます。 複数のアフィリエイトサイトでは「MINEBEST」が提供するサービスが「マイニングシティ」である、などの記載がなされていますが、実際に 「MINEBEST」の公式サイトを確認しても 「マイニングシティ」の文字はどこにも見つかりません。 そして、世界一のマイニングプールである 「BTC. com」の公式パートナーであるという記載についても見かけますが、詳細を確認すると… これらの情報をまとめると… MINEBESTの設備を使い、BTC. comのマイニングプールに登録して業務提携だと言い張っているだけのように見えてしまいます。 もしくは 自社のサービスだけでは信頼性が担保できないため、他社のサービスを駆使してそれっぽく見せているとでも言いましょうか。 なんにせよ、 マイニングシティ側が何かオリジナルのサービスを提供しているのか?という疑問は残ります。 公式を名乗るマイニングシティジャパンが怪しい マイニングシティと検索すると一番上に表示される【公式】マイニングシティ Mining City 登録方法・紹介・報酬というwebサイト。 公式サイトを名乗っているようで、サイト名は「 マイニングシティジャパン」らしい。 間違っていたら訂正して欲しい サイト内を見る限り、マイニングシティが日本に上陸に合わせてセミナーや解説動画にてマイニングシティの普及活動を行っているウェブサイトなのでしょう。 やサイト内にあるなどから、 「松岡 誠」なる人物が運営しているものと予測できます。 マイニングシティの「松岡 誠」は偽名なのか? 「松岡 誠」と捜査していくと、複数のwebサイトにて 以前は「川田誠」「川田真琴」として活動していたという情報が確認できます。 これを踏まえて「川田誠」「川田真琴」という名前を調べていくと… 2通りの名前で紹介されているwebサイトを発見。 「川田誠」「川田真琴」として活動していたのは事実の模様。 現在の「松岡 誠」は偽名 芸名? だと推測できます。 では2020年現在、名前を変えて活動している理由はどこにあるのか? その理由は過去に起こしたとある事件が関係しています。 松岡誠は過去に「行政処分」を受けていた 「松岡誠」が過去に名乗っていた「川田誠」に対して、行政処分が下されていました。 「川田誠」名義で処分を受けています。 公的な文書に記載されていることから、 「松岡誠」の本名が「川田誠」と見るべきでしょう。 この行政処分に至った経緯も記載されていますが、 悪質すぎます。 一言にすると…「ウソついて金集めて横領した」 ここまでの事実がネット上で確認出来てしまうのですから、「川田 誠」という本名を隠して「松岡 誠」として現在は活動している模様。 以上が「松岡誠」の評判、経歴となります。 ビットコインボルト BTCV の価格高騰でマイニングシティの注目度が高くなっていますが、 1100日掛けて少しづつマイニングするのは運営が飛ぶリスクなどを考えると危険が高いといえます。 ましてや「松岡 誠」のようなマルチ業者も絡んでいるのであれば、投資金が本当に運用されているのか疑ってしまいます。 自分の投資金がゼロになるかも…という不安を感じながら1100日間過ごす精神力が私にはないので、マイニングシティへの投資は見送りです。 私は事実のみを記載していますので、この情報をどう捉えるのかは皆様にお任せいたします。 最近では 資金を自分で管理できるサービスも登場していますから、リスクを減らしながら更に稼げる案件が見つかるかもしれません。 マイニングシティを利用するのも良いですが、その前に他の投資案件と比較してみるのも良いでしょう。 比較したい投資案件• 2020年4月追記:プロジェクトXについて マイニングシティは2019年11月に、 独自トークンをマイニングする「プロジェクトX」なるサービスを発表しました。 新プロジェクト開始の背景としては、2020年に来るマイニング報酬の半減期 配当が減る。 に対する対策という形になっています。 トークンの名前は「 ビットコインボルトBTCV」という独自通貨の模様です。 まず、ここで注意したいのは「ビットコインボルト BTCV 」はマイニングシティの 独自トークンではありません。 正確には、マイニングシティが自社工場のマシンをホスティングしている「MINEBEST社」による独自トークンです。 このビットコインボルトを効率よく保有するための方法としてマイニングシティが一番であるとされています。 ビットコインボルトに関しては価格上昇を続けていますから、マイニングシティでBTCをマイニングするよりは利益が見込める商品であるのは間違いないでしょう。 ただ、ビットコインボルトで稼ぐためにはマイニングシティに投資するのが最も稼げるのか?と言われると、一概にそうだとは言い切れません。 ビットコインボルトについては個別で詳細記事を作成しております。 ご興味のある方は合わせてお読み頂けると幸いでございます。

次の

マイニングシティ出金してみた。

マイニング シティ

マイニングシティとは? マイニングシティとは、ブロックチェーン専門会社であるMINEBEST社が提供しているマイニングサービスのことです。 仮想通貨の取引データを承認する計算能力のことをハッシュパワーと呼びますが、そのハッシュパワーをマイニングシティというサービスを通して販売しています。 ユーザーはマイニングシティが提供するプランを購入することで、マイニング能力に応じた報酬をMINEBEST社から得られるようになります。 コスト削減と合理化に成功 通常マイニングをする場合は、マイニングマシンを稼働させるための部屋と電気代がかかります。 さらに複数のマシンで大規模に行う場合は、大掛かりな施設とそれらを可動させるだけの電力も用意しなければなりません。 日本でもマイニング事業を行う企業はありましたが、マイニング報酬と電気代などのコストで採算が合わず撤退しています。 しかしMINEBEST社は以下の2つの工夫で、マイニングコストの大幅な削減に成功しています。 電気代が安いカザフスタンやウズベキスタンなどにマイニング施設を建設• 冷却効率の高いマイニング専用コンテナなどの備品の開発を行う 上記により、第3者の投資家にマイニングのハッシュレートを販売するサービスを行うことができるようになりました。 選べるのは4つのプラン ユーザーがマイニングシティのサービスを利用したい場合は、以下の4つのプランの中から申し込む必要があります。 スタンダートプラン• ブロンズプラン• シルバープラン• ゴールドプラン 申込時にかかる費用は、スタンダードプランが500ドル、ブロンズプランが1000ドル、シルバープランが2000ドル、ゴールドプランが3500ドルとなっています。 画像引用元: 長期プランで安定した収入 一見すると費用は高いように感じますが、契約は1000日と約3年間に渡って持続します。 さらに契約期間中はマイニング報酬を定期的に受け取ることができるので、安定して利益が得られるのが特徴です。 契約してから1000日経過した場合は、再度契約をすることになります。 ただしその際に、スタンダードプランからブロンズプランにするなどプラン変更をすることも可能です。 またゴールドプランのみ、マイニング報酬以外にも名誉市民ボーナスという特別な報酬を得ることができるので、資金に余裕がある場合はそちらを申し込んでみても良いでしょう。 マイニングシティの儲かる仕組みは2つ マイニングシティでの儲け方は、大きく分けて2つの方法があります。 1つ目がマイニングの報酬であり、2つ目は紹介によるアフィリエイト報酬です。 アフィリエイト報酬 2つ目の稼ぎ方は「アフィリエイト制度を利用する」というものです。 マイニングシティを利用している方が、友人や知人などを勧誘し、彼らが新たにマイニングシティに参加すると、紹介した方に対して「アフィリエイト料」という報酬が支払われます。 アフィリエイト料の金額は、新たに加入した方が申し込んだプランの5%分です。 例えば友人が500ドルのスタンダートプランでマイニングシティに加入した場合は、500ドルの5%にあたる25ドルがあなたに対して支払われます。 報酬の割合については5人までが5%、6人目以降は10%アップしますので、マイニングシティに興味を持っている方がいれば積極的に誘ってみるのも良いかもしれません。 アフィリエイトによる報酬を得るときには1つだけ注意点があります。 それは「自分の利用しているプランが報酬の上限になる」ということです。 例えば自分が500ドルのスタンダートプランに入っていて、誘った友人が3500ドルのゴールドプランに加入したとしましょう。 この場合、3500ドルの5%である175ドルが得られるようにみえますが、実際は自身のプランが上限になるので、500ドルの5%である25ドルしか得られません。 友人や知人を誘うときは自身のプランに気をつけて誘うようにしましょう。 マイニングシティのメリットとデメリット マイニングシティを利用するメリットは大きく分けると2つあります。 手軽で簡単 1つ目は「導入コストが安い」という点です。 個人でマイニングをする場合、高性能なサーバーと契約したりマイニングマシンを複数台用意したり、その他にマシンを設置する場所も必要になります。 さらにマシンを常時可動させる必要があることから、電気代などの維持コストもまた大きくなってしまいます。 しかしマイニングシティの場合は、MINETBEST社が提供するマイニング能力を買い取るだけなので、自分でマイニング用の諸々の準備をする必要はありません。 プランを申し込むときに費用を支払う必要はあるものの、その後は基本的に何もしなくても良いので、個人でマイニングするよりも負担はかなり少ないといえます。 面倒な作業は全てお任せ 2つ目のメリットは「何もしなくても24時間利益が発生する」ことです。 個人でマイニングをする場合も、マシンをずっと稼動させていれば報酬は発生します。 しかしメンテナンスのために、定期的にマシンを休ませたり、故障があれば修理を行う必要があります。 その間は当然のことですが、マイニング報酬は発生しません。 これに対してマイニングシティでは、マイニングマシンのチェックやメンテナンスなどの全ての作業をMINEBEST社のスタッフが代わりに行ってくれます。 あなたは面倒な作業は全て任せて、寝ているときや食事をしているときなどでもマイニング報酬が増えるのを待っていればいいのです。 マイニングシティのデメリット 上述した通りのメリットもありますが、全て良いことばかりではありません。 マイニングシティのデメリットとして、「不確定要素が多い」という点が挙げられます。 マイニングによる報酬は仮想通貨の価格によって変動する性質があり、さらにその仮想通貨の価値も日々変化することから、正確なマイニング報酬の額が読みにくいのが難点です。 さらにマイニングシティはドル単位でプランの費用を払う必要があり、それも不確定要素の1つとなっています。 例えばスタンダードプランの費用である500ドルを支払う場合、1ドル80円のときであれば支払う費用を4万円まで抑えられる反面、1ドル120円のときは支払額が6万円まで上昇するなど、ドル相場の状態によっては支払う金額が大きく変動します。 「ドル相場はそこまで大きく変化しない」と思わるかもしれませんが、2011年は1ドル80円を記録しており、さらにその3年後の2014年には、1ドル120円になるなど、数年単位でドル相場が大きく変わることがあるので気をつけてください。 まとめ マイニングシティではMINEBEST社が持つマイニング能力を購入することで、それに見合った報酬を得ることができます。 仮想通貨の相場やドル相場の変化により得られる報酬の額が変化するものの、マイニングシティのプランに加入するだけで定期的にマイニング報酬を得ることができます。 変動率の高い仮想通貨を購入するよりも、リスクを抑えられるのが特徴です。 「仮想通貨を購入して運用してみたいけれど、不安要素が多くて購入に踏み切れない」と悩んでいる方は仮想通貨ではなくマイニングシティへの加入を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

マイニングシティって何?報酬プランがあると聞いて調査してみた!

マイニング シティ

マイニングシティの評判 現在、SNS上では「マイニングシティ」の話題で盛り上がっています。 特に新しくマイニングできる「ビットコインボルト」は、右肩上がりの価格上昇を続けているので、興味が出た人も多いのではないでしょうか。 そこで「 マイニングシティに今から参入しても大丈夫なのか?」という判断基準作るために、良い口コミ、悪い口コミを集めました。 ビットコインボルトについての解説も後の方に載せているので、マイニングシティに投資するかどうかの参考にしてみてください。 結論から先に言ってしまうと、 マイニングシティへの投資はおすすめできません。 その主な理由は マイニングシティでマイニングするメリットを感じられないためです。 それぞれの評判の内容を吟味していくので、投資判断の参考にしてみてください。 ビットコインボルトの値上がりが好調 ビットコインボルト(BTCV)は上場時から右肩上がりの値上がりをしています。 SNS上でもこの値上がりを受けてマイニングシティの勧誘を勧めている人が多くいる状況になっています。 気になるのは「 なぜビットコインボルトの価格がそんなに急上昇しているのか?」 恐らく以下のような流れが行われているのではないでしょうか。 しかし、ガチホ勢により買い占めが行われる。 であれば、別にマイニングシティを間に挟む必要がありません。 単純に「Liquid」「coineal」のどちらかの取引所でBTCVを購入すればよいだけの話。 マイニングでじわじわ報酬を得るよりも、今のうちに確保した方が効率は良いはずです。 3万円から投資に参加できる マイニングシティでは3万円から投資に参加できるプランがあります。 「3万円からマイニングが始められるのでお手軽!」という触れ込みが多いのですが、 3万円の投資を1100日間やっても多く稼げないのは簡単に想像できますし、 マイニングしている間に価格が落ち込むということも考えられます。 仮想通貨はボラティリティが激しいので、すぐに売買できるような投資をしていた方が稼げる確率は上がるでしょう。 デジタルマイニング協会に認められた マイニングシティのこれからについての賛否両論はあって当然。 しかし開始から1年半以内にビットコインマイニングのシェア率が最高で1. ただ、調べてみたところそのような事実はなく、デジタルマイニング協会は「マイニングのやり方を整備しませんか?」と提案している団体だということが分かりました。 (引用:より) なので、「デジタルマイニング協会に支持されているから安心できる! 」というわけではありません。 付け加えると、企業サイトなのに、セキュリティリスクのあるHTTP通信を使っているのも気になります。 (普通はHTTPS通信というものが使われます) 「ビットコインボルトはセキュリティが万全の仮想通貨!」と宣伝しているはずなのですが・・・。 勧誘しなければ元本回収が出来ない マイニングシティには「紹介者報酬」が用意されています。 要するに人を勧誘すればするほど、紹介者が儲けられる仕組みのことです。 SNS上で勧誘が多く行われているのは、紹介者報酬を得る目的のものがほとんどでしょう。 では、実際、 「 紹介者報酬を出さないで稼げるのか?」という点ですが、 すぐに稼ぐことは難しい。 少なくとも、1100日間経ってみないと報酬がどうなるかが分からないのですから。 もし単純にマイニングをしたいのであれば他に選択肢はいくつもあります。 「GenesisMining」「Hashflare」などの有名なクラウドマイニングサービスを利用した方が安全ででしょう。 ビットコインボルトが欲しかったら、先述した通り取引所で直接購入すればOK。 半減期で報酬が減るので資金が利益が得られるか不安 ビットコインの半減期により、マイニングの報酬が減ることは決定済み。 マイニングで事業を立てているマイニングシティも、その影響を受けて会社を経営できなくなる可能性があります。 一応、ビットコインの価格が値上がりすれば回収できる見込みは立ちますが、実際に半減期を通過してみないと何とも言えません。 半減期には不確定要素が多いので、今から手を出すのは危険かもしれません。 マイニングシティについてまとめると、 ・ビットコインボルトが欲しければ取引所で買えばOK ・マイニングがしたかったら、他のクラウドマイニングサービスを利用した方が安全 ・SNS上の勧誘は怪しい話が多い 以上の理由から、マイニングシティに参入するのはおすすめできません。 わざわざマイニングシティを間に挟んで投資をする必要性が感じられないからです。 では、話に上がっていたビットコインボルトに投資をすべきなのかどうか? 今度はそちらについて簡単に検証してみましょう。 ビットコインボルトについて ビットコインボルトは「COINENEAL取引所」「Liquid」に上場済みで、価格は右肩上がりに上がっていっています。 現在の価格は0. 014BTC(14,717円) (2020年5月8日調べ) Coinealはコインマーケットキャップの取引所ランキングでも上位20位以内をキープしていますし、ビットコインボルトの取引量も3億を超えていて、売買が盛んに行われていることが伺えます。 取引高を見る限りは特に問題点は感じられません。 しかし、ビットコインボルトには革新的な特徴が無く、仮想通貨そのものに魅力はありません。 「 短期的に稼ぐことを目的に買ってみるのはありだけど、長期的に伸びていく仮想通貨ではない」という印象です。 実際、上場後に右肩上がりで伸びていっているので、早々に購入できた人は多く稼ぐことが出来たでしょう。 複数の出資者により集められた資金でマイニングができる設備を作り、実際のマイニングによって得られたマイニング報酬を出資者たちに還元しています。 マイニングシティでは主にビットコインのマイニングが行われています。 マイニングシティの口コミ評判 マイニングシティは注目度が高い案件です。 良い評判 ビットコインが少しずつ 増えてます。 バカが多いんだなぁ。 そろそろ飛ぶのかな?w 今年中に大規模な縮小しそうw はてさて、逮捕者が出るかどうか・・w 言うても名義人バイトが捕まるだけで本隊はとっくに新しいポンジスキーム作って豪遊しとるんやろなぁww — doujin. 20トレーダー? マイニングシティのリスクとして考えられるのは以下の3点です。 現在のマイニング報酬は12. 5BTCとなっていますが、実は4年に1回マイニング報酬が半額になる年が存在します。 その時期はマイニング報酬が下がるため、私たちに還元される額も少なくなります。 マイニングをするための設備費、電気代については変更がないため、 来年はかなりの赤字になることが予想されます。 マイニングシティの設立は2019年であるため、マイニング報酬の半額期を経験していません。 今のところマイニングシティからアナウンスはありませんが、このマイニング報酬の半額期をどう乗り切るのかを待ってからでも、投資は遅くないかもしれません。 この中で、一番報酬率が高いゴールドプランについて概算をしてみました。 現在のレートの場合、1年間の運用で得られる利益は1,156$でした。 3年間は利益を貰い続けることができますが、それでも合計すると3,468$です。 このままのレートでマイニングが行われる場合、 3年間かけても利益を得ることができない可能性があります。 また、上記したように2020年にはマイニング報酬の半減期が来ます。 もしかすると、さらに利益が少なくなってしまうかもしれません。 というのも、マイニングシティでは どのくらいマイニングできているかを公表していないからです。 現在、BTC. COMはBTCのマイニング率は世界で2位に位置付けられています。 BTCは一日に約1,800枚マイニングされています。 そのうち、BTC. comが取得できるのは15. 9%なので、約250BTCがBTC. comに入ってきます。 現在のレートで計算すると(1BTC=879,001円)、2億1000万円分がBTC. comの想定収入ということになります。 ただ、この2億1000万円全てがマイニングシティの報酬というわけではありません。 BTC. もちろん、BTC. comには、マイニングシティ以外にも多くの会社がマシンを提供しています。 マイニングシティは、そのうちの何割を利益として受け取れるのか明らかにしていません。 これまでの数値は全て概算ですが、この実績は今後も運営していけるだけの資金を生み出せているのでしょうか… 一度、マイニングシティが生み出せているマイニング量について確認をしておきたいところです。 以上、マイニングシティが抱えるリスクについて解説していきました。 結論から言うと、「 2020年の半減期のアナウンスがあるまで様子を見ておく」のが良いかと思われます。 特にマイニング報酬の半減は投資家たちに直接関係のある話題なので、マイニングシティからの何らかのアクションが予想されます。 また続報が入り次第、更新していきます。 マイニングシティの運営者情報 マイニングシティはProphetek Limited社によって運営されています。 代表はGregory Rogowski氏と言われていますが、詳細な情報については明かされていません。 マイニングシティのまとめ マイニングシティはクラウドマイニングサービス。 誰でも参加できるメリットがある一方、今後の展望について不明瞭な点が残ります。 少なくとも、ビットコインの半減期は2020年中に来ることは分かっているので、その時点までは様子を見てみてもいいかもしれません。 もし、今から投資を始めるなら「海外の急騰アルトコイン」を狙った投資が狙い目。 「海外の急騰アルトコイン」の予測をしているサービスがあるので、そちらを利用すると大きく稼ぐことが出来るかもしれません。

次の