パヒューム ベスト アルバム。 Perfumeの好きな曲ランキングベスト10発表!【2017年最新版】

Perfume初ベストアルバム“P Cubed”、デビューからの全52曲

パヒューム ベスト アルバム

Perfume が、ベストアルバム『Perfume The Best "P Cubed"』(P Cubed:ピー キューブド)を2019年9月18日に発売した。 2019年9月にメジャーデビュー15周年イヤーに突入する Perfume。 初のベストアルバム『Perfume The Best "P Cubed"』には全52曲を収録。 Perfumeのメンバーとスタッフが話し合って選曲。 シングル曲はもちろん、ライブで外せない曲に加え、新曲「ナナナナナイロ」(クラシエ 肌美精シートマスク CMソング)と、さらにもう1曲の最新曲「Challenger」を収録。 これまでの楽曲は中田ヤスタカによるリマスタリング音源が収録される。 通常盤は、3枚組全52曲収録で¥3,500 税込。 今までPerfumeを気になっていた人にも手に取りやすい、お得価格となっている。 今年4月にアメリカ最大の音楽フェス「Coachella Valley Music and Arts Festival2019」に日本人女性アーティストとして初出演を果たした Perfume。 ローリングストーン誌が選ぶコーチェラ2019のベストアクト16組にも選出、YouTubeの中継でも話題となったパフォーマンス映像が、このベストアルバムの完全生産限定盤と初回限定盤の特典ディスクに収録される。 『Perfume The Best "P Cubed"』 収録内容 [DISC1]• 1:Challenger• 2:リニアモーターガール• 3:コンピューターシティ• 4:エレクトロ・ワールド• 5:パーフェクトスター・パーフェクトスタイル• 6:チョコレイト・ディスコ• 7:ポリリズム• 8:SEVENTH HEAVEN• 9:Baby cruising Love• 10:マカロニ• 11:GAME• 12:シークレットシークレット• 13:love the world• 15:Dream Fighter• 16:ワンルーム・ディスコ [DISC2]• 1:NIGHT FLIGHT• 2:I still love U• 3:不自然なガール• 4:ナチュラルに恋して• 5:VOICE• 6:ねぇ• 7:FAKE IT• 8:レーザービーム• 9:微かなカオリ• 10:スパイス• 11:MY COLOR• 12:Spring of Life• 13:Spending all my time• 14:Hurly Burly• 15:未来のミュージアム• 16:だいじょばない• 17:Magic of Love Album-mix• 18:1mm [DISC3]• 1:Party Maker• 2:Sweet Refrain• 3:Cling Cling• 4:Hold Your Hand• 5:DISPLAY• 6:Relax In The City• 7:Pick Me Up• 8:STAR TRAIN• 9:STORY• 10:FLASH• 11:TOKYO GIRL• 12:If you wanna• 13:Everyday• 14:無限未来• 15:FUSION• 16:Future Pop• 17:Let Me Know• ドーム ・ 福岡•

次の

[8/23更新!] 2019/09/18 (水) BEST ALBUM「Perfume The Best “P Cubed”」Release 決定!!

パヒューム ベスト アルバム

デビュー15周年、初ベストアルバムが完成 メジャーデビュー15周年イヤーに突入したPerfume。 旧譜は、Perfumeのメンバーとスタッフが話し合って選曲し、全曲デジタルリマスタリングしたものが収録される。 形態は、完全生産限定盤、初回限定盤、通常盤の3つで展開。 2005年発表の「リニアモーターガール」から15年、シングル25枚、オリジナルアルバム7枚をリリースしたPerfumeのこれまでと、この先の未来を一緒に体感するツアーは必見だ。 SNSでファンによって投稿された掲出場所のポスターは、公式サイトに反映され、順次公開されていく。 カメラマンとしては、ジョニー・デュフォート、鈴木親、ハンナ・ムーンが協力している。 Challenger 02. リニアモーターガール 03. コンピューターシティ 04. エレクトロ・ワールド 05. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル 06. チョコレイト・ディスコ 07. ポリリズム 08. SEVENTH HEAVEN 09. Baby cruising Love 10. マカロニ 11. GAME 12. シークレットシークレット 13. love the world 14. Dream Fighter 16. ワンルーム・ディスコ [DISC2] 01. NIGHT FLIGHT 02. I still love U 03. 不自然なガール 04. ナチュラルに恋して 05. VOICE 06. ねぇ 07. FAKE IT 08. レーザービーム 09. 微かなカオリ 10. スパイス 11. MY COLOR 12. Spring of Life 13. Spending all my time 14. Hurly Burly 15. 未来のミュージアム 16. だいじょばない 17. Magic of Love Album-mix 18. 1mm [DISC3] 01. Party Maker 02. Sweet Refrain 03. Cling Cling 04. Hold Your Hand 05. DISPLAY 06. Relax In The City 07. Pick Me Up 08. STAR TRAIN 09. STORY 10. FLASH 11. TOKYO GIRL 12. If you wanna 13. Everyday 14. 無限未来 15. FUSION 16. Future Pop 17. Let Me Know 18. 」への入会 入金 手続きを完了した人が対象。 」入会締切日:2019月8月31日 土 23:59 「WORLD P.

次の

Perfume ベストアルバム 『Perfume The Best “P Cubed”』 特典はクリアファイル!2019年9月18日発売

パヒューム ベスト アルバム

第3位は「STAR TRAIN」です。 サビの部分で、「いつだって今が スタートライン」とあるように、デビュー15周年、メジャーデビュー10周年の2015年に発売された曲ですね。 これはPerfume的にも「生歌への原点回帰」みたいな部分があると思っていて、コーラスや歌う部分が多いですね。 曲のタイトル名は「STAR TRAIN」ですが、「スタートライン」だと直接的すぎるのでそういったタイトルになっているようです。 メジャーデビュー10周年を祝福するとともに、まだまだスタートラインに立ったばかりというメッセージも込められていることを知り、あーちゃんも涙が出たと言っていた曲です。 落ち着いて、それでいて情熱を感じるかなり聴きやすい曲です。 1番最新のアルバム曲である「COSMIC EXPLORER」の代表曲です。 ミディアムなテンポから発される多様な音の心地よさが最高です。 第二位。 はじめて聴いたときは、鳥肌が立ちました。 あ、これってPerfumeなんだっけ?という曲でもあります。 「一緒に楽しむ」とか「ライブとして見る」というだけではなく、純粋に「音楽を聴く」というのを体現している楽曲だと思います。 サビ部分は「COSMIC EXPLOER」くらいしか歌詞がなく、この曲はサントラなのか?と思うほどですが、そこがまた意外性もあって、中田ヤスタカ氏の得意な部分が表現されているなと感じました。 ぜひとも聴いてもらいたい楽曲です。 Youtubeにはないので、CDを買ってもらうか、AmazonやiTunesでダウンロードして購入してください。 私のiTunes再生回数第1位なんですよ。 1000曲くらいある中の。 学生時代によく電車で学校に通う中で聴いていました。 この曲はミディアムテンポでめちゃくちゃ盛り上がる曲でもないのですが、 何度聞いても聞きたくなる、居心地がいい曲なんですよね。 アイスのピノ pino)のイメージ曲でもあって、MVではピノから始まりピノに終わっています。 MVもですね、Perfumeの3人がヒットしていくまでの軌跡を描いたMVになっていて、途中で「エレクトロ・ワールド」の衣装をきてみたりとか、「コンピューターシティ」の振り付けをサビでやってみたりとか。 そして階段を登って有名になった先では、PerfumeファンであるRHYMESTERの宇多丸さんが司会をするテレビ番組に出演、といった流れになっています。 歌詞も「斜めから恋をしてる その秘密を解いて」と見事に女子心を捉えています。 この「斜めから」という絶妙なニュアンスが最高。 ヤスタカ氏、さすがです。 「Hold Your Hand」もかなりいい曲です。 2014年に発売された「Cling Cling」のカップリング曲。 爽やかな曲調とテンポの良さが好きすぎて、自分の結婚パーティの退場曲としました。 手拍子したくなる曲です。 MVは歌詞が書かれたPerfumeスタッフやファンから公募された「手」たちがストップモーション風になっていて楽しいですね。 とてもまとまりのある曲。 軽快なリズムで「3人が歌っている」感がとても出ている曲。 ちなみに、アメトーークのPerfume芸人で、サバンナの高橋さんの手が出ていて大興奮した、と放送されていました。 1番の間奏が終わり、2番の「今までどうしたら 良いのか知らずに」の部分の「で」の手は、高橋さんだそうです。 笑 「Spending all my time」。 これは「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」で銀賞を得た楽曲。 こちらの記事でも書きましたが、動いている人間にプロジェクションマッピングをするというとんでもない偉業を成し遂げた作品です。 真鍋大度さんが生み出すものは何がすごいかわからないから感動する — ままはっく 曲自体は、出だしは「これは何の曲だ・・・?」と思うほど重低音のきいた曲です。 海外を徹底的に意識した曲だと思います。 この繰り返しが耳に心地いいんです。 そこを攻めた中田ヤスタカ氏はやはり天才だと思います。 Perfumeって最初は「のっちかわいいなあ」から始まって「かしゆかいい味出してるなあ」となり「あーちゃんなしではPerfumeなし」みたいな風になってきますよね。 (私だけ? 中田ヤスタカ氏のつくる楽曲の世界観とMIKIKO先生のかわいらしい振り付け、それから演出するクリエイター陣など、才能が集まって結成されている素晴らしいアート集団だと思います。 Perfumeが好きになってきた人はもちろん、そうでない人にも是非聞いてほしい曲をまとめました。 読んで頂きありがとうございます。 Perfumeのライブに行ってきました! Perfume結成15周年、メジャーデビュー10周年を記念した、武道館で行われたライブ「3:5:6:9」に行ってきました。 その内容や様子を書いています。 ぜひ、読んでみてくださいね!.

次の