韓国 フッ素。 /);`ω´)<国家総動員報 : LG「ガス漏れ事故!」国連「殺人容疑含む捜査開始を歓迎!」韓国「日本製プラントが悪い!」日本「化学プラント受注は2000年以降です(無関係」→

韓国へのフッ素製品(フッ化水素・フッ化ポリイミド)の輸出制限は単なる選挙対策だと思います

韓国 フッ素

昨年11月、ネット上でついに日本が韓国に報復開始か?という怪情報が拡散したことがあります。 日本が戦略物資であるフッ化水素の韓国輸出にストップをかけたというのです。 騒動を報じる当時のレコードチャイナ記事がこちら。 ついに日本が報復?フッ化水素の輸出ストップ、韓国の半導体業界に緊張走る 説明いたします。 半導体用のフッ化水素は高い純度が必要とされるため、森田化学工業やステラケミファなどの日本企業が独占生産しています。 安定的に高い純度を生む技術を持たない韓国では生産できないのです。 サムスン電子やSKハイニックスなど韓国の半導体製造企業はほぼすべてのフッ化水素を日本からの輸入にたよっています。 そこで「日本政府が韓国に輸出される半導体製造用フッ化水素の一部を承認しないという事態が発生した」ことにより、韓国メディアが「韓国の半導体業界に緊張が走っている」と報道、韓国ネット民がざわつき始めたのです。 日本企業が供給を中止すれば、韓国の半導体工場は稼働できなくなるためです。 上記記事より韓国ネットユーザーの声を抜粋。 「これはまずい」 「韓国はフッ化水素も国産化できていないのか」 「半導体まで駄目になったら、赤化統一に近づく。 文大統領はそれを狙っているのでは?」 「韓国の主力として作られる製品に入る核心素材の原料のうち、韓国でまともに作れるものはない。 日本から基礎部品や基礎素材を輸入できなくなったら、韓国の産業は回らない。 世界が日本にラブコールを送る理由が分かった」 「国益を考えず一時的な感情で動く現政府の無能が作り上げた結果」 「ついに日本が実力行使に出た。 文政府のせいで韓国の半導体産業は崩壊するかも」 「反日もほどほどにしないと」 「韓国の露骨な挑発を受け、日本が黙っていると思った?」 「日本は韓国が半導体だけに頼っていることを知っている」 「言ったでしょ?今、日韓関係が悪化して困るのは韓国だって」 結局この輸出は承認され、日本の報復というのは誤報ということでこの騒動はおさまりました。 フッ化水素は戦略物質に分類されるため、輸出・輸入するには当局の事前承認が必要となります。 従って、例えば韓国に輸出するフッ化水素が北朝鮮に横流しされる可能性が明確にあったりすれば、日本政府は輸出を停止可能なのです。 さて日本から韓国はどのぐらいフッ化水素を輸入しているのでしょうか。 統計数値で正確に検証しておきましょう。 財務省貿易統計のサイトでは品目別の貿易統計を調べることができます。 財務省貿易統計 フッ化水素(品目番号:2811. 11-000)の日本の輸出先国別統計(2017年)を検索した結果がこれ。 品別国別表:検索結果 2017年のフッ化水素輸出量ですが、総量が30238279KGであります。 検索結果より上位9箇国を表にまとめてみます。 円グラフにすれば96%が韓国への輸出なのであります。 35%に過ぎないからくりを説明いたしましょう。 フッ化水素の原料である蛍石(アシッドグレード)を、日本はその8割を中国から輸入しています。 中国政府は、2004年に蛍石の輸出入関税を設置し、徐々にその税率を引き上げていきました。 これにより、日本の多くのフッ化水素生産企業が中国での現地生産(中国企業との合弁会社設立)に切り替えたのです。 中国は自力で高純度フッ化水素を生産する技術力はなかったのですが、技術力を有する日本企業を国内に向かい入れることで、この戦略物資を国内生産可能としているわけです。 さすがと申せましょう、中国お得意の「海外技術を合弁会社でただで獲得する」作戦です。 (参考資料) 1. 需給動向 1-1. 世界の需給動向 工業的に使用されるフッ素(フッ化物)は... さて韓国です。 ぼぼ100%日本からの輸入に頼っているフッ化水素の輸入が停止されれば、韓国半導体産業には大きな打撃となることでしょう。 繰り返しになりますが、外為法上、フッ化水素は「軍事転用が可能な品目」と位置付けられており、日本企業が日本国外に輸出するときには、経済産業省の許可を受ける必要がある、ということですから、日本政府が承認しなければ、明日にもフッ化水素の韓国への輸出は停止されます。 ・・・ まとめます。 別にフッ化水素だけではないのです、韓国の多くの産業は、日本からの基礎部品や基礎素材を輸入しなければ生産が止まるという、非常に脆弱な構造になっています。 従って韓国の対外輸出が好調になればなるほど対日赤字が増大するという、日本依存体質にあります。 基礎部品や基礎素材をどれかひとつでも日本が輸出停止すれば、韓国経済は大騒ぎになってしまうのです。 もちろん韓国経済界はこの事実(韓国経済の脆弱性・日本依存性 をよく理解しており、日本の経済報復を真剣に恐れています。 韓国経済新聞社説ではすでに「経済ブーメラン」が始まっていると警鐘を鳴らしています。 韓経:【社説】最悪に突き進む韓日関係、「経済ブーメラン」として返ってきている main ranking 社説は日本が韓国政府の造船産業支援が不当だとして世界貿易機関(WTO)に提訴したのは、韓国を圧迫する手段として通商問題を持ち出したのだと指摘した上で、21年前日本の資金回収により韓国がIMF救済に追い込まれた事実をあげ、日本を本気で怒らせてはならないという論調で結ばれています。 重要なのはこれが終わりではないかもしれないというところにある。 韓国は素材、部品、装備の面ではまだ日本に依存している。 1997年11月初め、日本は韓国から100億ドルの資金を回収していった。 当時の対外債務1200億ドルを考慮すると相当な金額だった。 それなりの事情があっただろうが韓国はほどなくIMFに救済金融を申請した。 外交では名分も重要だがこれにばかり執着していてはさらに大きな実利を失いかねない。 韓日関係の不協和音がさらに大きな経済ブーメランとして返ってきてはならない。 文大統領は、年頭演説の記者会見で「日本はがまんしろ、謙虚になれ」と日本を突き放した言い方をされました。 韓国経済の脆弱性・日本依存性を正しく理解しているのならば、本当に謙虚になるべきは文大統領あなたの方でしょう。

次の

フッ素

韓国 フッ素

韓国は、フッ化水素を長年にわたり自分達でと頑張ってきましたが 7年前に大事故発生3500人が死傷し諦めました! 韓国政府は8日、慶尚北道亀尾のフッ化水素酸(フッ酸)漏出事故現場を「特別災難地域」に 決定した。 政府は事故発生から1週間が過ぎた4日、政府全体レベルの 次官会議を開き、政府合同調査団の派遣を決めた。 その間、現地住民は有毒ガスに苦しみ、 農作物と家畜の被害は拡大した。 作業員らはタンクローリーから転がるように落下し、下にいた作業班長や修理技師らとともに 退避した。 その後、映像は白煙で見えなくなった。 現場にいた4人は全員死亡した。 4人は 事故直後、工場の入り口にある水道、建物内のトイレ、周辺の工場の水道などで急いで 作業服を脱ぎ、体に付着したフッ酸を洗い落としたが、全身に薬品やけどを負い、病院で 治療中に死亡した。 タンクローリーのすぐ横の建物にいた別の従業員はガラス窓から 入ってきたフッ酸ガスを吸い、工場後方に脱出したが、周辺の畑で倒れ、その場で 死亡したとみられることが分かった。 警察は同社の代表、工場長、亀尾市の担当公務員の 過失について調べを進める方針だ。 事故地域の被害規模は、先月27日の事故発生以後現在まで、死亡者を含めて3572人が 診療を受けて、農地232.8ヘクタール、家畜3209匹、山林67.7ヘクタールが被害に遭った。 企業体の被害も120社で200億ウォンに達している。 構造式や製造方法等は技術雑誌に書いてあるので、某国みたいなパクリが多い国のように特許権を無視すれば実験室レベルの量 1瓶ぐらい なら簡単に作れるでしょう。 が、工業用レベルの量と品質を保った物となるとかなりの費用がかかります。 日本の会社が作った物を買ってきた方が安上がりです。 また、日本政府は輸出しないとは一言も言っていません。 輸出には、これまでみたいにメーカーに発注メールを出せば、日本メーカーが次の日には発注数量分入手出来たのが、これからは中国とかベトナムと同様に輸出時の書類が必要になっただけです。 で日本のメーカーは、中国とかタイやベトナムと同様に輸出書類が必要となっただけです。 また発注したら手続き等は日本のメーカーがやりますので、韓国企業は使用量や保管量をしっかり管理し無くなりそうだと判断したら、メーカーに発注書を書いて送ればいいだけです。 それを韓国の反日勢力とか韓国のメディアや日本のメディアやマスコミが一緒になってすぐにでも韓国への輸出を取りやめるみたいな論調で炎上させているだけです。 マスコミや韓国政府の炎上商法で日本政府を悪者扱いしているだけです。 その前に韓国政府が慰安婦問題とか徴用公等を日本政府と1度契約した事を契約通りに実施していれば、韓国は信用できる国と日本は考えます。 韓国政府が信用を失わせるような事をしていたので、信用できない国だからホワイト国扱いを解除しただけです。 輸出しないとは一言も言っていませんよ。 つくれないそうです。 元々技術のある国でないですからね。 世界にある液晶テレビのうち二台に一台がサムスンかLG製だと今日の韓国の朝鮮日報の記事にありましたが、その液晶テレビの技術そのものが日本のシャープの副社長があげた技術なんです。 サムスンって昔はホームセンターにある安物のブラウン管テレビレベルだったんですよ。 そして技術のない韓国サムスンの会長が日本の電機メーカーをあちこち回って技術をくれるところが無いかお願いしていたのですがどこからも断られていたそうです。 そしてたまたま会ったシャープの佐々木という副社長が、サムスン会長のトークに騙されたんでしょうね。 「佐々木さん、サムスンに入社しないか? 韓国人にならないか? 」と言われて彼を必死さに心鷲掴みにされたんでしょうね。 液晶技術に二番目だか三番目をあけだそうです。 そしたらサムスンはシャープを貰った特許で訴えてきたそうです。 それで佐々木社長が抗議をしたらサムスンの会長は「ごめんごめん、一時的に会長職を退いていたんだ。 今回のことは部下が勝手にやったこと」と言い訳をしたそうです。 佐々木さんはそれを受け入れて仲直りしたそうてすが、「今度は半導体技術をくれないか? 」と言ったそうです。 佐々木さんは「甘えはサムスンのためにならない」と断ったそうです。 そしたらサムスンは半導体技術をシャープから盗んでいったそうです。 これはシャープの佐々木さんが日本の経済紙のインタビューに答えた内容です。 詳しくは「旧女子知韓宣言」のいうブログの中で紹介されていた話です。 全体を読んでみて下さい。

次の

【スクープ最前線】韓国に衝撃疑惑!「軍事転用物資」を北朝鮮へ横流しか 大量発注のフッ素物品が行方不明に…関係者「韓国の存在浮上にホワイトハウスは激怒」 (1/3ページ)

韓国 フッ素

【関連記事】 聯合ニュースによると、日本政府が最近、フッ素化合物大手のが申請した液体フッ化水素の韓国向け輸出を許可したと韓国側に通報した。 半導体メモリー世界大手のサムスン電子やSKハイニックス向けという。 日本政府は7月にスマートフォン用の有機ELパネルの材料となるフッ化ポリイミド、半導体のシリコンウエハーに塗る高品質なレジストと、半導体製造工程の洗浄に用いるフッ化水素の3品目について、輸出案件ごとに個別許可を求めるよう改めた。 フッ化水素は気体のエッチングガスについては輸出許可を出したが、最先端半導体の生産に使う高純度の液体は輸出を認めてこなかった。 韓国政府は日本政府による輸出管理の厳格化に反発し、日本と韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄する方針も決めた。 失効期限の23日午前0時までに日本が措置を撤回しない限りGSOMIAを延長しないと主張する。 日本側には液体フッ化水素の輸出を認めれば、韓国側がGSOMIAを巡る態度を軟化させるのではないかとの期待もありそうだ。 液体フッ化水素は日本メーカーが世界シェア7割以上を握る。 性質上、長期間の在庫は不可能とされ、輸出できない状態が長引けば世界の半導体生産に影響が出かねなかった。 韓国メディアは日本政府が液体フッ化水素の輸出を許可したことについて「輸出を許可しない状況が長引けば、世界貿易機関(WTO)での係争で日本が不利になると判断したため」と分析している。

次の