ワタナベマホト ツイッター。 マホトがヒカルに言及「この際消えて欲しい」「ゼロからやり直すべき」

ワタナベマホト

ワタナベマホト ツイッター

「しかし」と続け、「いかなる状況においても、お相手の方に怪我をさせてしまう行為は許されるものではなく、当社は、今回の事態を重く受けとめ、本人に厳重に注意」したという。 「当社からも、お相手の方に改めてお詫び申し上げますとともに、関係者の皆さま、そして、UUUMクリエイターを応援してくださっているファンの皆さまに、お詫び申しあげます」 公表が遅れた理由としては、「事実関係の確認と当事者間の話し合いを最優先として進めて」いたためだとして、報告が遅れたことも謝罪した。 今後については、所属するクリエイターの生活面を含めた指導とサポート、コンプライアンス教育に一層注力するという。 文春オンラインの逮捕報道 ワタナベマホトさんを巡っては、がこの日、傷害容疑で逮捕されていたと報じている。 文春オンラインの報道によれば、東京・港区の自宅で同居していた女性に暴行を加えた疑いで6月2日未明、警視庁三田警察署に逮捕されていたという。 女性関係をめぐって口論となり、殴りつけ、顔を踏みつけるなどし、全治2週間のけがを負わせて現行犯逮捕された、と捜査関係者の話を伝えている。 UUUMなどによると、ワタナベさんはすでに保釈され、被害者側と和解したという。 YouTubeに動画をアップ「責任は全て私に」 ワタナベマホトさんが6月19日、YouTubeに投稿した動画は2分3秒間。 冒頭に頭を下げると、「私、ワタナベマホトに関する一連の騒動のご報告をさせていただきたいと思います」と話し始めた。 「視聴者のみなさま、関係者のみなさまにお騒がせしてしまい、本当に申し訳ございませんでした」 事件以降、動画投稿やSNSでの発信を控えており、すでに被害女性と和解に至ったと報告した。 そして、音楽関係を含めたあらゆる活動の休止を発表したが、再開時期には触れなかった。 複数回に渡って頭を下げ、最後にこう話した。 「今回の件の責任は、全て私にあります。 相手の方が非難されたり、無関係の方が巻き込まれたり、そういうことが起きないよう願っております」 「みなさま、ご批判は私に向けてください。 どうかご理解いただけますよう、お願いいたします。 今回は本当に申し訳ございませんでした」 この動画には、視聴者から反省を促す言葉のほか、「いくらキレててもできるもんじゃない」「本当にありえない。 まほっちゃん大好きだったけどこればかりは許せない」などと厳しい言葉が並んだ。 活動再開の目処立たず UUUMの広報担当者は、BuzzFeed Newsの取材に「お相手の方との和解の結果、HPでの発表の通りで、事実関係をすべてお話しできない状態になっております」とし、こう話した。 「ワタナベマホトはいまもUUUMの専属クリエイターとして所属しております。 活動再開の目処は立っておりません」.

次の

ワタナベマホトの逮捕歴とは?恐喝の犯罪歴?余罪に関する音声動画?

ワタナベマホト ツイッター

もくじ• ワタナベマホトのプロフィール 引用:ヒップホップラブ 本名 渡邊摩萌峡 生年月日 1992年12月8日 血液型 AB型 出身地 大分県米水津市 職業 YouTuber 所属 UUUM チャンネル名 ワタナベマホト 登録者数 270万人 動画再生回数 10億回 動画数 839本 さて。 ワタナベマホトさんに関してですが、「暴行事件による逮捕」はあまりにも大きなニュースになりましたね。 そのニュースでは、ワタナベマホトさんを援護する余地もなく、 「酒によって、同居していた女性と女性関係で口論になり、逆上したワタナベマホトが、その女性を殴りつけ、顔を踏みつけるなどの暴行を加えた。 その女性は全治2週間の怪我を負い、その場に駆けつけた捜査員に現行犯逮捕される」 という内容。 また、「今回の騒動について、活動休止させていただきます」という動画をもって、活動休止中のワタナベマホト。 女性に手を挙げて、怪我を負わせることに対して弁解の余地はありませんね。 ましてや、「現行犯逮捕」となると、 今までのYouTuberとしてのキャリアも音をたてて崩れていくでしょう。 こんなタイミングだからこそ、 ワタナベマホトさんの性格について考えてみたいと思います。 ワタナベマホトはどんな性格? 引用:YouTube 甘いベビーフェイスで、女性ファンが多いワタナベマホトさん。 今となっては、「暴行事件による逮捕事件」が先行しがちですが、どのような性格なのでしょうか。 よく、動画内でコラボしているYouTuberに叩く(じゃれている?)、タトゥーを入れていることなどから、 「ガラが悪い」印象を持っている視聴者も少なくないでしょうか。 しかし、考えてみましょう。 はたして、これらの行いが、「性格の悪さ」に繋がるのでしょうか。 「暴行事件で逮捕」されたワタナベマホトさんを擁護するつもりはないですが、本当に、「ガラが悪く、性格が悪い」のでしょうか。 ここで、ワタナベマホトのツイッターを紹介しますね。 2014年5月にツイートしている内容です。 「後輩が自殺してしまった。 みんは相談相手になってくれる友達はいますか?悩みを話せる友達はいますか?」 と綴っています。 不幸にも、ワタナベマホトの後輩が不慮の事故となり、かえらぬ人となってしまったのでしょう。 そこで、ワタナベマホトは、 「自分がその後輩の相談相手になれなくて本当に残念です」とリツイートしています。 この内容から何を捉えるか・・・。 ひとつは、後輩を救えなかった自分に後悔の念を抱いていることが伺えます。 また、後輩思いでもあり、友達を大事にする人なのでしょうね。 ・・・本当に。 そんな、ワタナベマホトですので、後輩からの信頼はあついのでしょうね。 実際に、今回の暴行事件で、どれだけの後輩がツイッターや動画などで、良いも悪いもワタナベマホトに触れているか・・・ きっと、動画内の「人を叩く」など、一見すると「素行が悪い」と捉われがちかもしれませんが、信頼関係があって成立しているのかもしれませんね。 また、ちょっとしたところから、ワタナベマホトさんの性格が伺えます。 それは、「マホトが作る仲間家食堂〜海鮮丼とカキフライ、デブを添えて〜」の動画内です。 これは、デカキンとサグワとのコラボ動画であり、ワタナベマホトが海鮮丼を二人に振る舞う内容となっています。 終盤、食事を終えた、サグワが食器を片付けようとする瞬間、 ワタナベマホトは「ありがとう」と一言。 いたって普通の会話ですよね。 けど、普通に素で、「ありがとう」と言っているワタナベマホトは普段でも「ありがとう」を使っているのだと感じてしまのは私だけでしょうか。 なんら変哲もない言葉ですが、これだけ、大物YouTuberとなったら、態度も横柄になり、素行が悪い印象を受ける人も少なくないと思いますが、普通に相手に「ありがとう」を言える人なんですね。 ここまでのワタナベマホトさんの性格を簡単にまとめますね。 暴行事件が起きる前から、「性格が悪い」「動画でも叩いたりして印象が悪い」と捉われがちなワタナベマホト。 一方で、後輩からの信頼はあつく、人情がある人。 また、当たり前ではありますが、相手に「ありがとう」を素で伝えることができる人でもあるんですよ。 ワタナベマホトの仲良い友達は誰? 引用:パフパフチャンネル Instagram 視聴者からの絶大な人気があるコラボ動画といったら、 「デカキン」との「パフパフチャンネル」でしょうか。 動画内では、デカキンに過激なドッキリを仕掛けたりと破天荒な内容となっていますね。 けど、デカキンとの絡みは、二人が公私ともに仲良い関係性を想像してしまいますね。 Twitterで調べてみても、ワタナベマホトとデカキンの否定的なコメントはありませんでした。 他にも、ヒカキンや東海オンエア、ヒカルなど多くの大物YouTuberとのコラボ動画があるなか、デカキンとの絡みは、本当に視聴者を楽しませてくれますね。 その根底には、ふたりの仲の良さがあるからではないでしょうか。

次の

ワタナベマホトの逮捕歴とは?恐喝の犯罪歴?余罪に関する音声動画?

ワタナベマホト ツイッター

またもチャンネル変更したワタナベマホトとは!彼女暴行事件についてと後輩やヒカル• PDRとの関係についても調査しました。 ツイッターやインスタグラムなどのSNSについてもご紹介していきます。 UUUMをクビになった? マホトが暴行事件を起こし逮捕 被害者は同棲中の元アイドルの彼女 2019年06月18日、人気YouTuberワタナベマホトが同月2日に傷害容疑で逮捕されていたことがネットメディアから報道され、視聴者の間で話題に。 同居していた女性は元々アイドルとして芸能活動を行っていた10代の女性で、その日、マホトの女性関係を巡り口論に。 そして マホトが逆上し、女性の顔を殴りつけ、顔を踏みつけるなどの暴行を加えた様子。 女性は全治2週間の怪我を負って、マホトは駆け付けた捜査員に「傷害容疑」で現行犯逮捕されたとのこと。 2019年7月19日、所属事務所のは、2019年12月31日までワタナベマホトの一切のクリエイター活動を休止し、禁酒とする処分を発表した。 詳しくは以下記事に綴られている マホトはUUUMをクビになった?? 出典: 暴行事件による活動休止により、一部ではマホトがUUUMをクビになったのでは、という噂も。 しかし、復帰した現在もUUUMのYouTuberとして活動中のマホト。 また、活動休止中もUUUMでクリエイターとしてではなく、社員と同じようにYouTuberのサポート関連の仕事をしていたとのこと。 長期間活動休止という厳しい処分はあったものの、解雇には至らなかったようだ。

次の