ラジエーションハウス 6話 ネタバレ。 『ラジエーションハウス』第79話のネタバレ&最新話。検査を受ける決意をする上田

ラジエーションハウス8話ネタバレあらすじ感想!~まさかの三角関係勃発!?~|ドラマ情報サイトのドラマイル

ラジエーションハウス 6話 ネタバレ

ここからは6話のネタバレになります! 唯織を厄介者扱い 鏑木は、院長の渚に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。 それに対して、「彼は技師としての所見を述べているに過ぎない」と返す渚。 そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという話に承諾を得た鏑木は、軒下を呼び出し、唯織の行動を監視し、すぐに知らせるように命じる。 唯織のヤキモチ 唯織は、杏と辻村がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。 その小説とは、鏑木が取材協力した医療小説だった。 軒下は全員にその小説を配る。 さっそくその小説を読み始める唯織。 少女が緊急搬送 そんな中、公園で遊んでいてブランコから落下し、腹部を強打した女の子・後藤沙里が救急搬送されてくる。 CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR(画像下治療)による止血を提案する。 だが、鏑木はIVRではなく開腹手術をするよう命じる。 「患者の命が優先です」と言って、杏は鏑木の言う通りにすることにした。 「せっかく医療技術が進歩したって医者が恐れて何もしなかったら意味がない」という悠木。 「命を優先すべきはわかります。 でも、やっぱり悔しいですよね。 」と裕乃。 「前院長がいたら、どうだったんだろうね?」というたまき。 実は、以前も同様のケースの女の子がいて、それを担当した前院長は、見事にIVRを成功させ、女の子にも大きな傷が残らなかったそうだ。 「その時担当した医師がどういう治療を選択するかで、患者の将来が変わってしまう。 」たまきの一言が杏の心に刺さった。 「悔しいです。 もし私にもっと技術があれば…」と辻村に話す杏。 良く頑張っているよ…と励ます辻村だが、杏は父親のようになるには程遠いと肩を落とす。 医師としての責任 「がっかりさせちゃったよね。 鏑木先生の言ってることは正しいんです。 患者の命を優先することは医者として正しいことで…」と裕乃に話す杏。 「でも、いつかできるといいですね。 」裕乃はそう言ってその場を去った。 そんな中、唯織はIVRの勉強をしていた。 「少しでも、医師の不安を取り除いてあげたい。 」 そんな唯織の発言を聞いて、ラジエーションハウスのメンバーたちは、杏は医師として、そして病院の娘として大きな責任を追っていて、「威張っていなきゃやってられないのかもな…」と思い直す。 帰ろうとしていたラジエーションハウスのメンバーだったが、結局全員残って、次もし同じような患者が来た時にIVR治療ができるように、全員で勉強をしていた。 そんな姿を見ていた杏。 緊急IVR そんな中、一人の入院患者が院内で倒れる。 緊急でIVRが必要になったが、鏑木は出張中で不在。 助手としてしかIVRをやったことない杏だったが、ラジエーションハウスのメンバーが全面バックアップすることを約束する。 全員の協力もあり、無事、出血箇所を止血することができたが、急にバイタルが不安定になる。 なにが原因かわからず困惑する杏。 その時、唯織は鏑木の監修した小説の一節を思い出し、他の箇所から出血している可能性を指摘する。 不安で震える杏の手をたまきがしっかり握り、唯織は「僕たちを信じてください」と声をかける。 唯織の的確な指示の元、無事IVRは終了。 杏は、唯織にハイタッチをして出ていく。 唯織は、いつも読影依頼が届くタブレットをつい表に向けた状態で外へと出てしまう。 そこへピレスからのメールが…。 そこにいた小野寺が、それをたまたま見てしまい…。 自分一人だけ考えこまず、周りの人達と一緒に助け合っていくって事が大事だよね。 放射線技師のチームワークと天春先生の成長。 技師と医師が信頼し合いタッグを組めば鬼に金棒なんだな。 唯織は天春先生のサポートしたい為に技師になった。 今回その夢がまた一歩叶った。 ハイタッチおめでとう💖👍 — まるる eeufu ハイタッチしてもらったことに気付いた時の唯織くん可愛すぎた — 曼珠沙華 beizeziye 鏑木の協力した本が、患者の治療の指標となり、さらに甘春の医者としての道しるべとなる。 鏑木先生、今までで一番役に立ちましたよ。 — Kenzy KenzyPowell 回を増す毎に、放射線の仲が深くなって言うのがいい。

次の

ラジエーションハウス 6話ネタバレ感想!小野寺に唯織の秘密がバレた!?(5月13日放送)

ラジエーションハウス 6話 ネタバレ

もくじ• 病院長(和久井映見)に抗議! 病院長は、本当は医師免許をもっているのに、唯織が隠していることに期待して見守っています。 「陸舟の松(りくしゅうのまつ)」が鍵 甘春病院に出入りする医療機器メーカーの営業の武田博文は、偉い人にゴマをすりまくる! 杏が読んでいた本「外科医6人に黒い影」を読んだと褒めまくり、6話はこの本の中のエピソードの 「陸舟の松」が鍵になります。 陸舟の松とは、金閣寺の横にある立派な舟形の松の木で、足利義満が植えた樹齢600年の松です。 京都三大松のひとつと言われる松なのに、金閣寺に目を奪われて、誰もが気づいてない! 「外科医6人に黒い影」は、リアルな病院の実情が書いてある本で、展開の中に「陸舟の松」的なくだりがある! 患者は篠原正夫45才 救急で運ばれてきた患者さんは、篠原正夫45才で、貧血の症状でめまいを起こして、消化管からの出血の可能性がありました。 造影CT検査をすることになります。 大腸がんの治療中で、S字結腸にこぶし大の腫瘍がありました。 造影剤で腫瘍が染まっているので、その腫瘍からの出血と考えました。 止血をするカテーテル手術をすることになりますが、鏑木医師(浅野和之)はシンポジウムに参加していていません。 杏しかいない! 自信がない杏ですが、鏑木先生を待っている時間は無いので、引き受けることにします。 暗い迷路に松明だけを持っていくイメージ・・・! 腫瘍の部分の塞栓に成功しましたが、出血が止まっていないし、血圧が低下しました。 唯織は、画像を見て、原因を考えます。 奈良幸太郎が怒った時に、武田のバックをひっくり返すと、本が出てきました。 本は、「外科医6人に黒い影」・・・そこからの 「陸舟の松」を思い出す! 唯織は、大腸の腫瘍に気を取られて、他の部分を見ていなかったことに気付いた! 小腸が「陸舟の松」だったことに気付いて、出血を止められました。 不安そうな杏に唯織は、「甘春先生なら、大丈夫です。 僕もサポートするので、落ち着いていきましょう。 」 杏の顔がキリッと変わって、手術は成功しました! 杏が喜んで、唯織にハイタッチ! 「杏が医師で、唯織がサポートする」 2人の夢? 唯織の夢?が叶いました。 一気に距離が縮んだ2人、杏は唯織を思い出す?これからどうなるのでしょう! ドラマには、撮影ロケ地あります。 スポンサーリンク 奈良幸太郎がムカつく! 「ラジハ」鈴木伸之、ドクター辻村の横顔オフショットにファンうっとり ドワンゴジェイピーnews — 最新の芸能ニュースぞくぞく! — ドワンゴジェイピーnews dwangojpnews ツイッターの画像は、辻村医師で、鈴木伸之さんが演じています。 奈良幸太郎(32才)は、四方田医師が産休に入ったので、東都大学病院から嘱託で来た放射線医師です。 杏のことが好き! 杏に優秀と褒められると、鼻息が荒くなって、杏のことも褒める! 鏑木医師(浅野和之)にも認められている存在するですが、放射線技師には冷たい態度を取ります。 最初の放射線技師を見下していた杏と似てます! 手術の方針を杏が技師たちに聞くと「何で技師に聞くんだ!黙っててくれ!医療方針を決めるのは放射線医師だ!」と怒り出す。 特に手術中に血圧が低下したときには、鏑木医師を待ったほうがいいと言い、唯織に話しかけますが、いつものように 唯織は集中していて無視! 「何かあった時に責任を取るのは、技師ではなく、医師なんだ!」 怒鳴った時に唯織が反応、奈良幸太郎が武田のカバンを落としました。 唯織が武田のカバンから出てきた本「外科医6人に黒い影」を見て、「陸舟の松」を思い出す。 唯織は、奈良幸太郎に詰め寄ると「ありがとうございました。 冷静になりました。 」 奈良幸太郎は、ちょっとビビっている! 今回は、手術が成功して解決しましたが、奈良幸太郎はこれからも唯織ともめそうな気配です。 集中すると全く周りが見えなくなる唯織に奈良幸太郎がイライラしそうですね! でも、天才的な診断に奈良幸太郎が驚く日も近いですね! には、キャストの身長と年齢あります。 童顔の2人に衝撃!.

次の

【IVR(画像下治療)で少女の命を救え!!!】第6話・ドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」見逃し動画無料フル視聴しよう

ラジエーションハウス 6話 ネタバレ

漫画ラジエーションハウスはグランドジャンプ連載中。 原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ。 今回は73、74、75話の最新話のネタバレを書いてきたいと思います。 『ラジエーションハウス』前回(72話)のあらすじは・・・ とうとう杏に正体を明かした唯織。 杏も彼が久保田唯織であった事を思い出す。 それでも杏は彼が放射線科医として働いた方が多くの人々を救えるのではないかと受け入れられない。 だが唯織は、杏こそが放射線科医の仕事に放射線技師の力が必要なのだと教えてくれたと言う。 そんな唯織の脳裏に、地に落ちた片方の靴が浮かんでいた。 ついに... 杏の弟の記憶が!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 杏の弟・久志が親に内緒でこっそり飼っている犬・レンの散歩に行こうと言う。 だが今は宿題をしているからもう少し待ってと返す杏。 レンは首輪で結ばれていて窮屈だが、親に見つからないように散歩しないといけないのだから仕方ない。 杏はその記憶を思い出し、顔が青ざめて息が荒くなる。 唯織は謝りつつ、本当はあの頃の事には自分から触れないようにしようと思っていたと言う。 どうやら唯織は杏の母から詳しくではないが、久志の事を聞いていた。 杏は、幼い頃にこの場所で黄昏ながら、唯織がいなくなってしまったとレンに言っていたのを思い出す。 ……そう、だから杏が全て、唯織の存在ごとずっと触れないようにしてきたのだ。 全て自分が悪かったと謝る杏。 全て自分のせいで…… 唯織は傷ついた杏に、杏のせいではないと言いながら、大丈夫かと寄る。 だが杏は自分のせいで久志がしんでしまったと涙を流していた・ 唯織「えっ…」 「私が…あの時…」と言いながら涙を流す杏。 その表情と涙はもうどうしようもない過去の後悔を流しているように思える。 杏の過去 ……そんな杏の背中を、唯織は彼女の長い髪の毛ごしに手を添えて、支える。 彼女の苦しみを解放してあげようとするが如く……… 杏ははっとした感じで顔を上げる。 唯織はもし吐き出して楽になるのなら、聞かせて欲しいと言う。 そう言われた杏は、涙に濡れたその悲しい記憶を語り始める………。 今日から両親に内緒で、物置と思わしき場所で犬のレンを飼うことにした。 両親は家で飼ってはいけないと言っていたが、杏と久志でいい子にして許して貰えるまで何回もお願いする事にしたのだ。 それから杏は宿題を終える。 が、丁度杏に友達の千明から電話が掛かってきており、そのままベッドで横になって友達との電話に現を抜かしてしまう。 ………そう、久志を随分と待たせて。 杏が久志にお待たせと言って物置に来た時、既に久志はおらず、レンも姿を消していた。 慌てて「久志っ…!!」と外を走り回って久志とレンを探す。 すると、歩道に人だかりができているのが見える。 一人で抱え込まないで 杏もその人だかりに近づいていく。 杏は、自分があの時一緒に散歩に行っていれば、あるいは電話を早く終わらせていればこんな事にはならなかったと言う。 または、レンを内緒にしておかなければ……… 杏「久志はしなずに済んだのにっ……」 唯織はまさか、久志の事故の原因になったという『飼っていた犬』がレンの事だったとは……と思う。 自分にとって大切なレンの思い出は、杏にとっては一生抱えなければならない辛い記憶なのだ……。 唯織はいくら自分が慰めても何の気休めにもならないだろうと前置きする。 だが久志の事故は、杏だけではなくレンを置いて引っ越した自身の責任でもあると言う唯織。 そうだとしたら、離婚した唯織の親にも責任はあるし、杏の両親にだって責任はあるとも考えられる。 だが杏はずっと自分だけを責め、久志が継ぐはずだった病院の分まで努力を続けてきて…… ………でも、だからこそ、杏だけのせいではないのだから、一人で抱え込まずに自分たちをもっと頼って欲しいと言う。 唯織「僕が支えますから」 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 その告白に思わず赤面してしまう杏。 ラジエーションハウスの技師一同で支えると…。 杏は改めて礼を言う。 唯織はとにかくこれからも技師として杏の手伝いをすると宣言する。 改めてよろしくお願いしますと、杏に頭を下げる…。 杏はそんな唯織を見ながら、唯織と共に自分も成長してきた事を思いだす。 杏もそんな唯織に対し少し微笑み………こちらこそよろしくお願いしますと頭を下げる。 ただそれでも杏は1点だけ不満な点がある。 まだ昔みたいには受け入れづらく、ちょっと元に戻してほしい…。 唯織はそれを指摘され、自分が途中から何度も『アンちゃん』と呼んでいた事に気付き、青ざめてしまう…。 とりあえず『甘春先生』と訂正しなおす。 それから杏は、医師免許を所持している事は周囲には黙っているかどうかと聞く。 唯織は出来れば伝えないで欲しいと言う。 昔は隠さず働いていた事もあるが、やはり難しいものがあったらしい。 周囲には内緒にしておく事に。 こうして……二人は甘春病院のラジエーションハウスのために一致団結する。 杏は昔の思い出していた…。 小学生の時。 女友達たちにそのワンピースが可愛いと褒めてもらう。 日曜のピアノ発表会で下す予定だったが我慢できなくなって着たらしい。 ウチでは洗濯できない生地だから母にバレたら怒られる可能性もある…。 友達と一緒に帰りたかったが、先生に頼まれたプリントの整理で遅くなりそうだから先に帰ってもらうことに。 ………外は大雨だった。 傘を持ってきてないため、このままではせっかく着た服がずぶ濡れだ。 唯織はそんな困っている杏を見つけると、スッと傘を差し出す。 曰く、服が濡れてしまうから使って欲しいと…。 ………これが彼との思い出である。 杏(イオリ…) 回想しつつ、杏は歩みを進める………。 心療内科病棟に、甘春正一は入院していた。 彼は窓から外を見ている。 そこにナースがやってきて眩しくないか聞いてくる…。 正一「ん…? 久志か?」 どこにいるのかと問いかける彼に、久志は今は来ていないと言うナース。 彼はいないのか…と呟く。 曰く、声がしたらしいが……。 しかし今度は杏の父が久志を思い出してしまっているようです。 また何かひと悶着あるのでしょうか…? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 そこで辻村は子供を診断していた。 どうやら問題はなく、練習を再開しても大丈夫らしい。 礼を言って子供は出ていく。 それから帰ろうとした辻村をナースが病棟スタッフの食事会に誘うが、彼は契約ドクターで千葉まで行かないといけないと言う。 彼は忙しいらしく、仕事に対しても真面目で努力家だ。 一体どんな人がタイプなのだろうかという話になる……。 そこには唯織と一緒に写真を見ている杏がいた。 とりあえずドアをノックしていい雰囲気に見えた2人に呼びかける。 どうやら甘春に伺いたい意見があったようだ。 唯織はとりあえず失礼し、部屋から出る。 一礼する唯織を見送り、辻村は唯織について心の中で評する。 確かに技師としては優秀かもしれない……しかし杏に相応しいのは同じ医師である自分だ。 それから辻村は相談したい症例について話す。 昨日の右半月板損傷疑いの事例についてだが、経過観察だけで問題ないか聞きたかったのだ。 杏はそれについて丁度唯織に相談していたと説明し、経過観察で問題ないと思うと告げる。 上田選手 それから杏の父の容態についても聞かれる。 一進一退であり、良くなったり悪くなったりを繰り返しているらしい…。 小野寺も詳しい事は知らないが、実際の所まだ何の病気なのかは突き止められていないらしい…。 次第に休みが多くなって、院長も退くことになった。 うつか何かだという診断がされたようだが…。 そこで辻村はサッカーの練習を見る。 上田選手がいないと監督に言うと、どうやら彼は体調不良が続いているらしい…。 彼はもう35歳だから自分でも限界を感じているのかもしれないと聞くが…… あの上田選手がそうなっているなど到底信じられない辻村。 そこで彼は上田選手の練習を見る。 彼は周りの選手を叱咤激励しながら練習に励んでいた。 だが辻村は彼が初っ端からあまりに飛ばし過ぎだと思っていた……… それから医務室で彼の打撲の治療をする。 辻井は練習であそこまで激しくしない方がいいのではないかと言うが、逆に上田はそんな気持ちで医者をしているのかと言う。 そう、上田はその時その時目の前の事に全力でぶつかる事だけを考えてきた。 彼がサッカーを始めたのは中学1年生の時から。 だが高校も名門でもなく当然プロから声はかからない。 それでも諦めきれずに卒業してからもアルバイトしながら母校のサッカー部に混ざって練習を続ける。 そして最後のチャンスと思わしき練習試合で誰よりも全力で練習し、何とかプロへの扉を開くことができた。 だからこれからもプレーのスタイルは変えないし、それで身体が壊れても後悔はないと言う。 そう、絶対に……。 だから彼は新聞で『遅咲きの日本代表候補』として1部昇格も現実的だと評されていたのだ。 そんな彼が練習に来れなくなるなんて信じられない……。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 人間は肩書や役割で自他を判断してしまうもの。 辻村は以前、唯織の凄まじい能力を見たはずですが、それでも医師である自分の方が杏にふさわしいと思っているようです。 しかし彼が医師免許を持っているのを知らないなら無理もないと思います……。 さて、上田選手は全く練習に来れなくなってしまったようです。 その原因は何でしょうか? やはり肉体的な不調なのでしょうか? それとも同じくグランドジャンプで掲載されている『Shrink』が扱うような、精神的なものなのでしょか? 次回が楽しみですね…!! 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive! 無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。 ぜひ有効に利用したいですね。 登録無料で月額料金不要。 無料で読める作品が約1万5000冊もあります。 是非試し読みをして本を選んでくださいね。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の