デスノート 読切。 デスノートの読み切りVer.があるって聞いたんですけど……あの長編がどんな風に読...

DEATH NOTE

デスノート 読切

もしまだ読んでないよという方がいるなら、まず上のリンクから読んで来て欲しい。 ちゃんと面白いので。 まあ当然だが、ネタバレ注意です。 ここから感想 主人公の田中ミノルは知能テストで全国1位を取ることができる天才児です。 そのことを死神リュークに知られたため、デスノートを手に入れることになります。 しかし勉強は全く好きではないので、普通のテストではそこまで結果を出せていないという、結構今時の普通の学生さんという感じのキャラクターです。 天才だけども努力しないというのは、デスノート本編の主人公である夜神月とは対照的ですね。 加えて、夜神月は元々強い正義感を持っていましたが、ミノルくんはそういう思想的な物は何も持っていないというのも対照的です。 思想も殺人欲求も持っていないミノルくんは、テレビと死神の特性を利用してツイッター上でオークションを開きます。 つまりデスノートをお金に変えようとするわけです。 当然、デスノートなどという殺戮兵器はあらゆる国が欲しがるものなので、最終的には中国とアメリカが落札合戦を繰り広げることになります。 ミノルくんは前述したように思想的なものは一切持っていないのですが、アメリカの大統領のスピーチに苛立っている描写や、クラスメイトが語った日本の借金について興味を持つ描写があり、結構流されやすいというか影響を受けやすい性格でもあるようです。 (描写されてはいませんが、後で日本の借金についてもググったんじゃないかな?) だからなのかは分かりませんが、最終的には日本を(あるいは日本の若者を)助けるかのように、日本の若者に等分してお金を配るように落札合戦に勝利したアメリカ政府を仕向けます。 (もちろん特定されないようにという意図もありますが。 ) 結果として、ミノルくんを含む若者に一人当たり10億円が支払われることになるわけです。 多分これによって日本政府も所得税などでかなり潤ったんじゃないかなと思われますが、一方で弊害もあるでしょう。 弊害というのはまず一つ目はインフレですね。 若者たちが大富豪になったわけですから、おそらく物の値段が上がりますし、10億円を貰えていない人は値段が上がったものを買いにくくなり、経済的な分断が起こるでしょう。 二つ目は労働へのインセンティブの減退です。 10億も貰えるのだから、ミクロ視点では働く必要が無くなるわけで、仕事をしなくなる人が出てくる可能性が予想できます。 この仕事をしなくなる人々が増えてしまうと、日本の国力が落ち、場合によってはせっかく手に入れた10億円が紙切れになってしまうかもしれません。 まあかもしれないというのは、実際人々が働かなくなるかわからないからですが。 仕事に生きがいを見いだしている人も珍しくありませんので。 まあ私が思いつく弊害はこの程度ですが、天才のミノルくんがこれらの弊害に気付けないというのは、やはり勉強不足のせいだろうなあと思いますし、実際原作者の大場つぐみさんもそれを意図してミノルくんの設定を練ったんだと思います。 凄いですね。 さて、最後にオチの話をします。 最初に言っておきますが個人的にはこのオチはあまり好きではないです。 この読切のオチというのがミノルくんが現金を引き出した時点で死ぬ、というものです。 追い詰められた末に殺された夜神月とはここも対照的ですね。 あっけない。 何故死んだかというと、死神大王というリュークの上司が 「デスノートを売買したら売買した者はどちらも死ぬ。 」というルールを急遽追加したからです。 完全なる後付けルールですし、ミノルくんがデスノートの所有権を捨てた後に追加されたのでミノルくんが知ることも無かったルールです。 (ちなみにミノルくんはデスノートを売った後、リュークとは永遠に会わない約束をしていました。 ) 正直、理不尽だと思いますし、他の若者たちが豪遊している描写もあるのでいたたまれなく思います。 ミノルくんは特に悪いことをしたわけでもないですしね。 ただ漫画としてはどうしてもオチは必要になりますし、「死神は理不尽である。 」ということを伝える意図もあるのかもしれませんから、漫画としては正解なのだとは思いますが... 可能ならばもっと違うオチが欲しかったです。 ということで、この記事はここで終わります。 良かったらスキつけていってくださいね。

次の

デスノート 読切 ネーム 無料で公開 全87ページまとめ あらすじ ネタバレ DEATH NOTE 完全新作を期間限定 ジャンプ+

デスノート 読切

【ネタバレ】DEATH NOTE新作読み切りネームの最後が凄い! まず、何度も言いますが この記事はDEATH NOTEの 新作読み切りネームを 読んでから見るようにしてください。 そうじゃないと 面白く無くなってしまうと思うので ダメです。 絶対ダメです。 私はDEATH NOTE新作読み切りネームを あなたに楽しんで欲しいので。 DEATH NOTE新作読み切りネームは から読めます。 ここまで注意書きをしたので 良いと思います。 最後のネタバレと解説ですが なぜミノルが死んでしまったのか。 これは、DEATH NOTEに 追加されたルールが関係しています。 人間界でデスノートの売買をしたものは死ぬ 売った人間は金を受け取った時、 買った人間はノートを受け取った時とする ・・・分かりますか? このルールをミノルは知りません。 なぜなら、ミノルが DEATH NOTEを手放した後に 追加されたルールだからです。 しかし、 追加されたルールは ミノルに発動しました。 そのため銀行から 売買で手に入れたお金を 引き出した時点で ミノルは死んでしまったのです。 すごすぎだろ、大場つぐみさん・・・ ちなみに、最後にリュークが ミノルの名前をデスノートに 書いているのは 所有者が死んだ後に 付いていた死神が所有者の名前を デスノートに書く というルールがあるからですよ。 【ネタバレ】DEATH NOTE新作読み切りネームの最後が凄い!ネットの反応は デスノートのネームめっちゃ面白かった。 最後で唸らせられる感じ、一貫した作者の持っていき方、凄い。 デスノートはこの人にしか書けんわ… — み gymtakeshi 間違ったことを言う若者達を奇才が無言で見つめるシーンホントに好き、最後は本物の金持ちを教えると... 買いたいものも買えないのに何が世界一の金持ち国家だと、借金国家の言い訳だとね やっぱ作者違うわホントに天才だよ — 竜哉 JACKPOT3946 くっそ、デスノート新作、ネームだけってハンパなの読んでられっか、と思ってたのに、読み始めたら止まらねえ面白えで、最後まで読んじまった。 くそ面白かったw — 源うみ UmiDQ10 デスノートの最後何が何でも後味の悪い終わりにしてやるって気概と力技感すごく良いよね。 それでこそのデスノート。 — じぇじぇの奇妙な冒険 akkixino デスノート新作ネーム面白かった。

次の

11年ぶり「DEATH NOTE(デスノート)」新作読切 冒頭原稿をチラ見せ! 7月13(土)0時に全ページネーム版を配信! | ガジェット通信 GetNews

デスノート 読切

2019年7月13日(土)公開、小畑健先生によるマンガ「DEATH NOTE(デスノート)」の最新作読切ネームのあらすじネタバレをご紹介します。 読み切りネームは、全87ページが無料で公開されていますので、今回はその内容をまとめてみました。 ネームとは、鉛筆書きの簡単な絵とセリフでできている漫画ができる前の下書き、ラフ画のようなもののことです。 ネタバレを読みたくないという方、間違ってこのページにきてしまったという方お戻りください。 広告 では、「DEATH NOTE 新作読切ネーム(小畑版)」をご覧ください。 「DEATH NOTE 新作読切ネーム(小畑版)」あらすじ ・リュークが人間界に再びやってくる ・リュークは田中実という青年にノートを触らせる ・実「久しぶりリューク」記憶を取り戻す実。 予定通りの様子。 ・話は2年前にさかのぼる。 ・高校生の田中実は、学力は平凡だが、IQが全国1位という。 ・それを聞いたリュークは、実にデスノートを渡す ・困惑する実。 自分はいわゆる「頭が良い」訳じゃない。 簡単に言うと、IQが高いというのは、クイズとかなぞなぞが得意ということだと説明。 ・夜神月はIQも頭も良かったが、IQの方がデスノートには向いている気がするとリュークは言う ・リュークは「デスノートの使い方」「キラ事件」についての知っていることを全て実に話す。 ・それを聞いた実。 今は時代が変わって、前よりもデスノートは使いにくいように法律やインフラが整備されていると話す。 つまり、使うのかむずかしくなっているということ。 ・実は2つの質問をする。 ・1つ、リュークが見える人間が他に存在するか。 リューク「存在する。 ノートを触ったことがある人間」 ・2つ、ノートの所有権がある人間からどれくらいの距離をリュークは離れることができるのか。 リューク「わからない」実「じゃあ決めてくれ」リューク「14km」 ・実は考えた結果、計画を決め、一度ノートを手放して、2年後にまた来るように指示。 広告 ・2年後、計画を実行する。 計画は「デスノートを売ること」 ・オークションで売るという。 自分では出品しない。 テレビを使って、ツイッターで金額を提示させるという、方法。 ・リュークにサクラTVまで行かせる。 実の家から11km離れている。 ・リュークがテレビの生中継に登場。 テレビ局に置いてあった紙とペンで「遠隔で人を殺せるキラの力を競りにかけて売ります。 買いたい方はtwitterに kiranochikraでアメリカドルで金額を提示してください」と書いた紙を持って登場。 ・普通の人には紙が宙に浮いているように見える。 ・警視庁で松田がこの番組を確認し焦る。 ・アメリカではニアも情報を聞きつける。 ・ニアは、「死神の顔認証システム」を作ろうとしていた。 ・死神は所有者から離れられないから、絶対日本にいると確信。 殺人兵器を売買することは罪ではないから。 ・ニアは警視庁へ連絡。 リュークが床から出てきて帰りも床から地面に潜っていったことを聞き、これでは「死神顔認証システム」は役に立たないので開発を諦める。 ・実は入札の期限を1週間だと追加で発表する。 ・その放送中に、松田が登場「こんな力を買ってはいけない」と力説。 ・それが返って信ぴょう性を高めることになってしまい、一気に入札は過熱。 個人間の争いから国同士の争いへ。 ・実は再び追加で条件を設定。 ツイッターを辞め、国の政治の代表者がメディアを通して金額を正式に発表するようにさせる。 ・平和のためなどと力説しながら各国が金額を発表し始める。 ・実は「金額以外のことは言うな」と追加で指示。 ・最終的に金額は1000兆円を超える。 ・落札国が決定。 広告 ・実はリュークにこの後の段取りを説明。 ・ニアは考える。 なぜなら、死の前の23日間の行動を操れば、オークションなどやらずに金を受け取れるから。 ・そのころ、リュークのところへ別の死神がやってくる。 ・死神大王がリュークを呼んでいるので死神界にいったん戻るように伝える。 ・リュークとりあえず落札国を発表。 ・落札国はアメリカ。 ・金の受け渡し方法は「1000兆円をヨツバ銀行に普通口座を持つ東京都内に戸籍のある2019年5月24日までで60歳以下に 等分し、同年5月27日までに振り込む」 ・100万人で山分けと仮定すると、単純計算で一人10億円を手にすることになる。 ・都内の人は歓喜。 ヨツバ銀行に人が講座を作らせろと押し寄せパニック。 Lになってから初めて負けた」 ・実はアメリカのヨツバ銀行への支払いを確認しリュークにデスノートを渡す。 そして二度と自分の前に現れないように約束させる。 ・リュークはアメリカ大統領にノートを触らせる。 ・リューク「死神大王にノートの売買を怒られた。 ゆえに新しいルールが加わった」 ・ノートを売買したものは死ぬ。 売った人間は金を受け取った時。 買った人間はノートを受け取った時。 ・アメリカ大統領はノートを受け取らない代わりに生き延びる。 ・一方、新ルールを知らない実は、金を受け取った瞬間に死ぬ。 ・リューク「計画完璧だったが、ノートを使った人間は使い方どうあれ不幸になるってことだな。 またこのノート長く使ってくれる人間いないかな」 完 広告 「DEATH NOTE 新作読切ネーム(小畑版)」ツイッター感想 DEATH NOTE、100回は読んだし、リアルタイムでジャンプ読んでいるときは楽しみすぎて死ぬかと思っていたけど、そんな熱狂的なファンでも、最高と思える出来。 新作が公開されるというだけでもすごいのに、それをネームとはいえ、無料で公開してしまうという。 これは集英社、出版社の新しいビジネスモデルが出来上がりつつあるということでしょうか。 広告 tetsutylor.

次の