ロープ 映画。 タイトロープ (映画)とは

ロープ (映画)

ロープ 映画

脚本・監督は ()。 パウラ・ファリアスの小説『 Dejarse Llover』を原作としている。 レオン・デ・アラノア監督による初の英語作品である。 1995年、停戦直後の「のどこか」を舞台としている。 では監督週間に正式出品され 、主演のはで生涯功労賞を受賞した。 この作品記事はが望まれています。 ください。 キャスト [ ]• マンブルー: - ベテラン国際援助活動家。 B: - ベテラン国際援助活動家。 カティヤ: - マンブルーとは肉体関係にある美人調査官。 ソフィー: - 新人国際援助活動家。 ダミール: - 現地人通訳。 ゴヨ: - マンブルーの上司。 受賞 [ ] 賞 部門 対象者 結果 第3回 コメディ作品賞 ノミネート 監督賞 () ノミネート 脚本賞 フェルナンド・レオン・デ・アラノア ノミネート ポスター賞 ノミネート 第30回 作品賞 ノミネート 監督賞 フェルナンド・レオン・デ・アラノア ノミネート 脚色賞 フェルナンド・レオン・デ・アラノア 受賞 助演男優賞 ノミネート 撮影賞 () ノミネート 編集賞 ナチョ・ルイス・カピリャス ノミネート プロダクション賞 ルイス・フェルナンド・ラゴ ノミネート 衣裳デザイン賞 フェルナンド・ガルシア ノミネート 出典 [ ]• 2019年1月31日閲覧。 Hopewell, John 2014年3月12日. 2015年5月16日閲覧。 2015年4月23日時点のよりアーカイブ。 2015年4月21日閲覧。 Justin Chang 2015年4月21日. Variety. 2015年4月21日閲覧。 variety. com. Variety 2015年7月24日. 2016年7月30日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2016年1月2日閲覧。 Metacritic. 2016年1月2日閲覧。 LosExtras 2015年12月9日. 2015年12月9日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2015年12月28日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語).

次の

ロープ

ロープ 映画

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 の舞台劇の映画化で、に実際に起きた少年の誘拐殺人事件・「事件」を元にしている。 監督はこの映画の全編をワンシーンで繋げたうえ、映画の本編と実際の時間が同時に進むという実験的な試みをしている。 当時の撮影用のフィルムは10 - 15分が限界なので、実際には背中や蓋を大写しにするワンカットを入れることで全体がつながっているように演出している。 また、本作品はヒッチコック初の作品である()。 ストーリー [ ] 摩天楼を見渡せるアパートの一室。 優秀な学歴のフィリップとブラントンが殺人を犯したのは、まさにその場所だった。 動機はなく、自分たちがずば抜けて人より秀れていることを試す、 の理論を実践したに過ぎなかった。 2人はもっとスリルを味わうために被害者の父、恋人、被害者の恋仇だったケネス、伯母、青年たちの先生だった大学教授を招いてパーティを催す。 死体入りのチェストの上にごちそうを並べて皆に食べさせたり、殺人に使ったロープで本を縛って父親に贈ったりして、優越感を味わっていた。 それでもデイヴィッドがなかなか現れないので、みんな心配し始める。 冷静なブラントンとは対照的に、フィリップは罪の恐ろしさに次第に冷静さを失っていく。 教授がかつて世の中には法律など超越した超人がいてもいいと話し、パーティでも繰り返す。 2人の異常さに徐々に気づいた教授は、帰りに偶然被害者の帽子を見つける。 帰るが、煙草入れを忘れたと電話して、再び部屋を訪れる。 フィリップはすっかりとり乱していた。 教授はフィリップのポケットの拳銃をとりあげようとする。 そして、推理が始まり、チェストを開ける。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹き替え PDDVD版 BD版 テレビ版 ルパート・カデル ブランドン・ショー フィリップ・モーガン ジャネット・ウォーカー ヘンリー・ウィルソン アニータ・アトウォーター ミセス・ウィルソン デイヴィッド・ケントレイ ケネス• PDDVD版:から発売のDVDに収録。 演出:、翻訳:、制作:ミックエンターテイメント株式会社• BD版:2012年にから発売の「ヒッチコック・ブルーレイ・プレミアム・コレクション」に収録。 演出:、翻訳:、制作:• テレビ版:初回放送日不明、深夜に放送。 翻訳: 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の

ロープ

ロープ 映画

解説 紛争地帯で人々を救うため奔走する国際援助活動家たちの戦いを、「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「ショーシャンクの空に」のティム・ロビンス、「オブリビオン」のオルガ・キュリレンコ、「ゼロの未来」のメラニー・ティエリーら実力派キャスト共演で描いたスペイン製ヒューマンドラマ。 1995年、停戦直後のバルカン半島。 ある村で井戸に死体が投げ込まれて生活用水が汚染され、国際活動家「国境なき水と衛生管理団」のマンブルゥらが現地に派遣される。 しかし死体を引き上げている最中にロープが切れてしまい、代わりのロープを探しに行くことに。 1本のロープを求め、武装集団や地雷の恐怖にさらされる危険地帯へと足を踏み入れるマンブルゥたち。 やがて不良にいじめられていた少年ニコラと一緒に彼が住んでいた家を訪れたマンブルゥたちは、そこで驚くべき事実に直面する。 第30回ゴヤ賞で最優秀脚色賞を受賞。 2015年製作/106分/G/スペイン 原題:A Perfect Day 配給:レスペ スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 戦争状態のバルカン半島において、人道支援のために奮闘するNGO団体職員の姿を描くブラック・コメディ。 主人公マンブルゥを演じるのはベニチオ・デル・トロ。 マンブルゥの元恋人で、NGO団体の査察官カティアを演じるのはオルガ・キュリレンコ。 舞台は1995年のバルカン半島。 昔世界史の授業で、「ヨーロッパの火薬庫」と習った場所だ。 世界情勢に疎く、映画の舞台となった環境に対する知識がなかったため、映画観賞後に調べてみました。 この映画で描かれているのは「ユーゴスラビア紛争」といわれるもの。 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国は6つの国家からなる連邦国家で、多様な民族で構成されていたようです。 冷戦終結後、各国家で独立の動きが起こり、そこに民族主義の動きが加わったことにより泥沼な戦争状態に突入してしまいました。 作中の登場人物であるニコラ少年の親は、どちらか片方がムスリム ボシュニャク 人だったようですが、ボシュニャク人は「スレブレニツァの虐殺」というジェノサイドの対象になるなど、かなり虐げられていた人種のようで、そのことが作中の悲劇にも繋がっているのでしょう。 作中の時代設定である1995年以降も戦闘は続き、現代に至るまで完全な解決には至っていない… 停戦状態のバルカン半島で活動するNGO団体職員のマンブルゥ、ビー、ソフィーと、現地通訳のダミール。 この4人が井戸に投げ込まれた死体を取り除くべく、ロープを探して奔走する中、査察官のカティアと現地の少年ニコラとも合流する。 6人で戦争地域を移動しながら、戦地のリアルを目撃していくという一種のロードムービー。 生々しい戦争を描いているが、戦闘行為は一切なし。 発砲するシーンすらない。 描かれるのは戦争と戦争の合間の淡々とした日常であり、その中で仕事をするNGOの姿だけである。 従って、ちょっと退屈といえば退屈かもしれない。 実際睡魔が襲ってくることもあった。 基本はコメディタッチであり、ビーとダミールのやりとりや、真面目で融通が効かないソフィーの態度などには笑わせてもらえる。 戦場にいながらも痴話喧嘩をくり返すマンブルゥとカティアの姿など、世界中何処でも見られる何気ない日常のようである。 しかし、ユーモラスなキャラクターたちの裏側には暗い戦争の爪痕が随所に見られる。 ロープの一本を手に入れるのにさえ苦労するという異常な事態。 国連軍の介入により緊張感が増す現地の様子など、まるでドキュメンタリーのような緊張感がある。 そして、クライマックスのあの何とも言えないやるせない感じ。 外部の人間による支援と、現地の住民との軋轢。 融通が効かない規則により活動が制限されざるを得ない現実など、やるせない気持ちにさせられる。 しかし、死体一つ片付けられない現実に打ちひしがれながらも、次なる仕事に向けて晴々とした表情で向かう主人公達一行の姿には確実に人間としての尊厳の姿を見ることができ、観賞後には晴れやかな気持ちになることは間違いなし。 原題は「A Perfect Day」。 この題を皮肉と取るか、戦闘行為の起こらない完璧な一日であるととるかは観客次第か。 乱暴に言うと「1本のロープを求めて探し回る」映画。 …なのだけれど、その行為が「紛争地帯」で行われるだけで、こうも困難な事なのかと思い知らされる。 けれど決して暗い雰囲気の映画ではなく、監督も言っていったが「パンク」な精神で描いている。 それは、映像がぶっ飛んでいるわけでもなく、紛争地帯で活動する支援活動家の「志」がパンクということ。 ルールに則り、ルールに抗い、敵を見定め、他者が自分が、どうすれば「生き残れる」かを軸に活動している。 すごく見やすい映画。 センセーショナルな場面も多く、ショッキングな描写もあるが、現実として映画として受け入れられる範疇だと思います。 オチも素敵。 観ると(…でもそういうことよね)と、「自分のできることを精一杯する」ことで物事がどうなるかが、わかる。 わからせてくれる。 素晴らしい映画。 キャストに比べると地味な小品 ブラックコメディとしてみればいいのか? 一見不毛かと思われる国際援助活動 国連軍の役立たず感は他の映画でもよく出てくるが本当にこんな感じなのかな ラストの奇跡が救いに エンディングテーマはマレーネデートリッヒが歌う「花はどこへ行った」有名な反戦歌との事。 本編で流れるのは似つかわしくないゴリゴリロック ティムロビンスがあまりやらない役どころ。 女癖が悪い設定はデルトロっぽいが彼の役柄もまた珍しいかも。 フランス人女優が新人感を出してていい。 オルガキュリレンコが野ションする。 1995年、ユーゴスラビア紛争停戦直後の「バルカン半島のどこか」。 途中でボスニア言うた。 地雷原.

次の