ご教授いただければ幸いです。。 「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

『ご教示いただけますと幸いです』は英文メールで何て書く?

ご教授いただければ幸いです。

簡単に言えば「いただく」と「幸い」を足して丁寧な敬語表現へと変換した言葉が「頂けると幸いです」になります。 「いただく」にはくれる、もらうという意味があります。 ここでの「いただく」は謙譲語になりますので、もらうを謙譲語にしたものが「いただく」という形になります。 「幸いです」はお願いの意味で使用しています。 相手がそれをしてくれたら嬉しい、ということですね。 相手に贈り物をした際にも使用しますので、相手の役に立つことを期待する気持ちを表現することもあります今回の場合ですと、「お願い」という意味合いが当てはまります。 これらの2つの意味を足すことによって「いただけると幸いです」になりますので、ざっくりといえば「してくれると嬉しいです」といった意味を敬語表現にしたもの、ということになります。 使うときは相手に丁寧にお願いをするとき 「幸いです」は上記で説明した通りの嬉しいという意味になりますので、「幸甚(こうじん)」についての説明をしていきたいと思います。 しかし、この幸甚という言葉はなかなか見ませんよね。 日常的にはまず使うことがありませんので、ビジネスシーンなどのお堅い場面で使うことが多い言葉になります。 意味は「幸い」をより丁寧にしたものになり、訓読みをすると「甚だ幸せ」という意味になります。 砕いていうならば「非常にありがたい」や「この上もない幸せ」という感じですね。 ここまでくると丁寧にしすぎている感もありますので、基本的にはかなり目上の方に対してでない限りは「幸甚」ではなく、「幸いです」で問題ありません。 「幸いです」はあいまいな表現になることも 「いただけると幸いです」という言葉はとても丁寧ですし、良い印象を与える言葉でもあります。 しかし、場合によっては「幸いです」がとてもあいまいな表現に見えてしまうことがあります。 例えば、必ず連絡がほしい場合に「ご連絡いただければ幸いです。 」と言ってしまうとすこし言葉が弱いですよね。 ビジネスメールは意味を正しく伝える必要がありますので、丁寧な言葉遣いをしようとしすぎてこのような言い方をしてしまっていては本末転倒です。 こういった、必ず連絡がほしい場合には「ご連絡お願い申し上げます。 」といった表現にするほうが良いです。 こういった、必ず何かをしてほしい場合等は「幸いです」という表現をするべきではありませんので注意しましょう。 何が幸いかわからない場合も 「していただけると幸いです」はあいまいな表現になってしまうので、使うタイミングが限られることがわかりました。 ここではそれを踏まえたうえでの実例文をいくつか紹介していきます。 ・ご連絡いただけると幸いです。 ・お目通しいただければ幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご都合の程をお知らせいただけると幸いです。 といったような、ソフトにお願いする場合の表現として「いただけると幸いです」を使用するのが良いでしょう。 また、必ず相手からの返事が欲しい場合や、日時を指定してお願いをする場合は以下のような表現をします。 ・ご連絡していただきたく存じます。 ・お目通しいただくようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れイイりますが、ご都合の程をお知らせお願い申し上げます。 「いただけると幸いです」はとても丁寧な表現ですが、あくまでもソフトにお願いする表現ですので、きっちりと使い分けるようにしましょう。 上記でも説明しましたが、目上の人に対しての「いただけると幸いです」に当たる言葉は「いただけると幸甚です」といった表現になります。 意味は説明した通り、幸せをより丁寧に表現したものとなります。 少し上の上司にあたる人や取引先の方なら「幸甚」なんて表現をせず、「幸いです」で問題ありません。 使う際にはよほどのことがあった場合や、かなり目上の方に使うのが望ましいですね。 しかし、この「幸甚」という言葉は「この植えない幸せ」や「非常にありがたい」という意味があることを説明しました。 よって、1つのビジネスメールに頻繁に使っても良い言葉ではありません。 この上ない幸せが1回にいくつもあるのはおかしな話ですし、使う際には1か所程度にとどめて使用する必要があります。 あまりにも使いすぎるとお堅い表現でもありますので、相手によそよそしい印象を与えてしまいますし、大げさであったり「くどい」印象を与えてしまいます。 せっかく丁寧な表現を心がけて使用しているのにもかかわらず、このような事態になってしまっては意味がありませんよね。 より丁寧な表現をしたいのなら「幸いに存じます」 今回は「いただけると幸いです」という表現についてまとめました。 ここでわかったのは「いただけると幸いです」はあくまでもソフトにお願いする際に使用する表現であり、急ぎの連絡や依頼に対して使用するととんでもないことになる可能性があるということです。 「幸いです」はあくまでもビジネス枕詞であり、柔らかい印象を与えるための言葉です。 急ぎの用事がある場合は丁寧な表現をすることも大事ですが、意味の伝わるように「していただくようお願い申し上げます」や「していただきたく存じます」のような言葉を使い、しっかりと意味の伝わる文章を作成するように心がけましょう。 きちんと相手に伝わるビジネスメールをすることは社会人の基本中の基本になりますので、最初は言い回しなどが難しいものが多く混乱しますが少しずつ覚えていって丁寧かつ、意味の伝わるメールを作れるようになっていきましょう。

次の

[B! 増田] ご教授いただければ幸いです

ご教授いただければ幸いです。

ご教示、ご教授の違いが分からない 「ご教示」「ご教授」という 教えを請う時の言葉、会社で良く使うのですが違いが良く分かってませんでした。 今回はそれぞれの違い、使い方についてまとめたいと思います。 「ご教示」について 「ご教示」について解説していきます。 「ご教示」の読み方 「 ごきょうじ」と読みます。 「ご教示」の意味 「 教え示す」という意味になります。 特に 手順、方法、やり方などを教えて欲しい時に使います。 「ご教示」の使い方、例文 ・データの集計方法を ご教示いただけないでしょうか? ・トレーニングの改善ポイントを ご教示いただければ幸いです。 ・お手すきの時に ご教示いだけると助かります。 「ご教授」について 「ご教授」について解説していきます。 「ご教授」の読み方 「 ごきょうじゅ」と読みます。 「ご教授」の意味 「 教え授ける」という意味になります。 特に 専門的な知識、技能を教えて欲しい時に使います。 ポイントは一時的に教えて貰うのではなく、 継続的に教えを受ける時に使用します。 「ご教授」の使い方、例文 ・業界の動向について ご教授いただきたく存じます。 ・先生に ご教授いただいたおかげ受賞することができました。 今回はときどき違いが分からなくなる「ご教示」「ご教授」の違いについてまとめました。 皆さんの参考になれたら幸いです。 以上、ワーカホリックダイアリーでした。

次の

幾何学の証明の問題です。ご教授いただければ幸いです。鋭角三...

ご教授いただければ幸いです。

「ご教授」と似たような言葉に「ご教示」があります。 「ご教示」とは、教え示す意味を持つ「教示」に、丁寧語の「御 ご 」を付けた敬語表現。 ある事柄について、方法や知識を教えて欲しい時に用いられる言葉です。 「ご教授」と「ご教示」は似たような意味を持ちますが、「ご教授」の方が仰々しいニュアンスをもつ言葉となります。 ビジネスシーンにおいては、専門的な知識や技術を長い期間にわたって教えてもらう場合や、格式あるビジネスマナーの教えを乞う場合などには「ご教授」が使われ、業務内容の説明やちょっとした仕事のやり方などを教えてもらう場合には「ご教示」が使われます。 「ご教示」は比較的簡単な事柄や軽い教えを乞う場合に用いられるため、「ご教授」と比べると幅広く使い易い言葉となります。 ビジネス上での「ご教授」の正しい使い方 「ご教授」の使い方として多いのが、「ご教授ください」というフレーズを用いた敬語表現です。 「ご教授ください」は、「専門的な技術や知識を教えてください」という意味を表し、相手に対して深い敬意を示す効果があります。 ビジネスシーンにおいては、目上の人から長期にわたり知識を学ぶ場合や、取引先の相手に専門的な技術を教えてもらう場合などで用いられます。 また、「ご教授ください」というフレーズは堅い印象を与えるため、話し言葉としてはあまり用いられません。 メールや手紙などの書き言葉として用いられるのが一般的となっています。 また、「ご教授くださいますよう~」「ご教示賜りますよう~」などの定型文を覚えておくといいでしょう。 ビジネスシーンで使える「ご教授」を使った例文一覧 「ご教授ください。 」を使った丁寧な例文• Please give me a lecture. (ご教授ください)• Please instruct it. (ご教示ください)• Please advise. (ご教示ください- ご意見をお願いいたします)• Thank you for your instruction. (ご教示ありがとうございます)• It would be greatly appreciated if you could explain the details. (詳細をご教授いただけると幸いです)• Is it possible to have your advice on that matter? (その件に関してご教授いただく- アドバイスをいただくことは可能でしょうか?).

次の