ビジネス メール お礼 返信。 「お礼メール」書き方とビジネス例文!社内・社外・状況別に紹介

「ビジネスメールの返信」書き方とマナー!お礼や状況別の例文も

ビジネス メール お礼 返信

— ビジネスで使える英語表現をもっと学びたい方は、38ページに渡るeBookを無料でダウンロードいただけます。 ビジネスにおける英文メールで、お礼メッセージを送るときに使えるフレーズのトップ10をご紹介します。 まずは、メールの冒頭で感謝の気持ちを伝えるための5つのフレーズです。 お礼表現は最初の一行目にぴったり。 ふさわしい言葉を使うことで、感謝の気持ちが相手にも伝わります。 特に今後も相手に力を貸してほしいとき、この一文を入れることはとても大切です。 Thank you for contacting us 会社のサービスに関する質問メールを受け取ったら、メールの冒頭にこの一文を添えて、自分の会社に関心を持ってくれたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。 例文: Thank you for contacting us regarding our current products and prices. (弊社製品に関してお問い合わせいただきまして、誠にありがとうございます。 ) Thank you for your prompt reply 顧客や同僚がすぐに返信してくれた際には、まず迅速に対応してくれたことに対してお礼を伝えましょう。 しばらく経ってから返信がきた場合は、この文から「prompt」を除くだけです。 例文: Thank you for getting back to me. (ご返信ありがとうございます。 ) Thank you for the information 問い合わせに対する回答を受け取ったときは、この文で感謝の気持ちを伝えましょう。 この場合も、「about」または「regarding」を使って、受け取った情報について触れることができます。 例文: Thank you for the information about your current pricing. (現状の価格についてご連絡いただき、どうもありがとうございます。 ) Thank you for all your assistance 誰かが一生懸命助けてくれたときも感謝の気持ちを伝えましょう。 相手がしてくれた内容について具体的に触れたいのなら、次のように表現することもできます。 例文: I really appreciate your help in resolving the problem. (問題解決にお力添えいただきましたことに、深く感謝申し上げます。 ) Thank you raising your concerns 取引先や上司から仕事に関して懸念する内容のメールを受け取った場合でも、きちんとお礼を言いましょう。 これにより、そのフィードバックが自分にとって役立ち、それを真摯に受け止めているということが伝わります。 ) このように、通常メールの冒頭では過去の行動に対してお礼を伝えますが、メールの末尾では今後の行動に対する感謝の気持ちを伝えます。 事前にお礼を伝えることで、より前向きに対応してもらえるようになります。 Thank you for your kind cooperation ある案件に対して相手のサポートが必要なら、協力してもらえることへのお礼を事前に伝えましょう。 「in advance(事前に)」を加えて次のように述べることができます。 例文: Thank you in advance for your cooperation. (お力添えいただけることに心より感謝致します。 ) で効果的に英語力をアップしよう! Thank you for your attention to this matter 上記と同じように、相手の今後の支援に対する感謝の気持ちを表す表現です。 この表現には、お願いしている依頼が重要で、特別に注意を払ってほしいという意味合いも含まれています。 Thank you for your understanding 自分のメールの内容を理解したことに対するお礼ではなく、相手に迷惑がかかるかもしれない物事を依頼した際に、事前に感謝の気持ちを伝える表現です。 Thank you for your consideration 求人に応募する際など、相手の時間の割いて利益や機会を求めるときに、この文を使います。 メール冒頭ですでにお礼を伝えているけれど、多大な尽力をつくしてもらったので、繰り返し感謝の気持ちを伝えたい場合に使います。 英文ビジネスメールでのお礼フレーズの使い方が分かれば、相手に誤解されず、きっと感謝の気持ちは伝わるはずです!.

次の

面接日程の調整・返信・お礼メールの書き方【例文付き】

ビジネス メール お礼 返信

— ビジネスで使える英語表現をもっと学びたい方は、38ページに渡るeBookを無料でダウンロードいただけます。 ビジネスにおける英文メールで、お礼メッセージを送るときに使えるフレーズのトップ10をご紹介します。 まずは、メールの冒頭で感謝の気持ちを伝えるための5つのフレーズです。 お礼表現は最初の一行目にぴったり。 ふさわしい言葉を使うことで、感謝の気持ちが相手にも伝わります。 特に今後も相手に力を貸してほしいとき、この一文を入れることはとても大切です。 Thank you for contacting us 会社のサービスに関する質問メールを受け取ったら、メールの冒頭にこの一文を添えて、自分の会社に関心を持ってくれたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。 例文: Thank you for contacting us regarding our current products and prices. (弊社製品に関してお問い合わせいただきまして、誠にありがとうございます。 ) Thank you for your prompt reply 顧客や同僚がすぐに返信してくれた際には、まず迅速に対応してくれたことに対してお礼を伝えましょう。 しばらく経ってから返信がきた場合は、この文から「prompt」を除くだけです。 例文: Thank you for getting back to me. (ご返信ありがとうございます。 ) Thank you for the information 問い合わせに対する回答を受け取ったときは、この文で感謝の気持ちを伝えましょう。 この場合も、「about」または「regarding」を使って、受け取った情報について触れることができます。 例文: Thank you for the information about your current pricing. (現状の価格についてご連絡いただき、どうもありがとうございます。 ) Thank you for all your assistance 誰かが一生懸命助けてくれたときも感謝の気持ちを伝えましょう。 相手がしてくれた内容について具体的に触れたいのなら、次のように表現することもできます。 例文: I really appreciate your help in resolving the problem. (問題解決にお力添えいただきましたことに、深く感謝申し上げます。 ) Thank you raising your concerns 取引先や上司から仕事に関して懸念する内容のメールを受け取った場合でも、きちんとお礼を言いましょう。 これにより、そのフィードバックが自分にとって役立ち、それを真摯に受け止めているということが伝わります。 ) このように、通常メールの冒頭では過去の行動に対してお礼を伝えますが、メールの末尾では今後の行動に対する感謝の気持ちを伝えます。 事前にお礼を伝えることで、より前向きに対応してもらえるようになります。 Thank you for your kind cooperation ある案件に対して相手のサポートが必要なら、協力してもらえることへのお礼を事前に伝えましょう。 「in advance(事前に)」を加えて次のように述べることができます。 例文: Thank you in advance for your cooperation. (お力添えいただけることに心より感謝致します。 ) で効果的に英語力をアップしよう! Thank you for your attention to this matter 上記と同じように、相手の今後の支援に対する感謝の気持ちを表す表現です。 この表現には、お願いしている依頼が重要で、特別に注意を払ってほしいという意味合いも含まれています。 Thank you for your understanding 自分のメールの内容を理解したことに対するお礼ではなく、相手に迷惑がかかるかもしれない物事を依頼した際に、事前に感謝の気持ちを伝える表現です。 Thank you for your consideration 求人に応募する際など、相手の時間の割いて利益や機会を求めるときに、この文を使います。 メール冒頭ですでにお礼を伝えているけれど、多大な尽力をつくしてもらったので、繰り返し感謝の気持ちを伝えたい場合に使います。 英文ビジネスメールでのお礼フレーズの使い方が分かれば、相手に誤解されず、きっと感謝の気持ちは伝わるはずです!.

次の

ビジネスメールでお礼の返信をする時のマナーは?すぐ使える例文付

ビジネス メール お礼 返信

「早い返信ありがとうございます」似た表現 「早い返信ありがとうございます」の丁寧な使い方として似たようなものとしては、「早速のご対応」や「早々のご対応」または「迅速なご対応」などが挙げられています。 そのため一般的にはこれらの表現のいずれかが使用されているのですが、実はそれぞれの丁寧語には適した使い方や相手があるので意味や用途を理解しておく必要があるのです。 「早速」の場合 例えば「早速」の場合は文の頭につけることで本文に入る時や話題を切り替える時などに利用される起こし言葉となっていて、目上の人や初対面の人に対してでも比較的使いやすい敬語だと言われています。 使い方としては「早速の返信ありがとうございます」や「早速の〇〇ありがとうございます」などとして、そのあとに本文を添えるようにするのがおすすめです。 「早々」の場合 そして「早々」の場合は、一般的に目下の人や友人または知人など親しい間柄や身近な間柄の相手に利用されている敬語となっています。 そのため敬語の中でも若干砕けた表現として利用されているので、目上の人に使う場合は失礼だと感じられてしまう恐れもあるようです。 つまりビジネスメールの上ではあまり使うことは避けた方がいいと考えられており、特に取引先や目上の相手に対しては使わないように心がける必要があると言えます。 「迅速」の場合 さらに「迅速」の場合ですが、こちらは相手の行動に対してだけではなく自分の行動に対しても使える敬語であるところが特徴です。 このためビジネスメールの中では比較的使いやすい敬語となっていますし、「早い返信ありがとうございます」の敬語としても問題なく利用できます。 さらに文中だけではなく文の頭に持ってくることも可能なので、応用しやすいところがポイントとなっています。 「早い返信ありがとうございます」使分け このようにビジネスメール上での「早い返信ありがとうございます」の敬語の使い方としては、「早速」や「迅速」を使うと目上の人に対しても失礼のない返事ができます。 「早々」は目上の人には使えないので注意が必要ですが、例えば部下や同僚に対しての「早い返信ありがとうございます」の敬語として使うのは問題ありません。 そのため相手によって使い分けをしていく必要があるのですが、使い分けを必要としていない「早速」や「迅速」の方が間違いがないので安心して利用できるようです。 早速」や「迅速」などの敬語を使う注意点 ただし注意点として、「早速」や「迅速」などの敬語を使う場合には「していただき」という敬語を同時に使えないとされています。 このため「早速返信していただき、ありがとうございます」または「迅速な返信をしていただき、ありがとうございます」のような敬語の使い方は誤用なのです。 「早速」または「迅速」という敬語を使って「早い返信ありがとうございます」という文章を打つ場合には、「早速のご返信をありがとうございます」または「迅速なご返信をありがとうございます」のように打つのが正しい使い方になっています。 ほかにも「お忙しいところ」など相手を労うような文章を一緒に打っておくと気遣いのあるビジネスメールにできますし、メールの文章だけではなくこちらも同じように早めの返信をするように心がけるのも敬語と同じように大切なポイントです。 関連する記事• 2017. 26 ビジネスメールではしばしば正しく使えていなかった言葉が原因でトラブルが発生することがあります。 シーンに合わせて正しく言葉を使い分けることが重要です。 […]• 2017. 17 メールを書くときに、相手の宛名を何にするか迷うことがあります。 相手が役職を兼任しているときなどは、取引先のメール宛名をどうしたら良いのか分からなくなる[…]• 2017. 15 ビジネスメールを作るときに、「いつもお世話になっております」と「 いつもお世話になります」の二つの表現を使うことがあります。 どのように[…]• 2018. 08 メールで相手の都合を尋ねる時に、あなたはどのような表現を使っていますか? 中には「ご都合が悪ければ」という表現を多用している方もいると思[…]• 2017. 18 ビジネスメールを書くときには、各位の使い方が難しいと感じるかも知れません。 各位を目上の人に使っても失礼では無いのか、知っておきたいと思うでしょう。

次の