東京 ノワール ドラマ。 賀来賢人、新ドラマ『ニッポンノワール』主演で刑事役に 「今まで日本で見たことのないスケール」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

混沌として大仰さが目立った『ニッポンノワール』、視聴者との強烈な結びつきを生むドラマに化けるか

東京 ノワール ドラマ

スポンサーリンク 原作あらすじは? まさに思い描いていた遊佐清春のイメージ! 脚本がどんどん立体的になっていくこの楽しさよ。 早く動いているところが見たい。 そして、それをまた脚本に反映していく。 そんなキャッチボールの日々が始まろうとしている。 ……もう始まっちゃうんだなぁ(笑)。 踏ん張ろう。 武藤将吾さんといえば、最近では、1月に放送されて大人気となった「3年A組今から皆さんは人質です」を手掛けられています。 「3A」ドラマの舞台は、とある私立の共学高校。 菅田将暉さん演じる柊先生が、担任となったクラスの、1人の生徒が自ら命を落としたことから始まりました。 彼女の命を奪った犯人は一体誰?ということで、教師が生徒を人質にとり、学校に建てこもって生徒自身に考えてもらうという、ありそうでなかった面白いドラマでした。 フェイク動画や、SNSの拡散が「言葉は、人の命を奪うこともある。 」ということを考えさせてくれる内容も良かったです。 遊佐が碓氷さんの命を奪ったのか、それとも誰かにはめられたのかは、記憶喪失のため、まったく分からない状態です。 現場の状況的には、どうみても遊佐清治が犯人になりますね! 遊佐の仲間である刑事も、この現場の状況を見て、彼のことを疑うのは当然の流れでしょう。 ただ遊佐にとっては、なぜこのような状況になったのか知りたいでしょう。 そしてもう一つ、未解決事件となってしまった、十億円強奪事件の真相や犯人は誰かも気になります。 生前の碓氷さんと遊佐清治は、十億円強奪事件の真相を追っていて、真相を知ることが出来たのです! おそらく、十億円強奪事件は犯人だけでなく、警察内部や国家の機密を知る人間も関わっているのです。 ですが、これらの事件に関わっているという、真実を知った2人を放っておくことはできません。 ところが、遊佐清治は生き延びてしまった。 そのため、遊佐は犯人に仕立て上げられた。 このようなことが考えられます! 碓氷薫の息子が犯人? 碓氷薫の幼い1人息子・克喜くんが、相棒となりますが、 この一人息子が何らかの事情を知っていて黙っている、という展開も考えられます。 克喜は母親を亡くしたショックも関係していると思いますが、気になることがいくつかあります。 ・誕生日を祝ってもらった記憶がない ・母親が亡くなったことが、よく分からないし、 母親の顔が思い出せない。 「母はいつも忙しかったので。 」と、言っていましたが本当にそうでしょうか? それと、かつきくんは、いつも食事の後に 薬を飲んでいます。 克喜は何らかの病を抱えているということです。 その病気とは、新型インフルウイルスに関係していると思います。 第1話のオープニングで、2009年の新型インフルエンザの新聞記事やカエルや注射・点滴などがフラッシュバックのように流れていました。 2009年といえば克喜くんが生まれた年です。 そしてその後遺症で記憶障害もしくはなにかしらの持病になってしまった。 薬を飲んでいることによって記憶障害が起きているんだとしたら、清春の記憶喪失もあの緑の液体(ワクチン?)が関係しているように思います。 ちなみにインフルエンザの特効薬に、カエルの粘膜が有効だということがわかっているんですね~。 映像のカエルはインフルエンザのワクチンが関係しているという大きなヒントとなっているんです。 なので、克喜くんは犯人ではないと思います。 さすがに、「予想もつかないアンストッパブルミステリー」とはいえ、子役さんが犯人ということはないでしょう。 スポンサーリンク 遊佐清春は犯人ではない? 遊佐清治が犯人という可能性はあるでしょうか? 碓氷薫は未婚で克喜くんを出産されてます。 なので父親は不明とされています。 宮城遼一(細田善彦さん)によると、清春は警察学校時代、当時講師として来ていた薫と寝たと言ってました。 荘だとすると、清春が父親で間違いないでしょう。 でも、この話を、清春は覚えていないようでした。 3ヶ月間の記憶がなくなっていると言っていたのに、それ以前の記憶も忘れているようです。 そして碓氷薫が初めて捜査一課の係長として来たときの自己紹介で 「私には愛する息子がいます。 」と言った時、清春に視線を向けてたのも気になりました。 理由は、克喜くんが清春を追って「喫茶店ボナーロ」にやって来た場面。 食事を食べる場面で、「いただきます。 」と言わなかった清春に向って 「食べ物を作ってくれた人に感謝の気持ちを込めていただきます。 そう教わりませんでしたか?」と克喜が言っています。 これって、「薫に教わってたのに忘れちゃったの?」っていう意味だったのかもしれないと思ったからです。 そして2人とも記憶障害があります。 なのでお互いに親子だと忘れてしまっているんじゃないかと! ということで、遊佐清春ではなく、口封じのために記憶障害となっているのです。 ドラマのタイトルの「ノワール」の意味は、フランス語で「悪」です。 ニッポンノワール=日本の悪で、刑事Yは、遊佐清治のイニシャルYです。 日本の悪を暴くために、遊佐が反乱を起こしているということで、最終回の結末としては、国家ぐるみの陰謀が解き明かされることになります。 賀来賢人さんは「今まで日本で見たことのないスケールのドラマです。 」と、公式コメントで発表されています。 警察内だけではなく、国を揺るがす事件となるのは必至ですね^^。 実行犯やアジトを見つけ出したのも、薫です。 碓氷薫が発見した時、すでに実行犯の4人は仲間割れとなり、みんな亡くなっていました。 防犯カメラの映像もありますが、それによると、実は実行犯以外に黒幕が1人いることが判明~!! しかもその手口から、警察関係者で間違いない。 その黒幕が隠していた十億円のありかを薫が突き止め、薫がどこかに隠したと、なっています。 ということは十億円のありかを聞き出そうとした人物が薫を・・・と思ってしまいがちですが・・・。 本当の犯人の黒幕は、碓氷薫ではないでしょうか。 1人でいろいろ突き止めたとすると、優秀だからこそ、突き止められたって気がするんですよね。 ちなみに清春も協力者の1人。 1人と言われていますが、2人で黒幕をしていた可能性もあります。 清春の部屋に計画書なるものもありましたね~。 それなら4人がそれぞれの命を奪う映像は、元半グレ集団ベルムズのリーダーだった喜志正臣(栄信さん)が作ったフェイク動画と考えれます。 どうして薫は十億円強奪事件の黒幕になったのか? 何か、仕方がない理由があったのでしょう。 実は、克喜は病気で治療が必要で、莫大なお金が掛かる。 なので克喜を助けるために十億円強奪事件の計画を立てたのでは? 薫個人の計画を知った、警察上層部が、薫とともに計画した!? 十億円は克喜の治療費に使い、余ったお金は警察上層部に渡す予定になっていた。 だからこの事件はあいまいな解決で終わっているし、江國(杉本哲太さん)の言っていた「なぜか上層部が蓋をしたがっているんだ。 」ということにも納得がいきます。 こうなってくると薫を手に掛ける動機のある人がたくさん出てくることになりますね。 タイトルの意味でもある日本の闇というのもピッタリ~! ただ清春を記憶喪失にしただけで手に掛けなかったのが謎なんですよね。 薫の犯人要因が必要だったってことなんでしょう。 役柄もそのまま続投で「3年A組」の「魁皇高校立てこもり事件」の半年後の設定となっています。 え~っ!あのドラマは完結してたんじゃなかったの??と思ったらどうやら違うんですね! 現時点で分かっている情報を基に早速、3人は黒幕になりえるのか?予想してみました~。 3Aのキャストの中に黒幕がいるのではないか?と考えるとやはり一番怪しいのは本城さんではないでしょうか? 警視庁の理事官ですし、何か繋がりがあるからだと思います。 そして、本城の娘は、重大な秘密を隠しているという重要な人物の一人でもあります。 そしてこの娘の周りには悪い友達が多いので、おそらく親の力で色々隠蔽しているのではないか?と思います。 3年A組の立てこもり事件の半年後というのは、ちょうど今の私たちが生きている時間軸と一緒なんですよね。 3Aの事件は、菅田将暉さん演じる柊先生が、 SNSが犯人だという事を訴えて結末に向かい全て解決したはずでした。 ですが、私はこの事件1つ気になったまま終わったと感じています。 それは五十嵐さん(大友康平さん)です。 五十嵐さんは娘の為に柊に協力したという事でしたが、本当にそれだけだったんでしょうか? 「3年A組」では、五十嵐さんは最後に「 大臣を追っていたのか?」と警察に聞かれましたが、「 そんな小物じゃない。 」と言っていました。 武智先生(田辺誠一さん)が逮捕された時に、五十嵐の顔を見て助かったという顔を一瞬した時があったんですよね~。 逆にそこが引っかかっているんです。 あの事件の 黒幕の大臣と警察は、結局のところ繋がりがあったんではないか?と考えています。 ちなみに、前回の五十嵐さんの理事官の役職を、今回は、本城(篠井英介さん)が受け継いでいるんです。 理事官に就くと、警察の秘密を受け継ぐので、隠蔽に関わらなくてはいけない、といった事も考えられます~。 前回は現代社会のSNSへの訴えを視聴者に問いかけました。 今回は、この日本社会の隠蔽体質を訴えかけた結末になるのではないか?と予想しています。 今回、役を続投する宮城(細川善彦さん)は郡司(椎名桔平さん)的な役割をニッポンノワールで果たすのではないでしょうか? そして栄信さんです! 栄信さんが演じたのはベルムズの元リーダーです。 「ニッポンノワール」では、元から、また現役のリーダーに復活してたりするかも?! そうなると、栄信さんが黒幕である可能性もあります。 また、ボナーロ喫茶店のマスター深水もこのプロジェクトには関わっていたことが、第9話(12月8日)で判明しています。 深水も黒幕である可能性もあるので、考察出来たことがあれば、また更新していきます。 スポンサーリンク SNS上の反応は? ドラマの内容が分かりだしたところで、ネット上ではこんな意見があがっています! 粗暴でエキセントリックな役どころ、そしてアンストッパブルなミステリー。 全く想像できない分、見たことない賀来くんが観れそうでもはや楽しみしかないし、オリジナル脚本だから先が読めない楽しみも味わえそう。

次の

混沌として大仰さが目立った『ニッポンノワール』、視聴者との強烈な結びつきを生むドラマに化けるか

東京 ノワール ドラマ

賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ー刑事Yの反乱ー』(日本テレビ系)の最終回が、12月15日に放送された。 事件の発端となった山小屋にて、ガスマスクを追い詰めた清春(賀来賢人)。 「お前の正体暴いてやるよ」そう言って清春がマスクを外した先にいたのは、仮死状態から生き延びていた才門(井浦新)の姿だった。 極秘プロジェクトには、清春が受けていた人格矯正肉体改造のほかに精神支配プログラム、つまりマインドコントロールがあることを才門は打ち明ける。 そのプログラムは、「Look at Me!」というワードをスイッチに清春にも暗示としてかけられていた。 そして、才門はガスマスクを被ったのは、2回だけ。 ガスマスクの真犯人は別にいると話す。 アルティメットプログラムを完成させる新薬と10億円を手にするため、山小屋に突入してきたのは、咲良(夏帆)と克喜(田野井健)を人質にした真犯人の名越(工藤阿須加)だった。 決め台詞の「パーティーピーポー!」は自身が作ったキャラ。 薫(広末涼子)、10億円強奪事件の強盗団4人、ニッポンノワールの中心人物である政明(大和田伸也)、ベルムズのリーダーで南武(北村一輝)の息子だった・陣内凪人(落合モトキ)……数々の殺害を行ってきた名越は本性を現す。 その姿は至って冷静、しかし、薄気味悪い表情からは、どす黒いオーラ、狂気を放っている。 肉体改造を受け、化け物のような姿となった清春と名越による肉弾戦。 壮絶な戦いの末に、清春は勝利を手にする。 それは清春が父親だと知った克喜の見ている前で。 清春が自身に新薬を投与したのは、12月15日22時30分。 最終回は現実の時刻とシンクロし展開していった。 23時、新薬が適応しなければ1時間も持たずに死ぬことが明かされる。 名越とのバトル後、清春は23時20分に「笑えねえ」というセリフを残し倒れることになるのだが……。 【拡散希望】 お願いです。 この真実をみんなに広めてください。 ドラマでは真実と知った3年A組の生徒が拡散に協力しているが、実際のTwitterでも6000RTを超える反響を巻き起こしている。 才門は、魁皇高校に立てこもった教師・柊一颯(菅田将暉)がネットに向かって必死に今の社会を訴えていたことに、段々と活力を呼び覚まされあがいてみるのも悪くないと生き伸びた理由を語っていた。

次の

ニッポンノワールのロケ地はどこ?公園や中央警察病院の撮影場所も

東京 ノワール ドラマ

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の基本情報• タイトル:ニッポンノワール-刑事Yの反乱-• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• ドラマ公式Instagram• ドラマ公式LINE• 主演:賀来賢人• ジャンル:ミステリードラマ• 放送局:日本テレビ系• 放映日時:日曜 22:30 — 23:25• 物語の中心となる警視庁の刑事・遊佐清春(賀来賢人)は、冷徹で目的のためには手段を選ばない、超エキセントリックだが、人間臭い一面も持つ男。 そんな遊佐が巻き込まれたある1つの事件のために、遊佐の生活は一変します。 周囲の人間は全て敵となり、裏切りの連続で先が読めない展開が続きます。 そんな中、唯一の相棒である少年と共に、事件の真相を追い、巨悪に立ち向かう遊佐の姿を描いたシリアスミステリーです。 キャスト一覧• 遊佐清春:賀来賢人 警視庁捜査一課 碓氷班・刑事• 碓氷薫:広末涼子 警視庁捜査一課 碓氷班・班長、殉職• 碓氷克喜:田野井健 薫の9歳の一人息子• 南武修介:北村一輝 警視庁捜査一課長• 才門要:井浦新 警視庁公安部• 宮城遼一:細田善彦 警視庁捜査一課・刑事、清春の同期• 名越時生:工藤阿須加 警視庁捜査一課 碓氷班・刑事• 江國光成:杉本哲太 警視庁捜査一課 碓氷班・刑事• 高砂明海:立花恵理 警視庁捜査一課 碓氷班・刑事• 本城諭:篠井英介 警視庁捜査一課 理事官• 本城芹奈:佐久間由衣 諭の娘• 深水喜一:笹野高史 喫茶店「bonnaro」マスター、元刑事• 深水咲良:夏帆 フリーライター、喜一の娘• 深水星良:入山法子 才門の婚約者だった女性• 喜志正臣:栄信 半グレ集団ベルムズの元リーダー、 遊佐に協力する• 仁平:相島一之 公安課長• 芹奈の彼氏:高見蒼汰• ファイター田中:前川泰之 放来撮影所・社長代理• 魚住華:富田望生(4話) 『3年A組』に登場した女性• 諏訪唯月:今田美桜(5話) 半グレ集団べルムズ・元リーダー喜志正臣の元恋人• 眞木光流:矢本悠馬 清春と同期の公安部刑事• 碓氷政明:大和田伸也 元警察庁長官、薫の父• 陣内凪人:落合モトキ ベルムズ現リーダー• 甲斐隼人:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)(6話)• 石倉光多:佐久本宝• 今井悠貴:西崎颯真 ファイター田中の元で修業中• 権藤:緋田康人 ベルムズ御用達病院の天才闇医者• 水越涼音:福原遥(7話)• 真壁翔:神尾楓珠(7話)• 熊沢花恋:堀田真由(7話)• 郡司真人:椎名桔平(8話)• 里見海斗:鈴木仁(9話) サッカー部のエース• 堀部瑠奈:森七菜(9話) 電脳部の部員• 結城美咲:箭内夢菜(9話) アイドル志望の女の子• 健作:増田修一朗 認知症、清春の父 スタッフ一覧• 原作:なし• 脚本:武藤将吾• 音楽:松本晃彦• チーフプロデューサー:西 憲彦• プロデューサー:福井雄太、柳内久仁子• 演出:猪股隆一、小室直子、西村了• 制作協力:AX-ON• 製作著作:日本テレビ 各話の視聴率 『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 しかし、目的のためには手段を選ばない冷徹な一面、とても人間臭い部分もある男でした。 ある日、遊佐が森の中で目を覚ますと、傍らには元上司の女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の死体が横たわっており、遊佐の右手には拳銃が握りしめられていました。 状況が把握できない遊佐。 なんと遊佐は、数ヶ月間の記憶を失っていたのでした。 自分が殺したのか、誰かにはめられたのか分からぬまま、遊佐は容疑者として追われる身になってしまいます。 かつての仲間が全て敵となり、誰を信じればよいのか疑心暗鬼となる中、遊佐に手を差し伸べたのは亡くなった薫が残した幼い息子・碓氷克喜(田野井健)でした。 そして、遊佐は自らの手で、事件の真相を暴くために、克喜と共に独自に捜査を進めていきます。 かつての仲間達からの裏切りを重ねる中で、遊佐は、今回の事件と未解決の「十億円強奪事件」との繋がりに気がつきます。 「十億円強奪事件」は、事件当初から黒い噂があり、警察上層部が裏で手引きをしていたのではないかと、警察内部ではささやかれていました。 そこに目をつけた薫は、亡くなる数ヶ月前から、遊佐と共に「十億円強奪事件」の捜査を秘密裏に進めていました。 2人の捜査の結果、「十億円強奪事件」には警察上層部と政財界のトップが関係しており、事件の真相が明るみになると、日本が崩壊の危機に立たされることになることが明らかになります。 そして、実は薫の父親も「十億円強奪事件」に関与しており、薫は何も知らずに事件の片棒を担がされていたのでした。 その事実を知った薫は、犯罪に手を染めていたという罪悪感と事件の裏側に隠されていた真相の重みに押しつぶされ、森の中で自殺をしてしまったのでした。 薫と共に「十億円強奪事件」の真相を知った遊佐は、碓氷薫の自殺を止めることができず、ショックのあまり「十億円強奪事件」と薫の自殺に関する記憶を失っていたのでした。 そして、警察上層部は、薫が自殺し、遊佐が記憶を失っていることを利用して、「十億円強奪事件」の真相を再び闇に葬ろうと、遊佐に碓氷薫の殺害の罪をなすりつけようとしていたのです。 克喜と共に、全ての真実を思い出した遊佐は、世間に「十億円強奪事件」の真相を公表し、警察、さらには日本の闇に立ち向かっていくのでした。 『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』各話のあらすじ 2019年10月13日から日本テレビ系にて放送開始された賀来賢人さん主演の連続ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 1話のあらすじネタバレ 【よる10時30分】「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」遊佐清春 が目を覚ますと、隣には碓氷薫 の遺体が。 手には拳銃を持ち、なぜか3ヶ月分の記憶を綺麗に失っていた。 コノママデハツカマル。 そう思った清春は全ての痕跡を消し去りその場を後にする。 初回から死んでしまう広末さんですが、回想シーンなど沢山の出番があるようで良かったです。 また、体の線が綺麗に出てセクシーに映るカメラアングルの工夫など、こういうのは、制作側の広末さんに対する心遣いなんでしょうかね。 関連記事 2話のあらすじネタバレ 【よる10時30分】「ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 2 暴かれる一つの罪! 偽る者は誰だ!? 」 遊佐清春 の自宅に自身が碓氷薫 を殺害した犯人へと繋がる証拠が残されていた。 そして既に周囲は刑事に囲まれていて…。 「自分に出来ることは全て捧げ嘘なく大切に演じ切りたいと」とコメントしていましたが、これは、父を殺されてしまった娘としての、その「感情のリアリティー(起伏)」を大切にしたいという意味なんでしょうか。 物語の展開は破天荒過ぎて現実的なリアリティーという面では理解不能な中、微妙な感情の動きだけは、嘘のない真実を表現したいということを言いたかったのでしょうかね。 関連記事 3話のあらすじネタバレ 【よる10時30分】「ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 3 直接対決! 最も怪しきあの男…!! 」 亡き刑事:本城 に女性刑事殺害事件と十億円強奪事件という二つの大事件の罪を着せ、全てをうやむやに処理しようとする警察上層部。 星良殺し、薫殺し、それに十億円強奪事件の解明に繋がる発作的行動ということなのでしょうかね。 関連記事 4話のあらすじネタバレ 【よる10時30分】「ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 4 核心、判明す!? ……蘇る記憶! 」 ホンボシ 本犯 は南武 だと告げられた清春 が南武の素性を洗っていくと、これまで既に多くの嘘をついていたことが分かる。 南武の本意を探る清春。 が、この二人、休園を知らずに遊園地にやって来て、そこから急遽、山に行くことになります。 須永は、問題児メンバーでクールなモテ男子でした。 華は、柔道部で力が強い女子でした。 この二人、どうやら卒業後も仲良く付き合っているようで、何だかホッコリしました。 関連記事 5話のあらすじネタバレ 【よる10時30分】「ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 5 十億円強奪犯判明! 」 警察の暗部となる地下組織「ニッポンノワール」の存在が明らかになった。 そして清春 は重大な記憶を取り戻し、その闇へと立ち向かうことになる。 死にゆく喜志に仲間(ベルムズメンバー)を助けてくれと頼まれた遊佐。 半グレのベルムズと父親殺しの遊佐との親和性が強調されて来ましたね。 いよいよ、第2部から横糸(横の人間関係)が絡まって来るのでしょうね。 逆襲、始まる」全国に指名手配をかけられた刑事:清春 は、公安部の刑事:才門 と共に逃走劇を繰り広げる。 明海刑事との関係など、聞き込み中にラブホテルに行ったりして、何かと疑わしい才門でしたが、結局、死んだ婚約者の星良の作る「チャーハン」が食べたいと言って死んだ才門。 良い話ですが、明海には、ちょっと可哀そうな話でしたね。 関連記事 7話のあらすじネタバレ 【よる10時30分】「ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 7 暴く闇の正体! 亡き刑事、涙の真相…」警察に蔓延する衝撃の陰謀が見えた。 そして息子は囚われの身となる。 逆襲を試みる刑事に迫る裏切りの手。 第2部覚醒編。 男は敵の正体を暴く。 そこには亡き刑事の真相がー。 凶暴化する我が子に対する気持ちの整理が付かない母に対して、何とか母との正常な関係を築きたいと希求する子供の心。 そんな我が子の気持ちを知った母は苦しみます。 ですが、現実に、包丁を持つ子に対して、親に何が出来るのかを考えますと、いろいろと綺麗ごとは言えるのでしょうが、本当に難しいところですね。 関連記事 8話のあらすじネタバレ 【よる10時30分】「ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 8 命懸けの救出劇! あの男の最期…。 」組織の手により濡れ衣を着せられ、囚われの身となった清春。 そんな中、息子の克喜 は人体実験場へと連れ去らわれていた…。 魁皇高校立てこもり事件では単身校内に乗り込み、柊一颯(菅田将暉)と対峙して、真相の究明に当たっていました。 今回、こちらの第8話での郡司刑事は、捜査一課分室で、かつての部下・宮城遼一と再会。 警察の極秘地下組織「ニッポンノワール」の人体実験第1号被験者と分かって苦悩する宮城を、「瀬ヶ山署生活安全課刑事時代」の二人の間のこと(絆)は間違いのない「真実」だと言って慰め、励まします。 関連記事 9話のあらすじネタバレ 【よる10時30分】「ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 9 蘇る全ての記憶! 覚せいの日、来たる」亡き薫 が残したUSBの情報が開示され、清春 は喫茶店マスター深水喜一 のもとを訪れる。 最終話で、本当の遊佐と薫の関係性が明らかになるものと期待します。 克喜が自らの誕生を喜び、そして、今の在り方に納得できるような形の真相が立ち現れるのを期待したいと思います。 関連記事 10話(最終回)のあらすじネタバレ 【よる10時30分】「ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 10 全ての謎は、この1時間の為にあった」時刻は12月15日22時30分。 刑事は黒幕と対峙した。 ここから始まる55分の物語。 私たちの現実世界と同じ時間の流れで物語は進む。 全ての謎と衝撃が、ここに完結す。 大ドンデン返しに期待していましたが、淡々と事が運んで、ソフトランディングという感じになりました。 で、最後に、克喜の誕生日を覚えていたりして、好い人に成り切った遊佐が死ぬというのも、「死亡フラグ」としての基本に沿っていましたね。 制作側も着地に悩んだ挙句、結局、全体を通して最も無難な線に落ち着くことになったのかな、という気がしました。 関連記事 スポンサーリンク.

次の