ワールド トリガー 194。 ワールドトリガーのネタバレ感想194話!玉狛第二の波状攻撃が炸裂!|ワールドトリガー戦略室

【ワールドトリガー】遠征の選抜試験って何するの?|考察

ワールド トリガー 194

二宮との「2対1」 三雲と空閑、同時に動く 身を潜めていた玉狛第2ですが、三雲と空閑が同時に攻めの動きをみせて、いよいよ勝負に出ます。 玉狛第2は遠征選抜に選ばれるためには、後2点得点を獲る必要があります。 二宮のアステロイドに対して空閑は退いて攻撃をかわしますが、二宮は深追いせずかわりに炸裂弾(メテオラ)で隠れ場所を潰していきます。 玉狛第2のワイヤー陣を潰していき障害物をなくしていきますが、障害物がなくなればなくなるほど空閑は二宮隊に近付きづらくなります。 狙いは二宮のようで、二宮の両攻撃(フルアタック)をさせないための牽制です。 二宮の両攻撃(フルアタック)は防御がガラ空きになるので、三雲の火力でも当たれば大ダメージになります。 二宮隊もそこは理解しているようで、三雲を深追いはしません。 二宮隊は裏に雨取がいて釣り狙撃を警戒しているようです。 逆に雨取の位置が分かれば、二宮隊は警戒すべき方角が絞られて、その分意識を攻撃に割けるようになるので、そうなると三雲と空閑はかなり苦しくなります。 しかし、それもヒュースが生き残っていればの話のようです。 二宮は両攻撃(フルアタック)で空閑を攻撃し、空閑は大ダメージを受けてしまいます。 二宮は空閑に、雨取が人を撃てないならこの試合は終わりだ、と言い、雨取のトリオン以外に二宮隊が崩れる要因はないと断言します。 しかし、空閑はあんたを倒すのはオサムだよ、と二宮に言い返します。 二宮は、三雲じゃ到底二宮隊の脅威にはならないな、と言いますが、空閑は二宮に、つまらないウソつくね、とお馴染みの台詞を口にします。 三雲のスラスターは犬飼が防ぎ、空閑のスコーピオン投げはシールドで防ぎます。 雨取の位置が分かり、二宮が炸裂弾(メテオラ)で雨取を攻撃します。 犬飼と辻は雨取を狙う動きをし、二宮本人は三雲と空閑の二人を一人で相手にしようとします。 犬飼と辻、どっちか一人でも動きを止めるように言います。 二宮との2対1の形での、最後の戦闘が始まります。 三雲と空閑は二人で同時に二宮を攻撃しますが、二宮隊は三人揃った万全の状態で迎え撃ち、玉狛第2の攻撃を全て防ぎます。 逆に無傷で温存していた空閑が二宮の両攻撃(フルアタック)で大ダメージを受けてしまい、玉狛第2は二宮を崩せずにいます。 最後は二宮に対して、狙っていた2対1の状態での戦闘に持ち込めましたが玉狛第2は二宮を倒すことが出来るでしょうか。 次回、B級ランク戦 ROUND8、最終戦、決着です。

次の

ワールドトリガーのネタバレ感想195話!ランク戦ラウンド8遂に決着!|ワールドトリガー戦略室

ワールド トリガー 194

待ち構える二宮隊に玉狛が仕掛けますが、うまく対処されて遊真がダメージを受け、千佳の鉛弾狙撃も防がれてしまいます。 位置のバレた千佳に犬飼・辻が向かい、修が狙っていた二宮との2対1の形、修・遊真対二宮の局面が生まれました。 以下、「(2020年5月号)」のネタバレを含みます。 読み応えがあり過ぎて何から触れればいいかわからないくらい盛りだくさんでした。 千佳の殻を破った狙撃。 これまでコツコツと積み上げてきた伏線を一気に回収した感じです。 この大事な場面で21ページの2話掲載で、しっかりと決着まで持っていってくれたことにも感謝です。 最高のを得られました。 トドメを刺したのは遊真でしたが、二宮に大ダメージを与えたのは修! やったぜ!! 修の作戦が見事に的中し、千佳の狙撃も決まって完全勝利 修の隠し玉は追尾弾(ハウンド)でした。 それまでは追尾性能を切った直進の弾丸で、通常弾(ア)と思わせていました。 なるほど、そのための前号の詳しい蔵内のハウンド講義でしたか。 まったく気付きませんでした。 これまで散々トリオンに余裕がないから新しいトリガーは入れられない、構成は変えられないと言われてきたのでワイヤーに工夫するくらいが精一杯かなとも思っていましたが、ハウンドだったとは。 しかもトリオン量が低過ぎて、通常弾と見分けがつかなかったというそのくだりまで含めて予想外でした。 てっきり千佳の超速ライトニングでさくっとやっつけてしまうのかと思っていましたが、はそんなに軽くなくて逆に嬉しいです。 最初に鉛弾を撃って油断させておいてからの、千佳の素ので辻を粉砕。 てるてる考案の物理的ガードで、瓦を盾にキメ顔していた辻がシールドと瓦を一撃で粉砕されて吹っ飛ぶシーンは、ちょっとユーモラスでした。 幽霊相手にお札が効かなかった人みたいな。 千佳が窓越しに狙撃しているシーンは、よく見ると銃身が窓枠(粉々になったガラス)より前に出ているようにも見えて、窓を突き破ってから撃ったのかな?とも思いますが、窓の割れ方が弾で撃って割れた時のそれだったので、内側から窓ガラスごと撃ったのが正解かと。 今までの千佳の自分の殻を破る、という意味も重ねてのガラス粉砕でしょうか。 それにしても、二宮隊も観客も全員「千佳は人を撃てない」と思わせておいての弾は、これまで丁寧に積み上げてきた千佳のストーリーを完結させて、次のステージに進めるための重要な場面でした。 感動します。 戦略的にも、最初のチャンスで鉛弾を使わなかったらガードに入った犬飼を落とせていたかもしれませんが、その後、警戒した二宮が辻と組んで防御を固めてしまえば、そのまま時間切れになって2点取れなかった可能性もあります。 その意味でも修の戦略には意味がありましたが、疑問なのは修の指示が「鉛弾で身を守れ」。 辻を撃ったのは千佳の独断だったのか、最初から修の仕込みだったのか微妙なところです。 自分のタイミングで撃っていいという話だったので修の指示とも言えますし、ヒュースが「・・ここだ」と言っていますので、もしかしたらヒュースの声が引き金になったとも考えられます。 もしくはそんなのに関係なく、千佳が成長してスナイパーとしての役割を全うしたのかもしれません。 感想回で触れられるでしょうか。 いずれにせよ、修は辻が引き返して来て自分を狙っていたのに気付いてなかったのか、わかっていて無視したのか、二宮に集中していました。 結果的に辻を綺麗に誘き出す形になりましたが、天然だったのか計算された釣りだったのか・・。 辻の奇襲からの、千佳の狙撃で辻が背後で盛大に吹っ飛ぶという出来事にもピクリとも反応せずに二宮だけを狙い続けていた修は大物です。 二宮は出水いわく「駆け引きには駆け引きで捻じ伏せる」ために犬飼・辻を千佳の元へ向かわせたように見せて、辻を反転させて修を狙わせましたが、辻が撃破されたことで修が一枚上手をいったということでしょうか。 弓場撃破シーンの逆をいった感じです。 観客たちも冒頭で最初の鉛弾が勿体なかったとか、千佳に撃たせる覚悟が足りなかったとか散々言っていましたが、度肝を抜かれたんじゃないでしょうか。 辻撃破の瞬間を狙いすましていた修が動き、両手にアを構えている二宮に(このタイミングなら防御はできない!)とすかさず動いて攻撃を仕掛けます。 しかし、弾丸はニノスラスター(仮名)でさくっと横移動でかわされ、王子にも(この場面で弾丸を散らして撃てるくらいの射手としての経験がきみにあれば・・)と惜しまれ、小南は頭を抱え、観客席も「あ~」という顔をしています。 そんななか、烏丸だけは勝利を確信していました。 訓練にも付き合っていましたし、隠し玉の存在も知っていたのでしょう。 「勝った」と修とタイミングを合わせて声に出しちゃってます。 師弟愛が感じられて良かったですが、二宮相手に「勝った」と言ってしまうのは、ちょっと先走り過ぎ感はありましたかね。 ここまで隠していた「アと思わせておいてのハウンド」が、ニノスラスターで右にスライドした二宮を追撃し、しっかりとほぼ全弾命中しました。 いくらトリオン量が少ないとはいえ、直撃では大ダメージを負うと蔵内も解説していましたが、その通りになりました。 ハウンドが刺さった時の観客席の驚き具合、特に出水のわくわく感も溢れ出る驚きの表情は、修を気にかけていた出水の内心が現れていて嬉しくなりました。 二宮が両手に構えていたアの大きい方は制御を失って飛んで行ったように見えましたが、撃たれたショックで狙いを外してしまったのでしょうか。 というか左腕が飛ばされたのでそのまま制御を失ったのかな。 里見は射撃は精神的なものもあると言っていたので、両方かもしれません。 いずれにせよ修の与えたダメージで態勢を崩す二宮の隙を逃さず、遊真がで近づいて足から生やしたン蹴りで胸を貫いて仕留めました。 いつかの時の借りを遊真も返せましたね。 千佳は初めて人(トリオン体)を撃った衝撃からか放心状態でした。 寄られた犬飼に「ナイスキル」と褒められて「あっはい・・ありがとうございます」と返事していましたが、タタタタと撃たれて。 やられるシーンはカットでした。 あの場面で全方位のハウンドとか撃ったら犬飼は避けられないように思いますが、遮蔽物で無理だったでしょうか。 ならば自爆的にメテオラとかもアリな気もしますが、あの距離ならばキューブを出す間にやられてしまうのかもしれません。 他には全防御で時間を稼ぐとかもあったかもしれませんが、千佳にはその余裕がなさそうでしたし、精神的にどれも考えつかなかったのかもしれませんね。 笑顔で至近距離から千佳をさせた犬飼でしたが、残っていたのが女性恐怖症の辻ならキルできたでしょうか。 犬飼は順位が確定した時点で二宮に指示を仰ぎ、自発的で玉狛の勝利。 犬飼なりに玉狛を認めて、完全勝利で花を持たせてあげようという配慮だったのか、二宮も無駄な抵抗はせずに引き際を汚さずに撤退を選択しました。 これにより玉狛の勝利となり、生存点を加えて6点の荒稼ぎ。 最終スコアは二宮隊3点、生駒隊・弓場隊がそれぞれ2点。 玉狛は2位確定です。 ラストのコマでマントを翻して定番の冷や汗を掻きつつ後ろ姿を見せる修は、やっと主人公っぽいカットになりました。 遊真は後ろで転がって喜んでいましたし、その前の実況席では小南が涙を流して両手を上げていました。 王子の静かな拍手もじーんときましたね。 最終決着までの流れが完璧過ぎて言うことありませんでした。 二宮がやられるところが見れて確かなまんぞくです! まさに文句のひとつもない最終ラウンドでした。 お見事としか言いようのない展開で、千佳の狙撃でのナイスキルに、こちらの予想を上回る修の隠し玉、修の狙い通りの試合運びからの、修が二宮にダメージを入れて二宮。 素人の浅はかな予想はまったくかすりもせず、それでいて確かな満足をお届けしてもらいました。 最初にも書きましたが、2話掲載(21ページずつ)で決着までいったのも良かったです。 修にヒュースの代わりが務まるのか?という命題にも答えが出ましたね。 もちろん、初見殺しでハメただけと言われればそれまでかもしれませんが、工夫がトリオン強者を上回って、努力が実ったのが何よりです。 ヒュースの加入で最後まで戦力を温存できたことや、千佳の覚醒、遊真の新技やサポート、修の隠し玉が全部合わさっての勝利でした。 二宮のデレが見られるでしょうか。 次は解説回となると思われます。 ンブーメランとか、修の評価とか、色々聞けそうで楽しみです。 あとは先生の体調ですね。 漫画賞の審査委員とかを引き受けているようですが、そういう仕事は先生に割り振らなくてもいいのに・・と思いますが、仕方ないのでしょうか。 アニメも決まりましたし、そろそろ単行本作業もあるでしょうし、そのうち休載があるかもしれません。 ずっと読みたいのは山々ですが、無理をして体を壊さないようにして欲しいものです。 次も楽しみにしています。

次の

【ネタバレ】ワールドトリガー 194話「三雲修⑱」あらすじ、ネタバレ

ワールド トリガー 194

B級上位常連の生駒隊と弓場隊が全滅。 ランク戦の有終の美を飾るのは玉狛第二と二宮隊の二部隊に絞られた。 玉狛第二はヒュースを失うものの、修・空閑・千佳に目立ったダメージはない。 同じく二宮隊も隊長の二宮と辻はほぼ無傷、犬飼のみ利腕となる左腕を欠損している。 盤面で唯一のスナイパーとなる千佳がどれだけ射程で有利を取れるかが重要となる最終局面。 さっそく193話のあらすじをチェックしていこう! ワールドトリガー194話のあらすじ要点• 空閑と修で二宮を挟撃• 犬飼が千佳のレッドバレット狙撃を被弾• 犬飼と辻は千佳へ距離をつめる動き• ベイルアウトした隊員はいない ワールドトリガー194話は二宮隊の鉄壁のフォーメーション 3人が外向きに円陣を組む に空閑と修が攻撃を仕掛ける場面からスタート。 帯島戦で披露した「 曲がるスコーピオン投げ」や修の射撃で二宮に圧力をかける。 フルアタックでゴリ押しを狙う二宮へ常に攻撃を仕掛けることで、辻と犬飼をガードに集中させる 攻撃の意識を分散させる 作戦だ。 ただ、さすがNo. 1シューターの二宮。 2人の弾幕を見切り、遊真へのフルアタックを慣行。 玉狛のエースに大ダメージを与えることに成功した。 玉狛第二 ランク戦単独2位を目指して 残り2点必要。 修と空閑で二宮を挟撃している形。 千佳が辻と犬飼をさばくのは難しいはず。 どれだけスピーディーに二宮を 処理できるかが鍵 本当に倒せるのか... ? 二宮隊 犬飼のみダメージあり 左腕2度欠損 二宮は空閑と対面 遥か後方にオッサム 辻と犬飼は西の高層ビルへ接近。 千佳を速攻で片付けるつもりか。 生駒隊 全滅。 講評まで出番ないかも... 弓場隊 全滅。 上位残留できてるといいな... 第194話終了時点での戦況をまとめてみた。 本来なら195話のバトル展開を予想したいところだが、今月も2話同時掲載であるため省略する。 次回のワールドトリガー195話のネタバレ記事にて、改めてランク戦の結末やMVPを考察するとしよう!.

次の