いつか 歌詞。 いつか会えますようにの歌詞

SaucyDog(サウシードッグ)に注目!代表曲『いつか』の歌詞解説と裏話

いつか 歌詞

Contents:• 「オーリム」と「いつか」は同じ歌詞!? 「 オーリム/いつか(Olim)」と「いつか(Someday)」の歌詞が同じ?本当に? …と思われた方も多いでしょう。 私も初めは、そう思いました。 しかし実際にラテン語を紐解いていくと、 歌詞の内容が「いつか(Someday)」にぴたりと合うのです。 オーリム:ラテン語歌詞 まずは、ラテン語の「 オーリム/いつか(Olim)」から見ていきましょう。 ラテン語を1つずつ調べてみると2つ目までは分かりました。 ・olim … someday … いつか ・deus … God … 神 ・accelere … speed … 成功 こんな風に単語を1つ1つ照らし合わせていくと、あることがふと頭をよぎります。 あれ?この歌詞どこかで見たことがあるような気が… そこで、私は気付きました。 2幕、エスメラルダが処刑前に歌う 「いつか(Someday)」と歌詞がほぼ同じだということに! いつか:英語歌詞 本当に同じなのか 「いつか(Someday)」の英語歌詞と比較してみてみましょう。 …ということは「いつか(Someday)」をラテン語で歌ったのが「 オーリム/いつか(Olim)」だと言えます。 『ノートルダムの鐘』に込められたメッセージ この曲名が「 オーリム/いつか」と日本語訳されているのは、次の構図が成り立つからです。 olim = someday = いつか ラテン語も英語も、歌っている内容は全く同じ。 歌われているのは「 いつの日か祝福の日が訪れるだろう 明るく輝くその黄金時代が、いつか来ることを期待していこうではないか」ということです。 「いつか(Someday)」では「 いつか差別や貧困がなくなり 皆平等になる願い」が歌われています。 そのフレーズがオープニングで歌われるということは、 これこそが『ノートルダムの鐘』のメッセージであるといえるでしょう。 理解できないと思われていたラテン語で歌われていた内容が、こんな意味を持っていたなんて…! 『ノートルダムの鐘』を観る際は、必ずこの事実を押さえてからオープニングを迎えて、 全身でそのメッセージを受け止めて下さいね。

次の

いつか会えますようにの歌詞

いつか 歌詞

Contents:• 「オーリム」と「いつか」は同じ歌詞!? 「 オーリム/いつか(Olim)」と「いつか(Someday)」の歌詞が同じ?本当に? …と思われた方も多いでしょう。 私も初めは、そう思いました。 しかし実際にラテン語を紐解いていくと、 歌詞の内容が「いつか(Someday)」にぴたりと合うのです。 オーリム:ラテン語歌詞 まずは、ラテン語の「 オーリム/いつか(Olim)」から見ていきましょう。 ラテン語を1つずつ調べてみると2つ目までは分かりました。 ・olim … someday … いつか ・deus … God … 神 ・accelere … speed … 成功 こんな風に単語を1つ1つ照らし合わせていくと、あることがふと頭をよぎります。 あれ?この歌詞どこかで見たことがあるような気が… そこで、私は気付きました。 2幕、エスメラルダが処刑前に歌う 「いつか(Someday)」と歌詞がほぼ同じだということに! いつか:英語歌詞 本当に同じなのか 「いつか(Someday)」の英語歌詞と比較してみてみましょう。 …ということは「いつか(Someday)」をラテン語で歌ったのが「 オーリム/いつか(Olim)」だと言えます。 『ノートルダムの鐘』に込められたメッセージ この曲名が「 オーリム/いつか」と日本語訳されているのは、次の構図が成り立つからです。 olim = someday = いつか ラテン語も英語も、歌っている内容は全く同じ。 歌われているのは「 いつの日か祝福の日が訪れるだろう 明るく輝くその黄金時代が、いつか来ることを期待していこうではないか」ということです。 「いつか(Someday)」では「 いつか差別や貧困がなくなり 皆平等になる願い」が歌われています。 そのフレーズがオープニングで歌われるということは、 これこそが『ノートルダムの鐘』のメッセージであるといえるでしょう。 理解できないと思われていたラテン語で歌われていた内容が、こんな意味を持っていたなんて…! 『ノートルダムの鐘』を観る際は、必ずこの事実を押さえてからオープニングを迎えて、 全身でそのメッセージを受け止めて下さいね。

次の

いつかのメリークリスマス B'z 歌詞情報

いつか 歌詞

Contents:• 「オーリム」と「いつか」は同じ歌詞!? 「 オーリム/いつか(Olim)」と「いつか(Someday)」の歌詞が同じ?本当に? …と思われた方も多いでしょう。 私も初めは、そう思いました。 しかし実際にラテン語を紐解いていくと、 歌詞の内容が「いつか(Someday)」にぴたりと合うのです。 オーリム:ラテン語歌詞 まずは、ラテン語の「 オーリム/いつか(Olim)」から見ていきましょう。 ラテン語を1つずつ調べてみると2つ目までは分かりました。 ・olim … someday … いつか ・deus … God … 神 ・accelere … speed … 成功 こんな風に単語を1つ1つ照らし合わせていくと、あることがふと頭をよぎります。 あれ?この歌詞どこかで見たことがあるような気が… そこで、私は気付きました。 2幕、エスメラルダが処刑前に歌う 「いつか(Someday)」と歌詞がほぼ同じだということに! いつか:英語歌詞 本当に同じなのか 「いつか(Someday)」の英語歌詞と比較してみてみましょう。 …ということは「いつか(Someday)」をラテン語で歌ったのが「 オーリム/いつか(Olim)」だと言えます。 『ノートルダムの鐘』に込められたメッセージ この曲名が「 オーリム/いつか」と日本語訳されているのは、次の構図が成り立つからです。 olim = someday = いつか ラテン語も英語も、歌っている内容は全く同じ。 歌われているのは「 いつの日か祝福の日が訪れるだろう 明るく輝くその黄金時代が、いつか来ることを期待していこうではないか」ということです。 「いつか(Someday)」では「 いつか差別や貧困がなくなり 皆平等になる願い」が歌われています。 そのフレーズがオープニングで歌われるということは、 これこそが『ノートルダムの鐘』のメッセージであるといえるでしょう。 理解できないと思われていたラテン語で歌われていた内容が、こんな意味を持っていたなんて…! 『ノートルダムの鐘』を観る際は、必ずこの事実を押さえてからオープニングを迎えて、 全身でそのメッセージを受け止めて下さいね。

次の