ビーフ シチュー ハインツ。 赤ワインたっぷりのビーフシチュー 川崎 祐介シェフのレシピ

ハインツの業務用デミグラスソースを使った圧力鍋で「本格ビーフシチュー」作り

ビーフ シチュー ハインツ

洋食屋に行ったら、食べたいなって思っても見送るメニューがあります。 「ビーフシチュー」です。 本格洋食の店で食べると、絶対に美味しいとは思うのだが、他の揚げ物とかのメニューよりも高い・・・ 例えばビフカツが1000円やったとすると、ビーフシチューは1500円くらいしますよね。 なので今回自分で本格的なものを作っていきましょうか。 そのためには、ベースとなるデミグラスソースは市販のモノで補うことで決めました。 誰でもご存知ハインツ[HEINZ]が出している、デミグラスソースです。 ただ市販で売られているものではなく、業務用のでっかい缶のを、「業務スーパー」で購入。 お値段は450円くらいやったと思います。 スポンサードリンク その代わり、たっぷりの量が詰まってますよ。 840gなんで、これで圧力鍋丸々一杯のビーフシチューが作れそうやわ。 用意した牛肉。 アメリカ産の輸入カレー肉と、ステーキ用の肩ロースをカットして使います。 私はこういう煮込み系料理に使う牛肉は、国産、アメリカ産どっち使っても大差ないと思ってる。 ならば、安い肉使ったほうがええよね。 まず最初に、玉ねぎを粗めに刻んで炒めます。 カレーもそうやけど、玉ねぎはしっかり炒めてやった方が旨い。 カットした牛肉は全部、塩コショウで味付けします。 そして炒めている玉ねぎに加えて、こちらも炒めていきますね。 ホントはフライパンも使って、別々にやるほうがええけど、メンドクサイ簡単男料理なんで、そこまではしません。 水と一緒に、赤ワインも加えます。 このデミグラスソースはあくまでベースなんで、自分でちゃんと味付けしていきますよ。 あとは15分ほどかけて、圧力鍋で煮込みます。 うん牛肉、トロトロに仕上がっているね~(^^) こういう煮込み料理作る時は、圧力鍋が手放せなくなりました。 ここから本格的に味の調整。 まず、レシピではトマトケチャップは入れるように書いてましたので、その通りにします。 けど、完全に味が全然足りません。 用意した調味料。 まずコクと甘みが足りないなと、とんかつソースを加えることに。 あとはスパイス系の風味が全然ないから、我が家でいつも使ってる安い洋風スパイスも加えます。 とりあえず、これで完成か。 味見した感じは、過去私が作ったビーフシチュー(市販のルーをつかったもの)を遥かに凌駕しております。 いただきます。 なんじゃこの、味の奥深さ!!!! お店に食べに行って、このビーフシチューが出てきたら、絶対に絶賛しているでしょう。 それほどまでに完成度高いもんが出来ております。 さすがハインツ、これだけベースが完成度高いと、なにも言うことありません。 圧力鍋で肉はトロトロ、そして私好み(スパイス強め)に自分で味を仕上げているもんね。 またこの缶は買って、このビーフシチューをたっぷり作り置きするといたしましょう。

次の

ビーフシチューの作り方・・・・・・・・・・か?

ビーフ シチュー ハインツ

ビーフシチューって簡単だよ、ブロック肉と玉ねぎと人参・・・、ジャガイモは好みで? なんか書き出してから感づきました・・・。 これ、絶対に PVに結びつかないネタだよね・・・と。 でも書き出しちゃったら、もう書いちゃったほうが良いかなって。 だって、結構写真撮ってあったから使わないともったいない! 貧乏人根性ですね。 まぁ、始めますか。 最初に用意する物、かつ一番重要な物・・・。 それは牛スネ肉のブロック肉です。 今回はオージービーフ1㎏です。 比較するものが無いので、あまり大きさが分からないですね。 圧力鍋と並べてみましょう。 ね、大きさ分かりますよね。 1㎏の肉の塊って中々ですよ・・・。 では、玉ねぎと人参を切っていきましょうね。 まあ、にんじんは適当に。 玉ねぎはザクザクと・・・。 娘のお誕生日用に結構な量を作るので、玉ねぎは2個半ぐらいですね。 野菜はこれだけなんです。 ジャガイモは・・・、あっても無くても良いかなと。 じゃぁ、肉を切っていきますか。 うちの普段使いの包丁は「牛刀」なんですよ。 だから肉を切るときはとってもやりやすい。 スパスパ切っていて・・・。 フライパンで表面を焼き固めます。 牛脂です。 うちの大きいフライパン全てが肉です。 肉好きにはたまらない瞬間ですね。 思わず、ここで料理ストップして 全部食べたくなります・・・。 しかし、ここで全部食べたら娘に泣かれるので続けます。 この後は肉を圧力鍋に移して・・・。 肉の脂が入っているフライパンで玉ねぎを炒めます。 玉ねぎはしんなりするぐらいで大丈夫です。 玉ねぎにある程度火が通ったら、これも圧力鍋へ。 後は水と赤ワインを入れて、グツグツし始めます。 ローリエも忘れずにね! この後は加圧して20分ぐらいですかね。 加圧が終わったらコイツを入れます。 10人分作るので、2缶です。 ドミ缶をいれて、さらに20分~30分ぐらい煮込みます。 すると・・・。 こうなります。 この後は味を見ながら調味料を足していきます。 ケチャップ、塩・・・、さて、ここで問題。 ハインツのドミグラス缶でビーフシチューを作るときに入れると良い物・・・。 なーんだ!? ハインツのドミグラス缶でビーフシチューを作るときの隠し味はこれだ!! ある程度味が決まってきたら入れて欲しい物。 それは 「醤油」です。 関東の人なら必ず家にある 「普通の濃い口醤油」なんですよ。 これがあるのと無いのでは、味のしまりが変わってきます。 ただ、醤油は結構クセが強くなるので、くれぐれも味を確かめながら入れて下さい。 そうしないと全体のバランスがおかしくなりますからね。 そうして出来たビーフシチューがコチラ! ブロッコリーはイロドリで。 美味しいですよ、簡単なビーフシチューでも。 娘のお誕生日ディナーにもちゃんと間に合いました。 さてさて、これからどんどん寒くなる日の夕飯にビーフシチューは如何ですか? 1時間ちょっと時間を掛ければかなり良い感じのシチューが出来ますよ。 少し余裕のある日の夕飯にお勧め!.

次の

赤ワインたっぷりのビーフシチュー 川崎 祐介シェフのレシピ

ビーフ シチュー ハインツ

スポンサードリンク 【牛すね肉のビーフシチュー】 牛すね肉からたっぷりの旨みが出る美味しいビーフシチューはどうですか? <材料>6~8人分 牛すね肉 軽く塩コショウ :600g 人参:2本 玉葱:3個 じゃがいも:4個 水:1000cc デミグラスソース:580g 2缶 固形のスープの素:2個 赤ワイン:100cc ケチャップ:大さじ3 <下準備> じゃがいもの皮を剥いて4等分して水に浸してアク抜きする。 <調理手順> 1 一口大に切った牛肉を、塩コショウしておく。 人参、玉葱も一口大にカットする。 2 フライパンに火をつけ油を入れ牛肉を焼く。 焼き目がついたらワインを入れる。 ワインが半分に煮詰まったら鍋に移す。 3 人参は皮を剥いて乱切り、玉葱も皮を剥いて櫛切りし、フライパンで油炒めする。 4 炒めた玉葱、人参も鍋に移す。 水を注ぎ、固形スープの素、ケチャップを加える。 沸騰したらアク取りする。 蓋をして弱火で1時間煮込む。 5 蓋を開けデミグラスソースを加えて、ゆっくりかき混ぜながら20分間煮込む。 6 じゃが芋を加えて蓋をし、弱火で15分間煮込む。 7 ジャガイモに竹串が軽く刺されば完成です。 牛すじ肉とポテトのビーフシチュー 牛すじ肉からたっぷりと旨みが出るくらい煮込む本格的なビーフシチューです。 <材料>8人分 大蒜:2粒 牛すじ肉:1kg 塩:少々 薄力粉:適量 オリーブオイル:適量 玉葱:小玉4個 人参:2本 マッシュルーム:4パック ブロッコリー:2株 じゃが芋:小玉16個 赤ワイン:800cc デミグラスソース:800g ケチャップ:大さじ4 ウスターソース:大さじ4 蜂蜜:大さじ2 三温糖:大さじ4 <調理手順> 1 牛すじ肉の下処理をして一口サイズにカットします。 軽く塩と薄力粉を振っておきます。 2 大蒜をスライスしてオリーブオイルで炒めて香りを出す。 牛すじ肉に焼き目をつける。 3 圧力鍋に牛筋肉・赤ワインを入れて30~60分間煮込む。 4 人参の皮を剥き輪切り、面取りする。 マッシュルームは表面を軽く拭く程度でいいです。 じゃがいもの皮を剥き、水につけアク抜きする。 オリーブオイルで炒める。 5 玉葱を輪切りにして軽く炒める。 ブロッコリーを下処理してから茹でる。 6 柔らかくなった牛すじ肉を鍋に入れ、人参、マッシュルーム、ブロッコリー、じゃが芋を加えて、芋に竹串が軽く刺さるくらいまで弱火で煮込む。 最後に玉葱を加えて5分間煮込む。 7 調味料を入れて再沸騰させた完成です。

次の