エイベックス 小林敏雄。 あゆ効果”辞任の2人が復帰…エイベックス“お家騒動” TORA

そんなにいい男だったのか!松浦勝人(エイベックスCEO)の経歴・プロフ紹介

エイベックス 小林敏雄

USEN、エイベックスの筆頭株主に -エイベックスは松浦社長の新体制で新事業展開 9月28日発表 USEN とは28日、資本提携を伴う業務提携に合意したと発表した。 USENは10月下旬を目処にエイベックスの株式を取得し、同社を持分法適用会社化。 両社は今後、デジタルコンテンツ流通における新規事業を含む戦略構築を協力して行なっていく。 なお、エイベックスはこの提携に先立ち、27日に代表取締役、および役付取締役の異動と新経営体制を発表。 社長に松浦勝人氏 現・執行役員 、副社長に千葉龍平氏 現・株式会社アクシヴ社長 がそれぞれ就任。 社名も10月1日をもって、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 AGHD に変更する。 エイベックスは、7月に千葉龍平氏の利益相反取引をめぐり、創業メンバーの1人である松浦勝人専務取締役 当時 と依田会長兼社長 当時 が対立。 松浦氏と千葉氏が辞表を提出し、浜崎あゆみさんら、所属アーティストもそれに追従する動きを見せるなどの騒動に発展。 その後、エイベックスは松浦氏と千葉氏の復帰を決定し、依田氏が名誉会長に退くことで事態が沈静化した。 松浦氏の社長就任に加え、USENが筆頭株主になることでエイベックスの経営体制は一新。 事業面でもUSENとの業務提携に伴い、USENのFTTHなどを使った、デジタルコンテンツ流通における新規事業を展開。 さらに、USEN以外のネットワーク事業者へのコンテンツ提供も行なっていくとしている。 なお、USENは、同社が展開する有線放送事業、カラオケ事業、FTTHを使ったブロードバンドの各インフラ拡大に、エイベックスが保有するコンテンツを利用する。 USENはエイベックスの依田巽氏、松浦勝人氏、小林敏雄氏、林真司氏から株式を取得。 また、USENの宇野康秀代表取締役社長は、28日付で、エイベックスの特別顧問に就任している。 jp].

次の

エイベックスを成功に導いた「全部やる」「あきらめない」精神|破壊者 ハカイモノ|松浦勝人

エイベックス 小林敏雄

大手レコード会社、エイベックスは3日、8月1日付で辞任した元専務の松浦真在人(まさと)氏(39)と元常務の千葉龍平氏(40)が、同社に復帰すると発表した。 浜崎あゆみ(25)ら所属アーティストが反旗を翻し、株価も急落したことで、対立していた依田巽会長兼社長(64)が松浦氏側に復帰を要請した。 依田氏は同日夜、会長兼社長を辞任した。 後任の社長は小林敏雄常務(39)が務める。 浜崎ら人気歌手を巻き込んだエイベックスの内紛劇は、松浦氏側の「圧勝」に終わった。 エイベックスはこの日午前、松浦氏と千葉氏の復帰を発表。 さらに午後10時すぎに依田氏が都内で会見し、会長兼社長を辞任し、名誉会長に就任することを発表した。 依田氏は「僕は(松浦氏らの)父親のような年齢。 そろそろ若い人の新しい感性に経営を委ねようと思った」と辞任理由を語った。 関係者によると、依田氏と松浦氏、千葉氏はこの日、都内で極秘会談を行った。 浜崎、hitomiら所属アーティストが前日2日に松浦氏支持のコメントを発表し、レコード会社移籍も示唆。 株価もストップ安となった。 「予想以上に社内で混乱が起きてしまった。 松浦氏なきエイベックスの将来は難しい」(同社幹部)として、依田氏が2人に復帰を要請した。 これに対し2人は交換条件として依田氏の退任を要求したとみられる。 依田氏は会見で「どういう方法がいいか話し合う中で、私が辞任するのがいいだろうと思った」と明かした。 騒動は7月30日の取締役会で、千葉氏の「アクシヴ」社長解任とエイベックス常務辞任勧告が決議されたことが発端だった。 「アクシヴ」はエイベックスの子会社で、浜崎らのマネジメントを担当している。 これに怒った専務の松浦氏が、千葉氏とともに辞表を提出した。 松浦氏はエイベックス創設者の1人で敏腕音楽プロデューサーとして知られ、浜崎ら多くのアーティストを育てた。 依田氏とは経営方針をめぐり、以前から対立が伝えられていた。 松浦氏と千葉氏は執行役員として復帰し、臨時株主総会をへて取締役に復帰する。 千葉氏はアクシヴ社長に復帰した。 新社長の小林氏は松浦氏の高校の同級生で、エイベックス設立メンバーの1人。 会見では「レコード会社はコンテンツあってのもの。 クリエイターの個性が生かされることがビジネスに寄与する」と語った。 経営のベテランだった依田氏が辞め、今後は松浦氏ら若手が経営の主導権を握る。 (日刊スポーツ) 結局経営陣が負けた形になった。 新社長は同級生。 身内が固まることになるが大丈夫だろうか? クリエイターが経営するのは難しい。 どうのりきるのか。 まだ波乱がおきそうだ。

次の

松浦勝人

エイベックス 小林敏雄

(写真:iStock. 普通の人生ではありえないつらい目にもあってきた。 その振り幅が大きすぎて、とても現実の人生だとは思えない。 僕たちがエイベックスをつくった時、ダンスミュージックについては詳しかったけど、音楽業界については何も知らない素人集団だった。 音楽の売り方なんか誰もわからない。 方程式も何もなくて、とにかくありとあらゆることをやってみる。 だって、それしかなかったから。 気合いと根性と覚悟。 僕たちにはそれしかなかった。 毎日 「やり残した穴はないか、まだできることはないのか」そればかり考えていた。 ありとあらゆることを、がむしゃらにやって、それでたまたまヒットが出た。 ヒットには、それぞれに要因がある。 それを後から分析して、集計してみると「こういうやり方がヒットの要因になっていたことが、たまたま多かった」ということがわかってくる。 これを勝手に後づけで「ヒットの方程式」と呼んでいたのは僕らだった。 だから、そのとおりやれば必ずヒットがでるという方程式なんかそもそも存在しなかった。 唯一の方法は「全部やる」。 気合いと根性と覚悟で「あきらめない」。 それしかなかった。 エイベックスの急成長を褒められた時、 僕はいつも「まぐれです。 偶然です」と答えてきた。 それは謙遜ではなく、僕自身本当にそう思っていた。 だって、最初の上大岡の店は、13坪の狭い店だったのに、そこからどれだけたくさんの才能が生まれたか。 これは偶然でしかありえないと思っていた。 一緒に店をやった林真司と小林敏雄は、後にエイベックスの役員となって重要な仕事をする。 アルバイトとして働いていた星野靖彦は、後にジュリアナ東京を象徴する曲になった『Can't Undo This!! 』や浜崎あゆみのヒット曲を書く。 同じくアルバイトだった五十嵐充は、後にEvely Little Thingのメンバーとして大成功する。 挙げ句の果てに、 熱心にレコードを借りに来ていたお客の高校生が、後のEXILEのHIRO。 LDHの役員たちは、ほとんどが僕の高校の後輩で、HIROの同級生。 あんな小さな店に、これだけの才能がたまたま集まっていたなんて、現実にはあるわけがない。 偶然にもほどがある。 気合いと根性と覚悟でやり抜く 大学3年生の時、横浜のレンタルレコード店でアルバイトをしたことから、僕のビジネス人生が始まる。 オーナーは、音楽のことは詳しくなかったし、店もうまくいっていなかった。 そこへ僕がバイトとして入ってきた。 (写真:iStock. でも、オーナーは僕の話をものすごく真剣に聞く。 僕の目をじっと見つめて、僕の話に目を輝かせていく。 そして「君の思ったとおりに店をやっていい」とすべてを任せてくれた。 僕たちは 店の売り上げを上げるために、思いつく方法をすべて実行した。 ヘトヘトになって夜中、風呂の中で「なんで、他人の店のためにこんなに一生懸命になっているんだろう」と不思議な気持ちになった。 でもそれは、オーナーが何もない大学生にチャンスを与えてくれたからだと今になって思う。 それから30年、 僕は人が授けてくれたヒントを心に刻みこみ、もらったチャンスをひとつも無駄にすることなく積み重ねてきた。 そこはまぐれでも偶然でもない。 何かの才能を持っている人は、僕たちが思っているよりもたくさんいる。 でも才能を発揮するチャンスに恵まれず、才能を無駄にして、「自分には何もない」とあきらめてしまっている人が多すぎる。 13坪の小さな店から、なぜこのようなたくさんの才能がでてきたのか。 それは、僕がオーナーにしてもらったように、 彼らの話を真剣に聞いて、彼らにチャンスを用意したからだと思う。 僕たちの仕事は、才能を見つけて、話をよく聞いて、チャンスを与え、ヒントを授け、その人の才能を開花させること。 そのためには、やれることは全部やる。 あきらめない。 気合いと根性と覚悟。 才能は、どこかではなく、自分の近くにある。 それを見逃すな。 与えられたチャンスは、ひとつも無駄にするな。 結果がでなくても、結果がでるまであきらめるな。 その簡単でもあり、難しいことを気合いと根性と覚悟でやり抜いた者だけが、夢の続きを見ることができる。 関連キーワード.

次の