うつ 種類。 大うつ病性障害|うつアカデミー

うつ病の症状・睡眠障害(症状・種類)

うつ 種類

抗うつ薬の種類 新規抗うつ薬 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) 脳の神経伝達物質の中でもセロトニンの再取り込みを阻害することで神経細胞と神経細胞の間のセロトニンの量を増やし、情報伝達を増強して抗うつ効果を発揮すると考えられています。 SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) 脳の神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンの両方について再取り込みを阻害することで神経細胞と神経細胞の間のセロトニンとノルアドレナリンの量を増やし、情報伝達を増強して抗うつ効果を発揮すると考えられています。 NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬) SSRIやSNRIとは異なる作用でセロトニンとノルアドレナリンの放出を促進させる比較的新しい抗うつ薬です。 三環系抗うつ薬 四環系抗うつ薬 古くから抗うつ薬として用いられてきた薬で、現在はSSRIやSNRIに反応しない重症例や効果不十分例に使用されます。 セロトニンとノルアドレナリンの再取り込み阻害作用がありますが、それ以外の神経伝達物質が受容体と結合する働きも阻害してしまうため、抗コリン作用による口の渇きや便秘、抗ヒスタミン作用による眠気などの副作用が強い薬です。 四環系は三環系に比べて副作用は少ないといわれています。 うつ病治療に用いられるその他の薬 抗不安薬 抗不安薬はうつ症状の不安や緊張を軽減させる効果のある薬です。 おもにベンゾジアゼピン系の抗不安薬が用いられており、情動(感情の動き)と関係する脳の海馬や扁桃核といった大脳辺縁系と視床下部に作用して効果を発揮します。 ベンゾジアゼピン系抗不安薬のおもな副作用としては眠気やふらつき、めまいなどが報告されています。 睡眠導入薬 睡眠導入薬(睡眠薬)は、うつ症状の睡眠障害(なかなか寝付けない、夜中や早朝に目が覚めてしまう)を改善する目的で、おもにベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入薬が使用されています。 ベンゾジアゼピン系の薬は抗不安薬としても使用されていますが、とくに睡眠を起こす作用の強いものが睡眠導入薬に分類されています。 睡眠導入薬は「怖い」「中毒になる」と考えて飲みたがらない方がいらっしゃいますが、現在、使用されているものは安全性の高い薬です。 十分な休養をとることはうつ病治療の基本ですから、睡眠障害がある場合には主治医の指示に従って、正しく睡眠導入薬を使用することが大切です。 気分安定薬 おもに双極性障害の治療に用いられる薬ですが、うつ病の治療にも使用されることがあります。

次の

うつ病の症状・睡眠障害(症状・種類)

うつ 種類

は、心の病気のなかでもメジャーなもののひとつです。 ここ数年、新型うつ、現代型うつと呼ばれる非定型うつも話題になっています。 うつ病の種類について、東邦大学医療センター大森病院 心療内科 教授の端詰 勝敬先生にうかがいます。 不眠や食欲低下などの身体症状、不安や気分の落ち込みなどの精神症状が2週間以上続いた場合に、大うつ病性障害と呼ばれます。 ここでは、大うつ病性障害をうつ病と定義し、解説します。 DSM-5:米国精神医学会発行の「精神障害の診断と統計マニュアル第5版」 うつ病の症状については 新型うつはうつ病? 普段はうつ病の症状が出ているものの、趣味や楽しいことがあるとうつ病の症状がよくなるタイプの患者さんがいます。 これは新型うつと呼ばれていますが、2018年1月現在、明確な医学的定義がなされていません。 そもそもうつ病の一種と捉えるべきなのかという議論もあります。 継続した抑うつ症状がみられないため、うつ病の診断基準を満たしませんが、かといってなまけているわけではないでしょう。 症状が出ているとき、本人がつらい思いをしているのは事実です。 通常、うつ病の治療では薬が効果的で十分な休養が必要ですが、新型うつは薬が効きにくく、休養よりも少し頑張ったほうがよいともいわれています。 このように、定義も治療法もあいまいなため、2018年1月時点において新型うつにおける治療法は医師の個別判断に委ねられています。 うつ病かもと思ったら 2週間以上症状が続いたら病院へ もし、落ち込みや不眠などのに似た症状が2週間以上続き、生活にも支障が出ている場合には精神科や心療内科を受診しましょう。 うつ病は、日本において生涯に約15人に1人の割合 [ 注 1]でかかる病気ですが、治療することで回復する可能性も十分にあります。 家族など周囲の方も、いつもと様子が違う状態が長く続いたら、本人の話をよく聞き、受診を促してあげてください。 注1:厚生労働省厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)国立研究開発法人日本医療研究開発機構障害者対策総合研究開発事業(精神障害分野)「精神疾患の有病率等に関する大規模疫学調査研究:世界精神保健日本調査セカンド」(2016年5月)•

次の

うつ病の症状・睡眠障害(症状・種類)

うつ 種類

は、心の病気のなかでもメジャーなもののひとつです。 ここ数年、新型うつ、現代型うつと呼ばれる非定型うつも話題になっています。 うつ病の種類について、東邦大学医療センター大森病院 心療内科 教授の端詰 勝敬先生にうかがいます。 不眠や食欲低下などの身体症状、不安や気分の落ち込みなどの精神症状が2週間以上続いた場合に、大うつ病性障害と呼ばれます。 ここでは、大うつ病性障害をうつ病と定義し、解説します。 DSM-5:米国精神医学会発行の「精神障害の診断と統計マニュアル第5版」 うつ病の症状については 新型うつはうつ病? 普段はうつ病の症状が出ているものの、趣味や楽しいことがあるとうつ病の症状がよくなるタイプの患者さんがいます。 これは新型うつと呼ばれていますが、2018年1月現在、明確な医学的定義がなされていません。 そもそもうつ病の一種と捉えるべきなのかという議論もあります。 継続した抑うつ症状がみられないため、うつ病の診断基準を満たしませんが、かといってなまけているわけではないでしょう。 症状が出ているとき、本人がつらい思いをしているのは事実です。 通常、うつ病の治療では薬が効果的で十分な休養が必要ですが、新型うつは薬が効きにくく、休養よりも少し頑張ったほうがよいともいわれています。 このように、定義も治療法もあいまいなため、2018年1月時点において新型うつにおける治療法は医師の個別判断に委ねられています。 うつ病かもと思ったら 2週間以上症状が続いたら病院へ もし、落ち込みや不眠などのに似た症状が2週間以上続き、生活にも支障が出ている場合には精神科や心療内科を受診しましょう。 うつ病は、日本において生涯に約15人に1人の割合 [ 注 1]でかかる病気ですが、治療することで回復する可能性も十分にあります。 家族など周囲の方も、いつもと様子が違う状態が長く続いたら、本人の話をよく聞き、受診を促してあげてください。 注1:厚生労働省厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)国立研究開発法人日本医療研究開発機構障害者対策総合研究開発事業(精神障害分野)「精神疾患の有病率等に関する大規模疫学調査研究:世界精神保健日本調査セカンド」(2016年5月)•

次の