着床痛 体験談。 【先輩ママの体験談】着床出血はあった?時期や出血量はどれくらい?

【着床出血の体験談】時期や色・痛み、どれ位で妊娠検査薬陽性になったか紹介

着床痛 体験談

妊娠兆候・妊娠初期症状はいつから現れるの? 妊娠初期症状とは、妊娠0週から妊娠14週までの妊娠初期にあらわれる身体的な諸症状を指します。 例えば、誰もが知っている 「つわり」がその一つです。 妊娠初期には、女性の体の中で赤ちゃんを守るために 女性ホルモンが分泌され徐々に子宮がふくらみはじめます。 妊娠初期症状は早ければ、妊娠4週頃からあらわれます。 生理が遅れて妊娠かも?と気づき始める頃です。 中には、生理前と間違えてしまうこともありますが、 つわりの症状から妊娠を疑う人もいるようです。 今まで気にならなかったにおいにも敏感になったり、 食欲がなくなったりすることもあります。 体の中では、赤ちゃんだけでなくお母さんも目まぐるしく変化を続けるため、 つわりやだるさなど様々な身体的症状があらわれます。 これを 「妊娠初期症状」と呼んでいます。 生理や風邪と間違うことも! 妊娠初期症状は、女性ホルモンの一つである 「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌により、眠気や熱っぽい症状もあらわれます。 また、月経の予定日のころに、 「着床出血」が起こることもあります。 生理の始まりと似ていることから やはり生理や風邪と混同してしまうこともあります。 この時期には、お腹の赤ちゃんは魚のような形をしており、 妊娠7週までに人の様な形にまで変化します。 体の核となる大切な部分がつくられる時期でもあるため、 お母さんは安易に薬を飲まないように注意することも大切です。 妊娠初期症状は個人差があり、 誰しも同じような症状があらわれるわけではありません。 これから変化してゆく体と、 赤ちゃんを迎える準備のために心と体の準備をしていく必要があるといえそうです。 そもそも「妊娠超初期」とはいつの時期? 妊娠週数は最後に生理がきた初日を 「妊娠0週0日」と数えます。 妊娠検査薬が使えるのは「生理予定日の1週間後」なので、 妊娠週数でいうと妊娠4週目になります。 妊娠超初期は妊娠0~4週までの1ヶ月間を指しますが、 一般的に、妊娠3~5週頃に現れる症状を 「妊娠兆候」や 「妊娠初期症状」と呼びます。 それでは、以下に16個の妊娠初期症状をまとめましたので、 妊活中の方はぜひ当てはまるかチェックしてみてくださいね。 これは 「着床出血」と呼ばれるもので、 受精した卵子が子宮壁に着床する時期に出血する症状です。 色は茶色っぽいものからピンク、真っ赤な鮮血まであり、 量も通常の生理くらいからおりもの程度までと個人差があります。 生理と似ているので間違えやすいですが、 着床出血の場合、長くても3日くらいで出血は止まり、 出血量も生理より少ないことが一般的です。 胸が張る、痛くなる 生理前の症状と似ているのでまぎらわしいのですが、ポイントは胸が張る時期と張り方です。 生理前の胸の張りは早ければ排卵直後、 生理開始のおよそ2週間前から現れます。 その状態が生理開始予定日を数日~1週間過ぎても続いている場合や、 より強く張りを感じる場合は妊娠初期症状かもしれません。 また、 乳首にチリチリとした痛みを感じる方もいます。 妊娠兆候として胸が張り出す時期や程度には個人差があるので、他の症状と合わせて確認してくださいね。 身体がだるい、眠い、眠気がある これも生理前に感じる症状と同じですが、妊娠した場合は、より顕著に感じられます。 日常の家事をするのがつらく、ずっと寝ていたい、少しでも横になりたいなど、 いつも以上に身体のだるさや眠気を感じたら、妊娠初期症状かもしれません。 ただし、風邪の症状とよく似ているので、ただの風邪の可能性も頭に入れておいてくださいね。 腰痛が出る 妊娠をすると、腰に痛みを感じる人もいます。 これは骨盤の関節を緩める働きがある リラキシンというホルモンが分泌されることが影響しています。 ただし、生理前にもリラキシンが分泌されるため、 その違いを症状や現れる時期だけで見分けることは難しいかもしれません。 おりものが変化する 着床が起きる生理予定日1週間ほど前くらいから、 おりものの量が増える、色が変わる、においがなくなる、状態がさらさらになるなど、 いつもと違うおりものが出た場合は妊娠初期症状の可能性があります。 これは、着床後、 エストロゲンとプロゲステロンという 2つの女性ホルモンの分泌が増えることで起きる変化です。 腹痛、下腹部痛が起きる 子宮のあたりのチクチクとした痛みやキュとした痛み、 おなかが引っ張られるような痛みは妊娠兆候の可能性があります。 特に下腹部に痛みが現れる方が多いようです。 ただし、月経前症候群(PMS)の方は腹痛が起きることも多いため、 症状だけで妊娠初期症状だと見分けるのは難しいかもしれません。 また、生理開始予定日の1週間前くらいに子宮周辺に痛みを感じたら、 「着床痛」の可能性もあります。 着床痛とは、受精卵が子宮内膜に着床したときに感じる痛みのことですが、 医学的に証明されているものではないので、参考程度に考えておいてください。 頭痛がする プロゲステロンには血管拡張作用もあります。 妊娠が成立するとプロゲステロンの分泌量が増えて血管が拡がり、 頭の片側がズキズキと痛む「偏頭痛」につながりやすくなります。 痛み方や程度には個人差がありますが、 ひどい頭痛が吐き気を引き起こす場合もあります。 胃が痛い プロゲステロンの影響で胃腸の働きが弱くなり、胃痛を感じるようになる人もいます。 胃がムカムカする、キリキリする、何も食べられないほど痛いなど、 症状や程度は人それぞれですが、いつもは感じることのない胃痛があれば、妊娠初期症状かもしれません。 気持ち悪い、吐き気がする いわゆる「つわり」の可能性があります。 つわりは早い人だと妊娠4週から現れ始め、その種類も様々です。 よく知られている症状は、いつも吐き気がする「吐きつわり」ですが、 他にも自分のよだれで気持ち悪くなってしまう 「よだれつわり」、 食べ物を食べていないと気持ち悪くなる 「食べつわり」、 特定の匂いを嗅ぐと気持ち悪くなる 「匂いつわり」など、気持ち悪さを感じるトリガーも、症状も様々です。 頻尿、便秘、下痢になる 妊娠すると、胃腸に変化をきたします。 トイレが近くなる頻尿になる方や、便秘、下痢になる方など、症状はさまざまです。 特にこの妊娠初期症状は妊娠中期の安定期頃まで続く方も多く、つわりと重なって辛いかもしれません。 食欲がなくなっても、脱水症状にならないように水分補給だけはしっかりと行ってくださいね。 味覚、嗅覚が変わる 「今まで大好物だったコーヒーがなんとなく美味しくない」 「スーパーのお惣菜コーナーの匂いを避けてしまう」 「普段は気にならないが、夫の帰宅時の臭いが不快」など、 妊娠超初期には味覚や嗅覚が少し変化することがあります。 つわりのピークは妊娠8週~11週とまだ先ですが、身体は意外と早くから反応しているものです。 特に、コーヒーやお酒など嗜好品に変化が見られた場合は妊娠兆候かもしれません。 微熱気味で、基礎体温が高い状態が続く 生理が始まって2週間程度は基礎体温が低い 「低温期」が続きます。 その後 「排卵期」が来て排卵が起こり、 体温上昇作用のあるプロゲステロン(黄体ホルモン)が出始めると、 基礎体温が高い「高温期」となり、2週間程度続きます。 この間に受精卵が着床しなければ、プロゲステロンの分泌量が減って基礎体温が下がります。 しかし、妊娠するとプロゲステロンが多量に分泌し続けるため、高温期が続きます。 高温期が3週間以上続いた場合、妊娠兆候である可能性が高いといえますよ。 月経前症候群として生理前に似たような肌荒れを起こす女性も多いので、見過ごされがちな症状でもあります。 突然、化粧品が肌に合わなくなった方は妊娠兆候かもしれませんよ。 体温が高い状態が続くことで体のほてりや寒気を感じることがあり、これらも妊娠初期症状の一つです。 涙もろくなる 妊娠すると、体調変化や出産への不安、女性ホルモンの影響を受けて、情緒が不安定になりがちです。 なかには妊娠を自覚しないうちに、いつもとは違う落ち着かなさを感じたり、 普段は泣かないテレビで涙を流したりと、いつになく心がザワザワしたというお母さんもいます。 身体に現れる症状よりも早く、本能が変化を感じ取っているのかもしれませんね。 人間も動物ですから、こういう一種の「カン」のようなものは、案外当たる事が多いのかもしれません。 歯周病・歯茎の調子が悪い 以前から疲れた時は歯茎の調子が悪かったり少し血が出たりしましたが 妊娠初期症状としても同様の症状がありました。 妊娠によるホルモンの変化で歯周病になる事があるようです。 着床痛? タイミングをとった日から7日目に刺すような下腹部痛がありました。 排卵日から6~7日目あたりに、下腹部、子宮の真ん中あたりがチクチク痛くなりました。 これが噂の着床痛?(排卵痛に似ている) その後は、生理前の用に下腹部が重苦しくモヤモヤするような状態に。 また、月経前症候群として現れる症状と似ているため、 症状の程度や時期だけで違いを見極めるのは難しいといえます。 ただし、上述した症状の中で、確実に 「妊娠初期症状」だといえるものがあります。 それは、 「基礎体温」です。 妊娠している場合、高温期が続き、 生理が近づいている場合は体温が下がって高温期に入ります。 風邪を引いて熱が出ているだけかもしれませんが、 普段から基礎体温を測っている人はその違いに気づける可能性が高いといえます。 妊娠超初期では妊娠検査薬を使うことができないので注意! 妊娠初期症状がいくつか現れると、 早く結果を知りたくて妊娠検査薬を試したくなりますよね。 実際に妊娠状態に入るのは、妊娠3週からといわれています。 お母さんが早い段階で妊娠超初期症状を感じはじめるのが、妊娠4週ほどといわれています。 妊娠超初期には、まだ妊娠検査薬を使うことができません。 市販されている検査薬は、 「生理予定日1週間後から使用できる」という仕様がほとんどだからです。 この妊娠検査薬で陽性反応が出る前の妊娠超初期には、 生理前と同じような症状を訴える人が多いようです。 妊娠超初期症状が出たら、注意したいことは? 妊娠初期症状が現れたら、 アルコールとタバコは止めることをおすすめします。 飲酒と喫煙は流産のリスクを高めるだけでなく、 胎児の健康にも悪影響を及ぼす可能性があるからです。 妊活中の方は止めている人も多いかとは思いますが、 飲酒と喫煙を続けている方は、自分と赤ちゃんの健康のために、 すぐに禁酒、禁煙をしてください。 まとめ 当てはまる妊娠兆候はありましたか? 今回は、妊娠超初期での体の変化や、起こりうる症状についてご説明しました。 妊娠の経過や出産がひとりひとり違うように、妊娠超初期症状も人それぞれです。 また、風邪や生理前の症状と似ていて判断が難しいので、参考程度に考えておいてくださいね。 妊娠検査薬が使用できるのは、生理予定日の1週間後なので、 生理が遅れている方や気になる症状がある方はぜひ調べてみてください。 おなかの中に芽生えたかもしれない赤ちゃんの命のためにも、 妊娠検査薬で陽性反応が出たら、できるだけ早く産婦人科を受診しましょう。

次の

着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談H.Hさん、K.Oさん、A.Uさんの経験談。

着床痛 体験談

着床痛という言葉をご存知ですか?着床痛とは言葉が示すとおり、受精卵が子宮内膜に着床するときに起こる痛みのことといわれています。 着床痛は妊婦さんの体験談において語られる症状で、医学的な根拠はないと言われていますが、おなかの痛みは妊娠超初期の症状のひとつ。 受精・着床を機に、女性の体のホルモン分泌には変化があらわれ、妊娠超初期の症状としておなかの痛みや下腹部の張りが生じることもあります。 妊娠を待ち望んでいる方にとって、生理前の体の変化はとっても気になるもの。 妊娠の兆候といわれる症状が出ていないかどうか、心待ちにしてしまいます。 着床痛とは?どんな痛み?など、生理前のおなかの痛みは着床痛?と判断に迷う妊婦さんに参考になるよう、着床痛について知っておきたいポイントをご紹介します。 着床痛とは? 着床痛とはちょうど受精卵が子宮内膜に着床するころに感じる下腹部の痛みといわれています。 着床痛に関してはさまざまな意見や体験談があり、生理予定日の少し前におなかに引っ張られるような痛みを感じた、という方もいれば、痛みなどまったく感じなかった、という方もいます。 着床痛を感じたという体験談を読むと、着床痛は起こって当たり前のような気がしますが、実際には着床痛を感じた、という方は稀なようです。 着床痛に関しては、これを感じなかったという方が大多数なので、着床痛がなくても不安に感じる必要はありません。 着床痛は実際にある?ない? 実際のところ、着床痛には医学的な根拠はなく、あくまでも妊婦さんたちの体験談として語られているもの。 産婦人科医の中には、受精卵の子宮内膜への着床に起因して、おなかに痛みが生じることは考えられない、という方もいます。 ただし妊婦さんの体験談を読むと、ちょうど受精卵が着床する時期に、おなかに普段とは異なる痛みを感じた、という話もたくさんあります。 着床痛は妊娠超初期の兆候? 着床が起こるのは、妊娠超初期と呼ばれる時期。 一般的には妊娠の兆候を感じ始めるのは、生理予定日の一週間後からになりますが、体の変化に敏感な方は、生理予定日の一週間前前後、すなわち妊娠超初期からなんとなく体に変化を感じるようです。 着床が起こる頃と妊娠超初期は重なっていますので、この頃に生じるおなかの痛みや違和感は、妊娠超初期の症状である可能性もあります。 この時期のおなかの痛みを着床痛と捉える方もいれば、妊娠超初期の兆候と捉える方もいるのではないでしょうか? おなかの痛みは妊娠超初期の症状 妊娠超初期は正式な医学用語ではありませんが、一般的には、排卵日以降生理予定日までの間の時期を指して使われます。 妊娠を待ち望んでいる方や不妊治療や妊活を行っている方にとって、排卵日以降生理予定日までの期間はとても気になる時期だといえるでしょう。 妊娠したかどうかが気になり、無意識に妊娠の兆候を探してしまいます。 妊娠超初期の兆候にはさまざまなものがあります。 頭痛、微熱、だるさ、腰痛、おなかの痛み、おりものの変化、むかつき、胃痛、胸の張りや痛み、着床出血、肌荒れなど、どんな症状が出るかは一人一人の妊婦さんにより違っています。 全体として捉えると、これらの症状は月経前症候群や風邪の症状にも似ています。 そのため特別な注意を払っていなければ、生理前のいつもの症状なのか、それとも妊娠の兆候なのか、はっきり区別することは難しいでしょう。 もしかして妊娠の兆候?と思われるものがあったとしても、それが確定されるのは生理予定日の一週間後以降になります。 着床痛と着床出血の関係とは? 上に挙げたように、着床出血もまた妊娠超初期の兆候のひとつです。 着床痛と同じように、着床出血もまた受精卵が子宮内膜に着床した際に起こるとされています。 受精卵には受精後7日目になると絨毛と呼ばれる根のようなものが出来て、子宮内膜にもぐりこみます。 絨毛は子宮内膜の表面組織を溶かしながらさらに奥深くに進みますが、このときに起こるのが着床出血といわれています。 着床痛と同じように、着床出血は誰にでも起こるわけではありません。 ちょうど生理が始まる少し前に出血があることから、いつもより生理が早くきた、と勘違いする方もいます。 着床出血について 着床出血が起こるのは稀なケースで、着床痛同様、ほとんどの方はこれを体験しないといわれています。 先述したように、着床出血が起こるのは、排卵日以降生理予定日前の時期に相当します。 着床出血の量や状態は、一人一人の妊婦さんによってまったく違っていますので、いちがいにどの程度の量の出血があるとは断定できません。 ごく微量のピンク色の出血がある場合もあれば、茶褐色のおりもののような出血の場合もあります。 出血の状態だけをもとに、生理なのか、着床出血なのか、それとも排卵出血なのかを自己判断することは無理かも知れません。 もしかして妊娠?と思ったら、他にも普段と異なる変化がないかどうか、注意を払って観察するようにしましょう。 着床痛は着床出血をした場合に感じると考える方もいるようですが、出血はないにも関わらず、おなかに痛みを感じる方もいますので、必ずしも出血=痛みというわけではなさそうです。 着床痛が起こる時期はいつ頃? 着床痛には医学的根拠はないといわれていますが、妊娠超初期のこの時期、おなかに痛みや張りを感じる方は多いようです。 着床痛という言葉から考えると、着床痛が起きる時期とは、受精卵が子宮内膜に着床するときになります。 では受精卵が子宮内膜に着床するのは、月経周期のうちいつ頃でしょうか? 受精卵が着床するまで 卵管で受精が成立した受精卵は、その後3日間ほどかけて子宮へと移動していきます。 受精後4日目には子宮の中に受精卵が到達していますが、すぐに着床するわけではありません。 子宮内膜に着床するのは、絨毛という根っこのような組織が形成されてから。 受精から7日目に絨毛は子宮内膜の表面を溶かしながら、どんどん中に進んでいき、母体の血管から受精卵の成長に必要な養分や血液を取り出す役割を果たします。 このように受精卵が子宮内膜に着床するのは、受精から一週間後から10日後前後。 前回の生理の開始日から数えると約3週間目前後になります。 これはちょうど次の生理の始まりの一週間前頃、つまりは妊娠超初期と呼ばれる時期に当たります。 着床痛の起こるのは、生理予定日の一週間前からの数日間というのが目安になります。 着床痛はどんな痛み? 今度は着床痛の痛みについて詳しく見ていきましょう。 着床痛の痛みについて、これを体験した妊婦さんたちはどのように表現しているのでしょうか? おなかを引っ張られるような感じ おなかや下腹部を引っ張られるような感じ、おなかの皮膚が突っ張るような痛みと表現する妊婦さんもいます。 痛さの感じ方に関しては個人差があるようです。 生理痛のような重い痛み 生理痛のようなだるさ、重い痛み。 シクシクするような鈍痛。 生理が始まる前のようなおなかの張り。 腰も重く感じられることもあります。 チクチクする痛み 子宮のあたりにチクチクする痛みを感じる。 キリキリした痛み、突然刺しこむような痛みとして感じる方もいます。 不正出血のリスクとは このように痛みの感じ方や度合いはさまざま。 生理前のこの時期に普段とはちょっと違う痛みがある場合には、軽く考えずに他に変化がないかどうか、注意深く観察するようにしましょう。 女性は毎月のように生理痛や生理前の痛みを経験するため、おなかの痛みに対する耐性がありますが、明らかに普段の痛みと違う場合や出血を伴う場合には特別な注意が必要です。 子宮外妊娠の可能性 痛みが激しく、それに加えて出血が続く場合には、卵管妊娠や、頸管妊娠など、子宮外妊娠 異所性妊娠 の可能性もあります。 子宮外妊娠はそのまま放置しておくと、大量失血でショック状態に陥る非常にリスクの高い妊娠になります。 子宮外妊娠は、受精卵が成長するにつれてリスクが高まり、最悪の場合、卵管破裂といった事態に至ってしまう怖い症状。 出血の量が多く、激痛がある場合にはただちに病院に行くようにしましょう。 着床痛を感じる場所はどこ? 着床痛のする場所ですが、子宮のあたりという方が多いようですが、おなか全体、下腹部、腰まわりと人によって感じ方はいろいろです。 着床痛は何日間続く? 着床痛が続く期間ですが、着床出血が起こったときに一時的に痛みを感じた、という方もいれば、数日間ずっと痛みが継続したという方もいます。 着床とともに受精卵は成長を続けていますので、子宮には大きな変化が起こっています。 ホルモンの分泌量も変化し、妊娠を機にはじめて分泌が行われるホルモンもあります。 着床の際に痛みが生じたかどうかは別にしても、子宮に変化が起こっていることやホルモン分泌に変化があることにより、妊娠超初期には下腹部にいつもとは違うチクチクとした感じがあり、この状態がしばらく続くこともあります。 生理前の過ごし方について 妊活を行っている方にとっては、排卵日以降次の生理が始まるまでの約2週間は、非常に神経を使う時期だといえます。 生理前の数日は妊娠の兆候がないかどうか、いろいろと気になるものですが、この時期だからこそ注意したいこともたくさんあります。 生理前の時期の過ごし方のポイントについて見てみましょう。 基礎体温は必ずつける 妊娠を希望している方にとっては基礎体温を測定し、記録しておくことは当たり前ですが、今すぐには妊娠を希望していない方でも、基礎体温を測定するのは女性として当然の心得。 生理は女性の健康のバロメーターといわれるように、生理周期の規則性や推移から推定できることは多く、婦人病や不妊症を治療する上での重要な資料になります。 着床痛が妊娠の兆候かどうかを判断する上でも、基礎体温は必ず役に立ちます。 基礎体温の測定はどんなことがあっても、毎日欠かさず続けるようにしましょう。 おなかや腰を冷やさないようにする おなかや腰の冷えは生理痛を悪化させる原因のひとつ。 体の冷えは女性の生理機能全般に悪影響を及ぼします。 排卵日以降生理前までの期間は女性ホルモンのバランスも乱れやすい時期。 妊娠しやすい体作りを目指すためにも、おなかや腰の冷え対策は十分に行うようにしましょう。 体調や体の変化を敏感に察知する 着床痛や着床出血だけに気を取られずに、他にも体に変化が生じていないかどうか、妊娠の兆候といわれる症状があらわれていないかどうか、注意深く観察するようにしましょう。 着床後にあらわれる症状としては、おりものの変化や熱っぽさ、だるさ、基礎体温の高温期の持続、唾液の増加、脚の付け根の痛みなど。 妊娠に伴う体の変化を敏感に察知できるよう、普段から自分の体調や体の状態に注意を払うことが必要です。 妊娠中にNGなことは避ける 着床痛かどうかはっきりしない場合でも、基礎体温が高温期を保っているときは、妊娠している可能性ももちろん十分にあります。 飲酒やタバコ、妊娠中は服用できない市販薬、過剰なカフェインの摂取、激しい運動など、妊娠初期にNGとされる行為は念のため控えたほうが安心です。 病院に行くタイミングを考える 妊娠しているかどうか1日でも早く知りたい!と思うのは当たり前ですが、妊娠しているかどうかを確定的に診断できるようになるのは、早くても生理予定日の一週間後から。 病院での検査を受けるタイミングは、生理予定日の一週間後以降になります。 市販されている妊娠検査薬の大多数は、生理予定日の一週間後以降使用する決まりになっています。 生理予定日前の段階でフライング検査しても、正確な結果が得られない場合があります。 生理予定日前に、妊娠検査薬をフライング検査した場合、判定の結果、陽性とでても陰性と出ても、それはまだ妊娠の確定とは言えません。 生理予定日を一週間から10日過ぎてから、産婦人科で診察と検査を受けるようにしましょう。 まとめ 着床痛についてぜひ知っておきたいポイントをご紹介しました。 妊娠を待ち望んでいる方にとって、着床痛や着床出血はとっても嬉しい兆候ですが、たとえ着床していても出血も痛みも感じない方もいますので、着床痛がないからといって不安に感じたり、がっかりする必要はありません。 生理前の数日前におなかに痛みを感じると、もしかして着床痛なのでは?と期待に胸をふくらませる方もいるでしょうが、実際には月経前症候群の可能性も十分にあります。 妊娠超初期のおなかの痛みだけでは、妊娠しているかどうか判断することは出来ません。 妊娠の兆候を探している方は、おなかの痛み以外の症状にも注意を払うようにしましょう。

次の

着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談H.Hさん、K.Oさん、A.Uさんの経験談。

着床痛 体験談

着床痛は文字通り、受精卵の着床と同時に起こると言われている痛みのこと。 妊娠検査薬でまだ陽性反応のでない、妊娠超初期に起きる兆候のひとつとして知られています。 実は、この着床痛に医学的な根拠はないと言われているのをご存知でしょうか。 着床痛について詳しく見ていきましょう。 着床痛って何? 着床と同時に起こるといわれている下腹部の痛み 卵子と精子が出会い、受精卵となると、その受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管をゆっくりと下りていきます。 受精卵が子宮にたどり着くまではおよそ約6日間。 その間に、子宮も内膜を柔らかく・厚くし、受精卵を迎え入れる準備をしています。 受精から約6日間後、ゆっくりと移動していた受精卵がついに子宮に到達し、子宮内膜に取り付き、母体と結びつきます。 これが着床です。 そして、着床痛とは、文字通り受精卵が子宮に着床した際に起きるといわれている下腹部の痛みのことをそう呼んでいます。 医学的には未解明な着床痛 ただし着床痛に関しては、医学的に確かなことは分かっておらず、多くの妊娠経験者や先輩ママが後々に振り返って着床のタイミングに痛みを感じたといっていることから生まれた言葉なのです。 そのため、「着床によって痛みを感じることはない」と主張する専門家の声もあります。 受精卵が着床する際に痛みが生じるほどの影響が母体へと現れることはないという見解もあるのです。 実際には排卵時に感じる排卵痛や妊娠初期の子宮の変化に伴う痛みを着床痛と勘違いしている可能性も指摘されています。 医学的には解明されていないという点は覚えておいてくださいね。 そのときの痛みは人によって様々です。 *チクチクした痛み *キューっと締め付けられるような痛み *足の付け根あたりが突っ張るような痛み *ツーンとした痛み *激痛が走った こうした痛みの他に、お腹の張りを訴える方もいるようです。 また、痛む場所も、お腹全体という方もいれば、足の付け根のあたりが痛いという方も。 個人差も大きいようです。 生理痛、排卵痛との違い 「これって着床痛かも!」と思う一方で、「そろそろ生理だし、これは生理痛かも…」と区別がつきにくいこともあるかもしれません。 それもそのはず、実際に妊娠を経験した方でも「生理痛だと思っていた痛みが、振り返ってみると着床痛だったかも!」という声もあるようです。 着床痛は生理痛だけでなく、排卵痛とも似ていると言われることがあります。 排卵痛もまた、女性が感じやすい下腹部の痛みのひとつです。 着床痛・生理痛・排卵痛はどのようなところが違うのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 生理痛と着床痛は時期も痛みも似ている まずは、生理痛についておさらいしましょう。 生理痛(月経痛)は、月経時に子宮内膜が剥がれ落ちる痛み・子宮内膜を排出するために子宮が収縮することによって起きる子宮の痛みです。 実はこの生理痛、生理期間にだけ生じる痛みというわけではありません。 いわゆるPMSのひとつとして、生理前から徐々に下腹部に痛みを感じる方もいるのです。 そのPMSのひとつとして、生理の1週間前あたりから下腹部に痛みを感じる方もいると言われています。 そのため、生理開始直前から生理期間の前半に下腹部に強い生理痛を感じると言う方が多いかもしれませんね。 これに対し、着床痛が現れる着床の時期は排卵日から10日前後が目安です。 生理予定日を基準にしていうと、生理予定日の1週間前から数日前となります。 つまり、先述した生理痛が起こりうる期間と重なるのです。 そのため、中には「また生理が来る?」と妊娠を心待ちにしている方を悩ませることも多いもの。 生理痛と着床痛の判断に迷う方も多いようです。 着床痛は、「チクチクとした下腹部の痛み」と表現されることが多いですが、痛みの感じ方はひとそれぞれです。 「針で刺されたような激痛」と表現される方もいれば、中には「生理痛と似たような痛みを感じた」という方もいます。 タイミングが似ているだけに、腹痛の内容だけで着床痛か生理痛かを見極めるのは難しいようです。 着床痛と排卵痛は痛みが似ている 女性の体で排卵が起きるのは、生理予定日から14日前のこと。 その排卵日が近くなると、下腹部のあたりにチクチクとした痛みを感じることがあります。 それが排卵痛です。 排卵期と呼ばれる、排卵日前後3日の間に起こると言われています。 そもそも、女性の体では生理が終わった頃から、卵胞と呼ばれる袋を成長させ、その中で卵子を成熟させています。 その卵胞が破れて卵子が飛び出すのが排卵です。 排卵痛は、下腹部全体にチクチクとした痛みを感じるという方もいれば、左右どちらか一方にチクチクとした痛みを感じるという方もいます。 また、排卵期に起きる他の症状としては、胸の張り・頭痛・めまい・吐き気・気分の落ち込みなどもあります。 もちろん、個人差がありますので、何の症状も感じないという方でも排卵していないというわけではありません。 この排卵日に排出された卵子が、おおよそ24時間以内に精子と出会うことで、受精卵が誕生します。 それから受精卵は細胞分裂を繰り返し、無事に子宮に着床すると妊娠が成立するわけです。 その間、排卵日から着床までには7日~10日程度の時間がかかります。 そのため、着床痛と排卵痛は時期で考えると区別しやすくなります。 その一方で着床痛も排卵痛も「チクチクとした痛み」と表現されることが多く、痛みそのものは似ているところがあります。 痛みを比較するよりも、時期を考えると排卵痛と着床痛は区別しやすいかもしれませんね。 時期や期間は? 着床痛の時期は排卵日から1週間~10日前後、高温期で言うと7日目以降 受精卵が子宮に着床するのは、排卵日から計算して7~10日後。 つまり着床痛が起きるのもこの時期ということになります。 排卵日は基礎体温を付けている方であれば、体温の様子から割り出すこともできます。 この排卵期を過ぎると、今度は「高温期」が続きます。 そして、高温期に入ってから7日目以降に着床痛を感じる方が多いようです。 一方、基礎体温を付けていてもセオリー通りに体温が推移するというわけではありません。 そのため、排卵期に明確に体温が下がらないという方や高温期が不安定という方も多いのではないでしょうか。 排卵日がよくわからないという方は、次の生理予定日を基準として考えることも可能です。 次の生理予定日の14日前が排卵日となります。 着床時期を生理予定日を基準として考えると、次の生理予定日の1週間前から数日前が着床時期の目安になります。 つまり、生理予定日の1週間前から数日前に起こる下腹部のチクチクした痛みは着床痛の可能性もあるというわけです。 着床痛の期間は人それぞれ 着床痛の時期は、排卵日から1週間前後が目安となります。 一方で、着床痛はどの程度継続する痛みなのでしょうか。 実は着床痛は1日だけという方もいるのです。 夜寝ている時に、下腹部にチクチクとした痛みを感じたものの、翌朝は何ともなかったという方も。 また、生理が始まる前のような感じで、下腹部に全体的な痛みを感じたものの、実際には生理が来ないまま、痛みもそのまま消えていったという方もいるとか。 このように痛みがすぐに消えたという方もいれば、着床出血が続く期間ずっと、着床痛のような痛みを感じたという方もいます。 着床出血とは、着床時に起きる出血のこと。 これが着床出血で、妊娠超初期の症状のひとつとして知られています。 なお、着床出血は医学的には「月経様出血」と呼ばれています。 この着床出血は3~7日程度続くことがあり、この間ずっとチクチクとした着床痛が下腹部に続くという方もいるのです。 また、先述したように、妊娠の超初期症状として腹痛が起こることもあるため、着床痛としての痛みが過ぎた後も妊娠による体の変化から下腹部に痛みを感じることがあるかもしれません。 まだまだ目に見える変化はありませんが、母体の中ではすでに子宮で変化が起きていることから、子宮が大きくなる痛みもあると言われています。 このように、腹痛の理由がほかにもあることもまた、着床痛の期間を明確にしにくい理由でもあります。 生理以外での出血は、女性なら誰でも不安を感じてしまいますよね。 特に妊活中の方にとって、生理予定日付近の出血は「また生理か…」とがっくりしてしまうものです。 でもちょっと待って、その出血、着床出血かもしれません。 着床出血とは何か、生理との違いは何かをまとめました。 腹痛や腰痛との関係は? 妊娠超初期はお腹のふくらみもまだないため、妊娠しているとはたから見ただけでは区別がつきにくいものです。 しかし、受精卵が着床すると同時に、赤ちゃんを体の中で育てるために、そして赤ちゃんを無事に出産するために、日に日に変化を始めます。 着床後に見られる腹痛や腰痛についてもご紹介しましょう。 着床痛はチクチク・ツーン・シクシクなど様々な痛み チクチクとした痛みという表現がされることが多い着床痛ですが、実際には感じ方は様々です。 *チクチクとした針で刺されるような痛み *ツーンと足の付け根の上あたりがつるような痛み *下腹部が突っ張るような感じ また、痛みの程度に関しても、 *無意識にお腹に手を当てた *イタタタタとお腹をさするほど *横になっている時に痛みを感じ、体を丸くした というように、人によって様々です。 もちろん、痛みの感じ方は個人差がありますが、明らかに痛みを感じるという方からなんとなくモヤモヤするという程度まで着床痛は人それぞれという言葉がぴったりなようです。。 そのひとつに、ホルモンバランスの変化が関係しているケースがあります。 受精卵が着床すると、母体にはhCGホルモンが分泌されます。 このhCGホルモンは妊娠を継続させるのに重要なはたらきをするホルモンで、黄体を刺激し、プロゲステロン・エストロゲンといった妊娠に必要なホルモンの分泌を調整するはたらきをもっています。 市販の妊娠検査薬でも一定量のhCGホルモンが尿中に分泌されているかどうかで妊娠判定を行っているのです。 hCGホルモンは妊娠の継続に不可欠なホルモンでありますが、その一方で体質によってはホルモンの刺激が強すぎるということもあります。 hCGホルモンによって卵巣が刺激され、卵巣に痛みを感じたり、卵巣のあたりに軽く突っ張ったような感じを覚えることがあると言われています。 こうした痛みに加え、妊娠初期には卵巣が腫れたり、少し水が溜まったりする(腹水)ということは決して妊娠に異常があるというわけではありません。 こうした卵巣の一時的な変化も、妊娠超初期の腹痛の原因となることがあります。 ただし、hCGホルモンによる卵巣の変化が極端に症状が進んでしまうと、「卵巣刺激症候群」と診断されることも。 極端な体重増加・手のしびれ・頭痛・痛み止めが必要なほどの腹痛を感じた場合は、注意が必要です。 妊娠が判定可能かどうかに関わらず、産婦人科を受診するようにしましょう。 *こちらのサイトを参考とさせていただきました 妊娠超初期には腰痛が見られることも 実は、着床痛としては「チクチクとした下腹部の痛み」という方が多いのですが、中には腰痛を感じるという方もいます。 生理痛として腰痛がある方はお分かりいただけるかもしれませんが、子宮に起こる変化はお腹・腰の両方に痛みとして現れることがあるのです。 そのため、排卵日から1週間~10日前後で起きる腰痛は、着床痛の可能性もあります。 実はこの腰痛は、妊娠超初期に見られる症状のひとつとして挙げられることも多いのです。 妊娠に伴い、骨盤の靭帯を緩めるはたらきを持つホルモンが分泌されるのが、妊娠超初期の腰痛の原因と言われています。 これからお腹が大きくなるにつれて、骨盤にはさらに重みがのしかかることになりますので、腰痛が妊娠中にひどくなるという方も多いもの。 妊娠と腰痛は切り離せないと言われるほど、妊娠中には腰痛がつきもの。 これから腰の痛みとは長い付き合いになるかもしれませんね。 気を付けたい腹痛とは? 妊娠初期症状として下腹部に痛みを感じることもありますが、中には流産の可能性もあります。 特に出血を伴う場合は注意が必要です。 妊娠初期は受精卵の遺伝子異常による流産も多く、自覚症状がないまま胎児の発達が止まってしまうことも珍しくありません。 こうした妊娠初期の流産は現代の医学でも防ぎようがないのが現状です。 出血がない場合でも、痛みが流産の傾向を示すこともありますので、痛みが続くようであれば産婦人科に相談する必要があります。 先述したように、着床時に子宮内膜が傷つき少量の出血を伴う「着床出血」という場合もあります。 この着床出血であれば医学的に心配のいらないものですが、痛みを伴う場合・出血がひどい場合などはいずれにしても受診するようにしましょう。 また、妊娠が疑われる場合は、お腹の痛みを感じたら安静を心がけることも大切です。 痛みを感じる場所について 子宮のあたりが痛む方が多い 受精卵が着床することによる痛みと言われている着床痛は、子宮のあたりが痛むという方が大半です。 下腹部全体にチクチクとした痛みを感じるという方もいれば、おへその斜め下あたりが痛いという方など痛みを感じる方も。 また、着床の時期に腰痛を感じる方もいて、中には腰痛のみだったという方も。 このように、痛みを感じる場所には個人差が大きいのが実情のようです。 そのため、痛みの場所で着床痛かどうかを特定するというのは少し難しいかもしれません。 妊娠初期の腹痛では、卵巣のあたりが痛むことも 着床痛と同じ時期に見られる妊娠超初期症状としての腹痛は、卵巣のあたりが痛むという方もいます。 これは、妊娠した時に分泌されるホルモンの影響で起きる卵巣の腫れが関係しているかもしれません。 妊娠判定にも用いられているhCGホルモンのはたらきで、卵巣が刺激され腫れたり、水が溜まったりすることがあるのです。 そうした卵巣における変化が軽い痛みとなって現れることがあるのです。 卵巣は子宮の両脇、右と左にある臓器です。 左右同時に痛むということもあれば、片側だけに痛みを感じる方も。 子宮の脇と言っても、目に見えるわけではありませんので、表現の仕方も様々です。 足の付け根の上の方が痛いという感じ方をする方もいるかもしれませんね。 おへその斜め下あたりと感じるのも、卵巣の痛みかもしれません。 こうした痛みは厳密には着床痛ではないという可能性もありますが、妊娠初期の体の変化にはかわりありません。 体外受精の際の着床痛 体外受精後、着床までの流れ 近年では体外受精も一般的な治療法のひとつとして広く知られるようなりました。 体外受精では、採卵・採精した卵子と精子を受精させ、その受精した卵子(胚)が細胞分裂し、4~8細胞になるのを待ってから子宮に戻します。 これを胚移植といいます。 胚移植後は、受精卵が着床しやすくするためにホルモン薬を投与するのが一般的です。 一般には、胚移植後着床までは3~5日かかり、妊娠の判定はおよそ2週間後と言われています。 なお、培養を続け、更に細胞分裂した「胚盤胞」と呼ばれる段階まで育ててから子宮に移植する方法の場合は、着床までの日数が短縮され、移植後着床までは1日程度とされています。 どちらの方法を採用するかは、医療機関や体外受精を受けるカップルによっても異なります。 採卵から胚移植までのプロセスはどういった方法を選択するのかという意思によっても異なりますし、医療機関によっても異なります。 また、胚移植後の判定も、着床の有無を確認する医療機関もあれば、のんびりと経過を見守るところまで様々です。 「いち早く妊娠しているかどうか知りたい!」という方でも、ご自身で市販の妊娠検査薬を使用する場合は、投与したホルモンの種類によっては正しい結果が得られないことがあるので注意が必要です。 妊娠検査薬の判定に使用されているhCGホルモンの投与を受けている場合は、注射の効果がなくなってから使用する必要があります。 *こちらのサイトを参考とさせていただきました 体外受精は着床痛が起こりやすい? 体外受精を経て妊娠されたという方でも、着床痛を感じることはあると言われています。 実は、体外受精は、着床痛をはじめとした妊娠兆候を感じやすいという声もあるのです。 着床痛は医学的にはまだ解明されていないものですので、自然妊娠・体外受精のどちらが着床痛が起こりやすい・着床痛の痛みが強い傾向にあるということは分かっていません。 ただし、体外受精の場合は、着床日が計算しやすい(割り出しやすい)ことも着床痛に気づきやすい理由のひとつではないかとも言われています。 妊婦さん自身が着床日周辺の体の変化に非常に敏感になっているために、些細な症状にも敏感に反応できているのかもしれません。 体外受精の場合は胚移植から3~5日後に着床することになりますので、着床痛も移植から数日後のその時期に現れることになるでしょう。 体外受精においても、着床痛の症状は自然妊娠と変わりなく、下腹部がチクチク痛いというケースから、下腹部全体が痛いというように人によって症状が異なります。 実際の症状には妊娠方法に関わらず、個人差が強いようです。 生理痛のような痛みは妊娠不成立の可能性も 体外受精後におきる下腹部の「生理痛のような痛み」は、必ずしも着床痛というわけではありません。 妊娠超初期にはほかにも腹痛が見られることもありますし、中には体外受精が着床に至らず、生理が来るという可能性があります。 しかし、着床痛ではチクチクとした痛みだけでなく、下腹部全体が痛いという方や生理痛のような痛みを感じたという方もいますので、個人差を考えるとやはり痛みの種類・程度で着床痛かどうかを判別するのは難しいものです。 一方で、痛みの程度に関わらず、「着床痛だ!」と直感したという先輩妊婦さんの声もあります。 自然妊娠同様、体外受精の場合も一概に定義することが難しい着床痛ですが、着床出血や他の妊娠超初期症状なども見ながら、妊娠判定の日をゆっくり待つくらいの心構えがいいかもいしれません。 考えすぎないことも大切 受精卵の着床後はまだまだこれから体にたくさんの変化が訪れる時期。 些細なことでも「妊娠の兆候では?! 」と気になるものですが、気にしすぎるのもいいことではありません。 着床から実際に妊娠検査薬で陽性反応がでるまでには2週間ほどあります。 妊娠を心待ちにしている方ほど、いち早く妊娠判定をしたい!と思うかと思うかもしれませんが、一喜一憂していてはこころが疲れてしまうかもしれませんよ。 まずは気長に待ちましょう。 また、妊娠超初期症状・妊娠初期症状としては、このほかにも様々な症状があります。 赤ちゃんを心待ちにしている方ほど、自分に当てはまるものはないかとそわそわしがちですが、できるだけリラックスして過ごすことがママにも赤ちゃんにとっても大切です。 「これってもしかして妊娠?」妊活中の女性にとって、ちょっとした体調の変化は気になりますよね。 「風邪っぽい」「吐き気がする」「眠気がひどい」など、いつもと違う体調の異変を感じたら、もしかすると赤ちゃんからのサインかも。 気になる妊娠超初期と妊娠初期に起こる妊娠の兆候についてまとめました。 妊娠の兆候について症状別に分かりやすくまとめてあります。 「妊娠したのでは?」という方にはこの記事必見です!.

次の