断片 類語。 「全幅の信頼」の意味とは?類語、使い方や例文、反対語を紹介!

断片の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

断片 類語

「あたかも」の意味と漢字 「あたかも」の意味は「あるものが他に似ている意」と「ちょうどその時」 「あたかも」の意味は二つあります。 「あたかも」の意味一つ目は、「 あるものが他に似ている意」です。 「さながら」「まさに」「ちょうど」「まさに」というような意味合いをもち、「特対象となるものを、何かに見たてて表現する場合」に使用します。 多くの場合が、「あたかも」の後に「~のようだ」などを伴います。 二つ目の意味は「 ちょうどその時」です。 ある時刻や時期にちょうどあたる意を表し、「ちょうどその時」というニュアンスをもちます。 この場合は「時あたかも午前零時」というように、 「時あたかも」という使い方をします。 「あたかも」の漢字は「恰も」「宛も」 「あたかも」は漢字で,「 恰も」または「 宛も」と書きます。 「恰」は、音読みで「こう・かっ」訓読みで「あたかも」と読み、人命常用漢字なので名前に使用することもできる漢字です。 「あたかも」以外では、「恰好」や「恰幅」というように、外から見た姿や状態を意味する言葉に使用されます。 「宛」は、音読みで「えん」訓読みで「あてる・ずつ・あたかも」と読みます。 どちらも「あたかも」と読める人のほうが少ないと考えられますので、「あたかも」を使用する場合は平仮名で表記することが望ましいです。 「あたかも」の使い方と例文 主に「あたかも〜ようだ」「あたかも〜ような」の形で使う 「あたかも」は、物事の形・ありさま・性質などをほかの言葉やたとえを言い表す「~のようだ」「~のような」といった形容する言葉を使用して、 「あたかも〜ようだ」「あたかも〜ような」の形で使用します。 「あたかも~のようだ」「あたかも~のような」は、「あたかも」と組み合わせて使うことが最も多い言葉です。 「ようだ」「ような」は、例えば「その美しさは、あたかも宝石のようだった」というように、似た物に例えるという表現方法になります。 同じように形容する言葉の例として「あたかも〜かのように」があげられます。 「あたかも~のように」は、「あたかも兄弟かのように仲が良かった」といったように、動作や状況を例える場合に使用される言葉です。 「ごとく」「ごとし」は漢字で「如く」「如し」と書きます。 「ごとく」「ごとし」は、「~のようだ」という意味で、 比喩的な表現をする時に使用される言葉です。 例えば、「汗が滝の如く流れでる」というように使用し、「汗が滝のように流れでる」という意味になります。 同じく「あたかも」と一緒に使用し、比喩的な表現になる言葉に「あたかも〜かのごとく」があります。 「かのごとく」は、動作や状況を他のものに例える場面で使用されます。 「彼らは嵐のごとく過ぎ去っていった」というような使い方をします。 「あたかも」はあまり口語表現では使わない 「あたかも」は、 あまり口語表現では使用されません。 理由として、「 文法的に使用方法があまり理解されていない」ということがあげられます。 「あたかも~のようでだ」とう 例えも難しいものが多いので、堅苦しい表現になりがちです。 「あたかも」は、どちらかというと 文語表現に近いとされています。 あまり使われない表現方法ではありますが、「あたかも」は敬語表現としても認められている言葉なので 目上の人やビジネスシーンでも使用することができます。 しかし、型ぐるしい表現方法なので、「まるで」や「さも」など状況によって言い換えてもいいでしょう。 「時あたかも」は日常的にはあまり使われない 「時あたかも」は、 日常的にはあまり使われません 「時あたかも」という言葉を知らないひとのほうが多いという理由が考えられます。 「時あたかも」を使用するよりも、「12時ちょうど」というように、「ちょうど」や「ぴったりに」という言葉を使用したほうが、意味が伝わるからです。 難しい言葉を使用するよりも、相手に分かりやすい表現で伝えたほうが、会話がスムーズにいき印象もいいです。 「あたかも」を用いた短文・例文 「あたかもこの世の終わりのよ顔をしている」 「彼女はあたかも恋人がいるような口ぶり話をしていた」 「あたかもそれが本当に真実であるように人を洗脳させるのが上手かった」 「時あたかも19時、最終の夜行バスが出発した」 「あたかも」の類語 「あたかも」の類語は、形状・様態・性質などが、似ている物事にたとえて形容する語があげられます。 いくつか代表的なものを紹介します。 まるで 「まるで」の意味は、「 ほとんど同じようであるさま」です。 「まるで」は、漢字で「丸で」と表記します。 「彼の笑顔はまるで太陽のようだ」というように、 「まるで」を使用する場合は後に「ようだ・みたいな」といった比況表現を共ないます。 〇「まるで」を用いた例文 「彼の運転さばきは、まるでレーサーのようだった」 「彼女はまるで歌手のように歌がうまい」 「まるで恋人のような距離の近さ」 言わば 「言わば」は、 「言ってみれば」「しいて言うならば」という意味です。 「言わば」は、「言う」の未然形に接続詞の「ば」をつけたものです。 例えを示してわかりやすく言い換えたり、極端に結論として示したりする場合に使用されます。 「いわば~だ」のといった使い方をします。 〇「言わば」を用いた例文 「言わばその行動は将来の自分に繋げる為の行動なのに!」 「それを可能にするのは言わば神しかいないだろう」 「仕方がないよ、言わば彼にとっては遊びでしかなかったんだから」 ちょうど 「ちょうど」の意味は、「 数量・大きさ・時刻などが、過不足なく一致する様」です。 また、「 その時と、ある物事が行われている時と重なるさま」を「ちょうど」といいます。 「ちょうどその時」といった使い方をすることができ、「ぴったり」というニュアンスを持ちます。 例えば、「年が明けたちょうその時、わたしはキッチンにいた」というような使い方をします。 〇「ちょうど」を用いた例文 「電車に乗ろうとしたちょうどその時、扉が閉まった」 「午前10時ちょうどに出発するから遅刻しないでね!」 「私が家に入ったちょうどその時、雷が落ちたようだ」 折しも 「折しも」は、「 おりしも」と読みます。 「折しも」の意味は、「 ちょうどその時」です。 副詞的に用いられる場合が多く、「しも」は、本来強めの助詞として使われる言葉です。 例えば、「折しも月が雲に隠れた」というような使い方をすると、「ちょうどその時、月が雲に隠れた」という意味の文章になります。 〇「折しも」を用いた例文 「折しも彼はすでに眠りについていた」 「家を出ようとしたのはいいが、折しも雨が降ってきてしまった」 「折しも出発予定時刻に間に合わないと連絡がはいったのだった」 まさに 「まさに」の意味は、「 あることが起こる・行われる直前であるさま」です。 また、 「ぴったりと当てはまるさま・ちょうど」という意味や、「疑いのないさま・確かに」という意味があります。 「まさに太陽が沈むとき」というような使い方をすると、「太陽が沈むちょうどその時」というような意味合いになります。 〇「まさに」を用いた例文 「まさに完成しようとしていたパズルを落としてまった」 「ゴールしたまさにその瞬間を写真に撮ることができた」 「今まさに歴史が変わった瞬間だといえるでしょう」 いかにも 「いかにも」の意味は、「 物事の認定が、ぴったりと一致しているという気持ちをあらわす」です。 「どこからどう見ても」や「どう考えても」といったニュアンスです。 また、「 相手の言葉をうけて、その通りだと同意する意」という意味もあります。 「いかにも」は、漢字で「如何にも」と表記します。 例えば、「如何にもその通りである」というような使い方をした場合、「まったくその通りである」というようなニュアンスになります。 〇「いかにも」を用いた例文 「富士山の山頂の白さは、いかにも冬の訪れを感じさせた」 「集合時間の1時間前に到着するのは、いかにも早すぎる」 「いかにもその通りなので返す言葉がありません」 さながら 「さながら」は、「 他に例えるならば、それがぴったり」という意味です。 多くの場合が比況の表現を伴って使用される言葉です。 「さながら」を漢字で表記すると「宛ら」となります。 「さながら~のようだ」「さながら~のように」といったように使用します。 〇「さながら」を用いた例文 「さながらプロ野球選手のような試合を続けてる」 「子どもの寝顔絵はさながら天使のようである」 「本番さながらに、音を出してリハーサルをした」.

次の

「断片」に関連した英語シソーラスの一覧

断片 類語

スポンサーリンク 「示唆する」の意味と使い方は? まず最初に 「示唆する」の意味と使い方について見ていきましょう。 「示唆する」という言葉は、「示唆」という名詞に補助動詞「する」がついた動詞です。 「示唆する」の「示」という字は会意文字で、「二」と「川」から成り立っています。 「二」は上のことで、天を示すとされます。 「川」は三本の縦棒のことであり、すなわち「日」、「月」、「星」を示すといわれます。 つまり「示」とは、元来は 「天が天文によって吉凶を表す」といった意味とされます。 「示」が神に関する字に多く用いられるのは、こうした原意があるからだとみられます。 また「足つきの祭壇の象形」を表しているという説もあります。 神を祀るときに、机に肉を載せて血がしたたっている様子を示す、ともされます。 こうした由来から「示」は「人に見せる」、「告げる」、「教える」といった意味を示す字となりました。 次に「唆」は形声文字で、「口」は字の形を表し「夋」が音を表します。 「夋」は「使」という字にも通じるとされます。 つまり 「口で誘って、ものごとを進めさせる」、転じて 「けしかける」といった意味を示す字です。 元来は「しゅん」という読みでしたが、次第に「さ」に変化したようです。 現在では「そそのかす」という意味合いで使われます。 こうしたことから 「示唆する」は 「ものごとをほのめかす」といった意味の言葉だといえます。 つまりは 「ものごとをはっきり示さずに、それとなく相手に教える」、あるいは 「婉曲的に伝える」という意味を表します。 また「相手に断片的に分かるように、ヒントを出す」といった行為を示す場合もあります。 いずれの用法でも、断定的に明確にものごとを明示するのではなく、「正しく伝えたい意思はあるものの、ものごとの一部や輪郭だけをぼんやり示す」というニュアンスです。 相手にヒントだけを教え「全体像を推察し、自力で真相に到達してほしい」という思惑がこもった表現だといえるでしょう。 スポンサーリンク なお「示唆」は一般的な読みは「しさ」ですが、濁って「じさ」と読む場合もあるようです。 「示唆する」の類語と例文を教えて? 次に 「示唆する」の類語と例文をご紹介したいと思います。 「示唆する」の類語には次のようなものがあります。 暗示する• ヒントを与える• にじませる• 匂わす• ほのめかす• 手掛かりを残す• 端緒を与える• 足がかりを示す• 糸口を与える• 比喩する• 黙示する• 暗喩する• サジェストする• サジェスチョンを与える などがあります。 「示唆する」の例文としては次のようなものが挙げられます。 きょうの先生の講演は、うちの会社にとって示唆する点がとても多かった。 ランドセルの売り上げが頭打ちになっているということは、とりもなおさず少子化の影響を示唆するものだ。 都市部での空き巣被害の増加は、仕事を持つ女性が増えたライフスタイルの変化を示唆する現象ともいえる。 「示唆する」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 「示唆する」の言い換え方は? 最後に 「示唆する」の言い換え方について見ていきましょう。 「示唆する」は前述のように、「はっきりではなく、あいまいに指し示すこと」という意味の用語です。 言い換える表現としては、類語でご紹介した 「暗示する」や 「にじませる」、「匂わす」などとなります。 ただし「示唆する」は示される内容が比較的判別しやすく、具体的な言い方だといえます。 また例文でお示ししたように、客観的に実体へ導く論理性も感じられます。 一方「暗示する」は、主観的要素が多いニュアンスを受けます。 「空の色が不吉な未来を暗示する」のように、無意識のうちに特定の観念を起こさせるといった表現です。 このためビジネスシーンや会議などで、データを基に結論を予想するような場面では 「~と考えられる」、「~と推測できる」といった言い換えが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「示唆する」の 意味と正しい使い方、そして類語と例文、言い換え方について詳しくご紹介しました。 言葉の意味をおさらいすると相手に物事をはっきり伝えるのではなく、ほのめかした言い方、それとなく相手に伝えたい場合に使う言葉だということが分かりました。 類語や例文、言い換え方などを参考にして是非、活用してみてくださいね。

次の

一片の類語・関連語

断片 類語

「全幅の信頼」の意味とは 「全幅の信頼」の 「全幅」とは、 「幅の全て」つまり 「幅いっぱい」という意味になります。 例えば目の前に白い布があるとイメージしたら、白い布を丸ごと、全部が 「全幅」となります。 余すことなく、全部という意味が 「全幅」にはあります。 また 「信頼」は 「頼りにできると信じる」という意味になります。 「頼りにする」 「信じられる」という、人間関係ではかなり難しい重要な要素を含んでいます。 「信頼できる」というだけでも、かなり気を許した相手だとうかがい知る事ができますが、 「全幅」が付くと、 「完全に信頼している」という意味になり、相手への強い好意や確実性を信じる気持ちを感じる事ができます。 「全幅の信頼」の使い方 「全幅の信頼」という言葉は、 「置く」や 「寄せる」という言葉をつないで使う事が多いです。 日常的には 「全幅の信頼」という言葉を使うシーンは少なく、どちらかといえばビジネスシーンで使う事が多い言葉だといえるでしょう。 例えば人事査定が行われる直前などに、人事権を持つ上司と会った時は、 「全幅の信頼」という言葉を使うチャンスです。 「部長に 「全幅の信頼」を置いています」などと、服従の意思を示すセリフとして 「全幅の信頼」を使うと、上司からの覚えが良くなるかもしれません。 純粋にお得意先への親愛の情を示す事もできますし、 「期待を裏切らないように」釘を刺すような使い方もできます。

次の