コロナ トイレ 使用 禁止。 新型コロナで「コンビニのトイレ使用禁止」本当か 「困る」の声、大手3社の答えは: J

ローソンのトイレ、やっぱり緊急時は使用可 方針を転換 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ トイレ 使用 禁止

テレビ番組降板だけでは済まないようです。 『週刊文春』は「文春オンライン」で次のように報じています。 「彼は佐々木さんと交際していた当時から複数の相手と関係を持っていました。 2017年4月にさん(32)と結婚し、翌年9月に第1子が生まれた後も生活態度はあまり変わらなかった」 渡部さんの知人が、『週刊文春』の取材にこう答えています。 そして、都内在住会社員の女性Xさんが重い口を開いたのです。 「たしかに私と渡部さんは、多いときには週2回ほど関係を持っていました。 結婚後も別れることなく、トータルで30回を超えているかもしれません」 回を重ねるうちに、渡部さんが密会場所として指定するようになったのが、東京都港区にそびえ立つ六本木ヒルズ……しかも……。 「彼は『地下駐車場に隣接した多目的トイレに来い』と言うのです。 エレベーターの前で落ち合って、トイレの鍵を閉めた瞬間に……。 すぐ来て』と指示を出してくるようになったのです」(女性Xさん) さらに、渡部さんに対する思いのたけを『週刊文春』にこう伝えています。 せめて一人の女性として扱ってほしかったと思います」 渡部さんの不倫相手はこの女性にとどまらず、複数人に及んでいたようです。 『週刊文春』の直接取材に対し、所属事務所の人力舎を通じて、渡部さんは事実関係を認めました。 「複数女性との不倫」については、各スポーツ紙などですでに報じられており、SNS上のトレンドは「渡部」「複数女性」「不倫」「佐々木希」など、このスキャンダル関連で埋め尽くされていました。 「渡部が複数女性との不倫って…どんだけ性欲強いの? 」 「妻の佐々木希が家で待っているのに…信じられない…」 ネットやSNS上には渡部さんへの批判が一斉に並びましたが、さらに、本丸の『週刊文春』の記事によって、燃え尽くさんばかりの大炎上となりました。 女性Xさんの発言した「性のはけ口」、そして「多目的トイレ」…芸能人としてというより家庭人、社会人として致命的な要素が満載です。 「トイレに呼び出して2〜3分でことを澄まし、女性に1万円渡して別れたって…渡部さん、そりゃあ、文春に売られますよ! 」 そんな核心を突く意見まで飛び出しています。 『週刊文春』に複数の女性たちがなぜ取材に応じたかは不明ですが、たぶんにその可能性はあるでしょう。 くわえて、「多目的トイレで事を済ませていた」ことから、場所が特定された六本木ヒルズはもちろん、今後は「公衆トイレ」そのものを使えないだろうとの指摘まであります。 「これでテレビ局を出禁になって、六本木ヒルズも出禁じゃない? 公衆トイレも渡部が入った瞬間、『反省してないだろ! 』とか言われそう…。 これで離婚されたらどうするんだろ」 あまりにも渡部さんへの逆風が強すぎて、そんな心配までされる始末です。 自身のYouTubeチャンネルで講座を開くほど、女性の扱いはプロ級と自負していた渡部さんですが、同業者に揶揄されるような芸人としての腕と同じく、男としての限界も露呈したのかもしれません。

次の

コロナウイルス対策でコンビニのトイレやゴミ箱が相次いで使用禁止...

コロナ トイレ 使用 禁止

Q 新型コロナウイルスは、感染者の便など、排せつ物からも検出されています。 トイレのフタの裏にはる感染症予防シートを開発した「フラッグス」=熊本市=の松江慎太郎代表取締役社長は「トイレのフタを閉めてから水を流すことを習慣化してほしい」と呼びかけています。 それが約90分間も個室内の空気中に滞留する可能性があり、人に感染する危険性が高まります。 流す前にフタを閉めることは、簡単にできる感染予防策です。 ノロウイルスなど、さまざまな感染症の予防にもつながります。 当社ではトイレのフタを閉めてから水を流すことを啓発するシート「アドレット」を開発しています。 シートは抗ウイルス効果のある特殊な塗料を使っていて、熊本県天草市などの小学校や病院など全国約2万個のトイレで導入されています。 コストカットなどの観点から、(汚水が飛び散りやすい)フタのない洋式トイレや、和式トイレを導入している施設も目立ちます。 学校などでは、手でフタを閉める洋式トイレの導入を進めてほしいと思います。 【聞き手・山内真弓】.

次の

ローソンのトイレ、やっぱり緊急時は使用可 方針を転換 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ トイレ 使用 禁止

セブン-イレブン「使用を禁ずる理由がない」 セブン-イレブン・ジャパン広報は「本部として、トイレの使用を禁止したということはありません。 使用を禁ずる理由がないので」と回答した。 ただ2万ある加盟店の中で、「店が独自にトイレ使用禁止の判断をした可能性はある」とも。 実際にJ-CASTトレンド記者が自宅近くのセブン-イレブン2店舗を訪れたところ、どちらも自由に使用できた。 利用に際して店員に声をかける必要もなかった。 ファミリーマート広報も「全店舗の状況を把握しきれていませんが、現在トイレの使用禁止はしていません」と話す。 4月上旬、新型コロナウイルス対策としてごく短期間、トイレの利用を制限したが「利用者からの要望があり、すぐに緩和した」。 その間も「トイレを貸してほしい」と声をかけられた場合は店舗が個々に判断し、使用を許可していたという。 J-CASTトレンド記者が自宅近くのファミリーマートへ足を運ぶと、「利用前にスタッフへお声がけください」との案内があり、使用もできた。 広報担当によると、特に駅前や公園前に立地するコンビニでは、トイレが混雑したり、行列ができたりしないよう「密を避ける目的で事前の声かけをお願いしている場合がある」という。 ローソン「本部として使用禁止を推奨」も緊急時は許可 ローソンは、ゴールデンウイークに入る4月28日から「本部としてトイレの使用禁止を推奨した」と広報が回答した。 利用者と従業員の安全を最優先するための対策だったが、その間も「ドライバーや、緊急の場合などは、従業員に声を掛けてもらえれば使用可能とさせていただきました」。 そのほか、幹線道路沿いや郊外など周辺のトイレ事情によっては加盟店の判断で使用を継続した店舗もあった。 各都道府県の緊急事態宣言解除に伴って該当地域の「トイレ使用禁止推奨」も解除しており、現在はローソンの大半の店舗でトイレを利用できる。 ただ立地や来店人数などの状況から、店の判断で引き続き「使用休止」としているところもあるとの話だ。 利用する場合は「事前に店員へ声を掛け」、感染予防のため「使用後は手を洗う」よう呼びかけているという。

次の