ウイイレ 2020 グリーズマン。 【ウイイレ2020】FPグリーズマン(3/30)レベマ能力値徹底比較!

ウイイレでグリーズマンをボコる! アーセナルGK、ガチオタだと告白

ウイイレ 2020 グリーズマン

一応、3トップの両サイド、真ん中でも使ってみましたが、 使用感が良かったのはOMF。 3トップだとフィジカルがあまり強くないので、 ガンガン相手に潰されてました。 (操作に工夫が必要になるのかわからないですが、 PSが低い自分では使いこなせず) OMFだと、 2トップがボールを持った際にグリーズマンがトップを追い越す動 きをしてくれるので攻撃の厚みが増す印象です。 決定力、 キック力が高いのでコースが空いてて体勢が良ければえぐいミドル を決めてくれます。 また、かなり重宝するのが、 試合中何度も相手の中盤の底とディフェンスラインの間に入り込む 動きをしてくれます。 なので、そこでグリーズマンにボールを持たせてミドル or ラストパス、といった攻撃ができるようになります。 このパターン、けっこう点が入るのでよく使います。 背が低くプレースキックの精度が悪くないので目ぼしいキッカーが いなければ、迷わずキッカーに設定できるのも良い点。 注意したいのが逆足精度が低いので右足では蹴らないようにする必要があります。 トップで使うにはではフィジカルが弱いので使いずらいなーといっ たところ。 ですが、OMFとしては、私の中で1番手2番手の選手です。 少し欲を言えば、 ライブアプデがCが多いのでもう少し頑張ってもらってAまではい かなくともBをちょくちょく挟んで欲しいもの。

次の

【ウイイレ2020】グリーズマン レベマ能力値

ウイイレ 2020 グリーズマン

FPグリーズマンのノーマルとのレベマ比較!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 1回目 2回目 3回目 FPアントワーヌ・グリーズマンのレベルマックス能力値 現状では、のグリーズマンが一番強いです。 1回目 2回目 3回目 保有スキルが、 「ダブルタッチ」「シャペウ」「コントロールループ」「ミドルシュート」「ライジングシュート」「アクロバティックシュート」「ワンタッチシュート」「スルーパス」「ピンポイントクロス」「マリーシア」。 グリーズマンの特徴は、プレースタイルが 2列目からの飛び出し。 スピードもあって、 素早い抜け出しからフィニッシュを決めてくれます。 彼の魅力の一つに、使い勝手の良さがあります。 ポジション適性が豊富で、どの監督、戦術でもスカッドに入れやすい。 STや、トップ下に入っての、 強力なキックから放たれるミドルシュートがかなり強い。 ウイングストライカーとして、 サイドに流れての正確なクロスも魅力。 前線ならいろいろな役目を、高水準で果たしてくれる。 ノーマル アントワーヌ・グリーズマンのスカウト情報 確定スカウト アントワーヌ・グリーズマンの選手情報 もともとソシエダやフランス代表ではサイドアタッカーの ポジションでプレーしていたものの、アトレチコではシメオネが主に 2トップの一角として起用。 そこで得点力が開花して、いまはストライカーとしてプレーすることが多くなっています。 (フランス代表ではいまもサイドアタッカーとしてプレーすることも) 特徴は、単純に足の速さもあるけど、 ドリブルやひとつひとつプレー・判断のスピードがとにかく速く、自分でゴールまで持っていくこともできるし、足元のテクニックがあってパスも出せて強烈なシュートも打てる、 前線の選手としてはかなり万能だと思います。 チームのスタイルもあると思うけど、何でもできる上手さがあるわりにシンプルなプレーを選択することが多い。 また、ゴール前でマークを外してフリーになったり、 ストライカーとしての動きも上手く、身長的には高くないのにヘディングでゴールを決めることも多い。 シュートの精度も高いし、特に左足のシュートは何本か直接フリーキックも決めているように、シュートスピードがありつつかなりの精度。 スピードがあるのに精度が高いっていうのが本当にすごいところで、シンプルでもスピードと精度が飛びぬければここまでいけるのかっていう、ポジションやプレースタイルは違うけど、全盛期のカカに似たような凄みを感じる選手です。 アントワーヌ・グリーズマンの凄さがわかる動画.

次の

【ウイイレアプリ2020最強プレースタイル「2列目からの飛び出し」最強ランキング(使用感)】クライフを超えるのはグリーズマン・ロイス・ライー!?

ウイイレ 2020 グリーズマン

2019-04-19 2019-10-07 グリーズマンがかなりのゲーム好きなのは、サッカーファンなら多くの方がご存知かと思います。 グリーズマンのゲーム逸話の中で最も有名なのがゴールパフォーマンス。 2018ロシアW杯でも、得点時にFORTNITEという人気PS4ゲームで使用されるエモートをゴールパフォーマンスとして披露しています。 FORTNITEパフォーマンスはこちら Sin orquesta no hay baile. Hagamos que sea inolvidable JUNTOS!!! — Antoine Griezmann AntoGriezmann そんなグリーズマンですが、FORTNITEの他にもPS4ソフトの「ウイニングイレブン(以下ウイイレ)」をプレイしていることがインスタグラムから判明しています。 グリーズマンがインスタに上げたウイイレスカッドについて、ウイイレブログ管理人が全力で解説してみます。 3トップ ・ロマーリオ レジェンド ・ネイマール ・FPメッシ グリーズマン本人のポジションはFWですが、ウイイレでのFWは自分以外の3人を選んでいます。 ネイマール まずは ネイマール。 ウイイレでの強さ:5• 入手難易度:3 ネイマールはウイイレでも毎年屈指の強キャラであり、ウイイレ好きからもかなりの人気があります。 このネイマールは通常のネイマールなので、ガチャやスカウト、トレード機能などでウイイレを長く遊んでいれば獲得すること自体は簡単となっています。 ロマーリオ(レジェンド) 次に ロマーリオ。 ウイイレでの強さ:4• 入手難易度:5 ロマーリオはウイイレではレジェンド選手という分類に入ります。 過去のサッカーで伝説的な存在となっている選手をウイイレではレジェンド選手として入手できます。 このレジェンド選手は特定の回のガチャかイベント報酬でしか手に入らないので、入手難易度はかなり高め。 FPメッシ 最後に FPメッシ。 ウイイレでの強さ:5 入手難易度:5 FPというのは一言でいうとスペシャル版のこと。 通常のメッシよりも強い能力で登場したのがFPメッシです。 紫のアイコンはFP(注目選手)と呼ばれています。 2ウイング ・グリーズマン ・FPスターリング グリーズマン まずは左サイドハーフに自分( グリーズマン)を配置。 ウイイレでの強さ:4• 入手難易度:3 本人には申し訳ないのですが、今作は先ほど紹介したFPが最強すぎる環境となっています。 また、このインスタが公開された当時にはFPグリーズマンが初登場しています。 ウイイレでの強さ:4• 入手難易度:5 FPスターリングも期間限定登場なので、かなりのレアキャラになります。 能力値も結構優れており日本での対人戦でもよく見かける良い選手という感じですね。 2センター解説 2センター ・フレンキーデヨング ・ベッカム レジェンド フレンキーデヨング まずは フレンキーデヨング。 ウイイレでの強さ:3. 5 入手難易度:1 今CLで並みに乗っているアヤックスの選手です。 注目なのが デヨングの能力値89。 この能力値から、デヨングはレベルマックスまで育成されていることがわかります。 かなり育成を頑張ったこと、デヨングを愛用していることがうかがえます。 ちなみに最高レアリティの黒色よりも1つ落ちる金色のため入手自体はかなり簡単。 ベッカム レジェンド デヨングの相方が ベッカム レジェンド。 ウイイレでの強さ:3. 入手難易度:5 ベッカムもロマーリオ同様、レジェンド選手としてウイイレマイクラブに登場しています。 ベンチのレジェンドの数を見るからに、恐らくレジェンドガチャの際に一気に課金したと思われます。 3バック解説 3バック ・FPクリバリ ・ヴァラン ・デリフト FPクリバリ まずはFPクリバリ。 ウイイレでの強さ:5• 入手難易度:5 今回のスカッドの1番の大当たり選手です。 守備能力・高さ・速さの3拍子を兼ね備えた強キャラであり、現実世界同様ウイイレ界でもワールドクラスの強さとなっています。 さらにこれはFPクリバリなので、ガチ勢でも入手できたらずっと主力で起用し続けるぐらいの価値を誇ります。 今作最強のセンターバックなのがクリバリ。 ヴァラン 次に ヴァラン。 ウイイレでの強さ4. 5 入手難易度:3 ウイイレ2019のセンターバックは足の速さが重要な環境になっています。 その点で言うとヴァランはセンターバックの中でもスピードが速く、いわゆる強キャラの部類に入ります。 デリフト 最後に デリフト。 ウイイレでの強さ:4. 5 入手難易度:1 19歳でアヤックスの主将となり、今シーズンの要注目選手の内の1人ですね。 ビッグクラブへの移籍も噂されています。 そしてデリフトの能力値も92となっており、デヨング同様レベルマックスまで育成しているのが大きな特徴です。 デリフトのレベル上限は76なので、ウイイレマイクラブを結構やり込んでる説が個人的に急浮上しています。 キーパーはオブラク• ウイイレでの強さ:4• 入手難易度:3 最後はアトレティコで同僚のオブラクがスカッド入りしています。 オブラクもつい最近FPとして登場しましたが、今回のスカッドに入っておらず恐らく当たらなかったと推測できます。 自分のチームのFPには運がないようですね。 ただしアトレティコはウイイレでのライセンスがないため、ライセンスのあるバルセロナなんかと比べるとそもそもFPになる頻度が低かったりします。 おまけ:監督やチームコピーなど リヴァプールをベースとしてチームコピーしています。 チームコピーというのは、ウイイレマイクラブで試合をする際の自分のチーム名やユニフォームなどがリヴァプールになることを意味します。 グリーズマンが所属するアトレティコ自体はウイイレでのライセンスがないのが原因でしょう。 アトレティコの次くらいに好きなチームなのがリヴァプールなのかもしれませんね。 監督はロベルト・マルティネス。 ちなみにロベルト・マルティネスは2018ロシアW杯時のベルギー代表監督でもあります。 フォーメーションは3223というかなり攻撃的な布陣に。 ここまでのまとめです。 ・グリーズマンは結構ウイイレをやり込んでいる ・FPオブラクとFPグリーズマンは外れてしまった ・レジェンドガチャで課金した予感.

次の