アロエベラ 使い方。 アロエベラスージングジェルの使い方って?口コミでの評判はどうなの?!

宮古島そだちのアロエベラ/アロエいろんな使い方

アロエベラ 使い方

【アロエ風呂の作り方】• アロエの生葉2~3枚を良く洗い、ハサミなどでとげを取り除く• アロエの生葉を2~3ミリの厚さに切り、目の細かいネット(布袋)に入れて湯船に入れる• 軽く揉んで成分を抽出する あまり揉みすぎると、入浴時にチクチクすることもあるので適度にしましょう。 また、 アロエにはシュウ酸というかぶれの原因となる成分も入っているため、入浴前に必ずパッチテストを行うようにしましょう。 自宅にアロエがない場合、漢方薬などを取り扱う薬局で販売されているアロエの乾燥葉を使えば、同じようにアロエ風呂を楽しむことができます。 肌の状態を良くしてくれる「アロエパック」 パックをするのに、アロエの葉肉部分を顔に直接貼るのもいいですが、小さいのでたくさんのアロエが必要となります。 そのため、アロエからエキスと取ってパックにすると広範囲に使えるのでとても便利です。 【アロエパックの作り方】• アロエの生葉をよく洗ってトゲを取り除く• トゲを取ったアロエをすりおろす• さらしやガーゼに包んで濾す• アロエから出た液体をそのままにすると液体が分離するので、そのうわずみだけを取る• うわずみ小さじ3に小麦粉を少量ずつ混ぜ、指で救った時に少し垂れる程の固さに調整する• 目元や口元を避けて顔全体に塗り、15分程度放置(乾ききる前)し、洗い流す ここで作ったうわずみ液は便利で、シャンプーに混ぜて使えばアロエシャンプーにもなります。 しかし、多くの量を作り置きすることはできないので、その都度作るようにしましょう。 アロエエキスを使った乾燥や肌荒れに効果的な「アロエ化粧水」 アロエで化粧水を作ると、乾燥はもちろん肌荒れやシミなどにも効果があります。 また、毛穴を引き締めてくれるので、毛穴レスの肌を目指すこともできます。 【アロエ茶の作り方】• キダチアロエの葉を洗い、トゲを取る• 皮ごと2~3ミリの薄切りにする• ざるの上にキッチンペーパーを敷き、その上にスライスしたアロエを並べ天日干しする• 乾燥したアロエにお湯を注いでアロエ茶の完成 アロエは、しっかりと洗い乾燥させることが大事です。 この時、まんべんなく乾燥させないとカビの原因になるので注意しましょう。 また、アロエ茶は効能が強いので、大量に飲むとお腹を壊したりすることもあります。 1日1~2杯程度飲んで様子をみるようにしましょう。 食用にするならアロエベラ、キダチアロエは食べにくい アロエを食べる時は、アロエベラが最適ですが生のアロエベラはほとんど手に入りません。 そのため、スーパーなどで売っている密につけてあるアロエを食べるのが1番簡単です。 もし、自宅のキダチアロエを食べる場合は、いくつか注意点があります。 なるべく厚みのあるアロエを選ぶ• 苦味が強いので、少し厚めに皮をむく• どうしても食べたいという時は、上記の方法で処理をするのを忘れないようにしましょう。 アロエを使う前には必ずアレルギーチェックをする アロエが美容や健康に良いため、アレルギーがあると思っていない人もいますが、効能が強いため、合う人と合わない人がいます。 アロエを食べる場合、口に入れた時にチクチクしたり舌がピリッとした場合はアレルギーの可能性があります。 アレルギーがあるのに、美容に良いからと食べるとアナフィラキシーショックを引き起こし命に関わることがあるので、すぐにやめましょう。 また、顔などに付ける時もアレルギーチェックが必要です。 肌につける場合は、パッチテストを行いましょう。 二の腕などのやわらかいところにアロエを貼り付ける• 24時間放置し、かゆみや赤みがあるかをチェックする アロエを貼り付けた部分がかゆかったり、真っ赤になっている場合はアレルギーの可能性があるため、使用を中止してください。 また、かゆみや赤みが酷い場合は病院で診察を受けるようにしましょう。 アロエを使って綺麗な肌と健康な体を目指そう 昔から使われていたアロエは、火傷だけではなく美容にも嬉しい効果がたくさんあります。 肌が乾燥しやすい人や、ハリやシワを少しでもなくしたいという人はアロエを使った美容法を試してみましょう。 自作の化粧水もいいですし、ドラッグストアなどで販売されているアロエ成分が配合された化粧水などを使うのも効果的です。 綺麗な肌といつまでも健康な体を維持したいという人は、1度アロエを試してみましょう。

次の

【オススメしません】アロエエキスの作り方|あろえん日記

アロエベラ 使い方

宮古島そだちのアロエベラ/アロエいろんな使い方 アロエいろんな 使い方 〜手作りアロエエキスの作り方〜 簡単なアロエエキスの 造り方をご紹介いたします アロエを細かく切って鍋に入れ 水をたっぷり入れて沸騰させます 沸騰したらアクを取り除きながら 20分程度弱火で煮立てます 出来上がったらしばらく冷やしてから ペットボトルなどに入れて冷蔵庫で保存してください。 エキスを抽出すると、最初は薄い茶色の液体 ですが、時間が立つと赤茶色となってきます。 このアロエエキスは、直接飲むには苦味が強すぎますので ハチミツを入れたりジュースに混ぜてお飲み下さい。 また、1回の飲量は20ml〜30mlが適量かと思われます。 その他、アロエ化粧水としてもご利用になれます。 最初は精製水で薄めてご使用になり徐々にアロエの濃度を 濃くしながらご自分の肌に合わせてください。 〜アロエ酒の作り方〜 ごく一般的なアロエ酒の 造り方をご紹介します。 (細かく切った方が早く出来上がります) 2.1kgの氷砂糖と一緒に1. 8リットルのお酒に漬け込みます (焼酎、日本酒、泡盛いずれでもよい) 3.直射日光を避け、あまり気温の上がらない場所で約2週間 寝かすと出来上がりです。 アロエをそのままにしておくと だんだん苦味が強くなってき ますので取り出してください。 このアロエ酒は個々の造り方によって味が全く変わってきます。 氷砂糖を多くしたり、ハチミツを入れたり、またオレンジやパイナ ップル、ピーチなどを入れたりと組み合わせによっていろんな味 が出来上がりますのでお好みの味ができるまでチャレンジして みてください。

次の

フロッシュの効果的な使い方。コストコで大人気の洗剤

アロエベラ 使い方

この記事の目次• 鑑賞用だけじゃもったいない! 不死の植物「アロエベラ」 田舎のおばあちゃんちにも植えていたアロエ。 今流行りの「アロエベラ」とは種類が違うのですが、火傷や病気に効く薬効成分が高いことはよくおばあちゃんからも聞かされていました。 アロエベラには、ビタミンやミネラルがとても豊富に含まれていて、それから何と言ってもアミノ酸! そんな「アロエベラ」の薬効を裏付ける栄養素と、人気の食べ方をご紹介していきます。 アロエベラとは 500種類にのぼるアロエの品種の中でも、比較的大きな葉をつけるアロエ種です。 アロエベラは日差しが強く、乾燥した厳しい環境をも生き抜く、生命力も大変強い植物です。 アロエビラの驚くべき栄養素(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸) (1)ビタミン アロエベラには、ビタミンとミネラルがとっても多く含まれています。 ビタミンA、C、E、そして、 葉酸、 コリン。 ビタミンB1、B2、B3(ナイアシン)、 B6。 なんとまた、アロエベラは、 ビタミンB12が含まれている数少ない植物の1つです。 (2)ミネラル なんと、アロエビラで見つかったミネラルのその数は 20種類も! カルシウム、マグネシウム、亜鉛、クロム、セレン、ナトリウム、鉄、カリウム、銅、マンガンなどなどが含まれています。 (3)必須アミノ酸 アミノ酸は、タンパク質の大切な構成要素です。 人体に必要なアミノ酸は約22個あると言われていて、そのうち8つがカラダに不可欠な 「必須アミノ酸」と呼ばれます。 アロエベラにはなんと、18~20個のアミノ酸が含まれていて、8つの必須アミノ酸についてはすべて含むという超優良なアミノ酸供給源植物なのです。 (4)脂肪酸 アロエベラはまた、脂肪酸の宝庫でもあります。 まずは重要な脂肪酸である 「植物ステロール」を3種類( HDL(血液中の脂肪を下げる)コレステロール、カンペステロール、および B-シトステロール)。 植物ステロールは、アレルギー症状の緩和や、胃酸過多を抑えてくれます。 そして、その他の脂肪酸、リノール酸、リノレン酸、ミリスチン酸、カプリル酸、オレイン酸、パルミチン酸、およびステアリン酸などもアロエベラには含まれています。 アロエベラを食べる楽しみ。 代表的な食べ方5選! 【1】アロエベラを生のまま頂きます! ちょっと硬いアロエベラの外側の緑皮も食べることができます。 しかし、やっぱり苦いよ、という意見が大多数でしょう。 そこで、ナイフで皮をはいでから、内側の柔らかい果肉の部分だけを残し、それを細かく切って食べるようにします。 ねぎのように細かく刻んで料理にトッピングしていただきましょう。 表皮と一緒にジェルも洗い流して、果肉だけを残す食べ方も良いのですが、アロエベラのジェルはまた特別な食べ物なので、それはそれで洗い流さず、せっかくなので取っておいてジュースにしましょう。 【2】定番のアロエベラジュース アロエベラの栄養素を簡単に摂る食べ方としては、これが一番! それが 「アロエベラのジュース」です。 皮をはいだアロエの内皮の部分を細かく刻んで、水とジェルと一緒にジューサーにかけます。 やっぱり苦くて飲みにくいという方は、切ったアロエベラを水に一晩漬けておき、翌日に水だけを飲むという方法もあります。 アロエの食感は、少し粘り気があります。 ですので、オレンジやレモン、ブドウなど、フレッシュジュースの中に入れても、風味とマイルドな食感が楽しめますよ。 アロエベラのジェルは、便秘の改善にとっても有効。 血糖値を下げてもくれるので、2型糖尿病にも効果があります。 また、アロエベラの果肉とジェルは、過敏性腸症候群の症状緩和にもなります。 また、ジェルの部分をサラダドレッシングに混ぜてしまうのはどうでしょう。 粘り気が加わって、風味と食感がまた変わる食べ方、楽しみ方に早変わり!苦みが気になる方は、さらにトウガラシ、ガーリックなどをトッピングしてみます。 【4】炒め物に! ちょっと大きめに刻んだ果肉を他の野菜と一緒に炒めていただきましょう。 アロエベラからは多くの水分が出ますが、炒めるととても柔らかくなります。 食感も生のものとはずいぶんと変わりますよ。 他の食材と一緒に、この栄養満点のアロエベラも調理に使ってみましょう! 【5】ダイエットにもつながるアロエべラ アロエベラには、腸内の消化改善、および解毒効果があります。 アロエベラを食べる時の注意点 アロエベラは、信じられないほどの薬効があることを忘れないようにしましょう。 ですので、あまり長期的に常用するというのはあまりおススメではありません。 薬効の強いアロエべㇻの長期的な使用は、カラダのミネラルイオン、特にカリウムの損失にもつながる可能性があるとも言われています。 アロエベラ適正用量 1日の使用量の目安としては、 ジュースの場合、100~200 ミリグラム、 果肉をいただく場合は50ミリグラムを目安にしましょう。 アロエベラは毎日欠かさず摂取すべき食品というよりも、 植物性の薬と同じ扱いをした方が良さそうです。 アロエジュースを製造販売している方々の立場では、定期的に摂るように奨めていますが、本当はそこまでの必要はなくて、上記の摂取量を守った上で、さらに、ほんとうにカラダをチューニングしたい時、胃腸の調子が悪い時、疲れがたまって癒しが必要な時など、に摂取するのが良いと思われますし、より安全です。 ディオニソスのまとめ アロエベラジュースも結構よいお値段がしますよね。 なので、葉肉だけ通販で購入して、ジェル部分は自家製ジュースに!というのも良いかもわかりません。 あるいは、ご自宅に庭がある方は、アロエベラの栽培などに挑戦しても面白いかもわかりませんね。

次の