ヨックモック 板 チョコ。 人気の非売品が購入可能に!ビッグなヨックモックはおいしさも広がる

チョコレート

ヨックモック 板 チョコ

コーヒー界に押し寄せるサードウエーブ(第3の波)ブームが、チョコレート界にも広がっている。 カカオ豆(Bean)の状態から板チョコレート(Bar)になるまでの工程を職人が一貫して行う「Bean to Bar」チョコレートの人気が高まっているのだ。 そんななか、大手メーカーの明治がスーパーやコンビニ向けに販売しているBean to Bar「明治 ザ・チョコレート」も、1枚200円以上と大手の定番板チョコレートより高価格でありながら売れている。 「目標値はかなり高く設定したが、発売直後からその約2倍も売れており、シリーズで1000万個を突破している。 発売当初から食べた人がSNSなどで情報を拡散していた印象」(明治 菓子マーケティング部 スペシャリティチョコレート担当の佐藤政宏専任課長)という。 [画像のクリックで拡大表示] 手作り感や希少性が受けているBean to Barに、大量生産のチョコレートを展開する大手メーカーがなぜ参入したのか。 従来のBean to Barチョコレートとはどこが違い、なぜ売れているのか。 Bean to Barは一過性のブームを超えた? まず大手参入の背景としては、Bean to Barがブームを超えて安定期に入りつつあることが挙げられる。 ブーム以前の2010年にBean to Barチョコレート工房「エミリーズチョコレート奥沢」を立ち上げた澤村エミリ氏によると、首都圏だけでなく日本全国から注文が入るようになったのは、2012~2014年ごろ。 その時期から増えた同業者との共同イベントで人気の高まりを感じたが、当時はどこかで「一過性のブームではないか」という不安もあった。 しかし最近は食に対する感度の高い人を中心とした愛好家の広がりを実感しているという。 さらに、2016年2月11日には、Bean to Barの代表格とされる米国サンフランシスコ発「ダンデライオン・チョコレート」が日本1号店をオープンした( )。

次の

東京丸の内で買える高級チョコレート6選!

ヨックモック 板 チョコ

シガール R を代表商品とする洋菓子製造販売の株式会社ヨックモック 本社:東京都千代田区、代表取締役社長 藤縄武士 は、2018年1月中旬よりバレンタイン商品を発売いたします。 ヨックモック青山本店では、1月15日(月)より販売開始いたします。 バレンタインは想いを贈る、特別な日。 厳選した素材でまごころを込めて作ったお菓子は、贈り手の様々な想いをのせて、大切な人のもとへ幸せを運びます。 丁寧な仕立ての箱に、ひとつひとつお菓子の個性を表し綺麗に並べて、相手を想い、お菓子を通じて感動を届けることに妥協はしない特別なギフトをご用意いたしました。 様々な「特別」に寄り添う、特別な日のお菓子と装いです。 基調としている色は、ヨックモックが自信をもってお届けするブルーで、信頼、誠実をイメージさせる紺色。 気品を感じさせながらもどんな柄や色とも相性が良く、様々なシーンで好まれるカラーです。 「ヨックモックのクッキー、チョコレート、焼菓子をバレンタインに贈ろう」というメッセージをバレンタインマークにのせてお届けします。 チョコレートをまとったバレンタイン限定の特別な「ショコラ シガール」で至福のひとときを 男性にも好評!本命用や上司の方へ ヨックモックの大定番 葉巻状のクッキー「シガール R 」がチョコレートをまとったバレンタイン期間限定商品。 クッキー生地に合うチョコレートを厳選して作り上げた自信作です。 ミルク感のあるコク深い味わいのミルクチョコレート、カカオの風味豊かな味わいのセミスイートチョコレートの2種の味わいでご用意します。 「シガール R 」とチョコレートとの贅沢なコンビネーションをお楽しみください。 プティサイズの「ショコラシガール」でちょっとした贅沢を私にも貴方にも ちょっとしたギフトや自分用にぴったり ラングドシャー生地を葉巻状に焼き上げたプティサイズのクッキーに、チョコレートをコーティングしました。 特別感もありながら親しみやすい味わいはどなたに贈っても喜ばれるはず。 食いしん坊なカレには・・・食べごたえのある「ショコラ フィナンシェ」 お世話になっている方々には・・・みんなで分け合える限定商品の詰め合わせ「ショコラ シガール アソルティ」 クッキーとは違った食感や味わいをお届けするバレンタイン限定のスイーツ。 しっとりと焼き上げた、コクのある香ばしさを感じるチョコレート風味のフィナンシェ。 大人からお子さままで、幅広く楽しめる定番のおいしさは、ちょっとしたお手土産にもぴったりです。 チョコレート好きなカレには・・・王道のチョコレート詰め合わせ「アソルティモン ドゥ ブーシェ」 ナッツ、フルーツ、お茶を使って作り上げた6種類のボンボンショコラをお楽しみください。 個性豊かなラインナップに真っ赤なハート型の「クール オランジュ」が彩りを加えます。 定番モノが好きな方、プラス1のギフトには・・・ハートデザインの「シガール」「ビエ オゥ ショコラオレ」 定番商品「シガール R 」と「ビエ オゥ ショコラオレ」をバレンタイン限定パッケージに入れました。 クッキーと共に気軽に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

次の

高級板チョコの世界へようこそ。板チョコ好きが選ぶ絶品9ブランド

ヨックモック 板 チョコ

コーヒー界に押し寄せるサードウエーブ(第3の波)ブームが、チョコレート界にも広がっている。 カカオ豆(Bean)の状態から板チョコレート(Bar)になるまでの工程を職人が一貫して行う「Bean to Bar」チョコレートの人気が高まっているのだ。 そんななか、大手メーカーの明治がスーパーやコンビニ向けに販売しているBean to Bar「明治 ザ・チョコレート」も、1枚200円以上と大手の定番板チョコレートより高価格でありながら売れている。 「目標値はかなり高く設定したが、発売直後からその約2倍も売れており、シリーズで1000万個を突破している。 発売当初から食べた人がSNSなどで情報を拡散していた印象」(明治 菓子マーケティング部 スペシャリティチョコレート担当の佐藤政宏専任課長)という。 [画像のクリックで拡大表示] 手作り感や希少性が受けているBean to Barに、大量生産のチョコレートを展開する大手メーカーがなぜ参入したのか。 従来のBean to Barチョコレートとはどこが違い、なぜ売れているのか。 Bean to Barは一過性のブームを超えた? まず大手参入の背景としては、Bean to Barがブームを超えて安定期に入りつつあることが挙げられる。 ブーム以前の2010年にBean to Barチョコレート工房「エミリーズチョコレート奥沢」を立ち上げた澤村エミリ氏によると、首都圏だけでなく日本全国から注文が入るようになったのは、2012~2014年ごろ。 その時期から増えた同業者との共同イベントで人気の高まりを感じたが、当時はどこかで「一過性のブームではないか」という不安もあった。 しかし最近は食に対する感度の高い人を中心とした愛好家の広がりを実感しているという。 さらに、2016年2月11日には、Bean to Barの代表格とされる米国サンフランシスコ発「ダンデライオン・チョコレート」が日本1号店をオープンした( )。

次の