コロナ松戸感染者数。 新型コロナウイルス千葉県・松戸市の最新情報まとめ、緊急事態宣言解除・新型肺炎

市内居住者の感染者数(7月15日現在)|野田市ホームページ

コロナ松戸感染者数

最新コロナニュース記事: マスク関連情報 東京都23区別 新型コロナ感染者数 最新の東京都23区別の新型コロナ感染者数の一覧は上の通りです。 上位順に取り出すと、 新宿1199人・世田谷646人・中野420人・港413人・練馬385人。 11日時点の集計で中野区が練馬区を上回り、上記の表の14日時点で港区を上回りました。 池袋のある豊島区は、310人です 東京都区別感染者数の推移 感染者数の多い5区の推移は下の通りです。 日付は集計をした日です 7月 新宿 世田谷区 港区 中野区 練馬区 4日 814人 550人 376人 319人 324人 5日 855 555 379 320 322 6日 888 558 381 332 337 7日 898 562 387 337 344 8日 900 576 390 339 351 11日 1101 614 403 389 372 12日 1146 629 409 398 378 13日 1179 638 413 411 382 14日 1199 646 413 420 385 上位順に取り出すと、 新宿1199人・世田谷646人・中野420人・港413人・練馬385人。 新型コロナの感染者が多い区の特徴 ・新宿区 夜間営業に関わる仕事をしている人やスカウト行為をしていた人など、夜の街の感染者や客に、若い人の感染が多くなっており、小池知事は「パーティー」などの大ぜいが集まる場での感染に注意を促しています。 「新宿は蔓延」忽那医師 国立国際医療研究センター(東京都新宿区)で患者を診る忽那(くつな)賢志医師は、新宿区の増加について 新宿ではもはや、夜のクラスター(感染者集団)にとどまっていない。 若者に蔓延(まんえん)している印象です。 と増加の印象を語り、「今のうちに感染を抑え込む必要がある」と話しています。 ・豊島区 7月に入って、池袋の繁華街で感染者数が急増しています。 ・港区 「海外からの帰国者」や「夜の繁華街」での感染が疑われる例が多くなっています。 ・練馬区 20代30代の感染者の増加がみられます 世田谷区に感染者が多い理由は 世田谷区は、当初はもっとも感染者数の多い区となっていましたが、今は新宿区が上回っています。 2番目に感染者数が多くなっている、世田谷区に住んでいる人に話を聞いてみると 「(世田谷区は)住んでる人が多いのかな」 「(感染者が多いのは)人口が多いからだと思う。 通勤とかで、(ほかの区に)出ていき、また帰ってくる人が多いから」 と住民たちは判断しているということです。 「海外渡航者が多い」世田谷区長 世田谷区長は、区内に海外への渡航者が多いことを指摘しており、欧州で感染が拡大した3月には、帰国者の中から、まとまった感染者が出たと話しています。 英語では、ソーシャルディスタンシングといわれ、1. 8mの距離を保つことが良いとされています。 「三密」は具体的には下の三点です。

次の

市内居住者の感染者数(7月15日現在)|野田市ホームページ

コロナ松戸感染者数

動画による市民の皆さんへのメッセージ(7月7日) 市長の本郷谷健次です。 6月29日以降、松戸市内の新型コロナウイルス感染者が増えてきています。 今回は、「市内感染者の日別発生状況と推移」「新規感染者の分布図」等を用いて、市内の新型コロナウイルス感染者の発生状況を説明します。 7月6日現在の市内感染者は126人となっています。 ここ数日で10名の方が新型コロナウイルスに感染しておりますが、その内訳は、特別養護老人ホーム「陽だまり館」で3名、集団感染が発生した北原学院歯科衛生専門学校で2名、この他、県外患者との接触者が3名、感染経路不明の方が2名となっており、20代から40代と若い世代の方が市外で感染していいます。 直近1週間の新規感染者数の分布図を見ますと、人口10万人あたりの新規感染者数は東京都内、特に新宿区や豊島区などで4人以上と多く、東京を中心として感染が広がっています。 市民の皆様には、このような状況を踏まえ、外出する際には慎重な行動を取られるようお願いいたします。 動画による市民の皆さんへのメッセージ(6月3日) 皆さん、市長の本郷谷健次です。 緊急事態宣言も解除されました。 本当に長い間ご苦労様でした。 ありがとうございます。 今後は長い慎重な行動が市民みんなに求められると思います。 また、事業をされている方も、今まで休業などの協力をしていただいていますが、これからは三密にならない、社会的な距離を保つということをしながら、ぜひ、事業を再開していただきたい。 雇用を維持していただきたい。 そう思っています。 そういう方を支援するということで、個人事業者に5万円、中小企業に10万円、市内事業者7,000社程度への支援を予定しています。 これから新しい時代に向けた活動に対して支援・協力していきたいと考えております。 ぜひ、これから市民みんなで一緒になってこの難局を乗り切っていきたいと思います。 これからまた、よろしくお願いします。 動画による市民の皆さんへのメッセージ (5月20日) 新型コロナウイルスは大変恐ろしい病気です。 現在はワクチンもないため、新型コロナウイルスと長く付き合い、戦っていかなければなりません。 松戸市では市民の生命と生活を守るため、PCR検査センターの設置や病床の確保などの医療体制の整備や、外出自粛や休業要請により生活に困っている方、経営状況の厳しい事業所に対し、さまざまな支援を行っています。 また、新型コロナウイルスに関する市民の皆さんの問い合わせや相談に応じる総合相談窓口の開設も進めています。 これからも新型コロナウイルスとの厳しい戦いは続きますが、市民の皆さんとともに新型コロナウイルスに打ち勝っていきたいと思いますのでご協力をお願いいたします。 各事業の詳細は、のページをご覧ください。 全国に発令されていた緊急事態宣言が39県で解除されました(5月14日) 解除の基準は、人口100万人当たり直近一週間の新規陽性者数5人が一つの基準です。 都道府県別にみてみると、東京都16. 5人、北海道13. 1人、埼玉県8. 6人、大阪府7. 0人、神奈川県6. 5人、千葉県2. 7人 全国平均 4. 7人となっています。 (5月11日現在) 千葉県の解除は見送られましたが、松戸市のこの1週間の陽性者数は4人で(5月13日現在)この基準に当てはめると8. 0人になります。 ただこの4人とも、県外の陽性者の家族ということです。 市民の皆さんの努力のおかげで松戸市の状況も大変落ち着いてきています。 千葉県が解除される日も間近の状況です。 しかしながら、ここで気を緩めると感染者が増加に転じることもあり、慎重に進めていく必要があると思います。 今後も特に気をつけなければならないのは、クラスターを発生させないことです。 特に高齢者・障がい者の宿泊施設と医療機関は感染リスクが高い中で、もうすでに細心の注意を払って市内の福祉・医療を支えていただいており、大変感謝しているところです。 松戸市は東京圏に属することから、東京の影響をもろに受けます。 特に都心部には松戸市の何倍もリスクの高い地域があります。 東京に行かざるを得ないときは細心の注意を払っていただきたいと思います。 動画による市民の皆さんへのメッセージ (5月5日) 市長の本郷谷健次です。 今日は松戸市の感染の状況について説明したいと思います。 資料に基づいて説明したいと思います。 最初の図は、発生日別の陽性者の数を記載したものです。 この図を見ていただくとわかりますように、4月9日から4月18日までの10日間くらいがたいへん松戸市ではたくさんの方が陽性反応が出ました。 その後、最近はたいへん落ち着いた状況になっています。 グラフの赤い部分はクラスター、松戸市で大きな感染が3件起きています。 一つは高齢者の施設におけるクラスター、二つ目は医療機関におけるクラスター、三つめはヤマト運輸株式会社の営業所におけるクラスターです。 現在松戸市は累計で109名の方が今陽性反応が出ていることになります。 最近はこのクラスターを除きますと、1日おきに一人くらいの状況で推移しているというのが今の状況です。 年齢別に見てみますと、多いのは40代・50代が大変多くの方が陽性が出ております。 高齢者の方も出ておりますけれども、グラフの赤い部分が高齢者施設における集団感染ということで、これを除いた一般的なところで起きているとなると圧倒的に40代50代、あるいは30代60代、活動が活発な方の陽性が大変多く出ております。 次に感染者の分布ですが、これは感染の人口あたりの感染者数の多い順に赤、黄色、緑、白の順番に区別させていただいております。 松戸市は今109人ということなので、この75から124という100前後のところが黄色で表示させていただいています。 これを見ると赤い部分は、品川、港区、目黒区、渋谷区、新宿区、豊島区、山手線の沿線および杉並区、世田谷区、そういった東京の都心、中心が大変感染者数の多い地域になっています。 そこから離れるにしたがって、感染者数が、人口当たりの感染者数ですが、減少してきているということです。 ここから見て取れるのは、このコロナ感染、都心が感染の中心になって、周りに大きな影響を与えていると読み取ることができるのかなと思います。 したがって市内における感染拡大を防止すること、そしてもう一つは感染の確率が非常に高いリスクが高いところにはできるだけ行かないということ、あるいは行った場合には、手を洗う、顔を洗うということで、感染しない、あるいは人にうつさない対策をしっかりととるということが大切だなと思います。 次の資料は感染率で、人口と感染者数で、一番右が松戸市で、人口一人あたり0. 0136、東京は0. 従いまして松戸市、現在落ち着いた状況にはなっていますけれども、高齢者施設をはじめ医療機関等のクラスターが発生するということがあったとき、大変大きな影響を受けます。 従って高齢者施設を中心とした施設がクラスター化しない、これをみんなで一緒になって努力していくということが一つ、大切だと思います。 そして二つ目は、都心が非常に感染リスクが高いところがあります。 できるだけ市外には、都心には、できるだけ行かない、いった場合には、感染予防、あるいは感染しないように手洗いとか、顔をしっかり洗うということが必要というふうに思います。 そして市内においては、お互いに感染しない、あるいは感染しても人に移さないということが大変重要だと思います。 今の松戸市の状況の、感染の状況について説明させていただきました。 いつ何時また急に増えてくるかもしれません。 大変市中に蔓延しているおそれも十分考えられます。 慎重になってみんなで努力しながら力を合わせてやっていく必要があると思います。 基本的には、できるだけ家にいる、ステイホームというのがやっぱり大切だというふうに思っています。 ご協力の程よろしくお願いします。 パチンコ店へ休業要請(5月3日) 県職員と市職員による度重なる休業要請にも応じていないパチンコ店『アムディ東松戸』に対して強く休業要請をするため、当店を訪問して店長に対し厳しくお話し致しました。 市民が一体となってウイルスと戦っているこの時期、事業者として社会的責任を果たすべきですし、もしクラスターが発生したらだれが責任をとるのか、地元の人たちも大変心配し、多くの市民から苦情もきているなどお話し致しましたが、店長としては権限がないのでその旨をすぐに本部へ報告し、本部の指示を待ちたいという事でした。 店内は人でいっぱいで、中にはマスクをしていない人もいた他、隣との席を開けておらず、空席がないほどでした。 どう見ても3密を守って営業をしているとは言えず、もう休業を要請しているような状況ではありません。 市長名で知事宛てに『当店の休業を指示していただきたい』旨の意見書を提出しました。 その後、県から『休業指示が発令』されました。 動画による市民の皆さんへのメッセージ (4月30日) 松戸市の高齢者施設で多くの方が亡くなりました。 心からご冥福をお祈りいたします。 このウイルスに打ち勝つには「STAY HOME」これしかありません。 お家にいてください。 市民みんなで「STAY HOME」、松戸は「STAY HOME」。 よろしくお願いします。 今、みんな困っています。 事業をしている方、仕事をしている方、皆困っています。 今こそ、皆で助け合っていくときだと思います。 10万円の支給も、連休明けの支給に向けて頑張っておりますので、手続していただければと思います。 また、仕事を失くされた方、市の職員としての採用も行っております。 ぜひ応募していただければと思います。 医療については、松戸市ではドライブスルーによるPCR検査を県内で早くから開始していますし、総合医療センターでは多くのベッドを用意しています。 そして高齢者施設、障害者施設、子どもたちの保育に携わっている事業者に対して一律20万円を支給することも決めました。 また、事業をしている方々は民間の金融機関でもお金を借りられるようにしました。 ぜひ利用していただければと思います。 いずれにしても、今皆で助け合っていくときだと思います。 不十分なこともたくさんありますが、ぜひ連絡をしてください。 そしてみんなでこの難局を乗り切っていきたいと思います。

次の

千葉県 新型コロナ関連情報

コロナ松戸感染者数

2020年1月時点では新型コロナウイルス肺炎の広がりが中国・武漢市を始めとして各種報道されています。 松戸市では3月19日、新型コロナウイルス感染症相談専用ダイヤルも開設されております。 2020年4月に入り、例年であれば新学期が始まる4月6日からも臨時休校対応を予定、入学式や分散登校日の一部実施も予定されておりましたがその後、延期・中止となっています。 なお、千葉県立の学校も休校発表が出ております。 中国での発生状況が注目されていたのは2020年1月。 中国では2020年1月25日の春節を挟んだ連休となり海外渡航も増える時期となります。 近年記憶に新しいSARS流行時の状況も思い返される状況と1月当時によく報じられておりました。 1月31日には千葉県でも中国の方を対象としたツアーガイドをされていた20代女性が国内で15人目の感染として報告されています。 千葉県公式サイトでは東京、大阪間を主に行動されていた当事例の行動歴と共に電話相談窓口についてもわかりやすく掲載されていました。 新型コロナウイルスに関連した患者の発生について 令和2年1月31日 () 2月4日には中国・武漢市から帰国した30代女性の感染、千葉県内の病院に入院が伝えられています。 その後、夫の40代男性も症状がみられております。 2月13日には2週間以内に海外渡航歴のない千葉県の20代男性の感染、NTTデータで勤務されている旨の発表もありました。 当社拠点における新型コロナウイルス感染者の発生について() 2月20日にはバスツアーに参加した70代女性の感染が報告されています。 22日には千葉市で中学校の先生、23日には千葉県北西部に住む40代男性にも症状がみられるとされています。 2月25日には千葉県市川市にあるスポーツクラブ、エース アクシスコア市川を利用されていた3名から感染が確認と報道されています。 3名がスポーツクラブ利用時に感染かどうかは不明ですが万が一の拡大を防ぐ為、3月3日まで自主的に営業を見合わせ、消毒対応が取られている様子です。 感染者3人同じスポーツクラブか( なお、2月28日からは千葉県で居住地域の公表もあり松戸市でも確認されております。 万が一の入院時における指定医療機関も松戸には松戸市立総合医療センターが指定されています。 新型コロナウイルス肺炎についての千葉県から情報提供 千葉県として新型コロナウイルス肺炎について、千葉県公式サイトにてしっかり報じられています。 日本国内での感染状況 1月15日に神奈川県で30代男性が中国・武漢市より帰国された後に新型コロナウイルスの診断を受けております。 1月19日に東京都内で40代男性の診断報告が伝えられております。 1月25日時点では3例目の感染が中国の武漢市在住で東京を旅行されていた方から報告されています。 また、1月26日には愛知県で4例目の感染報告が出ております。 28日では武漢渡航歴なしの方(奈良県在住のバス運転手の方)も感染が確認され、このほか、武漢から愛知県を訪れていた40代男性と合わせて日本でも6人症状が出ているとされています。 さらに北海道で観光していた中国・武漢に住む40代の女性も7人目として感染が報告されています。 29日にはバスに同乗されていたバスガイドの方も感染が伝えれられています。 また、チャーター便での帰国された方からもウイルス陽性反応が出ていると報じられています。 10例目は武漢市に滞在歴ある50代の男性が三重県で報告されています。 1月31日には15例目として千葉県でも20代女性のツアーガイド(中国の方を対象としたツアーを担当)の方が感染と報じられています。 先に感染が報じられていた奈良県のバス運転手の方と同じバスツアーに参加されていた模様です。 新型肺炎 ツアーガイドの千葉県の女性 感染確認 国内15人目( 各国での感染状況 1月24日の12時発表状況では次の形で各国の感染状況が報告されています。 ・中国、感染者830名、死亡者25名 ・タイ、感染者4名、死亡者0名 ・韓国、感染者2名、死亡者0名 ・台湾、感染者1名、死亡者0名 ・米国、感染者1名、死亡者0名 ・ベトナム、感染者2名、死亡者0名 ・シンガポール、感染者1名、死亡者0名 1月25日にはネパールでも新型コロナウイルスの感染が確認されています。 さらに1月26日に入り香港、オーストラリア、マレーシア、マカオ、欧州でもフランスと13カ国と地域に広がりを見せています。 1月26日には中国での状況も拡大が報じられ、27日から中国から海外への団体旅行やパック旅行商品の販売中止も伝えられています。 1月28日には中国首都・北京で新型コロナウイルスにより亡くなられた方がいる状況、カナダでも感染の状況も報じられています。 亡くなられた人数も100人超、ドイツでも感染事例が伝えられています。 WHO(世界保健機関)でも1月30日に国際的な緊急事態宣言が出ています。 米国ではWHOの緊急事態宣言を受けて渡航警戒レベルを最高のレベル4、中国への渡航禁止を勧告しています。 2020年1月時点では23カ国にわたる感染状況も伝えられています。 日本でもGMOインターネットは在宅勤務に切り替える方針など対応も出てきております。 GMO、新型肺炎で国内4000人を在宅勤務に 27日から() 日本政府からも「指定感染症」に指定する方針も出ており、1月28日に閣議決定されています。 無症状感染者の広がり懸念、重症にさせない対応へと2月に入り伝えられています。 「帰国者・接触者外来」の設置も2月に入り出てきております。 今後の広がりがあった際を想定した一般病棟での備えも想定が報道されています。 新型肺炎、一般病床で入院可能に 流行備え厚労省通知() 2月も中旬となり東京マラソンを始め各種行事、イベントにも変更など出てきております。 厚生労働省でも電話相談窓口(フリーダイヤル)や発生状況や予防法の発信をされるLINEアカウントも開設されています。 () 松戸市内での対応状況 松戸市内でも医療機関・松戸市立総合医療センターや千葉西総合病院でも渡航歴など各種呼びかけられています。 新型コロナウィルス感染症について() 新型コロナウイルス対策について() またでも季節性インフルエンザなどと同様に、咳エチケットや手洗いなどの充実、武漢市への入出国の自己申告などがきっちりまとめられています。 その後、2月6日に対策本部が松戸市でも設置。 2月17日付けの相談目安など順次更新がされています。 21日には松戸市主催イベントの3月末までの方針なども順次公表されています。 他にも松戸市内では商業施設などで入口に手の消毒液などを完備されている箇所などできる事をしっかり対策していく様子も見受けられます。 マスクなどの販売状況も1月26日の現地確認時点で見てみましたが通常通りの販売体制となっており冷静な行動となっている状況です。 1月30日になると手先の消毒液コーナーに売り切れが目立ち、1月31日にはマスクも欠品が目立つなど連日の状況推移が見受けられる形です。 今後も状況を把握の上、冷静な対応と共に収束を向かえる事を願っております。

次の