端午 の 節句。 端午の節句とは こいのぼりや食べ物の由来について

端午の節句と五月人形|一般社団法人日本人形協会

端午 の 節句

端午の意味 [ ] 旧暦では午の月は5月にあたり(を参照のこと)、5月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、後に5が重なる5月5日が「端午の節句」の日になった。 「端」(はし)は「始め・最初」という意味であり、「端午」は5月の最初のの日を意味していたが、「午」と「五」が同じ発音「ウ-」であったことから5月5日に変わった。 同じように、奇数の月番号と日番号が重なる、、も節句になっている(の項目を参照のこと)。 女性の節句 [ ] 昔、中国では五月は悪い月とされ、薬草をとって悪い気をはらう行事があり、かおりの強いアオイや菖蒲には、魔よけの力があると信じられていた。 また、このころは、ちょうど田植えのシーズン。 田植えは、昔、女性の仕事だったから、この日は女性が大切にされ、女性だけが菖蒲をふいた屋根のある小屋に集まり、そこで過ごした。 これが「菖蒲の節句」=「女の人の節句」と呼ばれる。 しかし江戸時代になると、菖蒲が「尚武(武を重んじること)」に変わり、男の子の節句となった。 日本 [ ] 宮中では、を髪飾りにした人々がに集い、天皇から(くすだま:薬草を丸く固めて飾りを付けたもの)を賜った。 かつての貴族社会では、薬玉を作り、お互いに贈りあう習慣もあった。 宮中の行事については、に既にその記述が見られる。 ごろから、「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また、菖蒲の葉の形が剣を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い、健康を祈るようになった。 、、、武者人形や・を模した 五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にを立てるのが、典型的な祝い方である(ただし「こいのぼり」が一般に広まったのは江戸時代になってからで、関東の風習として一般的となったが、京都を含む上方では、当時は見られない風習であった)。 鎧兜には、男子の身体を守るという意味合いが込められている。 江戸時代まで、端午の日に子供は河原などでをする「打ち」という風習があったが、負傷者や死亡者が相次いだために禁止となった。 また、印地打ちが禁止になった後、菖蒲を刀の代わりにした「菖蒲切り」というが流行した。 端午の日には(かしわもち)を食べる風習がある。 柏餅を食べる風習は日本独自のもので、は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まっていった。 なお、男の赤ん坊をもつ家庭にとってはとなるため、親族総出で盛大に祝われることも多い。 特に、が強い地域ではその傾向が顕著である。 5月5日が祝日であり、さらに、前後に祝日を伴う期間中であるため、雛祭り以上に親族総出で祝われる。 日本においては、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、の前にを祓い身を清める儀式を行う 五月(さつきいみ)という風習があり、これが中国から伝わった端午と結び付けられた。 すなわち、端午は元々女性の節句だった。 [ ]また、5月4日の夜から5月5日にかけてを「 女天下」と称し、家の畳の半畳分ずつあるいは家全体を女性が取り仕切る日とする慣習を持つ地域があり、そこから5月5日を 女の家(おんなのいえ)と称する風習が中部地方や四国地方の一部にみられる。 中国 [ ] この日を端午とする風習は、の中国、で始まったとされる。 楚の国王の側近であったは人望を集めた政治家であった。 しかしながら、失脚し失意のうちにに身を投げた。 のであるに彼を慕う人々が彼が身を投げた(べきらこう)に供物を投げ入れて供養した。 ところが屈原の霊が出現していわく、「淵には竜がいて供物を食べてしまう。 だからのもち米を厄除けに楝樹の葉で包み、五色の糸で巻けば竜は食べないであろう。 こうしてちまきが生まれた。 中国語圏では、現在も屈原を助けるために船を出した故事にちなみ、龍船節として手漕舟(龍船あるいは)の競漕が行われる。 の束を魔よけとして戸口に飾る風習も、広く行なわれている。 のによる『』では端午と夏至にちまき(古代には 角黍と称した)を食する習慣記録こそあるものの屈原との関係には一切言及されていない。 またの(そうりん)による『 』には荊楚地方では夏至にちまきを食べるという記録が残されるのみである。 ちまきと屈原の故事は端午とは元来無関係であったと考えられる。 この他にの暦法でであったという説、呉越民族の竜崇拝に由来するという説、5月を「悪月」、5日を「悪日」とし、夏季の疾病予防に菖蒲を用いたという説も存在する。 中国での端午の記録は、のによる『』に記録される「仲夏端午 烹鶩角黍」である、また『荊楚歳時記』には「五月五日… 四民並蹋百草之戯 採艾以為人 懸門戸上 以禳毒気 …是日競渡採雑薬 以五彩絲係臂 名曰辟兵 令人不病瘟 又有条達等組織雑物以相贈遺 取鴝鵒教之語」と記録があり、端午当日は野に出て薬草を摘み、色鮮やかな絹糸を肩に巻き病を避け、邪気を払う作用があると考えられたで作った人形を飾り、またを門に掛け邪気を追い払うと同時に竜船の競争などが行われていた。 これは現代日本においても菖蒲や蓬を軒に吊るし、菖蒲の束を浮かべるに入る風習が残っている。 朝鮮・韓国 [ ] ()の端午祭 ()は、「タノ」(단오)と言い、旧暦の5月5日に行われる。 この日に女性がに乗る風習がある。 では、端午(タノ)は()、(チュソク)、(ハンシク)と並ぶ四大名節とされ、田植えと種まきが終わる時期に山の神と地の神を祭り、秋の豊作を祈願する日とされる。 時代には、男子は、女子はクネ(鞦韆、ブランコ)を楽しみ、厄除けの意味を込めて菖蒲を煮出した汁で洗髪し、女子は菖蒲の茎のかんざしを、男子は腰飾りを身につける習慣があった。 端午の伝統料理には、ヨモギやを練り込んで車輪の型で押した(車輪餅 チャリュンビョン)やの(花菜、冷たい飲み物)がある。 、の (、)がによる「」への認定を宣言された(第3回傑作宣言)。 この事を受けて、端午祭の本家であるのマスコミをはじめとする諸団体は「の節句として登録された」などと猛反発した。 韓国の報道では、実際には「端午の起源が韓国である」との主張は傑作宣言にも一覧表にも存在せず、また『韓国は「江陵端午祭」を申請した際、「もともとは中国の行事。 韓国に伝わって1500年以上が経過した」などと説明した。 』 としている。 さらに韓国の報道によると、傑作宣言の5ヶ月前に、中国国内から「で行われている自国の端午祭を、韓国の江陵端午祭との共同で世界文化遺産に登録しよう」という声が上がっていたが、韓国の学界から「中国の江陵端午祭は、韓国の江陵端午祭と名前だけは同じだが、完全に違うもの」と反発されていた経緯があるという。 ベトナム [ ] では、「コムジウ()」と「ジウネップ 」というのがとともに祭壇に供えられる。 端午や五月に関連した作品 [ ]• (ごがつのぼり)• 菖蒲売の咄(しょうぶうりのはなし)• 人形買い(にんぎょうかい)• 「節は五月に」の段で端午の節句をほめたたえている。 『端午の節季』1922年• 『端午風情』• 『やかましむらのこどもの日』偕成社 1993年• 常光徹『なぜ、おふろにしょうぶをいれるの? どうして? たのしい行事(こどもの日)』童心社 2001年• 写真集(文・英語,子供向け)• 石井美奈子 2007年月. ベス・プレス. (韓国・2000年)監督イム・グォンテク、出演チョ・スンウ、イ・ヒョジョン• (唱歌。 作詞:、作曲:)• (唱歌。 作詞者不詳、作曲:『こいのぼり』とは別の曲)• (唱歌。 作詞:近藤宮子、作曲者不詳)• 五月人形の行進 サトウハチロー (童謡。 作詞:、作曲:)• 江戸っ子は五月の鯉の吹き流し、口先ばかりで腹わたは無し• 杜甫「端午日賜衣」 宮衣亦有名、端午被恩栄。 ( 宮衣亦 ( きゅういま )た 名有 ( なあ )り、 端午 ( たんご )に 恩栄 ( おんえい )を 被 ( こうむ )る。 ) 細葛含風軟、香羅畳雪軽。 ( 細葛風 ( さいかつかぜ )を 含 ( ふく )みて 軟 ( やわ )らかに、 香羅雪 ( こうらゆき )を 畳 ( たた )みて 軽 ( かる )し。 ) 自天題処湿、当暑著来清。 ( 天 ( てん )よりして 題 ( だい )する 処湿 ( ところしめ )り、 暑 ( しょ )に 当 ( あ )たりて 著 ( つ )け 来 ( き )たれば 清 ( すず )し。 ) 意内称長短、終身荷聖情。 ( 意内長短称 ( いないちょうたんかな )う、 終身聖情 ( しゅうしんせいじょう )を 荷 ( こうむ )る。 ) 脚注 [ ] []• 「端午節にちまき食べるのは」、「遊遊漢字学」、日本経済新聞2018年5月6日最終面 文化面 、2018年5月7日閲覧。 『知識の王様 歴史 ボク&わたし 知っているつもり?』36頁• デジタル大辞泉. 2016年4月19日閲覧。 倉石忠彦「女の家」『日本歴史大事典 1』小学館、2000年 P566• 虎屋 2005年2月16日. 2020年5月10日閲覧。 暮らしの歳時記. 2020年5月10日閲覧。 大阪大學文學部紀要 3: 45-113. 1954-03-25. 2020年5月10日閲覧。. 一部報道には「この年月にに登録された」としているものもあるが、これは厳密には誤りである。 当時はまだが発効しておらず、江陵端午祭が無形文化遺産の代表一覧表に掲載されたのは。 변영주 2005年6月8日. 韓国語. 국민일보(). 2010年5月6日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。

次の

端午の節句の菖蒲の飾り方は?菖蒲の花や由来、菖蒲湯(風呂)について

端午 の 節句

端午の節句はいつ? 端午の節句は5月5日です。 「端午」は初めと言う意味の端と午(うま)の日の午を組み合わせた言葉で、当初は毎月5日のことを端午と呼んでいましたが、午の発音の「ご」と5(ご)の読み方が同じため、いつしか5月5日のことを端午の節句と呼ぶようになったと言われています。 なお、端午の節句は旧暦の風習のため、一般的には旧暦の風習は新暦に行う際に、新暦に合わせて日付が修正されますが(例えば「十五夜」は旧暦の8月15日となっていますが、旧暦と新暦では1ヵ月から1ヵ月半ほど日付のズレがあるため、修正すると大幅に日付が変わります。 十五夜であれば2020年の場合10月1日となります)、端午の節句の場合は5月5日であることに大きな意味があるため、日付の修正はされずに毎年5月5日で固定されています。 端午の節句は何をするの? 端午の節句には、こいのぼりを上げたり、五月人形を飾ったりします。 こいのぼりは江戸時代に庶民が始めた風習と言われていますが、なぜ「鯉」なのか不思議ですよね。 これは、黄河上流にある「竜門山」には、切り開いてできた竜門という場所があり、その急流を登り切った鯉が竜になったという言い伝えによるもの。 つまり、鯉は立身出世の象徴であるため、男の子の成長を願う端午の節句に飾られるようになったと言われています。 ちなみに「登竜門」という言葉がありますが、これは上記の言い伝えが元になって生まれた言葉と言われています。 また、五月人形を飾るのは江戸時代からと言われていますが、鎧や兜は身を守る防具のため、男の子を病気や事故から守ると考えられたためです。 特に男の子にとって生まれてから初めて迎える端午の節句は重要とされ、五月人形を始め、こいのぼりや菖蒲などを飾り、盛大にお祝いする場合が多いと言われています。 端午の節句とこどもの日との違い 端午の節句は、元は邪気祓いの儀式でしたが、それが時代とともに変化をした結果、男の子の誕生や健康、出世を願う行事として庶民に定着したものです。 これに対し、こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」を趣旨として、国民の祝日に制定されているもの。 偶然ながら同じ5月5日の行事ながら、この2つは同じではないのです。 端午の節句が5月5日の理由についてはこれまで解説した通りですが、こどもの日が5月5日なのはその日が「児童愛護デー」だったからです。 それが昭和23年に国民の祝日として制定され、休みとなりました。 つまり、こどもの日は祝日ですが、端午の節句は祝日ではありません。 同じ五節句の一つである(女の子の誕生や成長を願う行事)は、ではないことからも、こどもの日と端午の節句は別の行事であるということがわかります。 五節句との関係 端午の節句は五節句の一つで、元は中国の陰陽五行説における厄払いの儀式を行う日でした。 五節句には端午の節句の他に、(1月7日)、(3月3日)、(7月7日)、(9月9日)があり、日本に伝わった後もそれぞれが宮中にてとても重要な行事となっていましたが、明治6年に廃止されると、以後は民間の行事として行われています。 端午の節句がこどもの日となったのもそのような流れで、上巳の節句はひなまつり、七夕(しちせき)の節句はたなばたへと変化しています。 なお、重陽の節句においては、昔は奇数が重なることで陰の力最も強い「9」が重なる日として五節句の中でも特別に扱われていましたが、こどもの日やひなまつりのように現在に行事が受け継がれることがなくなり、五節句の中であまり知られない存在となってしまいました。 端午の節句の意味や由来 中国が発祥の自然哲学「陰陽五行説」では奇数は陽、偶数は陰となり、月と日の奇数が重なって陽となると陰の力が強くなって邪気が入り込みやすいと考えられていました。 そのため、奇数月に奇数日が重なる時に邪気祓いを行っており(五節句と言います。 五節句については後ほど詳しく解説します)、この風習が日本に伝わったものが端午の節句の由来と言われています。 端午の節句が日本に伝わった当初は宮中行事でしたが、やがて鎌倉時代になり武家社会となると宮中行事としては廃れ、代わりに武士の間で男の子の誕生や成長を祝うものへと変わっていきました。 これは端午の節句に菖蒲が使われていたことから、菖蒲が勝負に繋がるとして武士の間でもてはやされたからです。 さらに江戸時代になると、端午の節句は庶民の間でも広く浸透しました。 武士の家では男の子が生まれると家紋が入った幟(のぼり)を立てたり、端午の節句の時期がちょうど梅雨前だったことから鎧や兜を虫干ししていたのですが、それを見た庶民が幟の代わりにこいのぼりを立て、本物の鎧や兜の代わりに紙製の鎧や兜を飾るようになったと言われています。 まとめ 端午の節句とこどもの日は同じ5月5日ですが、その由来や意味は全く違います。 端午の節句は古くは季節の変わり目に行う邪気祓いの行事であり、江戸時代以降は男の子の誕生や健康を願う行事として庶民に親しまれてきた一方で、こどもの日は昭和に制定された国民の祝日となっています。 つまり、こどもの日だからこいのぼりを飾るのではなく、端午の節句だからこいのぼりを飾っているということになります。 とは言え、どちらも現在はこどもの健やかな成長を願う行事であることに変わりはありません。

次の

端午の節句(年中行事・節句)〜日本の行事・暦

端午 の 節句

端午の節句の菖蒲の飾り方は? 男の子が生まれると、おじいちゃんおばあちゃんから孫に「こいのぼり」が贈られます。 今は住宅事情で、昔のように 幟(のぼり)を上げる家庭は少なくなりましたね。 子どもの名前を書いた大きな幟(のぼり)をみると、男の子が生まれたんだなぁ・・・と眺めたものです。 こいのぼりは魚の形(鯉)をしていますが、幟(のぼり)は縦長の長方形で生まれた子どもの名前が書いてあります。 田舎でたまに見かけますが、都会ではほとんど見かけません。 また、端午の節句といえば「菖蒲(しょうぶ)」です。 5月5日の子どもの日には、季節の花である花菖蒲を活けて、端午の節句のお祝いをしてみませんか? 私は菖蒲の花が大好きなんです。 特に濃い紫色のものが好き。 端午の節句の菖蒲の飾り方 花菖蒲はアヤメ科アヤメ属の多年草です。 紫色や藤色などをしたきれいな花です。 お花の趣味がある方は、まっすぐに凛として咲く花菖蒲を活けてみてください。 私のように、華道には縁がないとおっしゃる方は、花瓶に生けるだけでも美しい姿を見せてくれます。 花菖蒲の花がきれいに咲いている期間は短いのですが、実は咲き終わった後に、2番花といって、もう一度花を咲かせます。 花菖蒲の花の「がく」の中に、つぼみが隠れているのです。 最初の花が咲き終わってから花ガラを取り除くと、もう一度花が咲きます。 これは楽しみです。 美しい花なので、ぜひ2度目の花を咲かせてあげてください。 端午の節句に季節感のある花菖蒲を飾って、子どもの日をお祝いしてあげてくださいね。 端午の節句 菖蒲の花について 菖蒲は古くから、解毒作用のある薬草として使われてきました。 すがすがしい葉の香りから、全身の厄病を払い、災難を寄せつけないお守りとされています。 また、菖蒲の葉の形が刀に似ていること、呼び名が「尚武」「勝負」に通じることから男子の強さの象徴となり、 男の子の強く健やかな成長を願って、端午の節句には欠かせない花となっています。 葉菖蒲 サトイモ科 ハナショウブは花弁の下が黄色です。 湿地を好みます。 日本各地の水辺に生育する抽水植物で、独特の芳香があるため菖蒲湯に使われます。 ビックリするほど地味な花ですね。 花菖蒲 アヤメ科 アヤメは名前の通り花弁に綾目がくっきり出ます。 湿地よりも乾燥を好みます。 端午の節句 菖蒲の由来 端午の節句は古くは奈良時代から伝わる風習です。 古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲(しょうぶ)と蓬(よもぎ)を軒に吊るし、厄難を祓(はら)っていました。 稲の神様に豊穣を祈願するため、早乙女と呼ばれる若い娘達が小屋や神社に籠って田植えの前に穢れを祓う「五月忌み」という風習と、中国から伝来した、月と日の重なる日にお祝いをし、邪気を祓う力があるという菖蒲を飾る習慣が合体したのが、端午の節句の由来です。 鎌倉時代ごろから男の子の節句とされ、甲胄・武者人形などを飾り、庭前に鯉のぼりを立てて男の子の成長を祝うようになりました。 江戸時代には、端午の節句の「菖蒲(しょうぶ)」と「尚武(しょうぶ・武道を尊ぶこと)」が同じ音であることから武家の間で縁起が良いからと「菖蒲の節句」として盛んになりました。 端午の節句 菖蒲湯(風呂) 花菖蒲はアヤメ科で、美しい紫や青紫、白が混じった淡い紫などの花を開かせますが、香りがありません。 菖蒲はサトイモ科で、花は茶色い地味な花を咲かせます。 しかし、菖蒲の葉には強い香気があり、この香りが不浄を払い邪気を遠ざけてくれるといわれています。 菖蒲根や葉をお風呂に入れると精油成分が溶け出し血行がよくなります。 そのため、神経痛や肩凝りにも効果があるといわれ、端午の節句にはお風呂の湯に浮かべたりします。 菖蒲湯の効能• 血行促進• 保温効果• 鎮痛作用• 神経痛• アロマテラピー• リラックス効果 お風呂に菖蒲の茎を入れることで、血行促進や保温効果が期待できます。 菖蒲にはたくさんの精油が含まれており、皮膚に触れることで刺激されて血のめぐりが良くなります。 また、菖蒲には鎮痛作用があり、腰痛や神経痛に効果があると言われています。 漢方の分野では胃薬や鎮痛剤として利用されています。 その特長である菖蒲の強い香りはアロマテラピーになり、リラックス効果もあります。 端午の節句に菖蒲湯に入り、菖蒲の葉をはちまきのように頭に巻くと、頭がよくなるとも言われています。 なので、子どもの頭に巻き、菖蒲湯に浸からせます。 菖蒲湯につかり、おばあさんが「どうも近頃呆けてきたようだから頭に巻くわ」と自ら菖蒲を頭に巻いたそうです。 思わず笑ってしまったそうですが、白髪にグリーンの菖蒲の冠がなかなかよく似合い、浴室中に菖蒲のいい香りが漂っていたそう。 菖蒲湯を試してみたくなりましたね。 端午の節句の菖蒲の飾り方 まとめ 今は端午の節句というより、子どもの日として認知されています。 花菖蒲が花屋さんの店先に並ぶと、その凛とした美しさに見惚れてしまいます。 葉菖蒲を使い、昔ながらの菖蒲湯に入ってみたいものです。 菖蒲にはたくさんの精油が含まれているそうです。 きっと、お肌もきれいになるに違いありません。 期待したいですね。 端午の節句 関連記事.

次の