オビワン 映画。 スピンオフ『オビ=ワン・ケノービ』は映画ではなくテレビシリーズ?

オビ=ワン・ケノービのスピンオフ映画 公開最新情報!監督は「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー

オビワン 映画

よっしゃああああああああぁあああああああ!!!!オビワンスピンオフキタァアアアアアアアア!! オビワンのスピンオフ映画、いよいよ監督との交渉段階に入っているみたいですね! 監督候補は「リトル・ダンサー」のスティーヴン・ダアルドリー監督。 ローグ・ワン、ハンソロに続くのはやはり『オビワン』でしたね。 ただその他にもヨーダ、ボバフェットも検討されているようです。 関連: オビワンのスピンオフ映画については随分と前から噂があって、前にそのことについて書いたんだけど、SNS上では「あぁエイプリルフールネタね」とスルーされたりもして。。。 ただそんな噂が飛び交うたびに自分の中ではどの時代のどのストーリーが描かれるのか妄想が膨らんでいます。 ということで、オビワンスピンオフに期待している9つのことです。 wikia. jpg オビワンは幼い頃(生後6ヶ月)でジェダイ・テンプルに連れて行かれマスター・ヨーダから訓練を受けました。 そして10代でクワイ=ガン・ジンのパダワンとなります。 しかしすんなりと話が進んだわけではなくクワイ=ガン・ジンは一度オビワンをパダワンとすることを拒んだとか。 この「クワイ=ガン・ジンとの出会い」あたりが描かれても面白そう。 どのようにしてクワイ=ガンのパダワンとなったのか。 そのため、究極奥義とは言うものの、流派を問わず広く普及していたようである。 (引用元) 要は・・・ 新三部作において、「敵に追い詰められて突き落とされたオビ=ワンが崖にぶらさがって窮地を脱する」という流れがお約束になっていたことから、日本のファンの間で実しやかに囁かれるようになったネットスラングの一種である。 このブラ=サガリ。

次の

『スター・ウォーズ』、『オビ=ワン』『ボバ・フェット』スピンオフ映画の計画を保留に ─ 『ハン・ソロ』興行不振で

オビワン 映画

遠い昔、遥か彼方の銀河系で... 主人公の ルーク・スカイウォーカーは砂漠の惑星タトゥイーンで暮らしていました。 ある日、家での仕事に使うためにサンド・ピープルからドロイドを2体買いました。 その2体が R2-D2と C-3POです。 実はこのドロイドの片方R2D2は、惑星を支配している帝国軍の秘密兵器「 デス・スター」の設計図を持っていました。 ちなみにその設計図をR2D2に託したのが レイア・オーガナ姫という反帝国軍の姫でした。 そしてR2D2はルークにレイア姫のホログラム映像を見せます。 「 助けて、オビ=ワン・ケノービ。 あなただけが頼りです。 」 そしてルークはタトゥイーンのはずれに住むベン・ケノービがオビ=ワンなのではないかと考え、彼に会いに行きます。 そしてベンは実際にオビ=ワン・ケノービであってジェダイであることも知るのですが、その時には帝国軍の脅威はタトゥイーンにも迫ってきており、、、、 感想 他のスターウォーズ作品のどれよりもシンプルで分かりやすいです。 ちなみにこの作品は1977年に作られたので、 今から40年以上も前! この時代はまだCGの技術がそこまで発達していなかったのにも関わらず 、ジョージ・ルーカスは壮大な宇宙を見せてくれます。 ジョージ・ルーカスの話によると、エピソード456123の順番で作ったのには理由があったらしいのです。 それが「ロボット戦争盛りだくさんの123を最初に作るほどその時のCG技術は発達していなかった」という理由です。 たしかに123はけっこうCGも使うような場面が多いですし、 ヨーダを見れば一目瞭然ですね 123がCGに対して456はパペット そして、4はやはりルークがどんどん成長してる姿を見るのがすごい楽しいですね。 そこらへんにいる普通の少年がライトセーバーとフォースを使うジェダイになり、宇宙を救うなんて とても夢のある話です。 そして若き日の ハリソン・フォード=ハン・ソロ! パイロットってのは生意気でお調子者な性格が多いと思うのですが、私だけですかね?笑 彼はお金がとても大好きで、ジャバ・ザ・ハットから借金もしていたりと金遣いは荒そうな気がします。 笑 しかし勇敢な一面も持ち合わせていて、 なんだかんだルークをサポートします。 映画内ではルークのことを「坊主」と呼んでいるのですが、彼らはどのくらい年齢が離れているのでしょうか。 ちなみにこの時のハリソン・フォードはまだ 全く売れてない俳優です。 笑 そして美しく勇敢な レイア姫! 彼女は反乱軍に属しているのですが なんせ勇気があります。 ダース・ベーダーに平気でたてつきますからね。 ホログラムどころか CGすら乏しかったですからね。 EP4はもともと売れると思っていなかったのでかなり低予算で作られていますが、 低予算にもかかわらず映画は大ヒットしています。 40年前からたくさんの人に愛されていたと思うと嬉しいですね。 *ここからEP56123のネタバレも含んでいます ダースベーダーは気づいていた? 冒頭でレイアとダースベーダーは対面していますよね。 この時点で 実の娘だと気づいていなかったのでしょうか? しかも話の中盤でダースベーダーはレイア姫を 処刑しようとしますよね。 実の娘殺すかと思ってしまったのですが、やはり納得がいきません。 というのも最新作のEP8では、フォースを使ってテレパシーとかサイコメトリーみたいな技が使えるのに 何故自分の娘は分からない?!となります。 笑 フォースも時代を重ねるにつれ、進化していったのでしょうか? オビワンは本当に死んだの? オビワンはダースべーダーと決闘し、倒されてしまいましたよね。 しかしスターウォーズファンからは オビワンは実は死んでない みたいな考察が出ています。 筆者の考えでは ダースベーダーに殺されたのは事実 だと考えています。 しかし初登場が「新たなる希望」なのにいきなり死んでしまうのか?というところです。 さらにオビワンの死に方は死んだというより、 消えたという形です。 これについては ジェダイは死ぬ=フォースと一つになる という表現をします。 この表現を強めるために制作陣も消えるような演出をしたと考えられます。 そしてジェダイのすごいところが、 死んでも現実の世界の人と交信できるのです。 どんどん映画を見ていけばわかるのですが、死んだはずの師匠が出てくることなんてしょっちゅうあります。 笑 ジェダイに限っては死んだのに死んでない感が出てしまう+オビワンは強いのにこんなにあっけなく死ぬか?という期待感があるので もしかしたら生きてる?みたいな憶測も流れているのかもしれません。 ちなみにツイッターでもさまざまな憶測が飛び交っています。 仙人になる秘儀 」だし。 フォースと道 タオ って、概念めっちゃ似てるし。 — マネキネコ kawasugijiro うーん、これで新エピソードで実は生きていたとなったら結構面白いんですけどねー。 まとめ ネタバレありで書くと全てのEPのネタバレになってし まう。 笑 理由として私自身全てのエピソードを見ているということと スターウォーズが伏線がたくさんあるのでなかなか1つのエピソードについて書くのが難しいです。 しかもEP4にいたっては原点なので、 これから一体誰があんなにも壮大話になると予想してたでしょう。 とにかくスターウォーズについてちゃんと知りたいという人は是非見てください!.

次の

『スター・ウォーズ』オビ=ワンのスピンオフが進行中!監督候補も判明

オビワン 映画

ダースモールはエピソード1にてオビワンによってお腹を刺され、堕ちていったはず・・・。 「それならなんで生きてるの?。 」 と思われる方が多いと思います。 ハンソロは時系列的には、エピソード3と4の間の6年間のお話になっています。 正確には、 エピソード3の「シスの復讐」でダース・ベイダーが誕生し、銀河帝国ができたときから10年後のお話です。 つまり、 ダースモールはエピソード1でアナキンが少年だった頃にオビワンにお腹を刺され、 そして生き残った後に息をひそめて、 アナキンがダース・ベイダーになってから10年後に再び登場した、ということになります。 (人間で言えばかなりのおじいちゃんです) では、なぜダースモールは生きていたのか? そしてダースモールとはそもそもなんなのか? ダースモールの目的は何か? について、ここでは考察します。 おそらく、次回作の「ボバフェット」に出てくる可能性もありますので、ネタバレ注意です。 2ダースモールの正体とは? ダース・モールは、正確には種族が人間ではありません。 ダソミリアン・ザブラクのシス卿です。 出身地は、キーラに「ダソミアに来い」と言った通り、ダソミア。 そして師匠はベイダーの師匠でもあり、銀河皇帝となったダース・シディアスです。 幼い頃に、ダースモールの暗黒面の素養を見出したダース・シディアスによって、弟子としてダソミアから連れ去られてシスとなりました。 そして、シスでは当時最高の訓練を受け、まさに最強のシスとして成長。 シスとしてジェダイの消滅と復讐を望みながら、複数人のジェダイ相手に圧倒するなど、当時最強のシスとして活躍。 そこから、シディアス(当時の表の名前はパルパティーン)の命令(ヤヴィンの戦いなど)をこなしながら、 エピソード1にてナブーのパドメ・アミダラ女王がナブーの封鎖を脱出した後、彼女を追うためにモールがタトゥイーンに送り込まれました。 ここでジェダイ・マスター・クワイ=ガン・ジンと戦い、クワイをかなり追い詰めます。 映画ではこれが初出。 その後、 モールは再びナブーへ行き、そこで再びクワイとその弟子であるパダワンのオビ=ワン・ケノービと対決しました。 武器は両刃のライトセーバー。 2人のジェダイを相手に互角以上の力を見せて、クワイを倒し、最後はオビワンを追い詰めますが、最終的に油断から胴を真っ二つに切断されて堕ちていきました。 そして、以後映画では出番がなく、おそらくほとんどの方がここでダースモールは死んだと思ったと思います。 しかし、実は生きていたのです! スポンサーリンク 3ダースモールの映画では描かれなかった過去。 モール復活 オビワンにやられてシャフトに堕ちていったあと・・・。 彼は人間ではないため、腰から下を失った状態で生き残り、フォースを使って通気口にしがみつき、ゴミ捨て場に肉体は投棄されます。 そしてオビワンへの復讐心を燃やしながら、なんとかナブーを脱出。 生き残ったダースモールでしたが、シディアスに知られると失敗の責任から抹殺されるために、息をひそめ、ごみ処理場の惑星ロソ・マイナーにて新しい下半身を手に入れます。 それがこの姿。 ゴミ処理場からクモのような体を手に入れ、エサ 獲物 を喰らいながら洞窟で生活(エピソード2の前時点)。 まさしくモンスターとなって、世界のゴミ捨て場で生きていたモール。 このときは既に正気を失い、オビワンへの復讐心だけで生きていたようです。 それから10年。 ここで、 ダソミアのマザー(指導者であり、魔女)であった、マザータルジンが自分の息子であるモールが生きていることを把握し、モールの弟であるサヴァージを送り込みます。 時代は、エピソード2のクローン戦争のさなか。 そして、サヴァージは兄の変わりはてた姿を発見し、ダソミアへと連れ帰ります。 そこから マザー・タルジンが魔術を使ってモールの正気を取り戻し、再び記憶を戻したモールが復活したのです。 記憶ともに、蜘蛛の脚も変えて、新しい脚に。 そして目を覚ましたモールは、クローン戦争が始まっていること、仇敵オビ=ワン・ケノービがジェダイ最高評議会のメンバーとなったことを知らされ、復讐心からジェダイをもう一度完全に消すことを決意。 ナブーで回収された自分の半分のダークセーバーを手に入れて誓います。 「スタートは復讐からだ」 そこからジェダイ・マスターへ復讐する大規模な計画がはじまります。 ただし、ダースシディアスに生きていることをばれると失敗を責められて抹殺されるために、ダースの名前は捨てて、モールとだけ名乗ります。 スポンサーリンク 4再びのダースモールとオビワンの決戦! 復活したモールは、まずはオビワンへの復讐を決行。 オビワンをおびき出すためにレイドニアの罪のない村人を抹殺し、評議会にオビワンを一人でよこせと要求。 ヨーダはこれを受け入れ、ジェダイマスターとなっていたオビワンをレイドニアへと派遣します。 惑星レイドニアにてついにケノービとモールの2人は対決します。 「ついに復讐のときが来た」 圧倒的な力を見せるダースモール。 ここでオビワンはモールとその弟サヴァージによってぽこぽこにされ、命からがら脱出することに。。。 シャドウ・コレクティブの結成とシディアスとの決戦 モールの弟サヴァージ・オプレス。 二人一組のシスの通り、兄のモールと組む。 そこから、 モールは闇社会のギャングをまとめたシンジケート作りに着手。 犯罪組織シャドウ・コレクティヴを組織します。 (原作とは違いますが、これがおそらくハンソロでも出てきた、いわゆる新興ギャングのシンジケート(犯罪者集団)。 ドライデン率いるクリムゾンドーンもその一つ。 ダースモールはその大ボスとして君臨) ここから影で動きながら、クローン戦争のただ中で暗躍します。 しかし、それを見逃さなかったのがダース・シディアス。 モールの暗躍を邪魔に思ったシディアスは自らモールを始末するために乗り込んできます。 そしてモールがマンダロアを征服した後で、ついに師弟対決が始まります。 「シスは常にふたり。 そしてそなたは、もはや我が弟子ではない。 我には代わりの弟子ができた」 と、ドゥークー伯爵を手に入れたシディアスはモールを見限り、自分の帝国建設に邪魔になるモールをその手にかけようとします。 そして、モールとサヴァージの兄弟は、師匠のシディアスと決闘。 しかし、 シディアスの圧倒的な力に敗れ、弟のサヴァージはここで命を落とし、モールは命乞いするという最悪な結果に・・・。 ここからモールは幽閉され、組織も壊滅。 弟を始末したシディアスに復讐心を燃やしながら、脱獄して生き抜いていきます。 スポンサーリンク 6オーダー66後、銀河帝国が誕生 そして物語はエピソード3へ。 パルパティーンは最後にオーダー66を発令し、クローン兵によるジェダイ狩りが始まります。 これによって世界は一気に暗黒の時代へと変わり、アナキンもまた暗黒面へと落ちていくのです。。 そしてエピソード3でついにダース・ベイダーが誕生。 ドゥークーに代わる新しい最強の弟子を手に入れたシディアスは皇帝となり、銀河帝国時代が始まりました。 ここからハンソロへとつながります。 スポンサーリンク 7物語はハンソロへ。 クローンウォーズとは微妙に違いますが、ハンソロでは巨大犯罪組織のボスとしてモールが登場しました。 つまり、おそらくですが、シディアスとの決戦などは描かれず、 オビワンとの決戦がメインに描かれるのだと思います。 オーダー66後、壊滅したジェダイ。 オビワンはその後、アミダラ女王をみとった後にアナキンの双子を引き取り、一人は レイア、もう一人はルークと名付けて、ルークをタトゥイーンへと連れていきます。 オビワンはここで、ルークの成長を見守りながら、ベイダーに見つからないように生活していました。 スピンオフ「オビワン」で描かれるのが、まさにこのダースモールとの決戦だと思います。 だからこそ、最後にダースモールを出したのでしょう。 (ただし、ハンソロが失敗したため見送りとの情報も) 以下、オビワンの映画内容踏まえて、ダースモールの最後を少しだけご紹介します。 8オビワンとモールの最終決戦。 そして物語はエピソード4へ 最後、老いたオビワンとダースモールはタトゥイーンにて再び出会います。 モールの目的はもちろんオビワンへの復讐の達成。 「お前は選ばれし者をここで守っているのではないか?」 とルークの存在をモールに指摘されたオビワンはライトセーバーを構え、ついに最後の決戦となります。 以前、自分の師匠であったクワイのときと同じようにオビワンは構え、 それを見たモールも両刃ライトセーバーで応戦。 しかし、 今度はオビワンがモールの動き 過去の模倣 を読み取って、モールにとどめをさします。 オビワンはこれまでの戦いで圧倒的な成長をみせていたのです。 そしてついにモールはオビワンに敗れ、オビワンはそっと彼の最後をみとります。 モールは最後に「お前が守っているものは選ばれし者か?」と尋ね、 オビワンが頷くと、 モールは 「・・・彼が我々の無念を晴らしてくれる」と言い残してオビワンを見つめながら息を引き取りました。 これがモールとオビワンの最後の対決。 オビワンは宿敵モールの最後をみとり、彼の目をそっと閉じます。 そしてモールは最後の最後で、 自分の弟を始末したダース・シディアスを倒す存在「ルーク(選ばれし者)」を確信し、希望を残して命を終えたのです。 これを思うと、エピソード4で何も知らなかったルークと彼を見つめていたオビワンが一層深く見えてきます。 新たなる希望となったルーク。 そして最後のジェダイとなったルーク。 ここに至るまでに複雑な物語があったんですね・・・。 PS5やPCの情報で役立つものも共有できたらなと思います。 基本的に管理人の好みをメインに自由に投稿してます。 自由にコメントできますので、皆様の考察やご意見お待ちしております。 152• 254• 236• 1 スポンサーリンク.

次の