桜 を 見る 会 何 が 悪い。 「支持者に利益還元」何が悪い? 桜を見る会など「私物化」どこまで許される 菅原琢さんがご意見募集

【悲報】Twitterで「桜を見る会追及にかかった費用は桜を見る会の411年分」という画像、バズる

桜 を 見る 会 何 が 悪い

野党ヒアリング終了後、記者の質問に答える黒岩宇洋衆院議員(右から2人目)ら=国会内で2019年11月27日午後3時7分、江畑佳明撮影 首相主催の「桜を見る会」を巡る問題で、立憲民主や国民民主、共産、社民の野党追及本部は27日、政府事務局側と警察庁にヒアリングを行った。 会に反社会的勢力が参加していた疑惑について、菅義偉官房長官は26日の記者会見で「把握していなかったが、結果として入っていたのだろう」などと発言したため、野党は厳しく追及。 ヒアリングはこれまで公開されていたが、今回は「機微に触れる問題」(黒岩宇洋衆院議員)として非公開だった。 冒頭と、終了後に行われた記者への説明での主なやり取りは以下の通り。 反社会的勢力を決して許さない。 徹底的に封じ込めて社会からなくすこと、これが私たちの目指すものだ。 昨日、官房長官が(反社会的勢力の出席を)半ば認める発言をしているが、忸怩(じくじ)たる思い、「絶対にあってはならない」「うそではないか」という思いだ。 桜を見る会には皇族の皆様、各国大使、要人の皆さん、そして功労のあった皆さんがお見えになっている。 その場に反社会的勢力、反社会勢力とつながりがある人がいただけで、とんでもないと思う。 日本国の信用、社会の信用を回復するためにも、私たちは徹底的に追及する。 黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) 反社会的勢力の参加に加え、詐欺まがいのマルチ商法かと言われている人物への招待状への発送と、さらに深刻な闇深いステージに突入してしまった。 我々は大変、危機感を覚えている。 今日は警察庁にも来てもらっているが、今回は機微に触れる問題なので、このあとはクローズという形で、忌憚(きたん)なく警察庁から暴対法と反社会勢力に対する取り締まりの見識を聞きたい。 我々もこの問題にどう対応していくか、考えて追及していく。 <終了後の記者への説明> 黒岩議員 まず警察庁に、暴対法、暴力団排除についての具体的な取り組みについて聞いた。 「徹底的に排除している」という趣旨の話だった。 今回、昨日官房長官が認めた、反社会的勢力が入っていたという事実認識について、内閣府は「同じ認識です」とし、内閣府として認めた。 警察庁は「名簿の提出を受けていないことから、参加者を把握できていない」とした。 また「反社会的勢力が入っていたとなると、個別の事案になるので、この場ではお答えできない」とのことだった。 我々は、内閣府が何らかの調査をすべきだと思うが、調査するかどうかについて一切答えない。 反社会的勢力の参加は2週間前から、インターネットや報道、我々の指摘から出されていた。 内閣府は11月21日の(参院内閣委員会での)杉尾秀哉議員(立憲民主)の指摘で、初めて反社会的勢力の参加を知った。 それから1週間。 当然、警察に相談すべきことなので、相談をしたのかと聞くと、「全くしていない」と。 「国民に対してどういう思いか」と尋ねたが、残念とも、遺憾とも言うわけでもなく、「仮にそれが事実であればよろしいことではないと思う」。 当事者意識のない、人ごとのような対応だった。 再来年度以降、改めて(桜を見る会を)開催すると聞いているが、とてつもない闇の世界にまで陥っていることへの責任など、全くもって垣間見られないことが大変残念だ。 記者 内閣府は認めたとのことだが、確認の根拠についての説明はあったのか。 黒岩議員 具体的にはなかった。 田村智子参院議員(共産) 「官房長官の発言がすべて」と言って、読み上げただけ。 「そういうご指摘を受けたから」程度。 記者 今後どういう視点で追及していくのか。 黒岩議員 さまざまな情報が寄せられつつある。 具体的な名前とか、ここではつまびらかにいえないが、そういった情報提供を警察にもしながら。 (実態解明は)主催者に一義的な責任がある。 立法府として相当強く要請していく。 記者 (マルチ商法を展開して破綻し、特定商取引法違反容疑で家宅捜索を受けた)「ジャパンライフ」は反社会的勢力と認識しているのか。 田村議員 事実上そうだと私は思っている。 詐欺まがいの行為を繰り返してきたから。 黒岩議員 行政処分を受け、家宅捜索も受けた。 まだ罪については確定していないので、我々が予断を持って判断しないほうがいい。 「反社会的勢力」の定義についても、暴対法にいうところの暴力団、構成員、または準構成員という、これは狭義かもしれないが、これをもって反社会的勢力と認識しているので、チームとしてはこういうことで対応する。 記者 今日は警察庁の担当者に、疑惑となっている写真などを具体的に見せて認識を問うたのか。 黒岩議員 そうだ。 個別事案については、彼らは捜査機関なので答えられない。 記者 反社会的勢力が入った理由について説明はあった? 黒岩議員 ない。 山井和則衆院議員(無所属) 驚いたのは….

次の

桜を見る会の何が悪いのか明確に説明して : みじかめっ!なんJ

桜 を 見る 会 何 が 悪い

桜を見る会の問題は、その膨れ上がる予算への疑義から、後援会支持者への優遇、反社会的勢力の招待、疑惑が生じてからの参加者名簿の破棄など新たな問題、疑義が芋づる式に広がり、国政の重大な問題となっています。 この問題の発掘と拡散に貢献した共産党のように、「税金を使った公的行事を後援会行事に作り替え」、「選挙に向けたおもてなし」としてこの行事が「私物化」されたとの指摘は正当でしょう。 政治プレミアで議論する話題としては巨大になり過ぎている感もありますが、日本の民主主義に関わる重要な論点を含んでいると考え、今回意見募集の対象として取り上げることとしました。 国の予算で特定の人々に利益供与が可能な仕組み 今回の問題が大きくなった根本には、政権が指名した人々を国の予算で歓待できるという桜を見る会の仕組みがあります。 ここに著名人、芸能人に加えて首相や自民党議員の個人的な支持者、後援会員、資金提供者が入り込み、問題が根深く複雑になったわけです。 このような仕組みがあるおかげで、国の予算で容易に支持者に利益を供与できることになります。 無料で歓待を受けるだけでなく、首相との近さをアピールできる、社会的信用を獲得するなど、参加者が得られる利益はさまざまです。 これにより歓心や票、政治資金を得られるのであれば参加者と政治家の利害は一致します。 国の予算を使えるので、そもそも「害」は小さいでしょう。 ただ、ここで考えたいのは、こうした形で行うような事実上の支持者への利益供与や政治家の選挙運動はどこまで許されるのかという点です。 広く見渡せば、公職に就いた政治家が主体となり、国や自治体の予算を用いて支持者に事実上の利益配分を行ったり、自分たちの選挙運動を行ったりするようなことは数多く見つけることができます。 田村議員は、桜を見る会は「会の趣旨が変わってきている」とし、元々の「功労・功績を認められて省庁から推薦される正規のルート」からの参加者であれば認める立場のようです。 このような「正規化」により今回問題視されたような露骨な支持者優遇は排除されるかもしれません。 しかし、こうした行事にその時の政権に近い有力者、有識者がより多く呼ばれることに変わりはないでしょう。 支持者への利益還元が期待される政権交代 この点を考えなければならない理由としては政権交代があります。 誰かの支持を受け、政権に就いた際に支持層に利益を還元するのが政党の使命だとすれば、政権獲得時に支持層優遇と取られる判断を行うことは避けられません。 政権与党が支持者に利益を還元すること自体、政権交代と民主主義の自然な帰結です。 仮に共産党政権が誕生すれば、桜を見る会の人選も自公政権と同じになるはずはないでしょう。 もし共産党議員が自公政権と変わらない政権寄りの著名人や資産家と付き合いだとしたら、それこそ政権交代の意味はなく、同党支持者は選挙と民主主義に期待しなくなります。 政権交代を前提として見た場合、桜を見る会に限らずに政権運営の公私の境界は曖昧です。 それどころか、支持者への利益還元という意味で積極的に「公」の「私物化」が求められている側面もあります。 無定見に政権運営の「私物化」を批判すれば、政権交代後により些末(さまつ)な判断、選択について「私物化」批判にさらされるでしょう。 田村議員が「正規ルート」で公私を線引きしたのは、おそらくこれを予見したためでは……というのは邪推でしょうか。 ただ、「正規ルート」であれば桜を見る会に問題が生じないわけではないでしょう。 政治家の公的リソース利用についてコメント募集 仮に桜を見る会が廃止となったとしても、政治家による国や自治体の予算を用いた事実上の利益供与や選挙運動の類は日本全国に無数にあります。 今回の問題は、そうした事例に目を向ける好機です。 そこで今回の意見募集でも、桜を見る会の問題とその是非に限定せずに、そうした身近な例なども含めてコメントいただければと思います。 たとえば、市で大規模なイベントを開き、記者会見や開会式などの場で市長がテレビカメラに納まるようなことはよくあります。 これを公職の当然の役割とするか、自身の認知度向上のためにイベントを利用していると捉えるか、いろいろな意見があると思います。 あるいは、観光協会が共催、協賛した祭りの開会式で地元県議にあいさつの場を提供するような例はどうでしょうか。 関係者の中に次に議員になりたい人がいるのではないのかと勘繰りたくなりますが。 そうした事例の紹介でも、どこまで「私物化」が許されるのか議論していただいても構いません。 桜を見る会に限らず、政治家が式典などの公的リソースを用いて支持者に利益を還元したり、自身の認知度向上を図ったりするような例について紹介、議論するようなコメントをお待ちしております。

次の

桜を見る会批判はどうでもいい!何が悪い・なぜ今何が問題かや何のために行われる?

桜 を 見る 会 何 が 悪い

桜を見る会そのものが悪いという話じゃない。 今の安倍政権主催の桜を見る会は明らかに無駄に「肥大化」して「私物化」してきた。 そこが問題なのでは?という話なのです。 桜を見る会を開いたことが問題ではなく、 公的行事を私物化したのが問題とどこも報道してるのに、 安倍信者は脳が悪いからすぐ「有った、無かった」論にしてしまう。 だから、民主党の時も桜を見る会は「有った」と論点をずらして安倍擁護。 予算内。 予算額の2~3倍近くの税金を浪費。 前夜祭で公職選挙法違反疑惑。 招待客が民主党時代は少なくとも規定の1万人だったし、「総理枠」で850人も招待してないし、予算の2~3倍も使ってない。 吉田茂が初回の「桜を見る会」を開催してから、この会の存在じたいが問題なのではない。 安倍政権が税金で催されるこの会を「私物化」して、ふさわしくない人を招待し、 予算の2~3倍も税金を投入した上に、ツアーを企画し支持者を接待する公職選挙法違反の疑いが問題なのです。 実際に前夜祭ではホテルオータニで立食パーティーで、飲み物自由。 寿司が出たらしいが、それが名店の銀な久兵衛の寿司。 とても、会費5000円で収まる金額ではない。 では、その差額分は誰が出したのだろうか? 安倍事務所が補填したとなれば、これは立派な利益供与で贈賄罪です。 もう一つは「桜を見る会」に誰を招待するかの問題。 議員枠があるがその議員がどんな人を推薦したかが論点。 民主党時代は同党が「党関係招待者検討チーム」を作り、 選考基準を示して所属議員から招待者を取りまとめていた。 基準は「民間人を優先」「国民から疑惑を持たれないよう配慮」とある。 このため推薦が概ね「会の当初の目的」にあったものでした。 民主党政権時代は民主党議員に招待枠(4名)があり、地元支援者を招待していました。 支援者であっても「地元の功労者」であれば問題無いはずです。 ただの後援会の会員で「功労者でない人」は問題外。 自分の親や家族や地元の後援会などのタダの人を呼んでいる議員はダメ。 せめて地元でも文化人を呼んで交流の場を広げてもらうとか、税金を使う意味があるような人を推薦するべき。 税金で家族サービスした上に逆ギレする「三原じゅん子」なんて論外。 母とおばを招待。 どんな功績が有ったのだろうか、疑問。 鳩山元総理ですら招待したのは40名程度だった。 安倍総理の後援会だけで「850人」は論外です。 850人の後援会の人間はいるでしょう。 しかし850人が、なんらかの功績が有る人? そんなの無理でしょうね。

次の