ティーズらぶ。 僄儞僾儘丒僥傿乕僘嶌昳偺俢倁俢

僄儞僾儘丒僥傿乕僘嶌昳偺俢倁俢

ティーズらぶ

活動のキーワードは「大家族」「全開遊び」。 幼児から小中学生、ボランティアとして高校生・大学生・社会人、そしてお父さんお母さんも一緒に大家族のような大きな集団を作って、たくさんの経験・体験ができる濃密な場と機会を提供しています。 本当はいないかもしれない??? いいえ、きっといます。 たくさんの家族と一緒に山奥の洞窟でしあわせに暮らしているのです。 見えないものを感じよう、想像しよう、心で感じよう……、そんな想いからつけれたクラブ名です。 でも、そのためには、未来を夢見る・想像する力が必要です。 そして、想像できるようになるためには、子どもが本来持つ好奇心を刺激し、森羅万象に関心を持ち、人と人との関係性など多様なものに関わることによって養われる「感じる力」が必要です。 イエティくらぶでは、この「感じる力」をはぐくみます。 一方、様々な事件も多発し、何が正しいのか、何が真実なのかわかりにくい時代でもあります。 子ども達にとって何が自分にとって役に立つ・意味がある情報なのか?判断することが難しくなっています。 情報の洪水の中で、生きてゆくためには、主体的に物事を決断できる直観力も必要です。 その直感力は、本を読んでも、インターネットで調べた実体験に基づかない知識では身につきません。 体全体を持って感じる体験をすることによって養われると考えています。 人が他者に関わる力(聞く、話す、交渉する、話し合う、共感する、意見を言う等)が弱 くなっているその大きいな原因は、多様な人の集団(コミュニティ)での活動が少なくなってきていることにあります。 イエティくらぶは、人と人との多様な関 係性を多様な自然の中で創りだし、子ども達、関わるスタッフのコミュニケーション力を養う場でもあります。

次の

D’s club 河渡店

ティーズらぶ

上にあげたやなど、独自性豊かなラブホテルがいろいろの。 今回もの近くへフォロワーさんと遠征だったのですが、どうせならまた新しく、楽しくてユニークなところを選びたい。 そんなところ、別のフォロワーさんからのお勧めで、このを教えていただきました。 高崎の街からは車で30分ほどです。 20時すぎぐらいに着いたのですが、ちょうどラストの部屋でした。 我々の後ろにも2台ほどチェックイン待ちの車がありましたが、ごめんなさい・・・ 予約もできるようなので、前もって部屋を取っておいたほうがここを楽しむには確実ですね。 駐車場からフロント棟に向かうところにある、敷地内の案内図。 ここは、部屋ひとつひとつが独立した、「かまくら」や「おまんじゅう」みたいな建物になっています。 右側半分は後に増築された部分のようで集合棟になっていますが、リゾート感満点です。 たのしみ! ここは正確には「ラブホテル」ではなく、あくまでもリゾートホテルです。 車は駐車場に停め、ホテルのカウンターで普通にチェックイン手続きを取ります。 ホテルのかたと顔を合わせるのが苦手なかたもいらっしゃると思いますが、普通に宿泊や休憩の手続きを取ってください。 チェックインの際に前金 デポジット 10,000円が現金で必要なのもポイントです。 カード決済する場合も必要なので、万券一枚は手元に置いておきましょう。 部屋のキーを手にして、ヴィラが並ぶエリアに向かいます。 夜の闇のなかに、丸いお部屋が立ち並んで、これはたのしい! 外壁にはいろんなイラストが描かれています。 さまざまな樹や、 やさいなども! なんとなく、ちょうどいまやっている「どう森」のBGMが頭のなかで鳴ってしまいます。 すばらしいキャンプ場だね! 僕はいまレベル28です。 今回取れたラストのお部屋は、さらに奥のほうのエリア。 こちらはひとつひとつが独立した建物にはなっていませんが、それでもディズニーランドのなかを歩いているような楽しさです。 閉園後のディズニーランドをこっそり女の子と探検できたら、こんなかな? お部屋のなか。 玄関の次は小振りなダイニングスペース。 ほんとにちょっと住めちゃいそう。 そしてメインのリビング・ベッドルーム。 室内もベッドも備品もとてもきれいです。 電子レンジや冷蔵庫などももちろん完備。 冷蔵庫には無料のミネラルウォーターが4本も入っていました。 ここは岩盤浴も楽しめる部屋ですから、温熱後の水分補給も大事です。 気配りが効いてます。 大きめの浴槽。 ふたりでゆったり温浴を楽しめる広さです。 その浴室の入り口には、 「炭酸泉」と書かれたボタンが。 しかし、押しても、何も起こりません。 ちゃんと利用方法を読んでみると。 きちんとお湯を貯めてから、フロントに電話し、炭酸泉のメインポンプのバルブを開けてもらうのだそうです。 本格的・・・ フロント9番に電話でお願い。 ちゃんとランプが点灯し、 ヘルシーな泡が沸き起こりはじめます。 ふたりでたっぷりゆったりお風呂を楽しんで、 その隣は岩盤浴の部屋。 中央の黒っぽい部分が熱を発していて、バスタオルを敷いて横たわると、芯からほかほかです。 温かい炭酸浴をぴったりくっついて過ごしたあとの岩盤浴なので、最初はふたりで並んで横たわっていましたが、しだいに、並んで横たわる感じではなくなってしまいました。 さっき広いバスタブの泡のなかでたっぷり愛撫してあげたお返しに、横たわった岩盤浴の温熱を背中からからだじゅうに味わいつつ、フォロワーさんのしっとりとした口技の温かさも、からだの中心で味わっていました。 しあわせ。 部屋の明かりを落としていくと、洒落た照明に、雰囲気もあがります。 とても素敵な一夜でした。 翌朝、どちらともなく目をさまし、もちろんその後もベッドで素敵な朝を過ごし、チェックアウトへ。 ホテルのサイトには「2017年12月18日グランドオープン!! でも、いまのままでも、なんの不満もない素敵なところなんですけどね。 カード決済すると、明細には という名前で記されていました。 もし伊勢崎まで車で足を伸ばせるなら、ぜひ一度は試してみていいところだと思います。

次の

らぶちゃんでアンチグラビティーズ [ニコニコあっぷる]

ティーズらぶ

活動のキーワードは「大家族」「全開遊び」。 幼児から小中学生、ボランティアとして高校生・大学生・社会人、そしてお父さんお母さんも一緒に大家族のような大きな集団を作って、たくさんの経験・体験ができる濃密な場と機会を提供しています。 本当はいないかもしれない??? いいえ、きっといます。 たくさんの家族と一緒に山奥の洞窟でしあわせに暮らしているのです。 見えないものを感じよう、想像しよう、心で感じよう……、そんな想いからつけれたクラブ名です。 でも、そのためには、未来を夢見る・想像する力が必要です。 そして、想像できるようになるためには、子どもが本来持つ好奇心を刺激し、森羅万象に関心を持ち、人と人との関係性など多様なものに関わることによって養われる「感じる力」が必要です。 イエティくらぶでは、この「感じる力」をはぐくみます。 一方、様々な事件も多発し、何が正しいのか、何が真実なのかわかりにくい時代でもあります。 子ども達にとって何が自分にとって役に立つ・意味がある情報なのか?判断することが難しくなっています。 情報の洪水の中で、生きてゆくためには、主体的に物事を決断できる直観力も必要です。 その直感力は、本を読んでも、インターネットで調べた実体験に基づかない知識では身につきません。 体全体を持って感じる体験をすることによって養われると考えています。 人が他者に関わる力(聞く、話す、交渉する、話し合う、共感する、意見を言う等)が弱 くなっているその大きいな原因は、多様な人の集団(コミュニティ)での活動が少なくなってきていることにあります。 イエティくらぶは、人と人との多様な関 係性を多様な自然の中で創りだし、子ども達、関わるスタッフのコミュニケーション力を養う場でもあります。

次の