エスパー フェアリー。 フェアリータイプ (ふぇありーたいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

【ポケモンGO】エスパータイプ複合相性まとめ! サーナイトやメタグロスにはこのタイプで!

エスパー フェアリー

5倍 0. 25倍。 56倍、二重耐性で0. 390625倍。 保存して見るのも便利。 [フェアリー]タイプの追加 相性は表参照• [はがね]タイプに対し[ゴースト]・[あく]の技が通常通り効くようになった。 ゲーム本編の一部施設で楽しめる他、レーティングバトルでも採用される事がある。 25倍のダメージ幅になる。 タイプ相性が反転したバトル。 [効果抜群]だったものが[いまひとつ]になり、[いまひとつ・無効]だったものが[効果抜群]になる。 ステルスロックのダメージにも適用• 25倍のダメージ幅になる。 保存して使っても便利。 第六世代。 特別なメッセージが表示されるわけではないが、初代ポケモンから実装されている。 ポケモン本編:1. ポケモンGO:1. 2倍 その他、タイプによる効果 タイプ 効果 ノーマル — ほのお ・「やけど」状態にならない ・「こおり」状態の相手にほのおタイプの技を当てると解ける みず — でんき [XY以降]:「まひ」状態にならない くさ ・[XY以降]:「やどりぎのタネ」「こな」「ほうし」系の技が効かない ・「やどりぎのタネ」が効かない こおり ・「こおり」状態にならない ・天気「あられ」のダメージを受けない かくとう — どく 「どく」「もうどく」状態にならない じめん ・「でんじは」も効かない ・天気「すなあらし」のダメージを受けない ひこう 交代した際に「まきびし」「どくびし」の効果を受けない エスパー — むし — いわ 天気「すなあらし」のダメージを受けず、特防が上がる ゴースト [XY以降]:戦闘から離脱できなくする技・特性の効果を受けない ドラゴン — あく [SM以降]:特性「いたずらごころ」の効果で先制して出された変化技の効果を受けない up! はがね ・天気「すなあらし」のダメージを受けない ・「どく」「もうどく」状態にならない フェアリー — > >// > >.

次の

【ポケモンGO】かくとうタイプ複合相性まとめ! 今後のルカリオ対策にチェックしておこう

エスパー フェアリー

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

フェアリータイプ (ふぇありーたいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

エスパー フェアリー

概要 したポケモンが覚えている技はダイマックスわざとなる。 の場合は対応したタイプのダイマックスわざに、の場合は全てに変化する。 ダイマックスわざ一覧 ダイマックスわざはタイプごとに異なる効果がある。 威力は。 ダイマックスわざ タイプ 効果 相手全体のを下げる 味方全体のが上がる 味方全体のが上がる 味方全体のが上がる 味方全体のが上がる を状態にする 相手全体のを下げる 相手全体のを下げる 味方全体のが上がる を状態にする を状態にする を状態にする を状態にする を状態にする を状態にする 相手全体のを下げる 相手全体のを下げる を状態にする ダイマックスわざを含んだほぼ全てのわざを防ぐ 注釈• タイプによらず、すべてのはノーマルタイプのダイウォールとなる。 キョダイマックスわざ一覧 キョダイマックスしたポケモンの特定のタイプの攻撃技はキョダイマックスわざになる。 キョダイマックスわざは通常のダイマックスわざとは異なる効果を発揮する。 相手全体を・・状態のいずれかにする。 相手全体を状態にする。 相手全体を状態にする。 戦闘終了後にが拾える。 味方全体のランクが1段階上がる。 相手全体を状態にする。 相手全体のを下げる。 味方の場を状態にする。 相手全体の使用者とが異なるポケモンを状態にする。 相手全体を状態にする。 相手のの影響を受けない。 相手のの影響を受けない。 相手のの影響を受けない。 相手の場の・・、両方の場の、を消し去る。 場を状態にする。 相手の場を状態にする。 相手全体のを下げる。 場にいる味方全体のを治す。 相手全体をすなじごくに閉じ込め状態にする。 相手全体をか状態にする。 相手全体をほのおのうずに閉じ込め状態にする。 相手全体を状態にする。 相手全体が最後に使った技のを2減らす。 いちげきのかた 状態やを無視してダメージを与える。 れんげきのかた 状態やを無視してダメージを与える。 威力 ダイマックスわざの威力は、基本的に元の技の威力に応じて決まる。 ダイマックスわざの・・分類はダイマックス前の技に準拠する。 元の技の・・その他技の効果などは考慮されなくなる。 ダイマックスわざは元の攻撃技によらず必中し、ではなくなる。 このため技の効果も発動する。 ただしはほぼ全てのダイマックスわざを完全に防ぐことができる。 ダイウォールで防がれたダイマックスわざの効果は発動しない。 ダイマックスわざは味方に使用することができない。 ただし・は味方のダイマックスわざも吸収し、無効化する。 ダイマックスわざによる効果は一般技のとは少し仕様が異なる。 ダイマックスわざによるダメージは1体のみであっても、効果は全体に作用する。 特性のポケモンが使用するダイマックスわざでも技の効果が発動し、ちからずくの効果で威力が増えることは無い。 ダイマックスわざによる能力下降の効果や、の付加効果等は特性で防ぐことができない。 ダイマックスわざのダメージは状態で防ぐことができるが、発動する効果はみがわり状態では防げない。 通常の技と同じようにやで技が無効化されたときや、すでに対象がになっていたため技が失敗したときではダイマックスわざの効果は発動しない。 状態などで姿を隠していることでダイマックスわざは回避できる。 このとき技の効果も発動しない。 隠れているポケモンの味方のポケモンがダイマックスわざを受けた場合は、隠れているポケモンも技の影響を受ける。 ダイマックスわざによる能力変化は特性・の影響で変わる。 状態になったポケモンが使用する攻撃系ダイマックスわざ、および状態の場にいるポケモンが使用するタイプのダイマックスわざは全てに変わり、追加効果もになる。 影響を受けたポケモンがキョダイピカチュウかキョダイストリンダーである場合、ダイサンダーではなくそれぞれ専用のキョダイマックスわざを出し、追加効果もそれに合わせて変わる。 のポケモンはノーマルタイプの攻撃技をにして使用できる。 このときフェアリースキンによる威力補正は無くなる。 ・・・ はダイマックスわざにしても元の技と同じ条件でタイプが変わる。 ダイマックスわざに対する・は失敗する。 ダイマックスわざに対するは、そのベースとなった技を使用する。 ダイマックスわざは・・状態の影響を無視して出すことができる。 状態の影響は受ける。 ダイマックスする前、これらの状態で出せる技がないポケモンが「たたかう」を押すと自動的にを出すことになるためダイマックスさせることはできない。 ダイマックスが解除されたポケモンに対してが使用された場合、その前に使用したダイマックスわざのベースになったわざにアンコールがかかる。 ダイマックスが解除されたポケモンに対してが使用された場合、かなしばりは失敗する。 分類 - - - - - - - - - - - - - システム - - - - - - 一覧 わざ一覧 - - - - - -.

次の