あじさい 文献。 万葉集の時代から愛される「あじさい(紫陽花)」の風情を、存分に楽しみましょう。

白板紙のあじさい斑点トラブルの対策検討

あじさい 文献

抄録 白板紙はティッシュや日用雑貨などのパッケージに使用されている。 その原料としては主に古紙が使用されており,古紙由来の品質トラブルが多い。 特に発生すると多大な損失につながるトラブルとして,「アジサイ班点トラブル」がある。 「アジサイ斑点トラブル」とは,本来禁忌品である昇華転写紙が古紙に混入し,製品に抄き込まれ,常温で徐々に昇華性染料が昇華するために,数ヶ月後に紙表面に着色斑点が現れる現象である。 我々は古紙中の昇華転写紙を自動選別除去することを考え,その検出方法として昇華性染料の揮発性に注目した。 揮発性成分をリアルタイム検出する方法として,揮発性成分高感度センサーFAIMS(非対称フィールドイオン移動度スペクトロメータ)を検討した。 最初に,赤色昇華性染料について,FAIMSで検出確認を行った結果,ポジティブイオン,ネガティブイオン共に高感度で検出できた。 そこで,古紙に昇華転写紙を混合したサンプルについて検討した結果,ネガティブイオン検出において,昇華転写紙は古紙とピーク分離し,迅速に検出できることが判った。 また,ポジティブイオンでは,プリ・セパレーション装置の導入により,古紙と昇華転写紙のピークを分離して,古紙中から昇華転写紙を検出できることが判った。 今回の技術開発は,現場の古紙中の昇華転写紙を自動選別除去するシステムに適用できる可能性があると考える。

次の

蘇生ガイドライン2020

あじさい 文献

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、日本では、日本の医師に医学の講議を行い、ヨーロッパに日本の文化を広めたことで有名なドイツの医師・博物学者です。 自然科学の研究も行なっていたシーボルトは、日本滞在中に多くの植物の採取や調査に力を注ぎ、美しい紫陽花を世界に紹介しました。 彼が愛した日本人妻の楠本滝(愛称・オタキさん)の名前をドイツ風に捩ってOtakusa、という種小名で登録申請をされた記録もあるほどです。 今回は紫陽花に魅せられたシーボルトのお話と、シーボルトが魅せられた紫陽花の、よもやま話をご紹介します。 シーボルトはプラント・ハンター 15世紀のヨーロッパ諸国は、富を求めて軍艦を世界中に派遣するようになりました。 その時軍艦には必ずプラント・ハンターが乗り組んでいました。 任務は、経済価値のある植物資源になるような植物をたくさん採集すること。 プラスチックや化学繊維のない当時、植物は衣食住すべての資源の元でした。 又、医薬品や原材料にもなりました。 採集した植物は母国の植物園に送って、秘められた可能性を研究します。 現在の植物園とは違い、その頃の各国の植物園は資源戦略の総司令部であり最先端の研究開発機関でした。 こうして、植物が原産地から世界中に目覚ましいスピードで拡散することになりました。 シーボルトはたくさんの日本の植物をオランダに持ち帰り、それを育てて品種改良などに努めました。 西洋紫陽花もその一つでした。 シーボルトは、ライデンにオランダ王立園芸振興協会を設立し、おもに日本から植物を収集して苗の頒布を行いました。 その植物目録には433の植物名があります。 アジサイ属については、アジサイ、べニガク、フィリべニガク、ガクアジサイがあったと言われています。 シチダンカ(七段花) 「シチダンカ」は、六甲山系に自生する「ヤマアジサイ」の一種で、「シーボルト」が発見しました。 その著書「日本植物誌」で紹介して、その名が知られるようになったが、実物や標本を見たという日本人が現れず、長らく「幻のアジサイ」と呼ばれていました。 紫陽花よもやま話 アジサイ(紫陽花、英名・学名Hydrangea)とはアジサイ科アジサイ属の植物の総称です。 学名は「水の容器」という意味で、そのまま「ヒドランジア」あるいは「ハイドランジア」また、英語では「ハイドレインジア」と呼ばれています。 文学的にも歴史が古く、万葉集でも詠まれています。 植物図鑑の神様と称された、牧野富太郎氏の著した『牧野植物図鑑』の中には以下のような一文があります。 『集真藍』とは、『藍色の花が沢山集まって咲いた花』を意味するとの事。 牧野博士の言われる『あづさゐ』は、上記写真のようなガクアジサイを指しています。 一方、シーボルトが愛妻・お滝さんの愛称 Otakusa を、新種植物の学名(Hydrangea Macrophylla var. otaksa )に付記して申請したのは『半玉形のアジサイ』でした。 紫陽花は昔は貴族に好まれた花で色が七変化するので 心変わりにつながり、節操を重んじる武士には好まれなかったと言われています。 鎌倉は、ガクアジサイの自生地である三浦半島と伊豆半島に挟まれたような土地です。 鎌倉幕府の周辺にアジサイは植えられていたのでしようか? 今でも鎌倉は、アジサイの生育には適した環境のようで、半野生のアジサイを見かけますね。 「あじさいに燕」-葛飾北斎画 あじさい(紫陽花)は夏の季語。 あぢさゐの下葉にすだく蛍をば四ひらの数の添ふかとぞ見る(藤原定家) 「白氏文集巻第ニ十」「紫陽花詩」とその詞書き 招賢寺有山花一樹、無人知名色紫気香、芳麗可愛、頗類仙物 因以紫陽花名之 意味:招賢寺に、名前が不明の紫色の花木があった。 その名を知る人がいない。 色は紫で芳香がある。 芳しく麗しい愛すべき花。 まるで、仙界の花のようなのでこの花を紫陽花と名付けた。 この、「紫陽花」という漢字を今の「あじさい」の漢字として引用し始めたのが源順(みなもとしたごう)。 ちなみに現在中国では詩の中の「紫陽花」がどんな植物を意味するか不明とされています。 また、「草冠(くさかんむり)に便」の字に和訓として「止毛久佐又安知左井」とあることからアジサイの葉はトイレットペーパーであったらしい。 ガクアジサイの葉をトイレットペーパーにする習慣が都にあったなら、陰干しの葉を毎日必要とするので都の近くで栽培されていたことが考えられます。 紫陽花は食べれません。 アジサイは毒性があり、摂食すると中毒を起こします。 症状は過呼吸、興奮、ふらっき歩行、痙攣、麻痺などを経て死亡する場合もあります。

次の

紫陽花のおまじない まとめ

あじさい 文献

6月のねらいは「健康習慣や生活のルールを身につける」 保育園・幼稚園に彩りをあたえ、季節を感じさせてくれる壁面製作。 ほいくらいふでは1ヶ月1テーマで 保育・幼児教育のプロとしてねらいのある壁面製作をご紹介します。 6月の壁面製作のねらいは「 健康習慣や生活のルールを身につける」 保育指針では3歳以上の「健康」の領域のねらいとして 健康に関心をもつ、生活リズムを身につける、「人間関係」の領域では きまりの大切さに気づいて守るなどが挙げられています。 6月は「歯と口の健康週間」があったり、ジメジメとして食中毒なども気になってくる頃です。 子ども達に楽しく・快適に園生活を送ってもらえるように、壁面も上手に活用していきましょう! 6月のモチーフ例 【イベントやテーマ】 梅雨・衣替え・虫の日・歯と口の健康週間・時の記念日(ファミリーデー)・父の日・プール開き 【植物】 あじさい・さくらんぼ・百合・ラベンダー・田植え 【生き物】 カエル・かたつむり・蛍・うなぎ それでは、6月にぴったりなほいくらいふ特製の壁面製作アイデアをご紹介します! かたつむりの時計と「できたね」シール 時の記念日と かたつむりのお家を合体! 5歳児さんを目安に、お手本を見ながら数字を書いてみても良いでしょう。 まだ時計が読めない子ども達も時間に親しみ、「長い針が12になったら給食だね」などと生活リズムを身につけられるようになるかもしれません。 また、歯をきれいに磨けたら……服をきれいにたためたら…… 「できたね」の証として、シールを貼っていくと生活ルールを守りたいと思えるだけでなく、達成感も得られます。 かたつむりのぐるぐるを全てシールで埋められるでしょうか? カラフルてるてる坊主【0歳児・1歳児~】 「ちょっと寂しいな」と感じたら、 カラフルなてるてる坊主を飾りにプラスして。 お花紙をを丸めてつめることは未満児さんでもできます。 「 明日は晴れますように」と言葉かけをしながら作ってみましょう。 次からは現役保育士さんなどのユーザーさんによるほいくらいふに投稿があった6月の壁面を17個をご紹介します! あじさいやカエルなど雨の日が楽しくなる投稿がたくさんありますよ。 色鮮やかなので保育室もパッと明るくなりますね! 折り紙で作るあじさい 折り紙で1枚1枚丁寧に作ったあじさいが散りばめられています。 動物が傘になっているのもおもしろいポイントです! 簡単に作れるあじさい 折り紙を重ね切りして大量に作れるあじさいです。 カラフルなあじさいを見ていると本物のあじさいと比べてみたくなりますね。 思わず触ってみたくなりますね! さまざまな素材を使っているので、実際に触り感触の違いを楽しむこともできそうです。 あじさいを探しに冒険に出発【2歳児~】 木の枝や葉っぱが立体的で、冒険に出かけた気持ちになります。 2歳以上の子ども達と一緒に製作した壁面飾りです。 動物達は他の月にも応用ができそうですね! あじさいとカエル【3歳児~】 子ども達がクレパスを使って作ったあじさいとカエル。 それぞれの個性が出ていて保護者が見ても楽しめる壁面飾りですね! 傘の壁面アイデア集 子ども達が製作した傘を壁面に飾っています!個性あふれる作品が楽しいですね! しずくの模様がかわいい傘【3歳児~】 カラフルなしずくが傘に散りばめられています。 壁面を見ていると長靴を履いて思いっきりピシャピシャ遊びたくなりますよ! 雨と雷ぼうや ザーザーと雨の音が聞こえてきそうな壁面です。 悩んだり一人で作ったりする時間を短くし、余った時間を子どもと向き合うために有意義に使いませんか? ほいくらいふでは、皆さまのアイデアが共有できるよう自分で作った壁面や、子ども達と作った制作などを投稿できる「ユーザー投稿」機能があります。 自分の製作記録として残すこともできるので、振り返る時に使ったり、思い出として保存するのにも便利ですよ。

次の