今日の支持率。 「今日の内閣支持率」をご存じですか?

内閣支持率続落36% 前法相逮捕「首相に責任」75%|【西日本新聞ニュース】

今日の支持率

安倍内閣の支持率が急落している。 ジャーナリストの田原総一朗氏は、「これまでも国民の多くは決して満足していたわけではない」と指摘し、今回は、黒川弘務前東京高検検事長のスキャンダルで不満が爆発した結果だと分析する。 * * * 5月24日に毎日新聞が報じた世論調査によると、安倍内閣の支持率は27%で、6日に行った調査の40%から急落した。 なお、不支持率は64%で、前回の45%から19ポイント跳ね上がった。 さらに、25日に朝日新聞が全国世論調査の数字を報じたが、安倍内閣の支持率は29%で、16、17日に行った調査の33%から4ポイント落ち、何よりも、2012年12月に第2次安倍政権が発足して以後、初めて支持率が30%を割ったのである。 そして不支持率は52%と、5割を上回った。 前回は47%であった。 国民の多くが、本気で安倍内閣、というよりも安倍首相に怒っている。 はっきり言えば、国民の多くが安倍首相は辞めるべきだ、と主張しているのである。 森友・加計疑惑、桜を見る会、そして河井克行前法相夫妻のスキャンダルなど、第2次安倍内閣が発足して以降、数々のスキャンダルが露呈している。 森友事件では、決裁文書の改ざんを強いられた財務局職員が自殺し、怒りの遺書が公開された。 桜を見る会でも、税金の私物化がはっきりしている。 それでも安倍内閣の支持率は30%を割ることがなく、時間がたつと40%台に回復していたのである。 国民の多くは、決して安倍内閣に満足していたのではない。 強い不満を抱いていても、野党が弱すぎて、野党による政権に現実感を持てなかったのだ。 その要因は、野党各党が、具体的な政権構想を持っていなかったからである。 第2次安倍政権になってから、衆参の国会議員選挙が5回行われているが、いずれも安倍自民党が勝っている。 実は、選挙のたびに、私は野党各党の代表たちに、「あなた方は、アベノミクスの批判ばかり強調しているが、国民はアベノミクスの批判など聞きたくはない。 あなた方が政権を握ったら、どういう経済政策を行うのか。 それを具体的に示すべきだ」と強く求めたのだが、具体的な経済政策はいまだに示されないままである。 これでは、国民は野党に投票する気持ちになれないはずである。 そして、かつての自民党ならば、森友・加計疑惑が生じたときに、実力者の誰か、いや何人もが、「安倍首相、それは間違っている」と忠告し、それを無視すれば、首相を辞任すべきだ、という声が強まっていたはずである。 ところが、いずれの疑惑、そして桜を見る会という税金の私物化に対しても、自民党の国会議員からは、まったく声が出なかった。 どの議員もが安倍首相のイエスマンになってしまっているのである。 だが、黒川弘務前東京高検検事長のスキャンダルで、国民の多くが、安倍首相に怒りを爆発させた。 安倍首相も森法相も、黒川氏の定年を延長させたとき、他に替えの利かない人物のように言い切った。 明らかに憲法を無視した違法人事を、である。 しかし、賭けマージャンが露呈すると、あっさりと辞任を認めた。 となると、1月の定年延長は、一部のマスメディアが報じたように、黒川氏を検事総長にすることで、さまざまなスキャンダルでの安倍首相に対する起訴を回避させようとした、としか捉えられなくなる。 それがわかり、国民の怒りが爆発したわけだ。 国民の多くは、極端に言えば、安倍首相以外ならば誰が首相になってもよい、とさえ考え始めている。 33 前スレ 以下ネットの反応.

次の

W辞任でも「他よりよさそう」 「安倍以外全弱」で今日も支持率堅調: J

今日の支持率

法務部長官を務めた首相の側近が夫人とともに拘束されるという事態が起こった中、安倍晋三政権の支持率が大幅に下落したという世論調査の結果が発表された。 共同通信が20~21日、日本の有権者を相手に実施した電話世論調査で、安倍内閣の支持率は先月29~31日の調査時より2. 7%ポイント下落した36. 7%と集計された。 調査方法に違いがあるものの、単純に比較すると今回集計された内閣支持率は、加計学園獣医学部新設をめぐる不正疑惑で政局が沸騰した2017年7月(35. 東京地検特捜部は今月18日、河井克行前法相(法相)とその妻の案里参院議員が昨年7月、日本の参院選で総額2570万円(約3億ウォン)を支払い、広島市議会議員数十人を買収したとして逮捕した。 回答者の75. 安倍首相は河合克幸氏を昨年9月の内閣改造で法相(法務部長官に該当)に任命しており、最近、検察捜査で不正疑惑が明るみになり、「任命権者である安倍首相は政治的責任を負うべきだ」という指摘が出ている。 お前達のレベルにはちょうど安倍首相が合っている。 ずっと安倍首相で踏ん張れ。 倭国の指導者たる人物である。 もっと頑張ってほしい。 そうしてこそ日本の未来があり周辺国と共存できる。 夫婦とも拘束か。 日本はまだまだだ。 あんな人が首相なんて情けない。 日本が滅びないのはおかしいし日本は極右が消えない限り絶対立ち上がれない。 なんで悪口を言うのか。 どうぞよろしくお願いします。 もう一度やってもいいだろう。 daum. 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の

内閣支持率続落36% 前法相逮捕「首相に責任」75%|【西日本新聞ニュース】

今日の支持率

共同通信社が20、21両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は続落し、前回5月末より2・7ポイント減の36・7%となった。 不支持率は49・7%で前回より4・2ポイント増。 公選法違反(買収)容疑で逮捕された前法相の河井克行衆院議員と妻の案里参院議員=共に自民党離党=について「議員辞職すべきだ」との回答は90・4%に達した。 党総裁の首相に「大いに責任がある」「ある程度責任がある」の合計は75・9%に上った。 調査手法が異なるため単純比較はできないが、は2012年の第2次安倍政権発足以降、17年7月に35・8%の最低を記録したのに次ぐ低い数字。 17年は学校法人「加計(かけ)学園」による獣医学部新設計画に対する政府の説明が問われていた。 今回は、対応や検察幹部人事を巡り政権の求心力が低下していたところに「政治とカネ」の問題が追い打ちを掛けた形だ。 新型コロナ感染収束後の消費喚起策「Go To キャンペーン」の事務委託費に最大約3千億円が計上されたことを「適切だ」とした答えは24・8%。 「適切でない」は57・3%だった。 政府の新型コロナ対応は「評価する」が48・8%で「評価しない」の44・7%を上回った。 次の首相にふさわしい人は、自民党元幹事長が23・6%で首位。 安倍首相が14・2%で続いた。 地上配備型迎撃システム「」の配備計画停止については「元々計画を進めるべきでなかった」が44・4%で最多だった。 政党支持率は、自民党37・3%、立憲民主党7・6%、国民民主党1・5%、3・4%、共産党3・1%、7・4%、1・2%、NHKから国民を守る党0・5%、れいわ新選組1・4%。 「支持する政党はない」とした無党派層は34・2%だった。

次の