安心フィルター アンインストール au。 Androidのあんしんフィルター for docomoをアンインストールする方法! 設定を解除して削除しよう

「i

安心フィルター アンインストール au

iPhoneのプロファイルとは?役割・特徴 プロファイルとは端末の各種設定が記載された情報を集約したファイルです。 ですが、iPhoneではなぜこれが必要になるのか、理解できていない人は多いです。 スムーズに導入するためには、プロファイルとはそもそもどのような役割を果たすのかを知っておくことが大切です。 基本的な部分の理解を深めておくことで、手順もスムーズに進めやすくなります。 回線の切り替え時に自分で操作が必要 iPhoneでプロファイルの設定が必要なのは、回線の切り替えを自分で行う場合です。 回線切り替え時には、「APN設定」というものが必要であり、これを行うために「構成プロファイル」をiPhoneにインストールします。 APN設定とは回線切り替えの設定であり、iPhoneとインターネットを接続するための初期設定です。 新規で契約した場合は最初からAPN設定は行われていますが、格安SIMからの乗り換えのように、SIMカードを差し替えて使う場合は、自分で設定しなければなりません。 必ずしもプロファイル設定が必要なわけではなく、SIMカードの入れ替えが必要な乗り換えだと、設定が必要になるといえます。 一括設定を行うのに便利 iPhoneで使用するプロファイルは「XML形式」のファイルであり、各種情報が集約されている点が特徴です。 インターネット接続時の初期設定にプロファイルを用いるのは、これをインストールすることで、アカウントやメールサーバーなどの設定も合わせてできるからです。 プロファイルは導入するとインターネットに接続できるだけではなく、その他様々な設定が一括で行えます。 ひとつひとつの設定を個別で行うのは手間がかかりますが、それを簡略化してまとめて行えるものが、プロファイルだと考えましょう。 キャリア変更の場合に削除が必要 プロファイルの設定は格安SIMからの乗り換えだけではなく、大手キャリア同士の乗り換えでも必要です。 これはキャリアごとに使用するプロファイルが違っており、iPhoneでは設定できるプロファイルが1つに限られているからです。 つまり、別のキャリアのプロファイルに新しいキャリアのプロファイルを追加したり、上書きしたりはできないため、一度削除して、新しいものをインストールし直します。 ただし、キャリア変更でもSIMフリー端末を使用している場合は、プロファイルの削除は不要です。 キャリア限定の端末を使用している場合のみ、乗り換え時にプロファイルの設定をしなければなりません。 SIMを端末に挿入する• 端末の電源を入れ通信を開始させる• 指定されたURLにアクセスする• インストール開始させる まずはインストールまでの方法を知り、iPhone内にプロファイルを導入しましょう。 SIMを端末に挿入する まずはSIMカードを確認し、契約しているキャリアのもので間違いがないかチェックすることが大切です。 万が一間違いがあった場合は、送り主とキャリアに連絡をして、正しいものを再送してもらう必要があります。 SIMカードを確認し、問題がないならiPhoneに挿入します。 挿入する際には、向きを間違えないよう注意が必要です。 また、SIMカードは小さいため、万が一にもなくさないように気をつけて扱わなければなりません。 さらに無理に挿入しようとすると破損する恐れもあるため、丁寧に扱うことが大切です。 さらに、SIMカードは奥まできちんと挿入できていないと、起動時に認識されません。 SIMカードが認識せず、初期設定が上手くいかないことは多いため注意が必要です。 端末の電源を入れ通信を開始させる SIMカードを挿入した後は、端末の電源を入れます。 初期設定時にはネットワーク通信が必要なため、WiFiに接続して行いましょう。 WiFiは公共のフリーWiFiでも構いませんが、通信時間が限られていることも多いため、可能な限り自宅で行うことがおすすめです。 WiFiへの接続は、設定アプリから「WiFi」を選択し、接続したいSSIDとパスワードを入力して行います。 指定されたURLにアクセスする プロファイルの設定が必要な場合は、SIMカードと一緒にURLを指定した書類が同封されています。 これはプロファイルをインストールするためのURLであり、 開く時はSafariのブラウザを使用します。 その他のブラウザでもURLは開けますが、プロファイルのインストールができない場合があるため注意しましょう。 インストール開始させる 指定されたURLにアクセスすると、プロファイルのインストールを許可するかという表示が出ます。 「許可」をタップし、「インストール」をタップするとプロファイルのインストールが開始されます。 違うブラウザを使用すると、「許可」や「インストール」が表示されない可能性があるため気をつけなければなりません。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneのプロファイルの確認を行う 指定されたURLからプロファイルをインストールしても、それだけで終わりではありません。 構成プロファイルがきちんとiPhoneに導入されているか、確認しておく必要があります。 プロファイルの確認まで終わって初期設定は終了であり、もし導入が確認できないなら再度インストールをやり直す必要があります。 さきほどインストールしたプロファイルが、表示されているなら設定は完了です。 プロファイル名が表示されていない場合は、インストールが正しく行われていないため、もう一度最初からやり直さなければなりません。 SoftBankでは一括設定の表示される場合がある キャリアごとにプロファイルの設定方法は違い、SoftBankでは「一括設定」と表示されることがあります。 「一括設定」と表示されている場合は、さらに設定を進め、プロファイル設定を完了させなければなりません。 一括設定の方法は、iOSのバージョンによって違うため、詳しくはSoftBankの公式サイトから確認しましょう。 WiFiの設定をオフにしたり、Safariの設定を変更したりしなければならないため、手順は細かく確認することが大切です。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneのプロファイルの削除について プロファイルはインストールするだけではなく、削除して設定し直すことも可能です。 プロファイルの削除はそれほど頻繁に行うわけではありませんが、必要になるシーンもあるため覚えておくと便利です。 削除の方法と、必要になるシーンを紹介していきますので、トラブルがあった場合には上手に対処しましょう。 削除する手順 プロファイルを削除するには、まずは設定アプリを開きます。 最後にパスコードを入力し、「完了」をタップして削除は終了です。 基本は削除する必要はない 設定アプリからプロファイルの削除はできますが、基本的には削除する必要はありません。 プロファイルを削除すると各種設定まで消えてしまい、不便を感じてしまうことも多いです。 削除してしまうと再度プロファイルのインストールが必要になるため、どうしても削除せざるを得ない状況以外は、削除は不要です。 作業が必要になるのは、公式以外の信頼性のないサイトからプロファイルをインストールしてしまった場合のみです。 キャリアによっては再設定のために削除が必要なケースもありますが、公式サイト以外からプロファイルをインストールした場合以外は、最初に導入したプロファイルは削除しないようにしましょう。 怪しいサイトのプロファイルの場合 公式サイト以外のプロファイルがインストールされる原因は、信頼性の低いサイトの利用やアプリのインストールが挙げられます。 サイトを閲覧している際に間違ってインストールしてしまったり、インストールしたアプリから知らない間に取り込まれていることも多いです。 そのため、プロファイルを削除した後は、怪しいサイトの利用を控えたり、該当しそうなアプリを削除したりすることが大切です。 iPhoneならApp Storeを利用し、それ以外のサイトからアプリをインストールしないようにしましょう。 ただし、App Storeでも一部怪しいアプリが混ざっていることもあるため、インストールする際にはリリース元もチェックして、信頼できるか確認しておくことが大切です。 アプリによる不要なプロファイルのインストールを防ぐためには、そもそも不要なアプリをインストールしないことも重要です。 不用意にインストールせず、本当に必要なものだけに絞って選ぶことで、より安全にiPhoneを使えるようになります。 docomoメールが届かない場合 プロファイルの削除が必要なケースとしては、docomoメールが届かない場合も挙げられます。 docomoキャリア独自のdocomoメールが届かない場合は、プロファイルの設定が間違っている可能性があります。 まずは設定アプリからプロファイルの削除を行い、その後Safariを開いてインストール設定を行いましょう。 このときアカウントのIDとパスワードの入力が必要です。

次の

安心フィルタリング|料金・サービス|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

安心フィルター アンインストール au

i-フィルターとは? お子さんがスマホを通じて危険な目に遭わないように、出会い系サイトやエッチなサイトをブロックしたり、危険なアプリのダウンロードをブロックしたりするフィルタリングアプリです。 他にもお子さんの位置情報の確認やインターネット使用時間の制限などができます。 通常はiphone版が年額4000円、android版が年額3900円ですが、 LINEモバイルでは無料で利用できます。 フィルターを使用しない場合は親権者の許可が必要です。 i-フィルターの利用開始方法 マイページで利用申し込み 1、まずはにログインします。 パソコンでもスマホでも構いません。 ログインしたらプラン・オプションを押します。 2、フィルタリングアプリの変更するを押します。 3、利用するを選択して、申し込むを押します。 4、フィルタリングアプリコードをコピーするかメモしておいてください。 この後のi-フィルターの認証に使います。 これで申し込みは完了です。 i-フィルターのダウンロードとインストール ここから先の作業はフィルターをかけたい端末で行います。 (子供のスマホにフィルターかけたいなら子供のスマホで) 機種によって設定画面に多少の違いがあります。 1、まず でダウンロードします。 参考: 2、ダウンロードが終わると「ダウンロード完了」の通知が出ます。 通知をタップしてダウンロード履歴に進み、i-フィルターをインストールします。 3、インストール時に「提供元不明のアプリはインストールできません」というような表示が出た場合はOKを押します。 下の画面に移ったら、提供元不明のアプリのチェックボックスをオンにします。 オンにするとインストールが始まります。 4、インストールが終わったら、i-フィルターを起動します。 起動すると下の画面が表示されますのでOKを押します。 5、提供元不明のアプリのチェックボックスをオフに戻します。 オフにしたらデバイス管理機能を押します。 6、i-フィルターのチェックボックスをオンにします。 これでインストールは完了です。 1、さきほどLINEモバイルマイページで取得したフィルタリングアプリコードを入力します。 2、この後はメールアドレスや住所氏名の入力画面に移ります。 画面の指示通りに進んでいけばOKです。 注意点としては 管理パスワードはお子さんに知られないようにしてください。 管理パスワードがばれてしまうとi-フィルターを解除されてしまいます。 3、最後にフィルター強度の設定をします。 選択肢は「小学生・中学生・高校生・大人・フィルターOFF」です。 年齢が低いほどフィルター強度は高くなります。 ブラウザとして使うものなんですね。 ちなみに他のブラウザアプリを開こうとしても、強制的にi-フィルターが起動しますので、フィルターからは逃れられません。 i-フィルターの機能 にログインするとi-フィルター機能の各種設定ができます。 管理ページにはブラウザから行けるので、i-フィルターをインストールする必要はありません。 ネットにつながっている端末さえあれば、 どこからでもi-フィルターの遠隔操作が可能です。 個別にジャンル指定も可能。 ネットショッピングやオークションなどの購入ページブロック機能もあります。 URLを指定して、見せてよいサイト・見せたくないサイトの設定もできます。 個別にジャンル指定も可能。 インストール済みアプリのブロック機能もあります。 1日のインターネット利用の上限時間を設定。 曜日別に設定可能。 例えば、月曜日は16時~19時までがインターネット利用してよい時間帯で、上限は2時間までというように設定できます。 曜日別に設定可能。 スマホをほぼ電話専用として使いたい場合に有効です。 パスワードがわからなければアンインストールはできません。 現在位置だけでなく過去の位置情報も15分刻みで確認できます。 子供やお年寄りがはぐれてしまった時に、位置情報からかんたんに探し出せます。 利用制限の一時解除 ブロックされたサイトやアプリの解除を子供から親に申請する機能があります。 ブロックされたサイトを開こうとすると上のような解除申請フォームが表示されます。 管理者(親)はこの申請を許可するかしないかを選択します。 解除申請はメール通知可能。 解除申請自体をできないようにする設定もあります。 ・ 申請機能の一覧• webサイトのブロック解除申請• アプリのブロック解除申請• インターネットの利用時間延長申請 i-フィルターってアプリの評価低いけど大丈夫? のページに行くと評価の低さに驚かれるかもしれません。 評価コメント見てみると 「いちいち色々なところがロックされ過ぎ」 「このアプリ邪魔。 」 「すごく残念なアプリ。 この時代にこんなもの必要ない。 」 散々なコメントばかりですね。 でも安心してください。 i-フィルターは 日本PTA全国協議会が推奨し、全国31,000校以上で導入済の信頼性の高いアプリです。 評価コメントはフィルターを掛けられた子供たちの怨嗟の声です 笑 子供がちょっとかわいそうですが、評価が低いのはi-フィルターがきちんと機能している証拠です。 子供のために心を鬼にしましょう。 フィッシングサイトや出会い系アプリにはまってしまってからでは遅いのです。 月500円から始める子供用LINEモバイル 参考: LINEモバイルは子供に最適な格安SIMです。 たったの500円で子供用スマホに必要な機能がそろいます。 ・i-フィルター(無料)で有害なサイト・アプリをブロック。 ・迷子の時は位置情報の確認も可能。 ・データSIM(SMSなし)でLINEインストール可能。 ・LINE通話・ビデオ通話がデータ消費なしで使い放題。 i-フィルターで子供を危険から守り、LINEでいつでも連絡することができます。 LINEモバイルにはカウントフリーというサービスが標準で装備されており、 LINEアプリのデータ通信はカウントされず、データ消費なしで使えます。 LINE音声通話・ビデオ通話もカウントフリー対象なので電話し放題です。 通常の格安SIM(MVNO)ではLINEインストールにSMSが必要です。 そのためもう少し料金高めのプランに入らなければいけなくなります。 もちろんLINE使い放題のサービスもありません。 「お子さん・お年寄りの見守り用にスマホを持たせたい」 「でもあまりお金はかけられない」 そんな方にぴったりなのが です。 まとめ ・LINEモバイルなら無料! ・サイト・アプリのブロック。 ・ブロック解除申請。 ・使いすぎ防止のタイマー機能。 ・サイト閲覧・通話・位置情報の履歴確認。 このページではi-フィルターのインストール方法から機能の詳細まで解説してきました。 LINEモバイルなら i-フィルターが無料でしかも LINEアプリがカウントフリーで使い放題です。 500円でこれだけの機能がそろっているのはLINEモバイルだけです! お子さんに安全にスマホを使ってもらい、なおかつ低価格で運用できるのは嬉しいですね。

次の

『あんしんモード』アプリを削除(アンインストール)する方法【ドコモ】 ≫ 使い方・方法まとめサイト

安心フィルター アンインストール au

子供をネットの危険から守るフィルタリングソフトiフィルター iフィルターはインターネットにひそむ危険からお子さまを守る「フィルタリングソフト」であり、中でもiフィルターはシェアが高く、サイトのフィルタリング、アプリのフィルタリング、利用可能時間帯の設定、履歴管理等、非常に高機能なおすすめアプリだと思います。 管理人一家が契約している楽天モバイルでは、回線利用者が未成年者の場合、強制的に「iフィルターforマルチデバイス」月額300円(税別)の契約に加入させられるようになっています。 もともとiphoneを使用していたころから、iosのペアレンタルコントロール制御をおこない、アプリのインストール等を制限していましたので、子供をネットの闇の部分から守るためにもこういったペアレンタルコントロールを未成年者におこなうことは大賛成です。 heuwaiの端末ではiフィルターが簡単にアンインストールできてしまう 長女のhuawei p10liteに「iフィルター」をインストール、設定も終わり一息ついておりましたが、数日すると「iフィルター」が動いていないことがわかりました。 長女に聞いてみると、「ホーム画面からフツーにアンインストールできたよ」とのこと。 なん・・・だと・・・ iフィルターの公式ページで見ても、「アンインストール対策もバッチリ」的なことを記載しておりますし、管理人の設定方法にも誤りはありません。 再度、長女の端末に「iフィルター」を設定して、ホーム画面からアンインストールを試してみます。 ホーム画面からアプリを画面上端に持っていくと、「アンインストール」の画面がでてきます。 まさか、このままアンインストールされる訳ねーだろと思いながら、 「iフィルターをアンインストールする前に、関連付けを解除してください。 とても迅速な対応です。 この対応の早さを見ると、同様の現象で問い合わせをかけたhuaweiユーザーが相当数いるのではないでしょうか。 管理人もこの現象の対応にかなりの時間(半日・・・)費やしました。 huaweiユーザーで子供たちを守りたい親御さん達のためにも、デジタルアーツさんから送付された対策手順を公開させていただきます。 原因はhuaweiのデフォルトランチャー「huaweiホーム」 huawei p10liteのデフォルトランチャーである「huaweiホーム」では、iフィルターアプリのアンインストール権限を無効化する機能を搭載しているとのこと。 以下、デジタルアーツさんからの返信メールを加工して抜粋します。 huawei p10lite iフィルターアンインストール対策の手順 デジタルアーツさんからの対応方法を長女のhuawei p10liteに適用した内容を記載します。 デフォルトランチャー「huaweiホーム」の変更 1.まずはgoogle playストアから「Google Nowランチャー」をインストール 2. またHUAWEI社の端末システムに、強力な節電・ タスクキル機能があります。 それらの機能によりi- フィルターが停止される可能性がございます。 アプリアイコンから「端末管理」をタップし、起動します。 アプリの一覧から「i-フィルター」を許可します。 アプリの一覧が表示されましたらi-フィルターを許可します。 [上記設定項目がございません場合] 以下の設定項目をご確認下さい。 長女のhuawei p10liteの場合、「2. アプリの一覧から「i-フィルター」を許可します。 」の部分がデジタルアーツさんの手順と若干異なりましたので下記に記載します。 メモリクリーンアップでタスクキルされるのを対象外にする設定のようです。 「端末管理」アプリの利用を禁止します。 さらに、上記の端末管理アプリの使用を禁止します。 端末管理アプリを起動します。 以下のいずれかの設定項目がございますので設定をご確認下さい。 [保護されたアプリ]を開き、i-フィルターが「保護」 になっていることを ご確認下さい。 [ロック画面のクリーンアップ]を開き、i-フィルターを「 閉じない」に なっていることをご確認下さい。 設定が終わりましたら、i- フィルターの管理画面へログインします。 端末内のアプリケーション一覧が表示されますので、 「端末管理」を「禁止しています」にご設定下さい。 上記をご設定いただきましたら、[ユーザー補助]をON、 [システム設定の保護をする]にチェックをいれ、再度 動作をご確認ください。 最後の「ユーザー補助」はhuawei端末側からおこなう操作です。 ) 以上で、huawei p10liteからiフィルターをアンインストールできなくする手順の完了です。 huaweiユーザーで、お子さんにiフィルターを削除されちゃった方は参考にしてください。 iフィルターのシステム設定 システム設定の保護するの、チェックを外し一時的に、解除してから、子供が、目の前で、ロック画面も、バズホームで、ロック画面で設定しました。 任天堂のスイッチから、誕生日プレゼントがメールできて、携帯の壁紙が、六枚程使える様になったので、それに変えるとの事でした。 今、さつきやり、すぐに、またフィルターをかけました。 なんかややこしいのに、色々注文が多いです。 今回は解決しましたが、管理するのもしんどいです。 嫁に、それを言ったら、フィルタリングの有料版の設定、特に時間制限と、有害サイトのアクセスをして欲しいって頼まれてややこしいんやでと言うと、そんな細かい事しなくて良いとか訳のわからい事を言う始末で、子供の携帯で、夫婦喧嘩の元になりました。 笑い お世話になりました。 有難うございます。

次の