深田 恭子 ルパン。 深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』“セクシー泥棒スーツ”公開にネット上は大興奮! (2019年6月26日)

『ルパンの娘』映画化案浮上、深田恭子が10年ぶり主演か。視聴率微妙も劇場版製作のワケは…

深田 恭子 ルパン

来歴 、中学2年生の時に歌手・に憧れ、第21回「PURE GIRLオーディション」で2万人近い応募者の中からグランプリを受賞し 、芸能界入り。 、ドラマ『』で女優デビュー。 、スカウトキャラバンの出身者を中心に結成されたアイドル「」に参加(翌年夏の「HiP」卒業までラジオ番組やイベントなどに出演)。 同年夏に放送された、主演ドラマ『』()でに感染する女子高生を演じ、一躍脚光を浴びた。 、『』(フジテレビ)でドラマ初主演。 同年5月 、レコード会社11社の争奪戦の末、から 「」をリリースし、歌手デビュー。 その後11月にはピアニストとしてミニ・アルバム『Dear…』を発表。 、原作の『』で映画初主演。 主題歌「」を歌う。 、同級生の、らとともにを卒業。 、日本の女優として初めて 「2003春夏」に出演し、・のコーナーの最後で着物風のドレスを着て舞台に立ち、を経験。 、映画『』において・桃子役を演じ、第59回主演女優賞を最年少受賞となったほか複数の賞を受賞。 、主演した原作のドラマ『』()神戸美和子役が当たり役となる。 また、10月より『』(フジテレビ)で初のレギュラー出演。 2009年、『』()に役で出演。 初めての大河ドラマ出演となる。 4月公開の映画『』のが演じる白の女王の声の日本語吹替 、2011年公開の映画『』でアニメ声優 にそれぞれ初挑戦する。 、『』(NHK)で自身初となるヒロイン・役で出演。 8月、『』で舞台に初挑戦。 2020年、週刊プレイボーイでグラビアを載せる。 人物 6歳年下の妹がおり 、甥もいる。 2歳から始めた水泳が「前世はイルカ (だったかも)」と言う程に大好き。 その水泳好き・プール好きな所から公式ファンクラブの名称は自身で「pool」と命名。 ドラマ『』、『神様、もう少しだけ』のタイトルバックや「ロッテ・ミントブルー」「キリン氷結ZERO」のCMでも実際に本人が泳いでいる映像が使用されている。 また、30を過ぎてから趣味でもやっている。 4歳からピアノを始め 、作曲も行う。 リリースのピアノアルバム『Dear…』に収録されているタイトル曲と「Into The Light」は自作曲。 初バラエティ番組レギュラーとなった『新堂本兄弟』でも、の一員としてを担当している。 靴サイズは意外に大きめで26. 5センチ(ちなみに、身長はずっと低かったマリー・アントワネット<154センチくらい>だが、その靴サイズは23センチ前後とされている) 「前々世はマリー・アントワネット」 と自負するほどフランス王妃に憧れていて、にはフジテレビ系特番『深田恭子が行く! 王子様探しの旅・私をベルサイユに連れてって』でフランス行きも果たす。 受賞歴• 1998年• 第36回• 最優秀新人賞• 放送新人賞• エランドール賞 新人賞• 第18回 助演女優賞(『』)• 1999年• 第22回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『』)• 2000年• 第13回 新人賞(『』)• 2001年• 新人俳優賞(『死者の学園祭』)• 第12回 10代部門• 第2回• 第30回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(『』)• 2002年• 第35回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(『』)• 2003年• 2003• 2004年• 第59回毎日映画コンクール 女優主演賞(『』)• 第26回 主演女優賞(『下妻物語』)• 第14回東京スポーツ映画大賞 主演女優賞(『下妻物語』)• 2005年• 優秀主演女優賞(『下妻物語』)• 2005 マックスファクタービューティースピリット賞• 2006年• ネイルクイーン2006(女優部門)• 2009年• 第2回ゴールド・メイクアップ賞 モードファッション部門• ネイルクイーン2009(女優部門)• 第19回東京スポーツ映画大賞 助演女優賞(『』)• 第52回 助演女優賞(『ヤッターマン』)• 2010年• 2015年• 第26回日本ジュエリーベストドレッサー賞(30代部門)• 2017年• BEST COSMETICS AWARDS 2017• 2019年• 優秀助演女優賞(『』)• 第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『』) 主な出演 テレビドラマ• (1997年4月6日 - 27日、 )• (1997年7月2日 - 9月17日、、、【主演:】) - 水野和音 役• (1998年1月7日 - 3月18日、フジテレビ、水曜劇場、【主演:】) - 内田亜矢 役• (1998年7月7日 - 9月22日、フジテレビ、【主演:】) - 叶野真生 役(ヒロイン)• (1999年7月2日 - 9月17日、、【主演:】) - 三浦透子 役(ヒロイン)• ・炎の命がけドラマSP(1999年9月24日、TBS、【主演:】) - 君島ヒカル 役• (2000年1月8日、テレビ朝日) - 主演・田村優 役• (2000年1月11日 - 3月21日、、【W主演・】) - 主演・飯島有羽 役• (2000年7月1日 - 9月16日、日本テレビ、【主演:】) - 田村麻奈美 役(ヒロイン)• ドラマSP チーム(2000年11月、フジテレビ、【主演:草彅剛】) - 館野由貴 役• (2001年1月3日、TBS) - 主演・辻沢仁子 役• (2001年1月12日 - 3月16日、TBS、【主演:】) - 入江唯 役(ヒロイン)• (2001年 - 、フジテレビ)• 春の特別編 「友達登録」(2001年4月5日) - 西嶋小百合 役• 秋の特別編 「採用試験」(2002年10月3日) - 96番 役• (2008年9月23日) - 羽馬ひより 役• (2016年10月8日) - 土岐田栞 役• (2001年7月4日 - 9月19日、フジテレビ) - 主演・吉田小夜子 役• (2002年2月4・5日、TBS) - 主演・浅井智子 役• (2002年4月17日 - 6月26日、TBS、【主演:】) - 江沢夏澄 役(ヒロイン)• (2002年9月21日、フジテレビ) - 四村塩 役• 負け組キックオフ(2002年10月4日、テレビ朝日) - 主演・葛西淳子 役• (2002年10月12日 - 12月14日、日本テレビ) - 主演・彩木くるみ 役• (2002年10月13日 - 12月22日、TBS、、【主演:】) - 進藤恵(四女) 役• (2003年8月23日、日本テレビ、スペシャルドラマ、【主演:】) - 鎌形睦美 役(ヒロイン)• (2003年10月7日 - 12月9日、関西テレビ、【W主演:】) - 主演・古森灯 役• (2004年1月17日 - 3月13日、日本テレビ、【主演:長瀬智也】) - 石井玲子 役(ヒロイン)• (2004年5月24日 - 6月21日、、) - 主演・吉川和子 役• (2004年7月8日 - 9月16日、テレビ朝日、、【W主演:】) - 主演・堀切ちよみ 役• (2004年12月13日 - 16日、日本テレビ) - 主演・栗原冬海 役• 年末時代劇 (2004年12月28日、フジテレビ、【主演:草彅剛】) - 松子 役• シリーズ(2005年 - 2006年、・テレビ朝日) - 主演・神戸美和子 役• 富豪刑事(2005年1月13日 - 3月17日)• (2006年4月21日 - 6月23日)• (2005年4月7日、TBS、【主演:】) - かおる 役• (2005年7月14日 - 9月15日、TBS、【W主演・】) - 主演・浅田ひかり 役• ウメ子(2005年12月5日、TBS) - 主演・太田みよ 役• (2006年4月9・10日、TBS) - 主演・関口輪子 役• (2006年12月29日、関西テレビ・フジテレビ) - 主演・おまん(三枝ゆき) 役• (2007年3月13日、日本テレビ) - 主演・香野可菜 役• (2007年7月5日 - 9月20日、フジテレビ、【主演・】) - 毬谷まりえ 役• (2007年8月18日、日本テレビ、スペシャルドラマ、【主演:滝沢秀明】) - 木崎トキコ 役• (2007年9月9日(日)、テレビ朝日系列、【監督代表作品、主演:】) - 小田切サチ 役• (2007年11月25日(日)、) - 主演・一ノ瀬恵梨香 役• (2008年1月11日 - 3月14日、テレビ朝日、) - 主演・吉田めぐる 役• (2008年7月15日 - 9月16日、日本テレビ) - 主演・相田舞 役• (2009年1月4日 - 11月22日、NHK、、【主演:】) - 役• (2009年3月21,22日、フジテレビ、【主演:】) - 川口文子 役• (2009年7月18日 - 9月26日、日本テレビ、【主演:長瀬智也】) - ドロシー 役(ヒロイン)• (2010年1月12日 - 3月16日、関西テレビ、【主演:】) - 栗田鳴海 役(ヒロイン)• (2010年10月12日 - 12月14日、NHK、【主演:】) - 鈴木万理江 役• (2010年11月21日 - 2011年1月16日、WOWOW) - 主演・新海美冬 役• (2011年10月 - 12月、TBS) - 主演・浅葱芹菜 役• (2012年1月 - 12月、NHK、大河ドラマ、【主演:】) - 役(ヒロイン)• (2012年10月 - 12月、フジテレビ) - 主演・篠田香織 役• (2013年7月8日 - 9月16日、TBS、【主演:】) - 梶田聡美 役(ヒロイン)• 「影の暗示」(2013年8月17日、フジテレビ) - 主演・遠山美和 役• (2013年8月24日、日本テレビ、スペシャルドラマ、【主演:】) - 大久保由里子 役• (2014年4月8日 - 6月3日、NHK、) - 主演・里見涼 役• (2014年7月7日、フジテレビ) - 主演・斉藤美穂 役• (2014年10月21日 - 12月23日、TBS) - 主演・岩崎麗 役• (2015年2月6日 - 3月20日、テレビ朝日、金曜ナイトドラマ、【主演:】) - 西原結唯 役(ヒロイン)• (2016年1月 - 3月、TBS) - 主演・柴田ミチコ 役• (2017年1月 - 3月、TBS、【主演:】) - 桜井香夏子 役• (2017年7月14日 - 9月15日、TBS、【主演:】) - 四俵蘭子 役(ヒロイン)• (2018年1月18日 - 3月22日、フジテレビ) - 主演・奈々 役• (2019年1月15日 - 3月19日、TBS) - 主演・春見順子 役• (2019年6月7日、NHK総合 ) - リセ 役• (2019年7月11日 - 9月26日、フジテレビ) - 主演・三雲華 役 映画• (1998年4月、、監督:淵井正文) - 夢野美香 役• (1999年1月、、監督:) - 沢口香苗 役• (2000年8月、、監督:) - 主演・結城真知子 役• (2001年2月、東映) 第3話「約束」(監督:) - 主演• (2002年10月、松竹、監督:) - 山口春菜 役• (2003年10月、東宝、監督:) - 藤原日美子 役• (2003年11月、東宝、監督:) - 四女・陣内咲子 役• (2004年5月、東宝、監督:) - 主演・竜ヶ崎桃子 役• (2006年1月、松竹、監督:宮坂まゆみ) - 主演・天使 役• (2006年12月、東宝、監督:) - 女中・はる 役• (2009年12月、東宝、監督:長沼誠) - 生野千恵 役• (2010年9月、、監督:) - 主演・谷山真由美 役• (2011年8月、松竹、監督:) - 沢村桃子 役• (2011年9月、松竹、監督:黒崎博) - 鈴木万理江 役• (2011年10月、、監督:) - 仲西秋葉 役• (2011年10月、東宝、監督:) - 前田くま 役• (2011年12月、ワーナー・ブラザース映画、監督:) - 本間ユキ 役• (2013年11月、監督:) - 西村麗子 役• (2014年3月8日公開、東映、監督:) - 日出清子 役• (2014年6月21日公開、松竹、監督:) - お咲 役• (2016年9月10日公開、松竹、監督:) - お咲 役• (2015年1月31日公開、東宝、監督:) - リン 役• (2018年6月15日公開、松竹、監督:) - 赤松史絵 役 舞台• ありがとう尾崎豊 リクエストで甦る永遠の詩(NHK BS2、1998年4月) - 司会アシスタント• (2005年10月 - 2011年3月、フジテレビ)• (2009年12月31日、NHK、ゲスト審査員) ドキュメンタリー• スーパープレミアム「日仏友好160年 とことんフランス! 魅惑の5時間SP」(2018年9月15日、NHK BSプレミアム) - メインパーソナリティー• とことんフランス! 深田恭子のジャポニスム2018(2018年9月24日、NHK総合) バラエティ番組• (2011年7月11日 - 14日、NHK教育) ラジオ番組• HIPHOPパラダイス()• 深田恭子 IN MY ROOM(、2000年10月 - 2002年3月)• (1998年、) - 土井原早苗 役• (2011年4月、、監督:) - 主人公・豆富小僧 役• (2021年夏、、監督:) - フワリー 役 吹き替え• (2010年4月、、監督:) - 白の女王()の声• (2016年7月、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、監督:) CM• ネピア• ガーナチョコレート、ミント・ブルー、キシリトールガム・ピンク など• (CM出演時の発売元:ブリストルマイヤーズスクイブ)• 角川文庫'99夏の名作150• 「デカビタC」• 「スムージー」• 「ケロッグ飲む朝食フルーツグラノラ」(2015年4月 - )• 「日清Spa王」(2002年)• (2002年12月 - )• ファシオ• Cキューブ シリーズ• 晴れ着の丸昌• (2005年 - )• 「フェアルーセント薬用コンセントレートホワイト」• スキンケアブランド「薬用リシアル EX」(2005年6月 - )• 企業CM (2008年 - )• フェイシャルサロンCM (2009年 - )• (2008年 - 2011年)• 日本縦断グリコワゴン(2010年12月 - )• 「」(2017年3月 - )• 「じゃんけんグリコ2020」(2020年2月 - )• 「ドロリッチ」(2011年10月 - )• 「」(2013年4月 - )• 「いい部屋ネット」(2013年7月 - )• 「」(2014年7月 - )• (2015年4月 - )• 「A」(2015年12月 - )• (2016年)• (2016年4月 - )• 「」(2016年10月 - )• 4K8K推進キャラクター(2018年)• 「切れてる!サラダチキン」(2018年7月 - )• 「本格炒め炒飯」• 「ゴロゴロ焼豚女子」篇(2019年4月15日 - )• 「具材ゴロゴロ」篇 2019年9月12日 -• 「早口言葉」篇 2020年3月23日 -• 「極上ヒレかつ」 2020年3月18日 -• 「東京ガスの電気」(2018年7月 - )• 「」(2018年10月 - )• 「 ザ・マイスターズ ミルクティー」(2019年3月 - )• 「あめふり」篇 2020年1月16日 - 音声ガイド• 「NHK大河ドラマ50年特別展「平清盛」(2012年)、など 作品 シングル 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考 1st 1999年5月19日 CD PCCA-01338 CCA-01339• イージーライダー 「Groove That Soul Mix」• キミノヒトミニコイシテル 「Jazztronik Mix」• 恋する胸のため息 「Ram Jam World Mix」• アメリカン・ショートヘアー 「Soul Bossa Trio Remix」• 最後の果実 「Brent Mini's Haunted Mix」• People 「Child's View Mix」• ルート246 「キョーコとよしおの東京ラヴストーリーmix」 その他 発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考 朗読アルバム 2005年8月24日 日本昔ばなし〜フェアリーストリーズ 第3巻 CD COCX-33343 ホリプロ45周年・35周年を記念した、ホリプロ所属タレント総出演による朗読番組『フェアリー・ストーリーズ』(2005年4月 - )をCD化した企画アルバムの第3巻(全10巻)。 2番目の「雪女のおくりもの」を朗読。 ビジュアルブック 深田恭子 in 死者の学園祭(2000年6月、、)• 通算122話(2001年1月・12月、、8巻所収) 写真集• プール(1998年7月25日、リトル・モア、撮影:徳永彩)• COLORS(1998年12月、、撮影:木村晴)• AVENIR(2001年5月、学習研究社、撮影:木村晴)• friends(2002年1月25日、、撮影:)• KYOKO8203(まるごと深田恭子BOOK)(2003年4月4日、集英社、撮影:細野晋司)• 深田恭子in下妻物語(2004年5月、)• 深田恭子meets天使 映画『天使』Photo Making Book (2006年1月、)• 25才(2008年11月1日、、撮影:ND CHOW)• KYOKO TOKYO PIN-UP GIRL(2009年2月20日、、撮影:MiuraKenji)• EXOTIQUE(2010年11月2日、ワニブックス、撮影:)• 月刊 NEO 深田 恭子(2011年2月8日、、撮影:鶴田直樹)• Blue Moon(2012年11月24日、)• un touch(2014年3月13日、講談社、撮影:)• Down to earth(2014年12月10日、ワニブックス、撮影:アンディ・チャオ)• This Is Me(2016年7月23日、集英社、編集:)• AKUA(2016年7月23日、集英社、編集:、撮影:ND CHOW)• Reflection(2016年11月12日、集英社)• palpito(2017年12月20日、講談社、撮影:中村和孝)• Blue Palpitations(2018年9月20日、講談社、撮影:中村和孝)• Brand new me(2020年5月13日、集英社、撮影:中村和孝) 脚注 [] 注釈• 2016年4月12日閲覧。 1996年10月21日. の1997年7月14日時点におけるアーカイブ。 発行20年以上になるアイドル雑誌『』()にて。 2018年7月26日閲覧。 インタビュアー:石井健. 2018年7月26日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2013年11月21日. 2018年7月26日閲覧。 1999年3月23日. の2001年7月9日時点におけるアーカイブ。 2018年7月26日閲覧。 2001年2月15日. の2001年12月18日時点におけるアーカイブ。 tv asahi 芸能&ニュース. 2002年12月21日. 2018年7月26日時点のよりアーカイブ。 2018年7月26日閲覧。 2003年1月23日. の2003年7月11日時点におけるアーカイブ。 2018年7月26日閲覧。 2016年8月4日. 2016年8月7日閲覧。 2005年9月23日. の2005年12月19日時点におけるアーカイブ。 2014年8月12日閲覧。 2008年9月9日. 2018年7月26日閲覧。 2010年4月29日. 2018年7月26日閲覧。 シネマトゥデイ 2010年11月17日. 2018年7月26日閲覧。 スポニチアネックス 2015年2月18日. 2015年2月18日閲覧。 東スポ 2020年5月11日. 2020年7月10日閲覧。 2016年7月10日. 2017年7月13日閲覧。 2017年8月9日. 2018年7月26日閲覧。 2018年7月24日. 2018年7月26日閲覧。 2001年5月18日. の2001年6月4日時点におけるアーカイブ。 2015年1月24日閲覧。 ORICON NEWS 2014年11月25日. 2018年2月24日閲覧。 1999年11月1日. の2001年12月14日時点におけるアーカイブ。 2017年4月25日閲覧。 2002年1月31日. の2003年10月3日時点におけるアーカイブ。 2015年11月21日閲覧。 2010年11月29日. 2015年1月24日閲覧。 2015年1月22日. 2015年1月24日閲覧。 2017年12月13日. 2018年7月26日閲覧。 とれたてフジテレビ. 2016年10月1日. 2016年10月3日閲覧。 大阪日刊スポーツ. 2002年10月3日. の2002年10月15日時点におけるアーカイブ。 2017年4月25日閲覧。 深田恭子, 2003年8月14日. インタビュアー:福田淳. の2004-02-06時点におけるアーカイブ。 2014年11月27日閲覧。 中山雄一朗 2013年7月30日. シネマトゥデイ. 2015年1月24日閲覧。 TVfanWeb 2014年2月12日. 2015年11月21日閲覧。 2014年4月28日. 2014年11月27日閲覧。 深田恭子 2014年11月25日. インタビュアー:田中誠. の2015-11-22時点におけるアーカイブ。 2016年4月12日閲覧。 シネマカフェ 2015年11月18日. 2015年11月18日閲覧。 2016年11月23日. 2016年11月23日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年3月23日. 2017年3月23日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年11月9日. 2017年11月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年10月23日. 2018年10月25日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年6月28日. 2018年6月29日閲覧。 ナターシャ. 2019年5月10日. 2019年5月10日閲覧。 2005年7月7日. の2005年11月28日時点におけるアーカイブ。 2017年4月25日閲覧。 MovieWalker 2011年8月1日. 2015年1月24日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2015年9月28日. 2015年11月15日閲覧。 中山雄一朗 2014年10月25日. シネマトゥデイ. 2015年11月21日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年8月31日. 2017年9月1日閲覧。 深田恭子 2015年10月2日. インタビュアー:高橋晴代. 2016年4月12日閲覧。 2018年9月14日. 2018年9月20日閲覧。 NHK 2018年. 2018年10月31日閲覧。 2020年 映画『それいけ! アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公式サイト. 2020年3月26日閲覧。 com. 2016年6月3日閲覧。 2015年4月7日. 2015年11月21日閲覧。 2002年3月13日. の2003年12月10日時点におけるアーカイブ。 2015年11月21日閲覧。 2002年12月10日. の2003年6月22日時点におけるアーカイブ。 2017年4月25日閲覧。 2005年6月28日. の2005年6月30日時点におけるアーカイブ。 2017年4月25日閲覧。 東京ウォーカー 2010年12月2日. 2015年1月24日閲覧。 Narinari. com 2017年3月17日. 2017年4月25日閲覧。 CMNOW WEB. 2018年2月20日. 220-02-20閲覧。 2014年8月11日. 2014年8月12日閲覧。 、2015年11月8日閲覧• タケダ健康サイト. 2018年1月31日閲覧。 CM JAPAN 2016年1月29日. 2016年1月29日閲覧。 2016年4月11日. 2016年4月12日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年10月24日. 2016年10月24日閲覧。 プレスリリース , , 2017年3月2日 , 2017年7月13日閲覧。 2017年7月11日. 2017年7月13日閲覧。 2017年3月7日. 2017年7月13日閲覧。 2018年6月4日. 2018年7月26日閲覧。 プレスリリース , , 2018年7月17日 , 2018年7月26日閲覧。 プレスリリース , ニチレイフーズ, 2019年4月15日 , 2019年6月16日閲覧。 ニチレイフーズ. 2020年3月31日閲覧。 ことばと広告 2020年3月24日. 2020年3月31日閲覧。 プレスリリース , PR TIMES, 2020年3月18日 , 2020年3月19日閲覧。 2018年7月23日. 2018年7月26日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年10月16日. 2018年10月31日閲覧。 2019年3月12日. 2019年4月6日閲覧。 横浜ゴム. 2020年1月8日• 2002年5月29日. 2019年5月18日閲覧。 ORICON STYLE. 2013年12月8日. 2019年5月18日閲覧。 2014年3月20日. 2014年8月12日閲覧。 小松芙未 2014年11月25日. シネマトゥデイ. 2014年11月27日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年7月5日. 2016年7月5日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年10月31日. 2016年10月31日閲覧。 2017年12月9日. 2018年1月31日閲覧。 ネットネイティブ 2018年8月27日. 2018年9月19日閲覧。 外部リンク• - ホリプロ• 15 (ホリプロTHE 1990オーディション)• 16 (第1回飛び出せ! 日本男児)• 17 (上の娘部門グランプリ)・(下の娘部門グランプリ)• 26 (美・笑・女)• 27 (ピュアガール2002)• 28 (ラブミュージックオーディション)• 30 (メモリアルオーディション2005)• 36 (次世代声優アーティストオーディション)• 42 特別賞受賞者• 第1回審査員特別賞• 第2回審査員特別賞 ・高田橋久子• 第3回審査員特別賞• 第9回審査員特別賞• 第11回アクトレス賞 ・ボーカリスト賞 ・グラビアスター賞 小林明子• 第14回井森賞• 第16回審査員特別賞• 第18回ミスフライングレディ賞 演技賞• 第20回審査員特別賞• 第21回審査員特別賞• 第21回ピュアガール賞 ・• 第25回審査員特別賞 ・• 第29回審査員特別賞 ・• 第29回ヤングサンデー賞• 第30回準グランプリ• 第32回審査員特別賞• 第33回特別賞• 第37回審査員特別賞• 第40回ソフトバンク賞• 第41回審査員特別賞• 第42回審査員特別賞 関連項目.

次の

ドラマ『ルパンの娘』がヒットの予感!キャスト&見逃しあらすじネタバレ一覧 深田恭子がセクシー泥棒に

深田 恭子 ルパン

主役ドラマは視聴率低迷 この夏、最も話題を集めているドラマの一つが、深田恭子主演の『ルパンの娘』。 放送前には、「深キョンがかわいいだけのドラマをまたやるの?」などの批判もあった。 ところが始まってみると、FODでの視聴回数が112万回と新記録を樹立。 SNSでも「#ルパンの娘」が世界トレンドランキングで3位に入るなど、大きな話題となった。 ところがが調べる世帯視聴率はパッとしない。 放送された5話の平均は7. 民放GP帯(夜7~11時)放送の14ドラマの中で、ワースト3と低迷している。 アラフォーとなった深田恭子は、約20年の間に17本の民放連続ドラマ(GP帯放送)に主演した。 30代の女優の中では、断トツのトップだ。 今の民放ドラマは、吉高由里子・石原さとみ・綾瀬はるか・新垣結衣・北川景子・深田恭子・波瑠・杏などが順番に主役を演じている。 それでも主演の数を比べると、綾瀬はるか・吉高由里子・北川景子が6本ずつ、石原さとみが13本で、深田恭子の17本は突出している。 ただし深田主演ドラマの視聴率は、『ルパンの娘』同様に今一つだ。 今春の『初めて恋をした日に読む話』が8. 5%、去年の『隣の家族は青く見える』6. 3%、16年『ダメな私に恋してください』9. 5%、14年『女はそれを許さない』6. 今期を含め5作連続で一桁が続いた。 実は10~20代の頃の主演ドラマも、高くてせいぜい13%台。 過去10年は11%を超えたことがない。 10年前までフジ月9は、年間平均15%超が当たり前だった。 中には20%超のヒット作がたくさんあった。 そんな状況にあり、15%を超えたことのない深田恭子が主役に抜擢され続けてきたのは、ちょっと不思議と言わざるを得ない。 4女優の比較 世帯視聴率が低いのに主役に使われ続ける深田恭子。 視聴者にはどう見られているのかを、女優4人の直近3ドラマで比べてみよう。 深田恭子の他は、吉高由里子・石原さとみ・綾瀬はるかだ。 まず世帯視聴率では、綾瀬が11. 2%・吉高10. 3%・石原が10%で、深田のみ7. 4%と落ち込んでいる。 次にどんな人がどう見ているのかを、の個人視聴率で見てみよう。 どうやら世帯視聴率の多寡に影響しているのは、3層(男女50歳以上)・2層(男女35~49歳)・主婦・有職者あたり。 特に3層は、日本の人口構成で5割を超えている。 特にテレビ視聴者層となると、6割超を占める。 つまり中高年に見られにくい深田ドラマは、視聴率を獲り難くなっている。 ただし深田ドラマが、他3人の女優ドラマと肩を並べる視聴者層がある。 U19(男女19歳以下)と、1層(男女20~34歳)だ。 また属性別では、有職者や主婦では水をあけられているが、小中高生や大学生では互角だ。 どうやら深田恭子は、中高年ではなく、学生や若年層をターゲットとした野心的なドラマで主役に抜擢されることが多い。 視聴者層の経年変化 この傾向は、世帯視聴率がすべて一桁だった過去5作でも、きれいに出ている。 年齢別に見ると、3層は5%前後で横ばい。 ところがU19では、14年秋『女はそれを許さない』の0. 7%から、今期『ルパンの娘』は2. 2%と3倍に増えた。 1層も1. 5%から右肩上がりを続け、3. 7%までになっている。 さらに2層でも、2%から4. 3%と倍増を保っている。 若年層での深田恭子の評価は、明らかに高くなっている。 年齢ではなく、属性別個人視聴率でみても傾向は似ている。 小中高生は右肩上がりだが、大学生はそうとは言い切れない。 未婚女性も『隣の家族~』は例外だが、基本的に右肩上がりだ。 ところが経営者層・主婦・既婚女性は数字が伸びてはいない。 『はじこい』では恋も受験も就職にも失敗したアラサー女子が、タイプの違う3人の男性にアプローチされる物語だった。 今期の『ルパンの娘』も、代々続く泥棒一家に生まれた華と、名門警察一家に生まれ育った和馬(瀬戸康史)が運命的に出会い、乗り越えられない障害を前に惹かれ合う、まるで『ロミオとジュリエット』のような、現実にはあり得ないラブコメディーだ。 どうやら現実をよく知り、もはや夢物語にときめかなくなった中高年にはあまり響かないようだ。 『ルパンの娘』で深田恭子はさらに飛躍!? 深田恭子は今作でさらに株を上げる可能性がある。 「かわいいだけ」「相変わらずのキョトン顔」「何を演じても深キョン」など、ネガティブに見る人もいる。 ところが去年12月に始まった新4K8K衛星放送で推進キャラクターに選ばれたように、圧倒的な美しさはアラフォーになっても全く衰えていない。 年齢不詳な美肌は、「まるで純度の高いシリコンのよう」「有機的な生き物というよりも、アンドロイドに近い印象」という評価が出るくらいだ。 実際に放送が始まると、「深キョン最高」「たまらない」「美しすぎる」と絶賛の声が続々。 瀬戸康史とのキスシーンでは、「完璧なキスシーン」「深キョンが神々しすぎる」などのつぶやきがSNSを飛び交った。 ところがドラマの後半では、タイトな赤いスーツに身を包み、セクシーかつ華麗なアクションを披露し、悪い奴に対して「ここで会ったが運の尽き、あんたが犯した罪、悔い改めな」とドスを利かす。 このギャップこそ、「変わらない可愛さ」「年齢不詳」「アンドロイドの印象」「浮世離れ感」など、数々の代名詞を持つ深田恭子以外には務まらない、ドンピシャのハマり役だ。 しかもドラマの展開は、現代の『ロミオとジュリエット』というあり得なさ。 途中で友人・円城寺(大貫勇輔)がミュージカル調に歌う場面で、カラオケの画面のように歌詞がテロップとして表示される遊びも登場する。 しかも『ルパン三世』ほか、『ミッション:インポッシブル』などのパロディやオマージュも満載だ。 こうしたヘンテコなシチュエーションや役割を、現実的でない深田恭子が自然に演ずるところが面白い。 スポンサーのニーズ テレビ局の多くは今、中高年ではなく若年層に見られる方向に舵を切っている。 広告効果を求めるスポンサーのニーズがあるからだ。 しかも放送での広告収入だけでなく、録画再生やネットの見逃しサービス、さらにはSVODや海外番販など、収入源も多様化している。 こうした二次利用などでの収入を上げるためには、SNSなどで話題が拡散することも必須だ。 こうなると現実にはあり得ない設定でも、視聴者の共感を呼べる展開が必要だ。 その主役を務められる俳優が欠かせない。 つまり中高年にはあまり見られないが、若年層からの支持を20年にわたり得続け、今も人気を集め続ける深田恭子には、今も今後もテレビ局側にニーズがあると言えよう。 90年代後半に登場したロリータファッションや「カワイイ文化」。 そこで20年にわたり先端を走り続けた深田恭子だからこそ、テレビが新たな局面に入った今、新しい可能性を持ち始めたようだ。 今期の『ルパンの娘』主役をどう演じ切り、さらなる局面を次回作でどう切り拓くのか。 万人受けするかはさて置くとして、IT・デジタル時代の新たなタレントに進化する深田恭子に期待したい。

次の

深田恭子の体重ピーク時70キロ?激太りした理由と原因は?【画像】

深田 恭子 ルパン

主役ドラマは視聴率低迷 この夏、最も話題を集めているドラマの一つが、深田恭子主演の『ルパンの娘』。 放送前には、「深キョンがかわいいだけのドラマをまたやるの?」などの批判もあった。 ところが始まってみると、FODでの視聴回数が112万回と新記録を樹立。 SNSでも「#ルパンの娘」が世界トレンドランキングで3位に入るなど、大きな話題となった。 ところがが調べる世帯視聴率はパッとしない。 放送された5話の平均は7. 民放GP帯(夜7~11時)放送の14ドラマの中で、ワースト3と低迷している。 アラフォーとなった深田恭子は、約20年の間に17本の民放連続ドラマ(GP帯放送)に主演した。 30代の女優の中では、断トツのトップだ。 今の民放ドラマは、吉高由里子・石原さとみ・綾瀬はるか・新垣結衣・北川景子・深田恭子・波瑠・杏などが順番に主役を演じている。 それでも主演の数を比べると、綾瀬はるか・吉高由里子・北川景子が6本ずつ、石原さとみが13本で、深田恭子の17本は突出している。 ただし深田主演ドラマの視聴率は、『ルパンの娘』同様に今一つだ。 今春の『初めて恋をした日に読む話』が8. 5%、去年の『隣の家族は青く見える』6. 3%、16年『ダメな私に恋してください』9. 5%、14年『女はそれを許さない』6. 今期を含め5作連続で一桁が続いた。 実は10~20代の頃の主演ドラマも、高くてせいぜい13%台。 過去10年は11%を超えたことがない。 10年前までフジ月9は、年間平均15%超が当たり前だった。 中には20%超のヒット作がたくさんあった。 そんな状況にあり、15%を超えたことのない深田恭子が主役に抜擢され続けてきたのは、ちょっと不思議と言わざるを得ない。 4女優の比較 世帯視聴率が低いのに主役に使われ続ける深田恭子。 視聴者にはどう見られているのかを、女優4人の直近3ドラマで比べてみよう。 深田恭子の他は、吉高由里子・石原さとみ・綾瀬はるかだ。 まず世帯視聴率では、綾瀬が11. 2%・吉高10. 3%・石原が10%で、深田のみ7. 4%と落ち込んでいる。 次にどんな人がどう見ているのかを、の個人視聴率で見てみよう。 どうやら世帯視聴率の多寡に影響しているのは、3層(男女50歳以上)・2層(男女35~49歳)・主婦・有職者あたり。 特に3層は、日本の人口構成で5割を超えている。 特にテレビ視聴者層となると、6割超を占める。 つまり中高年に見られにくい深田ドラマは、視聴率を獲り難くなっている。 ただし深田ドラマが、他3人の女優ドラマと肩を並べる視聴者層がある。 U19(男女19歳以下)と、1層(男女20~34歳)だ。 また属性別では、有職者や主婦では水をあけられているが、小中高生や大学生では互角だ。 どうやら深田恭子は、中高年ではなく、学生や若年層をターゲットとした野心的なドラマで主役に抜擢されることが多い。 視聴者層の経年変化 この傾向は、世帯視聴率がすべて一桁だった過去5作でも、きれいに出ている。 年齢別に見ると、3層は5%前後で横ばい。 ところがU19では、14年秋『女はそれを許さない』の0. 7%から、今期『ルパンの娘』は2. 2%と3倍に増えた。 1層も1. 5%から右肩上がりを続け、3. 7%までになっている。 さらに2層でも、2%から4. 3%と倍増を保っている。 若年層での深田恭子の評価は、明らかに高くなっている。 年齢ではなく、属性別個人視聴率でみても傾向は似ている。 小中高生は右肩上がりだが、大学生はそうとは言い切れない。 未婚女性も『隣の家族~』は例外だが、基本的に右肩上がりだ。 ところが経営者層・主婦・既婚女性は数字が伸びてはいない。 『はじこい』では恋も受験も就職にも失敗したアラサー女子が、タイプの違う3人の男性にアプローチされる物語だった。 今期の『ルパンの娘』も、代々続く泥棒一家に生まれた華と、名門警察一家に生まれ育った和馬(瀬戸康史)が運命的に出会い、乗り越えられない障害を前に惹かれ合う、まるで『ロミオとジュリエット』のような、現実にはあり得ないラブコメディーだ。 どうやら現実をよく知り、もはや夢物語にときめかなくなった中高年にはあまり響かないようだ。 『ルパンの娘』で深田恭子はさらに飛躍!? 深田恭子は今作でさらに株を上げる可能性がある。 「かわいいだけ」「相変わらずのキョトン顔」「何を演じても深キョン」など、ネガティブに見る人もいる。 ところが去年12月に始まった新4K8K衛星放送で推進キャラクターに選ばれたように、圧倒的な美しさはアラフォーになっても全く衰えていない。 年齢不詳な美肌は、「まるで純度の高いシリコンのよう」「有機的な生き物というよりも、アンドロイドに近い印象」という評価が出るくらいだ。 実際に放送が始まると、「深キョン最高」「たまらない」「美しすぎる」と絶賛の声が続々。 瀬戸康史とのキスシーンでは、「完璧なキスシーン」「深キョンが神々しすぎる」などのつぶやきがSNSを飛び交った。 ところがドラマの後半では、タイトな赤いスーツに身を包み、セクシーかつ華麗なアクションを披露し、悪い奴に対して「ここで会ったが運の尽き、あんたが犯した罪、悔い改めな」とドスを利かす。 このギャップこそ、「変わらない可愛さ」「年齢不詳」「アンドロイドの印象」「浮世離れ感」など、数々の代名詞を持つ深田恭子以外には務まらない、ドンピシャのハマり役だ。 しかもドラマの展開は、現代の『ロミオとジュリエット』というあり得なさ。 途中で友人・円城寺(大貫勇輔)がミュージカル調に歌う場面で、カラオケの画面のように歌詞がテロップとして表示される遊びも登場する。 しかも『ルパン三世』ほか、『ミッション:インポッシブル』などのパロディやオマージュも満載だ。 こうしたヘンテコなシチュエーションや役割を、現実的でない深田恭子が自然に演ずるところが面白い。 スポンサーのニーズ テレビ局の多くは今、中高年ではなく若年層に見られる方向に舵を切っている。 広告効果を求めるスポンサーのニーズがあるからだ。 しかも放送での広告収入だけでなく、録画再生やネットの見逃しサービス、さらにはSVODや海外番販など、収入源も多様化している。 こうした二次利用などでの収入を上げるためには、SNSなどで話題が拡散することも必須だ。 こうなると現実にはあり得ない設定でも、視聴者の共感を呼べる展開が必要だ。 その主役を務められる俳優が欠かせない。 つまり中高年にはあまり見られないが、若年層からの支持を20年にわたり得続け、今も人気を集め続ける深田恭子には、今も今後もテレビ局側にニーズがあると言えよう。 90年代後半に登場したロリータファッションや「カワイイ文化」。 そこで20年にわたり先端を走り続けた深田恭子だからこそ、テレビが新たな局面に入った今、新しい可能性を持ち始めたようだ。 今期の『ルパンの娘』主役をどう演じ切り、さらなる局面を次回作でどう切り拓くのか。 万人受けするかはさて置くとして、IT・デジタル時代の新たなタレントに進化する深田恭子に期待したい。

次の