澁谷 泰介。 テレ朝『グッド!モーニング』が医師コメント で“訂正放送”。「大変おわび」でも検証も反省もなし!(水島宏明)

テレ朝「グッド!モーニング」に出演の医師「真逆の意見として見えるように放送」と落胆

澁谷 泰介

5月12日(火)、テレビ朝日『グッド!モーニング』は検察官の定年延長問題についてのニュースの後、7時31分過ぎからメインキャスターを務める坪井直樹アナウンサーが「ここで番組からご報告があります」として、以下の放送を行った。 先週、5月7日(木)の放送で取材を受けた澁谷泰介医師が「恣意的な編集」で「真逆の報道」だったとしてSNSで「残念な気持ち」を明かしたことで番組に批判が集まっていた。 筆者もこれは放送にとって大きな問題だと考えてヤフーニュースに記事を書いた。 テレビ朝日がこの日(12日)、「訂正放送」を行うことを表明していたので、筆者は以下の点に注目した。 (1)医師が「言いたかったこと」を言わせて再放送するだけでなく、「恣意的な編集」と批判された点がなぜ起きたのか、プロセスを自ら検証する姿勢があるのか? (2)番組出演者である坪井直樹アナウンサーらだけでなく、テレビ朝日の報道局長など番組制作の責任者が登場しているのか? (3)「再発防止策」がきちんと示されているのか? (4)視聴者に向けて、この番組やテレビ朝日の報道姿勢を信頼できるものだと感じさせる内容になっているか? (5)この問題は放送局のお目付け機関であるBPOで議論されるのか この日の放送を振り返ってみたい。 この(1)~(5)については番組を振り返ってから筆者の評価を後述するので、時間のない方は途中はとばして読んでいただきたい。 (坪井直樹アナウンサー) 「さて、ここで番組からのご報告があります。 先週、『グッド!モーニング』ではベルギーから一時帰国し、現在、横浜で非常勤をされている澁谷泰介医師に取材を行いました。 木曜日に放送した際に『日本は疑わしい人だけにPCR検査をするという世界的に珍しい政策を取っていた』という澁谷医師のコメントの一部を紹介しました。 ただ、その後、同じVTRの中で別の学者の主張もお伝えしたことで、結果として、澁谷医師も『PCR検査をただちに増やすべきだ』という、そういう主張をしている印象となりました。 そこで 今日はこの澁谷医師の取材時のご意見を改めてお伝えします」 この後で澁谷医師のインタビューのVTRが放送された。 【PCR検査について】 (澁谷泰介医師・6日取材) 「私、専門が心臓外科ですので、感染症(や公衆衛生)に関してはベルギーでは前線で診療している状態ではなかったので、そこだけご了承いただきたい。 PCR検査を今後増やしていくこと自体は大事なことではあるのですけれども、今現在、現場で不必要な検査が増えることは現場としては全く望んでいません。 と言いますのも、感染が心配な方からの電話が救急外来に今もひっきりなしにかかってきます。 たとえば僕が働き出した4月頭と比較しましても、体感としては相談のお電話が3倍、4倍、またはそれ以上になっています。 もちろん基礎疾患があるですとか、感染している家族と濃厚に接触していたとか、プラスアルファのものがある方には積極的に検査をする、またはそれができるように検査数を増やすことは大切なことですけども、今現在、急場で検査数だけ増やしてくれと言われても、ちょっと難しいなというのが正直なところです」 【医療従事者の現状について】 (澁谷泰介医師・6日取材) 「実際にウイルスで疑わしい人を診察する時に使うN95という特殊なマスクがあるのですが、やはり全く足りていなくて、みなさん『1週間やそれ以上、使うように』と病院から指示が出たりですとか、後は、ガウンといって防護服ですね。 防護服も診察するたびに着替えなければいけないとか、そういうことがありますので、物資の面はかなり不足がまだ続いています。 スタッフの中では大切な家族への感染が心配だということで、そのために自分は病院に泊まって勤務を続けていたりですとか、一人で家やホテルを借りて自主的に隔離を行っている方も実際にいます。 そういった方へ配慮や応援だけでなくて、実際に泊まるところや金銭的な補助がないと、ちょっとやりきれないなあ、というのは思います。 で、また今後、この感染症が長引いてきますと、精神的なサポートももちろん必要になってくると思います」 この澁谷医師の4分ほどのインタビューを流した後で、坪井アナはスタジオで以下のように話した。 (澁谷泰介医師のコメント) 「取材の依頼内容は、コロナウイルスへのヨーロッパと日本の対応の違い、また、現在の医療現場の生の声を聞きたいとのことでした。 ただただ現場の声を届けることができればという思いでしたので、 このような形とはなってしまいましたが、メッセージを届けることができ、十分に満足しております。 最後に私のメッセージをお伝えさせてください。 たくさんの方が外出を控えていただいたことで、たくさんの方が救われています。 家にいなければいけないつらさ、隔離疲れたよといった声ももちろんわかります。 ただ生きるか死ぬかのところで今もまだ必死にがんばっている医療従事者とその家族達もいます。 どうかみなさん長くつらいところではありますが、引き続きご自分の行動を見つめ直していただければ一医療従事者として大変ありがたいと思います」 この長文のコメントを読み上げた後で、坪井アナはカメラに向かって話して、このコーナーを終えた。 (坪井直樹アナ) 「私たちも今後、より丁寧に放送に努めてまいります」 正直、この「訂正放送」には筆者は大きく失望した。 筆者が注目していたポイントを見てみよう。 (1)医師が「言いたかったこと」を言わせて再放送するだけでなく、「恣意的な編集」と批判された点がなぜ起きたのか、プロセスを自ら検証する姿勢があるのか? このポイントはNOだ。 ここでは澁谷医師が言いたかったことを改めて言わせて再放送しただけで終わっている。 「今後、より丁寧な放送に努めて」というものの、何がどのように問題だったのか検証されていない。 「検証」が一切ないのだ。 なぜ「恣意的な編集」が起きたのかは視聴者にはっさっぱりわからないものになっている。 これでは誰かを取材して一度、その取材を編集して放送したものの、相手が文句を言ってきたから、相手の言いたいことをすべて言わせてやった、というような場当たり的な対応と同じだ。 視聴者としても何を見せられているのか、わからない。 この5分の間、澁谷医師に納得してもらうためだけの、視聴者不在の放送を流していた。 取材で澁谷医師が話した内容と、実際の放送を比較して説明したわけでもないので、一般の視聴者にとっては何を見せられているのかよくわからない内容だったと言っていい。 (2)番組出演者である坪井直樹アナウンサーらだけでなく、テレビ朝日の報道局長など番組制作の責任者が登場しているのか? 登場したのは坪井アナだけ。 このポイントもNOだ。 (3)「再発防止策」がきちんと示されているのか? (1)の「検証」がきちんとできていない以上、もちろん再発防止策も示されていない。 「再発防止策」はなかった。 このポイントもNOだ。 (4)視聴者に向けて、この番組やテレビ朝日の報道姿勢を信頼できるものだと感じさせる内容になっているか? このポイントもNO。 明らかになったことは、テレビ朝日という会社は報道の姿勢や放送倫理に真摯に向き合おうとせず、クレームをつけてきた相手にだけ目を向けて問題を処理しようとする体質が根強いということだろう。 テレビ朝日の報道姿勢は示されなかった。 この点には筆者は大きく、失望した。 もちろん、会社組織として上層部の意思決定があったとしても、番組制作に携わっているスタッフや出演者たちはこれで何の痛痒もないのだろうか? 前日、坪井アナが「私からおわびします」と言っていたことで、それぞれ放送人としてのプライドや思いがあるのだろうと想像していた。 しかし、今朝、彼はまるでロボットのように「今後、より丁寧に放送に努めてまいります」とおきまりのきれいごとを口にしただけだった。 視聴者の存在、視聴者の信頼を裏切ったことへの反省の言葉は一切なかった。 では今後この問題はどうなっていくのだろうか? 筆者が注目していた以下の点にかかわってくる。 (5)この問題は放送局のお目付け機関であるBPOで議論されるのか テレビ朝日の姿勢としては、取材を受けて放送の後で一度は批判していた澁谷医師の「言い分」をそのまま放送したことで、この問題は「解決済み」として処理したいということだろう。 テレビ局の取材を受けてクレームをつけた本人(この場合は澁谷医師)がその後の対応に納得しているのであれば、BPOなど第三者が改めて口をはさむことは難しいということは一般論としては言えるだろう。 しかし、視聴者の側からすれば、この問題は「解決済み」などと言えるものではないのではないか? 少なくともこの日の放送を見ていても、なぜ「恣意的な編集」だと取材を受けた当人が感じ、「真逆の報道」だと受け止めたのかのプロセスは筆者には理解できるものではなかった。 VTRの編集で何を実際の放送で使い、何を使わなかったのか。 これはメディアというものも本質にかかわる問題だ。 それについて詳細に検証しないことには再び同じようなことが起きてしまう。 クレームをつけた相手に言いたかったことを事後に放送して、それで事を荒立てずに終わりとしようとするのがテレビ朝日の報道姿勢なのだろうか? 今回の医師による異議申し立ては正当なものだといえるケースだが、それを局の側がどう受け止めてこのような放送に至ったのかが明らかにされていない。 取材して相手がクレームをつけたケースにはいろいろな場合がある。 もしクレームをつけてきた相手が政府の権力者ならば? それでも同じように対応するのか? では、反社会的勢力なら? では、宗教団体なら? あるいは今回の医師のようにそれなりに社会的に評価される職業の人だけ、こういう対応をするのか? もっと無名の一般市民の場合でも、もし不十分だと本人が感じたら、後から「言い分」を改めて放送するのだろうか? 今回の医師によるクレームの問題は小さなように見えるが、これは放送局の自立や報道の姿勢にかかわる非常に重大な問題だと思う。 そのためにはテレビ朝日がこの番組で「訂正放送」を行ったように、一医師が納得するのかどうかという問題に矮小化することなく、報道を行う時の映像の編集のあり方はどうあるべきだと考えるのか。 それを明らかにすべきだろう。 あるいはどういうケースで今回のような「訂正放送」を行うのか、という基準も明らかにすべきだろう。 これはすべてテレビ報道の本質にかかわる大きな問題だ。 その意味でもBPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会はこの問題で関係者から事情を聞いて調査に動くべきだ。 検証も反省もない「訂正放送」でお茶を濁すままなら、この局にテレビ報道(ジャーナリズム)を務める資格はないはずだ。 それをそのままでよしとするままなら、放送というメディアにもジャーナリズムの資格がないことになってしまう。

次の

テレ朝「グッド!モーニング」に出演の医師「真逆の意見として見えるように放送」と落胆

澁谷 泰介

スポンサーリンク グットモーニングが澁谷泰介医師で真逆編集!テレ朝コロナ捏造・デマ報道! グットモーニングが澁谷泰介医師で真逆編集? グットモーニングが澁谷泰介医師の捏造報道を真逆編集として謝罪し、放送し直しました。 12日の放送では、MCの坪井直樹アナウンサーが「木曜日(7日)に放送した際に日本は疑わしい人だけにPCR検査をするという世界的に珍しい政策をとっていたという澁谷医師のコメントの一部を紹介しました。 ただ、 その後、別の学者の主張も同じVTRの中でお伝えしたことで、結果として澁谷医師もPCR検査をただちに増やすべきだという主張をしている印象となりました」と説明し、あらためて6日に澁谷医師に取材したVTRを流した。 VTR後、坪井アナは「PCR検査が増えることについては澁谷医師は取材の中で一般の人、心配だと思っている人たちにとってはいいことだとおっしゃっていると同時に、一方の医療現場ではひたすら数が増えるというのは医療崩壊、医療の逼迫(ひっぱく)につながる恐れがあるので、そのへんについては望まないとおっしゃっている。 私たちはこの医療現場の声の部分を放送につなげる、その受け止めをおろそかにしていた部分がありました。 このへんについては大変おわびいたします」と語り、頭を下げた。 引用: テレ朝「グットモーニング」では、「結果的に澁谷医師もPCR検査をただちに増やすべきだという主張をしている印象となりました」と謝罪をしました。 しかし、「結果的」と言いますが、明らかに「意図的」に真逆編集 捏造・誘導 をしており、批判が高まるばかりでした。 渋谷医師の件で「謝罪」ではなく「ご報告」と来ましたね。 「別の学者の主張を同じVTRでお伝えしてしまったため、結果として渋谷医師もPCR検査を直ちに増やすべきだという主張をしている印象となりました」 そうは見えなかったけどな 明らかに編集に作為が見えたけど・・・ — 紅緒. ニュース — 池田鬼神丸國重 VeryBariBari さすがは捏造の殿堂、TV朝日。 真逆編集ってつまり捏造でしょ。 ね、やはりワイドショーは見る価値ないでしょ。 — WAN Hohenheim Nachtgreif 真逆編集ってなんだ?って調べちゃったわwwwww ただの捏造じゃねーか?? イッキ・バサラ?? もりけん?? 日本の現状を真摯に答えた澁谷先生の思いを踏みにじる、これがマスゴミというやつなのです。 「いたずらにPCR検査を増やすのは得策でないと答えた。 しかし編集で取材内容とはかなり異なった報道をされてしまい放送を見て正直愕然とした」 要約 — ぴなこてーく?? NachtPinakothek テレ朝「グッドモーニング」が澁谷泰介医師が発言したのですが、切り取られて「PCR検査をどんどん増やせ」の論調に使われてしまったのです。 しかし、澁谷泰介医師は「PCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではない」とグッドモーニング捏造を明らかにし、不安を煽っているとフェイスブックで告発しました。 編集で取材内容とはかなり異なった報道をされてしまい、放送を見て正直愕然としました。 その中でも、PCR検査に関してはこれから検査数をどんどん増やすべきだというコメントが欲しかったようで繰り返しコメントを求められましたが、 私は今の段階でPCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではないとその都度コメントさせていただきました。 カットだけならまだいいのですが、僕がヨーロッパ 帰りということで、欧州でのPCR検査は日本よりかなり多い 日本はかなり遅れている といった論調のなかで僕のインタビュー映像が使用されて次のコメンテーターの方の映像に変わっていき、 だからPCR検査を大至急増やすべきだ!というメッセージの一部として僕の映像が編集され真逆の意見として見えるように放送されてしまいとても悲しくなりました。 また、現場の生の声として、 物資の手配と医療従事者への金銭面や精神面での補助に関しても強調してコメントさせていただきましたがそちらも全てカットされてしまいました。 医療者のプロフェッショナルとしての気概だけで現場を回すのには限界があると思い、 そういった部分に行政などからサポートを入れて欲しいと強くコメントさせていただきましたが、全てカットになってしまい本当に悲しい限りです。 メディアの強い論調は視聴者に強く響き不安を煽ります。 情報が過剰な現在で、どうか正しい知識と情報がみなさんに行き渡って欲しいと切に思いました。 このように、「グッドモーニング」は自分がほしいとこだけ切り取り、本当に伝えてもらいたかった澁谷泰介医師のコメントは全カットしてマスゴミを発揮していました。 スポンサーリンク これまでのテレ朝コロナ捏造・デマ報道 テレ朝「モーニングショー」が3密捏造 5月7日放送の テレ朝「モーニングショー」が、和田議員が「3密だよ」とメディアに言ったのに、議員に言ったように捏造してヤラセしました。 【息を吐くようにフェイク?? 】 『これちょっと3密だよ!これ』 記者を注意した発言にも拘らず、議員の密集に対しての発言かのように【操作】するモーニングショー これを平然とやる番組の情報を信用するのは 【とても危険】 — ピーチ太郎2nd PeachTjapan2 実際に「3密だよ!」と指摘した和田議員が直接「メディアに言ったもの」と明言しています。 テレビ朝日「モーニングショー」でまた事実誤認の放送。 昨日の自民党の会議に多くの議員が出席し3密では?との映像の中で、議員からも「ちょっとこれ3密だよ」と声が挙がったと、この音声込みで紹介したが、これは私の前に座っていた議員が、会議室内で密集していたメディア記者達に対し発言したもの — 和田 政宗 wadamasamune そのため、 明らかにテレ朝「モーニングショー」は自分が言われたのに、議員に差し向けて議員が悪いように捏造したのでした。 モーニングショーで火葬デマ? 「モーニングショー」では、 遺族に会わせずに火葬を行っているという葬儀会社を取り上げたが、葬儀社にデマだと否定されました。 羽鳥慎一モーニングショーでは遺族に会わせずに火葬を行っているという葬儀会社を取り上げて物議を醸し出しました。 新型コロナウイルスで死亡した人の遺体については、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第30条第3項」により、24時間以内に火葬できるようになっているが、この日、番組では3月中旬にツイッター上で、「未検査が大変多い為、心苦しいですが未検査肺炎患者様のご遺体も同様の扱いとなります」と発信していた都内の葬儀業者を取り上げ、 「感染症の患者さんなんですけど、実際は検査されないで引き渡される可能性は0ではない」「感染防止という観点から火葬させていただくしかないというのが実情でございます」と説明している様子をVTRで紹介していた。 引用: しかし、この情報に本職の葬儀会社社長である、佐藤信顕さんがツイッターでデマと否定し、You Tubeでも詳しくデマだと否定しました。 葬儀業者の勝手な判断で、肺炎患者を勝手に24時間以内に火葬することは出来ません。 ツイッターで以前に否定したデマです。 葬儀業者「肺炎で亡くなった人も新型コロナの疑いがあるので同じように24時間以内に火葬する(つまりPCR検査はしない)」 — 佐藤信顕@葬儀葬式ch satonobuaki 所期の頃に納棺師を名乗るお坊さんが誤解を与えるような文章で広まったデマです。 取材不足かわざとなのか、どちらにしろテレビで誤解を広めるのはデマですからやめてほしい。 — 佐藤信顕@葬儀葬式ch satonobuaki 葬儀の現場で一番困ってるのはワイドショーで高齢者を怖がらせ、間違った情報を発信し続けるテレビをなんです。 — 佐藤信顕@葬儀葬式ch satonobuaki 他にもツイッターからはデマとの声が多数寄せられてしまいました。 知り合いの花屋も怒ってました… — けーすぃ ChrnoMaruQ 新型コロナは第二種の伝染病なので24時間以内と言うのは、嘘ですね。 — ハッシー 2Dw7IMDQ83YveqC このように、遺族に会わせずに火葬を行っているとまるでそれが普通に行われているような情報を流して炎上したのです。 モーニングショーで検査土日休みのデマ流し玉川謝罪 今度の「モーニングショー」では、 「土日は行政機関の(検査をしている)ところが休みになる」と玉川さんがデマを流して謝罪する事態となりました。 問題のデマは2020年4月29日放送で東京都の新型コロナウイルス感染者数が39人だったことについて、「(すべて)民間(医療機関)の検査の件数。 土日は行政機関の(検査をしている)ところが休みになる」と発言したことでした。 感染者数39人は民間検査分のみ、玉川氏「傾向として下がっていることは事実だが、この39人というのはスタッフが確認した限りでは、民間検査のみで行政検査分は土日休みなので含まれていない」 事実としたら唖然。 東京都の報告では26日の検査人数314人となっている。 何を信用してよいのやら? — ryota ggzhmru2 しかし、これはデマで土日に関しても行政の検査機関は休んでいなかった事が判明。 そのため、モーニングショーでは発信した玉川さんが謝罪する事態となったのでした。 問題となっているのは、新型コロナウイルス軽症者の一部のホテル滞在について取り上げていた一幕。 番組では療養者の「弁当が冷たい」「ハンガーが少ない」など不満がSNSに書き込まれていることなどを紹介していたが、その中で岡田氏は「個室でなくてもよろしいわけでございますので、その方がもしかしたらその方がストレスの軽減になるのかなっていう風に思います」と、ホテルの個室でなく、大部屋での隔離の方が患者にとってストレスが少なくなるとした。 さらに、 岡田氏は「療養なんですね、医療ではないので、お医者さんがいるわけでもないので」と発言。 「まあ、急変すればすぐお医者さんがつくようにはなってるんだと思うんですけど、そこも多少改善は必要かと思います」と発言していた。 引用: しかし、この岡田晴恵さんの療養ホテルに「医者いない」はすぐに東京都議会議員の伊藤ゆう氏に否定されてデマだと判明しました。 【羽鳥慎一 モーニングショー】 療養ホテルについて「療養ですよね、お医者さんもいませんし」 今朝の羽鳥慎一モーニングショーでの岡田晴恵先生のコメントです。 療養ホテルには日中、医師がついています。 夜間は看護師がついています。 そこは、正確にお伝えいただかないと不安になります。 — 伊藤ゆう都議会議員 yuuito1202 医師は日中は常駐していて、看護師は24時間体制で常駐し、急変などに対応できるようになっています。 常駐の医師などはもちろん、その医療関係者の確保や調整に大変な労力を皆さんが尽くしていることをご承知ください。 — 伊藤ゆう都議会議員 yuuito1202 番組には、正確に報道いただくように、すでに私からお願いを致しました。 今後の放送で、正確な情報を発信してくださることを期待します。 — 伊藤ゆう都議会議員 yuuito1202 このように、今度は岡田晴恵さんがデマを流して、わざわざ東京都議会議員方から否定されているのでした。 グットモーニングが澁谷泰介医師で真逆編集!テレ朝コロナ捏造・デマ報道が酷い! グットモーニングが澁谷泰介医師の捏造法を訂正しましたが、「結果的」と言い訳がましく明らかに「意図的」でしょうに… そんな、グットモーニングを含むテレ朝ですが、今後はどんな捏造でSNSでご本人に否定されるのか、その誘導報道に注目ですね! せばな~.

次の

[B! メディア] 澁谷 泰介

澁谷 泰介

心臓外科医の澁谷泰介氏が7日放送のテレビ朝日系「グッド!モーニング」に出演した際に、自身のコメントが真意と「真逆の意見と見えるよう」に編集されたとフェイスブックで指摘した件について、8日の同番組では言及がなかった。 澁谷氏は、7日のフェイスブックで、同番組から6日にコロナウイルスの診療に関するインタビューを依頼され、オンライン会議システムで応じたと明かした。 その上で「取材の依頼内容としましては、コロナウイルスへのヨーロッパと日本の対応に関して現場の生の声を聞きたいとのことでしたので、専門家でないので一医療従事者の声としてしか答えられませんとお断りした上で取材に応じさせていただきました」と説明。 にも関わらず「編集で取材内容とはかなり異なった報道をされてしまい、放送を見て正直愕然としました」と驚きの思いをつづっている。 澁谷氏は、3月中旬までベルギーのルーヴェンカトリック大学に心臓外科医として勤務。 現在は一時帰国している。 取材は欧州の感染状況や日本のPCR検査の対応、医療現場で必要とされるものなどの質問に答える形で約40分に及んだという。 その中で澁谷氏は「その中でも、PCR検査に関してはこれから検査数をどんどん増やすべきだというコメントが欲しかったようで繰り返しコメントを求められ」たが「私は今の段階でPCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではないとその都度コメントさせていただきました」という。 「確かに潤沢な検査をこなせる体制というのは本当に必要な方に対してはもちろん必要です。 ただ、無作為な大規模検査は現場としては全く必要としていない事をコメント」したが「完全にカットされていましました」(原文ママ)と明かしている。 さらに「カットだけならまだいいのですが、僕がヨーロッパ帰りということで、欧州でのPCR検査は日本よりかなり多い(日本はかなり遅れている)といった論調のなかで僕のインタビュー映像が使用されて次のコメンテーターの方の映像に変わっていき、だからPCR検査を大至急増やすべきだ!というメッセージの一部として僕の映像が編集され真逆の意見として見えるように放送されてしまい」と恣意的な編集手法を指摘。 「とても悲しくなりました」と吐露した。 また強調して伝えた「現場の生の声として、物資の手配と医療従事者への金銭面や精神面での補助」についても「全てカットされてしまいました」とつづった。 「医療者のプロフェッショナルとしての気概だけで現場を回すのには限界がある」と金銭的および精神的な補助を求めた思いが報じられなかったことに「現場の生の声を多くの方に知ってもらえればと思い取材に応じさせてもらいましたが、実際には生の声すら全く届けることは出来ず不甲斐ない気持ち」と表現。 「情報が過剰な現在で、どうか正しい知識と情報がみなさんに行き渡って欲しいと切に思いました。 正しく伝えるって難しいですね、、、」と締めくくっている。

次の