ステビア。 ステビア Stevia rebaudiana Hemsl (キク科) 今月の薬草 社団法人日本薬学会

ステビアの効果と副作用

ステビア

ステビアとは ステビアは南アメリカ原産のキク科ステビア属の植物です。 草丈は50cmから1mで夏から秋にかけて小さな白い花が咲きます。 古くは南米の先住民が薬草として珍重していましたが、現代においても砂糖の代用として利用したり、その他にも様々な薬効が期待できるとして研究されています。 その甘み成分はステビオサイドで、飲料にも広く利用されています。 ステビアの葉はキク科の植物に多くみられる様に、その表面がとても細かなうぶ毛で覆われていて、わずかに白っぽく見えます。 ただ、触ってみるとよもぎほどのザラザラ感もなく柔らかい茎葉をしています。 ステビアの味と使い方 生のステビアの葉は生育が旺盛な春から秋にかけてはいつでも気軽に摘み取って利用することができます。 ステビアの葉の味は、感じ方の個人差もあると思いますが、砂糖とは違うさらっとした甘みです。 生の葉であれば当然甘みとともに少し青草の香りを感じます。 ステビアは茎葉を煮出した汁を煮詰めてシロップとして利用することができます。 またお手軽で保存が効く方法としてはステビアの茎葉を刈り取って乾燥させてからお茶にブレンドしたり、料理に使うのがおすすめです。 ハーブは花の咲く直前が一番香りが強くなるものが多いのですが、ステビアの甘み成分は花が咲き終わってから、10月の終わり頃が一番多くなります。 ですので乾燥させて保存する場合は秋にステビアの地上部を刈り取るのがおすすめです。 増やす時は親株から挿し木すれば同じ性質の株ができます。 ですから最初に苗を入手するときによい苗を入手する様にしましょう。 ステビアの苗はホームセンターなどで春に入手できます。 もし身近なところで入手できなければ通販サイトで検索すれば送料はかかりますがハーブ専門ショップなどで簡単に入手できます。 赤玉6、腐葉土4の割合の用土に元肥を入れて準備したところに苗を植えます。 苗の植え付け適期は4月から5月にかけてです。 鉢は5〜6号鉢に一株を目安にします。 苗を植え付けたらたっぷり水をやります。 春から秋にかけてよく成長するので、週1回は水やりの代わりに液肥を与え、春と秋には追肥をしましょう。 ステビアは暑さにはあまり強くないので真夏は半日陰に鉢を移動するか、寒冷紗をかけて強い日差しを避けます。 また冬も氷点下になる場合はステビアの鉢を室内に取り込むなどして保温しましょう。 見つけたらすぐに牛乳スプレーなどで駆除しましょう。 たくさんのアブラムシがついてしまった場合は、その部分の茎はカットして処分した方がよいでしょう。 アブラムシの仲介するすす病などの菌が繁殖してしまうと厄介です。 茎をカットして切り戻せばその分脇芽も育ちますので、適宜アブラムシが多くついた茎の部分はカットしましょう。 その他はあまり気になる害虫もありません。 葉を利用したいので、万が一害虫と思われる虫を見つけた場合はなるべく牛乳スプレーなどで農薬を使わずにすむ方法で駆除しましょう。 切り戻せばそこから脇芽が育って枝も増えこんもりとした株になりますのでよい葉の付いているところの上で茎をカットしましょう。 またステビアは夏の高温は苦手ですので梅雨前後に気温が高くなってきたら、少し株に風通しがよくなるよう、ステビアの茎元から何本かの枝をカットして、透かし剪定しておきましょう。 透かし剪定でたくさんステビアの葉が採れた時は乾燥して保存して必要な時に使いましょう。 本格的な収穫はステビアの花が咲いた後の10月終わりから11月にかけてです。 この時期にステビアの甘みが一番強くなります。 地上部を10〜15cm残して刈り取ります。 刈り取ったステビアはさっと洗ってほこりやゴミを落としてから水気を拭き取った後、よく乾燥させて空きビンなどに入れて保存します。 秋の収穫を終えたら、有機質肥料などゆっくり効く肥料を控えめに与えて来春に備えます。 また気温が氷点下になるような場所ではステビアは冬越し出来ませんので鉢を暖かい場所に移動します。 地植えの場合は敷き藁やマルチ、トンネル掛けをして保温しましょう。 翌春、新芽が出てきたら追肥をします。 もし鉢植えで根がいっぱいに回っている場合は、春先にステビアの新芽が育ち始めた頃に植え替えや株分けをします。 これでまた春から元気にステビアが育ってくれます。 ステビアをティータイムのお供に 甘いもののカロリーがきになる方や、糖分を控えないといけない方にステビアはオススメのハーブです。 カロリーを気にせず軽い甘みを楽しめるステビアのお茶は気分転換に最適です。 ステビアだけでも他にハーブとのブレンドでも、紅茶やコーヒーにも! ステビアの葉をプラスして楽しんでみませんか?.

次の

ステビア栽培、苗の育て方、その味と使い方とは?

ステビア

しかも・・ステビアは甘味料だけで終わるような奴じゃなかったんだ! ステビアの葉・茎部分を熱水で抽出発酵濃縮した「ステビア発酵エキス」というものは・・ 健康食品、医療分野、化粧品分野でも活躍しているのです! では、実際にステビアの葉や茎に含まれる効能や効果をみてみましょう。 ステビアの葉や茎に含まれる嬉しい効能・効果8つ 1 糖尿病が改善する 昔からステビアは血糖値を改善するためのハーブとして使用されていました。 そして、現在も多くのお医者さんが、ステビアと血糖値の良好な関係を研究、発表しています。 さらに2006年には、千葉大学薬学部の研究チームにより、ステビアは細胞レベルで2型糖尿病の改善をする効果があると発表されました。 うーん。 でも不妊効果が本当にあるなら、これから子供をうみたい人は食べない方がいいってこと・・? 正直・・・ え、避妊、不妊効果なんてないよ。 実際、アメリカでは使用が認められ、今ではEUなどでも、摂取量の制限付きでステビアの使用が認められています。 ですが、オランダの保健所によると、 ステビアには蓄積効果があって長期間、摂取すると不妊を引き起す可能性があると言っています。 いまだに使用を禁止している国があるのも事実です。 最後に 正直、ステビアは今では安全だという意見のが根強いです。 でっぱ虫的には、安全だ!と言い切ることも危険だ!と言い切ることも出来ないです。 砂糖みたいに太らない素晴らしい面がある一方で、実際に使用を禁止している国もあるので・・。 これから子供を産みたいと思っている方は、万が一もありますので、積極的に摂るのを控えるなど自己判断で選んでいくしかないですね。 あと、ステビアが使用された清涼飲料水を飲んで、アナフィラキシー反応を起こしたという事例もあるため、キク科植物にアレルギーを持つ人はステビアは控えましょう。 参考サイト:.

次の

甘味料ステビアの危険性

ステビア

ステビア農法とは ステビア農法とは、ステビアの抽出物質である ステビアエキスを土にまき、野菜や果物作りに利用した農業のことを指しています。 ステビアエキスを使うことで、土壌を育てて野菜や果物を おいしくする働きがあります。 土壌の活性効果のほかにも、土中にある有害化学物質であるダイオキシンやニコチンを分解して除去する効果もあります。 土中に残っている農薬も分解してくれますよ。 ステビア農法で作られた野菜や果物は、高品質で味がよく、糖度がアップしたり日持ちが良くなるなどの効果があります。 さらに、ビタミンやミネラルなどの 栄養素が豊富な野菜や果物を作ることができます。 このステビア農法は、偶発的に発見された農法です。 ステビアを栽培していたあるみかん農家の方が、ステビアの葉を刈り取った茎を堆肥としてみかんを栽培したところ、他の木のみかんと味が違いさらにおいしくなったことが始まりです。 ステビアエキスを使うだけなので、お手軽で効果は絶大ということで支持されています。 全くの無農薬栽培ではありませんが、農薬の散布を最小限に抑え、最終的には無農薬栽培になるよう目指している農法でもあります。 — 2018年12月月10日午後6時05分PST ステビア農法で、トマトやいちごなどの果物や野菜が甘く育つのはなぜでしょうか。 ステビアエキスを土に混ぜ込むことで、土中の有用微生物を増殖させ、植物の根が健康に育つように促し、活性化させる効果があります。 その結果、おいしさをもたらす 糖度やビタミン・ミネラルなどが増加し、野菜や果物が本来持っているうまみを熟成し甘くなると考えられます。 また、ステビアなどの糖類を葉面に散布すると、葉の細胞に取り込まれ植物の他の部分へと運ばれていきます。 植物の中を運ばれていくことで、一部は呼吸に使われ、一部はほかの化合物に、また一部は新しい細胞を作る材料として使われます。 さらに、吸収された糖の一部が果実に転流され、甘みの成分となることもあるともいわれています。 甘みを直接増加させるというよりも、植物全体を丈夫にすると考えると良いでしょう。 安全性は?妊婦さんでも大丈夫? ステビア農法で使われるステビアという植物は、砂糖の代わりに合成甘味料として使われることが多くあります。 ステビアは砂糖の約300倍という甘味があり、砂糖を使わなくてもとても甘くなります。 ステビアは古くから避妊に効果があると伝えられてきた植物ですが、現代では天然添加物にはそのような作用がないことが明らかにされています。 反対に、糖尿病の原因の一つであるインスリンへの抵抗性を細胞レベルで改善することができたり、C型肝炎ウイルスの抑制、またガンの抑制効果なども併せ持つなど優秀な植物です。 しかし、 妊娠中のステビアの摂取は控えたほうがよいかもしれません。 ステビア自体には発がん性などはなく 安全性の高い甘味料ですが、妊娠中に摂取すると 高血圧やむくみが強く出てしまう可能性が高くなってしまいます。 ステビアを摂取してはダメ!というわけではありませんが、糖質が少ないステビアだからといって多量に摂取してしまうと、栄養のバランスが崩れてしまいます。 ですから、ステビアを摂取するときにはステビアに頼るのではなく、上手にバランスよく取り入れるようにしましょう。 危険や問題点はある? ステビアは30年間の研究の結果、安全性に問題はないとされている甘味料です。 また、2004年にはWHO 世界保健機構 やFAO 世界食糧機構 において安全性が認められてもいます。 しかし、海外ではまだ食品へのステビアの添加を認めていない国もあります。 なぜなら、ステビアを摂取した 子供の性ホルモンが減少した、という報告などもあるからです。 また、妊娠中や授乳中の女性や子供に対する安全性を示す十分なデータはないとされているため、気になる方は摂取を控えると良いでしょう。 過去には、20代の女性がステビアが使用された清涼飲料水を飲み、アナフィラキシー反応を起こしたという事例もあります。 そのため、 キク科の植物にアレルギーを持っている場合は摂取を控えたほうがよいかもしれません。

次の