木村 ミノル ドーピング。 K

【ステロイド疑惑】K

木村 ミノル ドーピング

3〜』。 動画は計量会場に向かう車中の様子から始まる。 「さっきまで半身浴していました。 汗で4. 5kg落としてその後は何も摂ってないです。 今はガラガラですね。 直前まで汗流して。 さっきやっとリミットの70kgに行きましたね」と木村。 計量に持ってきたのは、脱水症状の時に飲む経口補水液とペディアライト(メジャーリーガーの中に発汗時の水分と電解質補給のために好んで飲んでいる選手が多いことから 各スポーツ選手でも愛用されているという)。 それとテールスープとトッポギ、ライス、フルーツ(マンゴーとイチゴ)。 「明日の朝のことを考えると緊張する。 試合当日の朝は物凄い緊張感、やるぞって気合いがみなぎる」と、緊張していることも打ち明ける。 計量後は車に戻り、「(70kg)ピッタリでクリアーしました。 これから水分を身体に戻してリカバリーしていきます。 たくさん持ってきましたが全部をちょっとずつ飲んでいく」と水分を摂り、 「最初はフルーツからと決めているんですよ」と最初にフルーツを胃に入れ、そのフルーツをチョイスした理由も話す。 その後はテールスープや沖縄の塩をかけたライスで食事を摂るが、「入れた直後はダルくなる。 身体がついてこない。 全部が終わるまでは気持ち悪いです。 身体が慣れないから」と、計量後の会見時はいつも気持ち悪いと吐露。 そこから具合が悪くなる様子もカメラはとらえており、体調が悪化したため会見を欠席すると決めた木村。 「計量直後はつらいですね。 身体に負担がかかるんです」と話すが、今回は通常のウェルター級(-67. 5kg)ではなくスーパー・ウェルター級(-70kg)のため対策として調整方法を変えたことを明かし、 それもあって体調が悪くなったのではないかと推測。 それでも少しずつ食事を摂り、夜は母国であるブラジルの名物料理シュラスコの店へ。 肉を食べて「体調も気分も戻ってもう万全ですね。 明日になる頃には身体が別人になっています。 力もみなぎっているし」と、完全に回復し、笑顔を見せる木村。 結果はご存じの通り、1回戦の海斗戦は1R2分10秒、準決勝のエダー・ロープス戦は1R1分2秒、 そして決勝の和島大海戦は1R1分10秒と、トーナメント3試合全て初回KOで制し、 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座に就いた。 試合後の会見では、前日計量を欠席した理由を「少し体重の戻りが悪くてちょっと気持ち悪くなったんです。 水分をとったら。 でも、そんなに重大なことではなかった。 会見に出なければ他の人より休めるし、アイツ調子悪いわるいんじゃないかと思って彼らのメンタルが崩れたんじゃないですかね(笑)」と、 作戦のうちだったと話した木村だったが、実際に体調が悪くなっていく様子が見られたのは興味深い。 木村が「計量後の最強のルーティン」という動画はYouTubeの木村フィリップミノル Officialチャンネルで公開されている。 net.

次の

K

木村 ミノル ドーピング

江川優生の筋肉がスゴイ! K-1の江川優生選手の筋肉が凄すぎると話題になっています。 江川選手は日本人の父親とスペイン系フィリピン人の母との間に生まれたハーフです。 外国の方の遺伝子が入っているからとはいえ、その肉体は同じジム所属のチャンピオン・武居由樹選手と比較しても一目でわかるほど筋肉が盛り上がっています。 こちらの画像で比較してみましょう。 二人とも同じ「パワーオブドリーム」というジムに所属していて、練習の量のほぼ同じの二人が、なぜここまで身体つきが違うのかはとても不思議です。 筋肉質かどうかは影響するとは思いますが、それにしても見事な筋肉だと思います。 スポンサードリンク 江川優生のドーピング疑惑は本当なのか? 江川優生選手の筋肉があまりにも凄いので、一部の関係者からは「ドーピングをしているのではないか?」と疑われているそうです。 K-1にはドーピング検査というものがないので、もし選手がドーピングをしていても気付かれないそうです。 このことは、K-1選手の城戸康弘選手も以前話していました。 城戸康弘選手の話では、もしK-1選手が試合前にステロイドや筋肉増強剤を使用して戦うと、パンチやキックの威力は 2~3倍くらいになるそうです。 「来年は東京オリンピックがあります。 K-1は今後オリンピック競技になるような大きな団体に成長していくと思っている。 K-1は現在ドーピングチェックをやっていません。 その中で 明らかにドーピングしている選手が大体わかる。 なので今後ドーピングチェックをして正々堂々と試合しましょう!」 城戸康弘選手は「ドーピングをしている選手は明らかにわかる」と断言していました。 おそらくそれは、自分が対戦したことのある選手の話ではないか?と思われますが実際はどうなのでしょうか。 実は武居選手や江川選手が所属している「パワーオブドリーム」の古川会長はとてもスパルタで知られていて地獄のようなトレーニングで有名なんだそうです。 また、本人もまっすぐな方で曲がったことが大嫌いな性格だとか・・・。 なので江川選手のドーピング疑惑は 間違いなくありえないと断言してよいと思います。 江川選手はK-1のフェザー級王者として活躍しており、チャンピオンを決めるグランプリでは、 1日3試合行うというトーナメントで3試合すべて 1RKO勝利という信じられない成績で優勝しています。 もしかしたら、その常識外れの強さが「ドーピング疑惑」を産んでしまった理由なのかもしれませんね。 k-1. 城戸選手は「ドーピングをしている選手はすぐにわかる」と発言していましたが、いったい誰のことなのでしょうか? 考えられる可能性としては、城戸康弘選手が過去に戦った事のある選手である可能性が高いです。 実はK-1ではドーピング疑惑が噂されている選手はたくさんいるんです。 アメリカのUFCなどはドーピング検査がとても厳しいことで有名ですが、日本はそれほどうるさくありません。 現在はなくなってしまいましたが、「PRIDE」もドーピング検査がなかったことで有名なんです。 あの ミルコクロコップや ヴァンダレイシウバも、ステロイドを使っていたのではないかと噂されていたほどです。 なので、外国のK-1選手の中には、ドーピングをしている選手が大勢いることはどうやら事実のようですね。

次の

【格闘技】禁断の質問木村ミノル選手のドーピング(ステロイド)疑惑の真相に迫る[砂漠のマスカレード★]

木村 ミノル ドーピング

K-1の武尊や木村フィリップミノルはRIZINに出場していた! 他団体と交流せず、鎖国政策を続けるK-1ですが、その体質のおかげでファンが一番望んでいるカードの 「武尊vs那須川天心」がなかなか実現しません。 しかし過去には 武尊や木村フィリップミノルやHIROYAがRIZINに出場していたこともあったのです。 なぜ関りを持たなくなったのか時系列でみていきましょう! 武尊とHIROYAがRIZINに出場していた 武尊は2015年年の大晦日にRIZINに出場していたのです。 その時は、「新生K-1」の広告塔としてK-1を代表して、 武尊とHIROYAが参戦しています。 武尊はヤン・ミンにKO勝ちしています。 rizinff. 試合前の会見で 木村フィリップミノルは、 「僕はK-1ファイターですがMMAも一回だけではなく、どちらもやる選手になりたい。 いずれはアーセン選手と戦いたい。 アーセン選手が目立っているから。 そういう選手を倒して自分が目立っていきたい。 」 と、コメントしています。 榊原実行委員長は、 「RIZINとしてずっとK-1さんと話をしていて、昨年末にはK-1ルールの試合を組みました。 その後もK-1さんとは良い関係を築いてきた中で、MMAファイターとしての可能性を感じていた木村選手にMMAルールのオファーを出し、そこで一歩踏み出してくれました。 」 と、コメントしています。 試合はチャールズベネットを相手に、わずか7秒で KO負けしました。 boutreview. 榊原実行委員長は、 「この試合はリマッチに意味がある。 木村選手は相手は誰でもいいから試合をしたいと思うが、リマッチをやることに集中してきたので、主催者側の判断でキャンセルさせていただきました。 」 と、説明しました。 結局この年の大晦日は、K-1選手の出場は無くなりました。 K-1とRIZINの関わりが皆無に! そして、 この後から現在まで、K-1選手がRIZINに出ることが無くなりました。 ここから勝手な憶測ですが、武尊の拳の怪我もチャールズベネットが来日できないというのも、もしかしたら嘘だったのかもしれません。 11月3日に武尊がRIZINを宣言してから、欠場を発表した20日までの間に、K-1とRIZINが揉めたのではないでしょうか。 拳の骨折で全治2か月の大怪我なら、試合翌日の4日には分かっていたのではないでしょうか。 17日後の発表とはおかしくないですか?(笑) 更にチャールズベネットvs木村フィリップミノルも、今考えるとK-1とRIZINが揉めたであろう11月の段階で既に消滅していたのではないでしょうか? しかし、 下手な理由だと大人の事情がばれてしまうので直前になってチャールズベネットのビザのせいにして中止を発表したのではないでしょうか? 上記の事が理由であれば、以降もK-1とRIZINの関りがあると思いますが、絡み合いが無いので嘘くさいですね。 まとめ 先ほども述べた通り2016年の年末以降からK-1とRIZINが一切かかわりを持たなくなりました。 なので2016年11月4日~20日の間に、完全決別する何かがあったのではないかと思います。 因みにその時の年末RIZINでは那須川天心は29日と31日に2連勝でMMAの試合をしています。 ファンの間ではこの年の年末RIZINで、「武尊vs那須川天心」を組もうとして、 「武尊が逃げた!」 推測している人が多いと思います。 しかし実際、 K-1とRIZINが決別した理由は、「武尊vs那須川天心」が理由のような気がします。 ルールだったのか、お金の問題だったのか、そこは関係者しかわかりませんが、、、.

次の