コロナいつまで予言。 コロナの預言者まとめ!アキラ、イルミナティカード、松原、ノストラダムス・・・

コロナいつ落ち着くか予言は当たる?コロナの中で生きていくのか?

コロナいつまで予言

新型コロナウイルスの預言者まとめ まずは、もっともインパクトがあるAKIRAの予言から紹介していきます! AKIRAが伝染病の理由で2020年オリンピック中止を予言! 「AKIRA」の連載がスタートしたのは1982年。 AKIRAは、大友克洋氏による漫画で、映画化もされて話題になった名作。 連載がスタートしたのは1982年。 今から実に38年も前。 その頃に2020年のオリンピックが書かれていただけでもスゴい予言ぶりなのに、中止という看板、さらには 伝染病に対する批判。 つまり新型コロナウイルスまでも予言していると言えるでしょう。 東京オリンピックが新型コロナウイルスで中止になるのか否か、注目の予言ですね。 イルミナティカードが武漢の新型コロナウイルスを予言 いやもうこれ人類終わってるでしょ。 世界的感染は時間の問題。 4月が感染のピークらしい・・・ インドも2700人のコロナ感染者の発表、もう隠しきれなかったんだろう。 もうオワタ・・・皆さん残された時間を大切に生きよう。 かゆ…うま… — ソーヤ? 仮想通貨は詐欺 PVoIebuj34vSOdD イルミナティカードの予言を語る前に、イルミナティカードのおさらい。 「イルミナティカード」は、1982年に米国で発売されたカードゲームで、秘密結社イルミナティを題材にしたものです。 イルミナティカードが、武漢での新型コロナウイルスを予言していたとされるわけですが、9. 11のワールド・トレード・センタービルの事件を的中させていたとされます。 まさに、ツインタワーの片方から爆発を起こしているイラストがあり、まさに的中とされていました。 今度は、武漢ですが、イルミナティカードのイラストで コウモリに似た悪魔が、建物のまわりをバサバサと飛んでいるイラストがあります。 この 建物がなんと武漢にあるホテルにそっくりなんです。 さらにコウモリに似た悪魔というのも、シュールすぎます。 新型コロナウイルスの宿主とされているのはコウモリでしたね。 しかもそれだけではなく、このカードのタイトルは、「 Plague Demon(悪魔の疫病)」とのこと。 イルミナティカードの予言は的中と言っても過言ではないのではないかと思います。 スポンサーリンク 7年前の松原照子さんの予言 松原照子さんという預言者をご存知でしょうか。 実は今から 7年前に東京オリンピックの中止を予言しています。 今から7年前というと2020年の東京オリンピックの開催が決定した年。 その前の年に、松原照子さんは、「オリンピックは東京に決まりますか?」と質問を受けて、「ない」と即答。 しかし、翌年の2013年にオリンピックの開催が東京に決定。 これを受けて予言が外れたというならばそれで良いのだが、 オリンピックが東京に決定してもなお、「2020年のオリンピックが気掛かりなのです」とブログに書いていました。 その気がかりの理由が新型コロナウイルスだったとしたら、7年前から未来の予知をしていたのかもしれません。 新型コロナウイルスをノストラダムスが予言! 今回の新型コロナウイルスのこと、なんと ノストラダムスが予言しているというのである。 具体的に新型コロナウイルスの予言が書かれているのは、『百詩篇』第2巻第53節。 そこには次のように記載があります。 引用: 悪疫は、当時流行していたペストのことだろうとされていますが、伝染病全般を言っているとも捉えられるとのこと。 以前具体的には、SARSの予言ではないかと、SARSが流行したときにも話題になりましたが、同様に、 新型コロナウイルスにも当てはまる予言と言えます。 そして、偉大な婦人というのも気になる予言です。 もしも武漢市場のコウモリから始まった新型コロナウイルスではなくて、研究所から始まった新型コロナウイルスだとすれば、研究所の所長は女性ですし、 偉大な婦人というキーワードも見過ごせませんね。 ヒプノセラピストマリアの「サーバーシステム」予言 ヒプノセラピストマリアさんの 「サーバーシステム」という予言方法があるのですが、分かりやすく言うと、マリアさんの 生徒さんをモニターとして、ビジョンを映し出す予知の方法があります。 具体的に言うと、マリアさんの生徒に夢として未来の映像が映し出されるというもの。 その中で、大分県にある「武漢の森」の映像を、新型コロナウイルスがはじまるよりも前に見たと報告していました。 この予言は、夢の中で細菌の防護服を身に纏った人が試験管を投げて逃げてきたところ、武漢の森にたどり着いたという夢だったようです。 この他にも、2019年11月の予知夢では、 「たくさんの2に気をつけて」という夢を見たという報告も。 つまり、新型コロナウイルスが日本で広まりだす 2月を警戒する予知夢を生徒に映し出していたということです。 ここまでの状況において、 サーバーシステムの予言もあたっていたと言えるのかもしれません。 まとめ 以上、新型コロナウイルスの預言者をまとめて紹介してきました。 新型コロナウイルスに関する予言では、どれも信憑性がありそうな予言が多いですね。 イルミナティカードなどピンポイントに当てられている内容は正直驚きます。 アキラのオリンピック中止も本当に的中してしまうのでしょうか? 東京マラソンの一般参加の中止があったりと、いよいよオリンピック中止も現実味を帯びてくる予感もします。 東京オリンピックを迎える夏の前に新型コロナウイルスの騒動が収束してくれること願うばかりです。 新型コロナウイルスの収束方法がいまいち想像できませんが、SARSのときと比べるとヒントがあるのかもしれません。 SARSのときと新型コロナウイルスの違いなどは下記コンテンツにて紹介しています。 また、東日本大震災や熊本地震の予言を的中させたとされる未来人2062も新型コロナウイルスや東京オリンピックの開催について予言が出てきてますので下記にまとめてました。 映画の中で、「予言」というポスターが貼られているのも興味深いです。

次の

次なる予言、コロナウイルスで必要な物|上位1%の頭脳、ギフテッドとして生まれた。|note

コロナいつまで予言

新型コロナウイルスはいつまで続く? 前にアメリカの スピリチュアル超能力者シルビア・ブラウンが、著書で新型コロナウイルス発生を12年前に予言していたという記事を書きました。 今回はスピリチュアル予言者のほかにも、ビルゲイツや高嶋哲夫などが著書で新型コロナウイルスのことを予言していたのではないかと思われることについてまとめてみました。 収束時期については3月から収束に向かう、という楽観的なものから、何年も繰り返し起こる、という悲観的なものまでさまざまで何とも言えませんが、一度収束してもまた余波が来るというのが大方の見方です。 100年前に流行ったスペイン風邪は収束に2年以上かかったと言われています。 状況は違いますが、1年はかかる、そしてその後も小規模な余波が来る、と見たほうがよいかもしれません。 スピリチュアル超能力者の予言 ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガ ババ・ヴァンガは1911年に生まれ1996年に84歳で亡くなったブルガリアの予言者。 「ババ」とはブルガリア語で「おばあちゃん」という意味だそうです。 ヴァンガは12歳のときに竜巻に飲み込まれ、両目を傷つけられて失明してから予知能力が身についたそうです。 今までに第二次世界大戦の勃発、チェルノブイリ原発事故、ソ連崩壊、ダイアナ妃の死去、アメリカ同時多発テロ事件、数々の地震、イスラム国の台頭などを予言したといわれています。 新型コロナウイルスについては亡くなる数年前に、「ネシュカ、コロナが私たちのいたるところにある」と語ったらしいです。 そのコロナが今回の新型コロナウイルスのことか?と言われているのですが真偽は定かではありません。 ババ・ヴァンガについてはの記事にも書いています。 【2020年】ノストラダムスがコロナウイルスを予言【都市伝説・オカルト】 — NAVER まとめ — タカヒサ XIwaJkcxr8eekwq また、1999年の予言は20年の誤差で、恐怖の大王は2019年の新型コロナウイルスのことではないかとも言われています。 ノストラダムスの大予言って解釈を変えると新型コロナの話みたいな気がするけどどう思います?。 アンゴルモアの大王=コロナ(王冠) 1999年=コビット19 歓喜のうちに=オリンピック その他原文の解釈でやったら符合するところが出るのでは? — 田中 皇介 kaettkita ビルゲイツや作家の新型コロナウィルスの予言 ビル・ゲイツ ビル・ゲイツは超能力者ではないですが、未来に起きるであろう疫病を予言していたようです。 これ、3年前のビルゲイツの予言。 3300万人が感染症で死ぬとな。 実現してしまうのか? 的中しまくるビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」とは?「1年以内に3300万人が感染病で死亡」 さんから — m3alp 雪降ったぜいぇーぃ m3alp 2015年にビルゲイツ氏がウイルスについて話してて、これぞ天才。 「すぐに対策を講じるべき」とありますが、どの程度真剣に受け取られたのでしょうか。 ビルゲイツの話なのである程度注目されたと思うのですが、実際この時点で対策が進んでいれば今のような状況が防げたのかは分かりません。 一番の防御策は正しく知ること」と話す。 これは小説ですが、航空機で帰国した人たちのホテルへの隔離、学校の一斉休校、人気遊園地の休園など、作品の中に描かれたことが実際今回起こっていることと同じです。 まとめ ビルゲイツや高嶋哲夫さんは、予言というよりも現実に基づいてこのような事態を起こりうると予測し、発表しています。 人類の歴史を見ればウイルス感染が繰り返し起きることは分かっていたことなのでしょう。 いつどこで起きるかは分からないにしろ、また繰り返されるのだと思います。 ウイルス感染だけではないいろいろな災害がこれからも起きていくでしょう。 ただ、私たちが災害を助長する行動をとることは避けなければいけないし、環境を大事にして生活することは続けなくてはならないと思います。 私たち個人がができることは、免疫力を付けておくこと、物事に動じない精神力を持つこと、いつ何が起きるか分からないと腹をくくって毎日を大切に生きることぐらいでしょうか。

次の

コロナウイルス日本いつまで続くか専門家の予想は?終息条件も調査!

コロナいつまで予言

コロナいつ落ち着くか予言は? その前に、ノストラダムスが新型コロナウイルス肺炎らしき予言をしていたとか。 予言でも当たる時は当たります。 でもコロナが落ち着くかどうかの予言は、誰もわからないのが本当のところ。 コロナが落ち着くには、予言よりもパンデミックを抑える行動にかかっているのです。 広告 コロナいつ落ち着くか予言は当たる? 新型コロナウィルスは、完全収束するかどうか、みんなが気になってます。 このまま終焉を迎えるのか、それともコロナは終わらないのか! ネットで調べてみたら、やはりコロナがいつ落ち着くか心配な人がすごく多いのがわかりました。 予言者は何と言っているのか? スタンフォード大学癌研究所のマイケル・レヴィット教授が 「新型コロナウイルスのパンデミックは予想より早く終息する」 株式会社 ミチテラス様からの引用 こちらの記事を引用させていたきましたが、コロナいつ落ち着くかという予言と言うよりも、今言われていることを守って生活していけばやがて新型コロナウィルスのパンデミックは終焉に向かっていくでしょう。 ということなのです。 コロナいつ落ち着くかは、3つのルールを守ることで落ち着いていく コロナを拡散させないためには、いつも小池都知事が言われているようなことです。 「3密を避ける」 「うがい、手洗い」 「マスク」 コロナの中で生きていくと言うことは、このルールを守って生活をしていくことですね。 感染症学専門の岡田晴恵さんの意見も貴重で、耳をダンボにしてテレビで見ている私。 新型コロナウィルスが日本にやってくる前の生活のままでは、パンデミックはおさまらないんです。 ネットニュースではマスクはいらない。 これから夏に向かって、マスクをしていたら熱中症にならなくても体調を崩す人が増えるのは目に見えています。 マスクは状況に応じて。 大切なのは、手を洗うことだそうですよ。 アルコール消毒が大事に言われてますが、手を石鹸できちんと洗えば菌は流れていくのだそう。 ウィルスのついている手で顔を触るのが一番危険なので、無意識に顔を触る前に清潔な手でいることが大事。 広告 免疫が付き、抗体次第で新型コロナウィルスは体内に入っていかない? コロナの中で生活していくと、無症状の人もたくさん。 そんな中、体内に抗体が付き新型コロナウィルスにはかからない体質になっていく! ウィルスが蔓延してても、免疫が高くなればウィルスも弾き飛ばす力が付くとも言われてますよね。 ワクチンもいつ出来上がるかわからない中、新型コロナウィルスにかからないようにするには、コロナ時代の中自分を守っていく生活をするしかない。 そして、免疫を強くし、抗体ができていれば身を守ることが出来るということなのかな。 みんな、気持ちは晴れないと言っていますよね。 コロナ鬱だとか・・・ 新型コロナウィルスが長期化しないためにも、これだ! という何かが欲しいですね。 広告 navimy.

次の