パグカフェ。 犬カフェでわんちゃんとのふれあい!話題の関東のお店12選♪(まとめ)

パグカフェ「リビングルーム」について

パグカフェ

気になる料金システムは、最初の60分までは1人1,500円で、ソフトドリンク1本と犬のおやつが付いてきます。 それ以降は30分ごとに500円ずつ加算されていきますよ。 こちらの犬カフェでは、犬好き同士の合コンも開催していて、実際にいぬのじかんでの合コンがきっかけでご結婚されたカップルもいるそうです。 さらに、事前申し込みで、お気に入りのワンちゃんとお散歩もできる、ちょっと風変りな犬カフェ ドッグカフェ です。 料金は、30分のショートコースが1人950円、1時間コースが1人1,550円で、15分ごとに300円追加されていくシステムになっています。 所在地 〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1丁目45-2 Y'sパークビル 2F 電話番号 03-3469-4115 開催期間 11:00~19:00 定休日 年中無休 駐車場 無し。 こちらの犬カフェ ドッグカフェ には、かわいいスタッフ犬もいるので、犬を飼っていない方もぜひ足を運んでみてください。 所在地 〒164-0003 東京都中野区東中野1-37-9 アネックスビル 電話番号 03-3227-2999 開催期間 10:00~20:00(L. 犬カフェといえば、普段から人とふれあう機会の多い、人懐こいワンちゃんたちを想像するかもしれません。 しかし、いぬねこcafe Luaにいるワンちゃんたちは、人見知りであったり、怖がりさんだったりとそれぞれに抱えているものがあります。 また、注文したメニューの一部は保護活動費になるそうですよ。 人間用のフードメニューだけでなく、「北海道エゾ鹿と野菜の煮込み」「たいやき」など、犬用のフードメニューも充実しているので、ぜひいろいろ頼んでみてください。 こちらの犬カフェの魅力は、何と言ってもリードフリーなところ! リードを離して自由に遊ばせることができるのが嬉しいですよね。

次の

世界の癒し処、京都『パグカフェlivingroom』を残したい

パグカフェ

犬カフェってどんなところ? 犬カフェと言うと、犬を連れて行く事の出来るカフェを連想する人が多いと思いますが、今回ご紹介するのは、犬を飼っていない人でも犬とふれあうことの出来る犬カフェです! 猫と触れ合える猫カフェは最近多くなっていますが、それの犬バージョンみたいな感じです。 猫カフェに比べるとお世話が大変な事もあり、数としてはまだあまり多くは無いようです。 里親募集型の犬カフェもあるので、気に入った子をお家に迎える事も可能です。 里親になってみたいけれど、どんな犬がいるのかわからなくて二の足を踏んでいるという方や譲渡してもらいたいけど保健所に行くのはなんとなく気が引ける…と思っている方などには、気軽に里親募集している子に触れ合うことができるので大変おすすめです。 お客様さんが楽しむことができ、ワンちゃんにとっても飼い主さんと巡り会える可能性が増えるという、一石二鳥の良いアイデアですよね。 それでは、ワンちゃんとふれあう事が出来るカフェや、癒される看板犬に会える犬カフェなどを以下にピックアップしてみましたのでご覧ください。 出典: 関東最大級の屋内動物園である、モフアニマルワールドの中にある保護犬に出会える犬カフェです。 モフアニマルワールドにはアルパカやカピバラ、ヒツジなどの動物をはじめ触れ合えるうさぎやヒヨコ、爬虫類などさまざまな動物がいます。 そんな施設内にある「ほごけんカフェ」では、行政やペットショップから保護された猫ちゃんやワンちゃんが迎えてくれます。 こちらは里親募集型カフェですので、気に入った子は引き取る事も可能です。 気になる子がいる場合は何度か通って性格などを見極めることができるのもポイントですね!10~20頭のワンちゃんと10頭ほどの猫ちゃんがいる大規模なカフェとなっています。 在籍しているワンちゃんや猫ちゃんの情報は、facebookにて確認できるのでチェックしてみて下さい。 入場料は無料ですが、カフェとしてフェアトレード商品のコーヒーや、美味しそうなデコレーションのパンケーキやモッフルなどのメニューも充実しています。 ちなみにカフェの売り上げの一部は保護犬の活動費として役立てられるため、このような活動に興味がある、何かできることを探しているという方はぜひ足を運んでみてくださいね。 ネコカフェは聞いたことがありましたが犬カフェもあったんですね!初めて知りました。 ワンコが飼いたいけど飼えない人やわんこと触れ合いたい方には最高の場所ですね。 看板犬たちがどのこもみんなかわいいです。 残念ながら私のお家の近くのお店はありませんでした。。 世田谷のラスキチさん、ぜひ一度いってみたいです。 大型犬が飼いたいけれど飼えない私には近くで見るだけでも幸せです。 その他、こちらの記事で里親募集もかねているカフェがあることをしりすばらしい企画だと思いました。 実際にわんちゃんと時間を過ごして、もしかしたら里親になってもらえたらワンコにも飼い主さまができて一番幸せなことですよね。 ぜひ応援したいカフェです。 犬カフェと聞いてやはりペット可のカフェを思い浮かべました 猫カフェはよく耳にしていたので記事を読んで納得です。 先日愛犬を亡くしたばかりなのでまだ悲しみの中にいますが、譲渡会を定期的に行っているところもあるようで、今度ぜひ行ってみたいと思います この間ふと入ったチェーン店のとある町のカフェで写真でしたが犬の里親募集を行っていて、だんだんと認知度が高まってきているように思います。 決して特別なことではなくて、もちろん犬や猫が苦手な方もたくさんいらっしゃると思いますが、命をつないでいく道が少しでも増えて行けば殺処分0を目指せるのでは?そう感じました。 少しでも多くの人が足を運んでくれたら救われる命があることを知ってほしいですね。 ドッグカフェですかね。 県内で近くにないため頻繁に行くことはないのですが、愛犬と一緒に出掛けた際、県外のドッグカフェに立ち寄ったことがあります。 人と一緒の席に座って一緒にご飯を食べることは愛犬家にとっては最高ですね。 里親募集犬のいるカフェは記事で拝見したことがあります。 とてもいいアイデアだと思います。 保護犬と出会える場はそんなに多いわけではないですよね。 譲渡会が行われるのも土日だけの場合も多いですし、都合がつかないとなかなか見に行くことができません。 こういうカフェで常に保護犬と接することができれば平日でも時間の空いた時に行けますし、その犬の特徴や性格をじっくり観察することもできます。 保護犬カフェは、都内が多いと思いますが、こういったカフェは郊外でも増やしていくべきだと思います。 その店その店の特徴を知ることができてとても参考になりました。 犬が好きでも都内では飼うことができない環境も多いと思います。 お店ごとにオーナーさんの好みも出やすいので、犬カフェって癒しの空間になりますね。

次の

犬カフェでわんちゃんとのふれあい!話題の関東のお店12選♪(まとめ)

パグカフェ

クシャっとした額、クリクリの潤んだ目、ぺしゃんこの鼻。 そして、パグ好きであればあるほど、思いっ切りパグをなでまわしたい、そんな衝動に駆られることもあるだろう。 記者もそのひとり。 どうにかして、この欲求を満たす方法はないものか。 そんな時に発見したのが、 京都のドッグサロン「リビングルーム」。 なんでも、十数匹のパグを可愛がりまくれるらしい。 マジか! そんな夢のような空間がこの世に存在するなんて!! ・国内最大規模のパグカフェ 古くから世界中で愛玩犬として可愛がられているパグ。 わかるわかる、パグを見ていると何だか守ってあげなくちゃいけない気になるもん。 国内にはパグ専門の犬カフェが4軒ほどあるようだが、今回紹介する「リビングルーム」は、その中で最も規模が大きいと言っても過言ではない。 その理由は、カフェに在籍するパグ犬の数。 なんと、11匹ものパグが熱烈歓迎してくれるのだ。 大事なことで繰り返すが、 11匹のパグがいるカフェなのだ。 しかも、大人しくてお利口な、美男美女のワンコがそろっている。 近くにあったら、記者は確実に毎日通ってしまうぞ。 ・パグ用おやつと人間用ドリンクが付くお得なコース 店内は2階立て住宅のワンフロアを活用した、とてもアットホームな雰囲気。 小さなテーブルが2~3個と大きなソファーが備えられており、パグと心ゆくまで戯れることができる。 いずれのコースも、パグにおやつをあげることができる。 そこまでできて、この値段はかなりお得! 毎週通っているお客さんもいるらしいが、その気持ちもわかる。 パグを触ったり膝に乗せたり、おやつを与えているとアッという間に時間が過ぎてしまうのだ。 関西圏だけでなく、関東など全国からパグ好きが訪れるそうだが一度足を運んでみれば、なるほど納得。 パグ好きはもちろん、そうでなくとも一瞬にしてパグの魅力に取りつかれることだろう。 個性豊かな11匹のパグちゃんたちに出逢える同店。 満足度200パーセントだったことを報告したい。 要予約なので、ご注意を。 ・今回ご紹介した店舗の詳細データ 店名 ドッグサロン リビングルーム(Living Room) 住所 京都府京都市右京区西院中水町18の4 時間 13:00〜17:00(要予約) 定休日 基本的には火・水曜 Report: Photo:Rocketnews24.

次の