ディレグラ 市販。 【Q】ディレグラ配合錠にアレルギーがある患者にエフェドリン塩酸塩注は使用可能か?

よくあるご質問と回答:ディレグラ

ディレグラ 市販

今回は、飛行機に乗った時に耳や頭が痛くならないようにするためのアイテムをドラッグストアの店員さんが説明します。 旅行が好きなんだけど、とにかく飛行機が嫌いです。 というのも、飛行機に乗ると耳痛と頭痛がホントにひどくって、耳から頭にまで痛みが回ってきて頭が割れるような猛烈な痛みに襲われます。 もう、到着前に死ぬんじゃないかって思うレベルなので正直トラウマ。 でも、最近はいろいろ教えてもらって市販薬でも対策できることがわかったのでトラウマは解消されつつある。 まずは、飛行機にのると耳が痛くなる原因を探ってみます。 耳が痛くなる原因は耳管が開きにくいため 外気と中耳の気圧の差が生まれることで鼓膜が圧力で ペコペコするので痛くなります。 高度が上がると外の気圧が下がるけど、耳の中の気圧は地上にいるときのままだと圧力差が生じます。 通常は、耳の中の圧力は鼻の奥から耳の中につながる管(耳管)から空気を取り入れることで外気圧と等しくなるように調節されるんだけど、あんまりにも急激な気圧変化だったり、耳管が開きにくかったりすると気圧調節が間に合わずに鼓膜がペコペコします。 この痛みは離陸時よりも着陸時の方が起こりやすい。 というのも、耳の構造上、耳管咽頭口が中耳内圧が高い時の方が開きやすいからです。 ポイント 耳や頭が痛くなるのは耳管が開きにくいせいで気圧調整ができないためです。 予防するためには耳管を開きやすくすればいいだけ!! 耳管を開きやすくするための薬とは 耳管を直接こじ開けるようなお薬はないんだけど、耳管が開くにくくなる原因には鼻の通りが悪いことが一因にあります。 耳管 耳管咽頭口 の開閉によって気圧差を調節していますが、この耳管は耳と鼻の裏側の空間とでつながっているので、風邪や副鼻腔炎や蓄膿症やアレルギー性鼻炎が原因で、粘膜が腫れてしまい鼻がつまっていると耳管咽頭口の開閉がうまく機能せずに圧力調節ができなくなります。 ということで、鼻の症状を改善して鼻通りをよくすると耳管の開閉もスムーズになって耳が痛くなりにくくなります。 鼻づまりの薬だったらいろんなお薬がありますね。 代表的なものに血管収縮剤・抗ヒスタミン薬・ステロイドがあります。 一時的に用いるのであれば即効性があり効き目がいいものを選択するべきだと思います。 一時的な鼻づまりに即効性があり、効き目もいい薬といえば血管収縮剤です。 市販の点鼻薬の多くは血管収縮剤が配合されています。 血管収縮剤は血管を収縮させることで粘膜の浮腫を改善して鼻の通りをスムーズにします。 効き目も早く使用後1~5分程度で効果が現れます。 血管収縮剤には飲み薬も抗ヒスタミン薬との配合剤として販売されています。 抗ヒスタミン薬もまた鼻づまりに効果があります。 抗ヒスタミン薬はアレルギーによる鼻水を改善し、鼻の通りを良くします。 とくに第一世代の抗ヒスタミン薬は効き目が早く短時間で効果が現れます。 鼻づまりを改善する市販薬鼻炎薬 パブロン鼻炎S錠 塩酸プソイドエフェドリン60mg マレイン酸カルビノキサミン4mg ベラドンナ総アルカロイド0. 2mg 無水カフェイン50mg こちらの特徴は鼻づまり症状を改善する血管収縮薬の塩酸プソイドエフェドリンが配合されてます。 抗ヒスタミン薬は第1世代のマレイン酸カルビノキサミンが配合されているので感冒による鼻水・鼻づまりにも効果的です。 ただ、かなり眠気がでやすいです。 事前にのんで飛行機内は寝てしまうというのも手でしょう。 医療用であれば ディレグラ配合錠なんてのが血管収縮剤入りの内服薬にあたります。 点鼻薬 市販の安い点鼻薬はほとんどが血管収縮薬なのでどれ選択しても鼻づまりにはよく効きます。 例としては パブロン点鼻薬がナファゾリン塩酸塩が血管収縮薬配合の点鼻薬ですね。 点鼻薬を選ぶ際には血管収縮剤が配合されているものを選んでほしいので、成分に「オキシメタゾリン塩酸塩」「ナファゾリン塩酸塩」「塩酸テトラヒドロゾリン」が使われているものを選びましょう。 下手に高価な点鼻薬を選択すると 抗アレルギー薬の点鼻であったり、 ステロイド点鼻薬であったりするので効き目は期待できるけど、即効性がないので今回のような使い方にはむきません。 高価な点鼻薬で、たとえばザジテン点鼻薬は抗アレルギー薬のケトチフェンしか入ってないし、コンタック鼻炎スプレーはステロイドであるベクロメタゾンプロピオン酸エステルしか配合されていません。 抗アレルギー薬もステロイドの点鼻薬ももちろん鼻づまりに効果はありますが、続けていくことによって徐々に効果が現れるものなので使ってすぐに劇的に改善するというようなものではありません。 明らかに季節性アレルギーで普段からのアレルギー対策しとくといいステロイドや抗アレルギー薬の点鼻は有用です。 血管収縮薬はとにかく効き目が早く効果も抜群です。 点鼻後、1~5分程度で効果が現れます。 よく使用されれている血管収縮成分は オキシメタゾリン塩酸塩、 ナファゾリン塩酸塩、 塩酸テトラヒドロゾリンこれらが配合されている点鼻薬を選択しましょう。 血管収縮薬ならどれでもしっかりとした効果が得られると思いますが、ナシビンMスプレーという商品だけちょっと前まで第1類医薬品ということもあって一線を画しています。 特徴があって、他の血管収縮薬よりも効き目が長いのです。 血管収縮作用持続時間は6~8時間ということから1日1~2回の使用でも効果が期待できる。 他のものは4~6回といった設定が多い。 飛行機で頭痛が起きる原因 実は、飛行機で頭が痛くなる原因と、耳が痛くなる原因って根本は同じだから鼻の対処をしっかりしておけば頭痛も起きにくくなります。 頭痛の原因としてあげられるのが気圧により変化した鼻の奥の空気が三叉神経を刺激するからなんです。 これも鼻の奥の気圧と外圧に差があるため圧力が生まれることに起因します。 よって、鼻の通りをよくすると気圧調節がスムーズになれば内圧と外圧の差がなくなり圧力がなくなります。 頭痛薬を事前に飲んでおくという手も考えられますが、頭が割れるように痛みに通常の頭痛薬が効くとは正直考えづらい。 だったら、頭が痛くならないように予防しておくほうが有意義だと思います。 もちろん、鼻炎薬と頭痛薬を一緒に事前に飲んどいてもいいとは思います。 ロキソニンやイブなどの解熱鎮痛薬は効き始めるまでに1~2時間ほどかかるので着陸時間から逆算して服用するといいでしょう。 血管収縮成分の副作用で鼻閉がひどくなる? 鼻の粘膜は細い血管が発達していて血流の多いところですが、点鼻薬はこの血管を収縮させます。 血管が収縮することで、鼻粘膜の腫れがひき、鼻づまりがとれるのです。 市販薬でも、その効果は確実で、かつ即効性があります。 血管を薬で無理に収縮させてるわけだから使いすぎはよくないに決まっています。 使い過ぎると逆にリバウンド現象で鼻づまりが悪化することがあります。 血管収縮薬は連用しているとずっと血管が収縮した状態になります、体はそれを戻そうと必死で血管を広げようとします。 すると薬をつかっているときには収縮していても薬をやめると逆に広げようと頑張ってしまい腫れがひどくなることがあります。 それを治そうとまた何度も血管収縮薬を利用するけど、血管収縮薬にだんだんと体が慣れてしまって効果が薄れてきてしまう。 そして、また血管を広げようとして鼻づまりが更にひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。 こうなったら一度点鼻薬を断つほかないですね。 血管収縮薬は使いすぎには気をつけて最低限度の利用にとどめましょう。 薬を使用しない簡単航空中耳炎予防 ハイテク耳栓をするだけです。 商品名は イヤープレーン。 特殊フィルターを通して気圧の変化が徐々に耳内に伝わる為、急激な気圧の変化を防いでくれます。 ちなみに、子供用も販売されています。 ながながと薬について書いてみたけど、ぶっちゃけハイテク耳栓があれば解決。 オトヴェントは簡単に言うと鼻バルーン。 鼻でバルーンを膨らませることで耳管を開き、中耳内圧と外気圧とを等しくする自己耳管通気器具です。 飛行機の中で使うと隣の人に不審がられるけどとても有効な手段です。 主に滲出性中耳炎の治療に用いられますが、最近では、ダイビングの耳抜き不良の予防のための練習用、飛行機搭乗中の耳痛(航空性中耳炎)の予防、高気圧酸素療法中の耳痛の予防などにも用いられ、小さいお子様から大人まで幅広い年代の方が使用しているユニークな製品です。 『』より 飛行機だけでなく耳抜きがなかなかできないときにつかいます。 鼻炎持ちで普段から鼻がつまるわたしは、山に登ったりロープウェイにのったりするとその日1日耳の中の不快な症状が続きます。 コレ使うとすぐに治るから予防というよりは私の場合は治療で使っています。 ドラッグストアで売ってるのは見たことないのでamazonで購入しました。 ゴムゴムのぉぉ鼻フウセン。 どれも鼻づまりには劇的に良く効き、点鼻してから数分で効果が出ます。 特徴的なのはコールタイジンです。 血管収縮剤だけでなく炎症を抑える副腎皮質ステロイドが配合されています。 ステロイド成分が花粉症や副鼻腔炎で腫れてしまったり、赤くなってしまた粘膜の炎症を鎮めてくれます。 ナシビンも特徴があります、他の血管収縮剤は効果が短く、だいたい2~3時間程度しか効き目が持続しないがナシビンは持続性があり6~8時間程度効果が持続します。 これだと寝る前に使えば朝方まで効き目が持続しますね。 コールタイジンだけが個包装になっている。 他のものは1瓶500mLとかだから少量を小分けしてつかいます。 飛行機に持ち込むことを考えると個包装未開封のほうがいいとおもう。 他は、細かい点では違うみたいだけど、ほとんど似たようなものです。 特徴があるものだけ覚えましょう。 飲み薬にも血管収縮薬が配合されたものがあります。 アレグラ錠にプソイドエフェドリンを配合した内容になっています。 上記で紹介した市販薬パブロン点鼻錠にも塩酸プソイドエフェドリンが配合されていますね。 薬局知識を1日5分でアップデート! 薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません! 医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。 でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。 忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。 なんで勉強しないといけないのか? それは、 次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。 制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。 これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。 たとえば、いま注目されているのは「 リフィル処方箋」です。 このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか? つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。 要件に加えられてから焦っても遅いんです。 常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。 そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。 もし効率よく薬局情報を収集したいなら「 」を利用するのが1番。 「 」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。 たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。 通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。 利用するには登録が必要ですが、登録と利用は 無料で 1分もあればできます。

次の

【Q】アレグラ錠と異なり、ディレグラ配合錠が食前投与の理由は?

ディレグラ 市販

交感神経刺激作用が問題 ディレグラに含まれるプソイドエフェドリンという成分が関係しています。 その成分は、 交感神経を刺激することで鼻粘膜に作用して、血管収縮作用を発現します。 この結果、すみやかに鼻づまりの症状が改善します。 しかし、交感神経は鼻粘膜だけでなく体の隅々にもあるので、他の場所で効果が強く発現してしまうと、副作用として現れることがあります。 ディレグラで不眠 交感神経刺激作用が強く現れた結果、不眠や睡眠が浅くなったと訴える方がいます。 交感神経は、昼間の活動時に活発に働きます。 副交感神経はその逆で、夜間時や休息時に働きます。 通常は、 夜に副交感神経が優位になるべきなのに、ディレグラの交感神経刺激作用で体が休息モードに入れないのです。 その結果、休もうとしているのに休めない、眠れない、なぜだか夜に目覚めてしまうなどの症状が出ることがあります。 ディレグラで動悸 ディレグラの副作用で、動機を訴える方がいます。 これも、交感神経刺激作用によるものです。 昼間に交感神経が活発に働いている状態で、さらにディレグラのプソイドエフェドリンの作用によって、刺激されてしまうのです。 その結果、 通常以上に体が興奮した状態になり、動悸という症状として出てくるのです。 スポンサーリンク ディレグラで口渇 ディレグラを服用することで、口の渇きを訴える人がいます。 通常、唾液の分泌は交感神経が優位のときは少なくなりねばつきます。 逆に、副交感神経優位のときは、量が多くてさらさらとした感じになります。 交感神経刺激作用が強く働くと、唾液の分泌が減少してしまい、口の中が乾いた感じになります。 ディレグラの特徴 上記で解説してきたとおり、ディレグラというのは 交感神経刺激作用があるのが特徴なんです。 名前に配合錠と書いてあるのは、1つの錠剤に2つ以上の成分を含んでいるからです。 他のアレルギーの薬の場合は、~配合錠とは書いていません。 具体的な成分名を挙げると、• フェキソフェナジン:アレグラに含まれるものと同じ抗ヒスタミン作用をもつ。 プソイドエフェドリン:交感神経刺激作用をもつ。 他のアレルギー剤には、交感神経刺激作用を持つものは含まれていないので、不眠や動悸等の副作用の可能性はディレグラと比べて低くなります。 上記の副作用と思われる症状が出ている場合、医師や薬剤師など専門的な立場の人に服用の可否を相談することをオススメします。 なお、他のアレルギー薬の強さに関して、他の記事でまとめています。 まとめ• ディレグラには、交感神経刺激作用をもつプソイドエフェドリンという成分がある。 鼻の症状に素早い効果が期待できる一方、交感神経に関する副作用が発現する可能性がある。 スポンサーリンク.

次の

【2020年版】花粉症処方薬の効き目と眠気の比較や同じタイプの市販薬の有無~アレグラ、ザイザル、アレロック、タリオン、ビラノア、アレサガテープ、デザレックスなど

ディレグラ 市販

ディレグラの効果|風邪への効果は? ディレグラは成分としてフェキソフェナジンと塩酸プソイドエフェドリンが配合された配合錠であり、花粉症などのアレルギー性鼻炎に対して効果がある薬です。 ディレグラの効能効果と効能効果に関連する使用上の注意は以下の通りです。 【効能又は効果】 アレルギー性鼻炎 鼻閉症状が中等症以上の場合に本剤の使用を検討すること。 ディレグラ配合錠 添付文書 ディレグラの効果は鼻水に効く成分と鼻づまりに効く成分による ディレグラの成分のひとつである フェキソフェナジンは、同じく花粉症などの鼻炎症状や蕁麻疹などのアレルギー症状に対して使用される薬のアレグラに含まれる成分です。 フェキソフェナジンの成分は主に鼻炎症状の中でも鼻水に対する効果が高いとされており、鼻づまりの症状に対しては効果が今一つの部分があります。 一方、もうひとつの成分である 塩酸プソイドエフェドリンは鼻炎症状の中でも主に鼻づまりに対して効果を発揮する成分であるため、 ディレグラ配合錠は鼻炎症状の鼻水、鼻づまりのいずれに対しても効果が期待できる薬と言えます。 アレグラなどの従来の抗ヒスタミン薬と言われる薬は共通して鼻水の症状に比べて鼻づまりの症状は得意ではないため、ディレグラは従来の抗ヒスタミン薬の弱点を補っている薬とも言えます。 ディレグラの使用は鼻づまりの症状が強いときのみに短期間使用 ディレグラは前述の通り、鼻水のみならず鼻づまりに対しても高い効果が期待できますが、 「効能又は効果に関連する使用上の注意」に記載されている通り、鼻閉症状(鼻づまり)が中等症以上の場合に使用を検討するとされています。 重要な基本的注意として以下の内容も注意喚起されており、原則は短期間の使用のみとします。 本剤の使用は鼻閉症状が強い期間のみの最小限の期間にとどめ、鼻閉症状の緩解がみられた場合には、速やかに抗ヒスタミン剤単独療法等への切り替えを考慮すること。 [本剤を2週間を超えて投与したときの有効性及び安全性は検討されていない。 ] ディレグラ配合錠 添付文書 ディレグラはアレグラよりも鼻づまりに対して効果があることが確認されている ディレグラは臨床試験において、フェキソフェナジンの単一成分(アレグラ)と比較し、 鼻づまりに対してより高い効果が得られたことが確認されています 1。 この臨床試験では、アレグラの使用群が投与前の鼻づまりのスコアを0. 14改善したのに対し、ディレグラ仕様群では0. 31改善したという結果であり、この差は統計学的にも有意という結果でした。 このようにディレグラは実際の患者さんでの効果が確認されている薬です。 1 ディレグラ配合錠 添付文書 風邪の鼻炎症状に対しても一定の効果は期待できる ディレグラは風邪における鼻炎症状に対しても一定の効果は期待できます。 ただし、これらの判断は処方医が行うものであり、自己判断で使用するのは避けましょう。 ディレグラは特に使用する場面が制限されている薬の一つです。 使用する際には適切な診察を受けてから使用する必要があると言える薬です。 ディレグラの用法|食後2時間〜食前1時間の空腹時 ディレグラは1回2錠を1日に2回使用する薬ですが、使用するタイミングは朝と夕の空腹時とされており、注意が必要です。 ディレグラの用法用量は以下の通りです。 通常、成人及び12歳以上の小児には1回2錠(フェキソフェナジン塩酸塩として60mg及び塩酸プソイドエフェドリンとして120mg)を1日2回、朝及び夕の空腹時に経口投与する。 ディレグラ配合錠 添付文書 なお、 空腹時とは概ね、 食後2時間〜 食前1時間程度と言えますので、この程度の時間を目処に服用するようにしましょう。 ディレグラを空腹時に使用する理由は血中の濃度が高くなるから ディレグラを空腹時に使用する理由は、 食後に使用した時と比較し、空腹時に服用した方が、成分の血中での濃度が速く高くなり、最大濃度もより高くなることが確認されているからです 2。 血中での成分の濃度が速く高くなり、最大濃度もより高くなることは、効果が速く、より強くなると言えます。 逆に食後に服用すると、効き目が現れるのが遅くなり、効果も弱くなることが予想されるため、避けるようにしましょう。 抗ヒスタミン薬の副作用の定番である眠気についても報告はあるようですが、頻度不明とされており、決して高い頻度とは言えません。 ディレグラに含まれている抗ヒスタミン成分は、眠気の副作用がほとんどないとされているアレグラの成分(フェキソフェナジン)である点からも眠気の副作用はほとんど出ないと考えて良いでしょう。 その他の副作用として、吐き気、動悸、不眠、下痢、食欲不振などの報告もありますが、いずれも頻度は不明とさています。 1 ディレグラ配合錠 添付文書 ディレグラで眠れないのは塩酸プソイドエフェドリンの成分によるもの ディレグラで問題となる副作用の一つに眠気と逆の 不眠( 眠れない)症状があります。 不眠の副作用も頻度不明とされており、決して高い頻度とは考えにくいですが、実際に報告がある副作用の一つです 1。 ディレグラで眠れない症状が出る理由として考えられるのが、ディレグラの成分の一つである塩酸プソイドエフェドリンの作用によるものです。 不眠症状を予防するには、ディレグラの朝と夕の服用時間をしっかり守る(夜遅くには服用しない)のが効果的と言えますが、それでも眠れない症状がひどい場合には、別の薬に変えてもらうことも含め医師に相談しましょう。 ディレグラは鼻づまりに効果的な薬ですが、鼻水に対してはアレグラと同程度の効果であり、鼻水の症状には他にも代わりになる薬が数多くあります。 鼻づまりに対しては、点鼻薬などの局所に作用するものに変更したりするなど選択肢があるため、ディレグラに必ずしも拘る必要はありません。 1 ディレグラ配合錠 添付文書 ディレグラの薬価の薬価は1錠62. 3円|ジェネリックは? ディレグラの薬価は2016年4月の改定の 薬価では1錠あたり62. 3円とされています。 ディレグラは1回2錠を1日2回使用する薬であるため、1日の薬価では 62. 2円 となります。 この薬価はディレグラの成分の一つであるアレグラと比較すると、アレグラ60mgの1錠64. 9円を1日2回と仮定し、アレグラの1日の薬価は 64. 8円 となり、アレグラの約2倍程度の薬価となります。 薬価の面からも基本的に鼻づまりの症状が軽くなったらアレグラなどの他の薬に切り替えるのが、経済的と言えます。 ディレグラにはジェネリックは販売されていない 2016年11月時点ではディレグラの ジェネリック医薬品は販売さていません。 新薬として販売された医薬品には市販されてから一定期間は有効性と安全性を確認し、再度審査を受けるための再審査期間が設けられており、ディレグラの再審査期間は2018年の12月24日までに設定されています。 再審査期間内ではジェネリック医薬品を販売することができないため、最短でも上記の期間が終了するまではジェネリック医薬品は販売されません。 また、特許期間がある場合には加えてその期間にもジェネリック医薬品は販売できません。 薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。 また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。 今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。 予めご承知ください。

次の