ハス ナット カーン。 ダイアナ妃にまつわる逸話7つ!事故で不慮の死を遂げた彼女の素顔とは

Wikizero

ハス ナット カーン

【3月4日 AFP】ロンドン()の高等法院で開かれているダイアナ元英皇太子妃()の死因究明審問で3日、2年間元妃と交際していたパキスタン人の心臓外科医ハスナト・カーン()医師(48)が声明文を提出。 元妃との出会いから破局に至ったいきさつまで、交際時の詳細を明らかにした。 ダイアナ元妃が結婚も考えたとされているカーン医師は、破局に至ったいきさつについて、元妃が、元妃とともに事故死したドディ・アルファイド()氏の父モハメド・アルファイド()氏らアルファイド一族と休暇を過ごし、ロンドンに戻った後、元妃から別れ話を持ち出されたと主張した。 ダイアナ元妃との出会いについては、1995年に元妃が外科手術を見学にきた際に出会ったとした上で、当時の元妃は「分別があり、皆を安心させてくれた」としつつも、異性の気を引こうとする印象を持ったという。 交際は、ダイアナ元妃がドディ氏との交際を始め、2人が死亡した97年8月30日のパリ()での事故直前まで続いた。 カーン医師は、元妃との性生活も順調で「彼女がわたしを裏切ると考える理由などなかった」とし、元妃がカーン医師を息子の王子2人に紹介していたことも明らかにした。 同医師はダイアナ元妃と王室との関係についても言及。 元妃が「常にエリザベス女王()に対して敬意を払っていた」とし、女王の夫エディンバラ公「フィリップ殿下()のことは気に入ってなかったが、殿下についての恐怖を示したことはなかった」と当時を振り返った。 元妃との交際で脅迫状を受け取っていたことも明らかにしたカーン医師は、元妃が事故当時、妊娠していたとするモハメド氏の主張は信じられないとの見解を示した。 c AFP.

次の

ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

ハス ナット カーン

ハスナット・カーン• 生年月日 1958年2月3日 現在年齢 62歳• 出身地 パキスタン ジェラム• 学歴 インペリアルカレッジ医学部 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス• 職業 外科医 イングランド王立外科医師会会員• 専門 心臓 肺 ハスナット・カーン氏の学歴がヤバい! 外科医ハスナット・カーン氏の学歴は インペリアルカレッジ医学部で、世界における最難関大学の一つでもあります。 大学の本部はロンドンの西部に位置します。 過去に ノーベル賞受賞者を14名も輩出しています。 スポンサーリンク ダイアナ妃とハスナット・カーンの氏の馴れ初めは?! 1995年ハスナット・カーン氏がロンドンの病院勤務時代にダイアナ妃が 外科手術を見学にきた際に出会ったのがキッカケです。 ダイアナ妃はカーン氏に 一目惚れをしたそうで、「ありえないほど魅力的」だと感じていたそうですね。 その後、どうやって恋に発展していったのかは映画「ダイアナ」(ダイアナ妃とハスナット・カーン氏の恋の模様を描いたノンフィクション映画)によると 後日、ダイアナ妃は彼に 携帯番号を教え、それがキッカケで親密な関係になったといいます。 また目立つことを嫌がるカーン氏のことを考え、 変装して彼に会いに行くシーンなどがあります。 スポンサーリンク 順調な恋と思いきや、くっついたり離れたり?! ダイアナ妃はカーン氏とは実際の話しでもくっついたり、離れたりを繰り返していたようです。 映画「ダイアナ」でもその描写が詳しく再現されているようです。 ダイアナ妃はカーン氏に認められようと、体を張って地雷除去などの慈善活動に取り組み、それを知ったカーン氏はダイアナ妃を応援するようになります。 ( 順調な恋) しかし、この慈善活動などによるキッカケで2人の関係がマスコミにバレてしまい民衆に報道されます。 すると、目立つが苦手な性格のカーン氏は激怒し、 別れ話までに発展します。 でも、2人は結局関係をより戻し、海外に移住して結婚することまで考え始めていたようです。 ( 順調な恋) 慈善活動の一環でイタリアのリミニを訪れたダイアナ。 夜、パーティーの席で心臓外科医クリスチャン・バーナード教授にハスナットの話をし、いずれ結婚するために就職先を紹介して欲しいと頼みます。 ところがそれを知ったハスナットは激怒しました。 彼は医師としての自分にプライドを持っていて、ダイアナの勝手な行動を許せなかったのです。 ( 別れ話?! ) 彼との未来を考えての行動が裏目に出てしまい、ダイアナはケンジントン宮殿で1人涙を流します。 そこへハスナットが現れダイアナの努力に感謝し、「君なしでは生きていけない」と告白します。 ( 順調な恋) 関係が修復されたかに思えた矢先、ハスナットは訪ねて来た親族からダイアナとの結婚を反対されてしまいました。 ハスナットは夜の公園にダイアナを呼び出します。 彼の家族が結婚に反対したのだと勘づいたダイアナ。 ハスナットは別れ話ではないと言葉を重ねますが、ダイアナにはそうとしか思えません。 煮え切らない彼に不満をぶつけたダイアナは「これでおしまい」と叫んでその場を走り去りました。 ( 別れ) 映画ウォッチ 引用 それは、 チャールズ皇太子です。 理由としては実際に、離婚が決まった際のダイアナ妃の悲しみはとても大きく、妃が最も責めたのはチャールズ皇太子の愛情不足よりも「王室からのサポート不足」だったといいます。 意見は様々ですが、本当に彼女が愛した人は誰なのでしょうか? ダイアナ妃とカーン氏の最期の結末は?! ダイアナ妃の最期は1997年8月、エジプトの大富豪の息子ドディ・アルファイドと一緒に車に乗車していたところ、アルマ広場下トンネルで交通事故に遭い、重症を負い病院で亡くなります。 そして、ダイアナ妃が亡くなる直前、カーン氏の自宅の留守番電話に連絡が欲しいとメッセージを残しますが、彼からの連絡がなく、諦めてホテルに携帯を置いて部屋を出ました。 未明、眠っていたカーン氏は突然目を覚まします。 電話の呼び出し音が鳴り響き、窓の外では街の明かりがいっせいに灯り始めます。 ハスナットが電話を受けると、それはダイアナがパリ市内の 病院で死亡したという知らせでした。 映画 ウォッチ 引用 もうカーン氏とは絶交したかと思いきや、ダイアナ妃は最期にカーン氏に何を言い残したかったのでしょうか? 彼女の死後、映画「ダイアナ」でカーン氏に認められるために懸命に行ったという慈善活動により、この勇気ある行動は、世界中のメディアによって大々的に報じられ、地雷廃絶問題への関心を高めるきっかけになりました。

次の

Wikizero

ハス ナット カーン

引用: しかし、 2008年に離婚されていまして、その後結婚したという情報はないようですので、現在は独身だと考えられます。 ダイアナ妃から好かれるほどの人ですので、恋多き男性なのかもしれないですね! ハスナットカーンの経歴 ハスナットカーンは世界中で活躍された、素晴らしい経歴があるので見ていきましょう! 裕福な家族に生まれたハスナットカーンはパキスタンのシェルム出身。 1959年4月1日生まれのパキスタン系イギリス人です。 父親が大きなガラス工場を所有し経営していたために、子供時代は良い環境で育ったといいます。 彼の学歴で詳細の情報はあまりわかっていないようですが、1991年までオーストリアのシドニーに医師として勤務。 1995年から1996年までロンドンにあるロイヤルブロンプトン病院に1年間勤務していたようです。 その後、ロンドンチェスト病院で働き始め、 2007年までイギリスのヘアフィールド病院に勤務。 マレーシアで心臓病院を開院し、現在のロンドンでの仕事についているようです。 こうして見ていくと、世界中で活躍されていて、本当にすごい経歴の持ち主であることがわかります。 ダイアナ妃が惚れてしまうのも、納得せざるおえないですよね! スポンサーリンク ハスナットカーンとダイアナ妃について ハスナットカーンと言えば、ダイアナ妃の元恋人ということが有名です。 実はハスナットカーンとダイアナ妃の記事を調査すると、真逆のことが書いてある記事が多くみられます。 2人の出会いから別れまで、簡潔に見ていきます。 2人の出会い ダイアナ妃とハスナットカーンの出会いは病院です。 1995年ロイヤル・ブロンプトン病院で働いている時に、たまたま友人のお見舞いに来ていたダイアナ妃と出会います。 そこでハスナットカーンに好意を抱いたダイアナ妃は、会えることを期待して病院を訪れるのでした。 ダイアナ妃から言い寄った・・・という説が多い様です。 我々には想像できない世界なだけに、デート現場や口説いて途中とか見てみたいですよね。 w ハスナットカーンは、とても研究熱心で勤勉な性格だったようなので、まじめなところにも好意を抱いたのかもしれません。 引用: ダイアナ妃との交際と破局 ダイアナ妃とハスナットカーンは、惹かれ合い付き合うこととなります。 ダイアナ妃はかなりハスナットカーンの事が大好きだったようで、真剣に結婚することも考えていたようです。 このことは後にダイアナ妃の友人が証言しているようです。 しかし、ハスナットカーンはほとんどの時間を外科医としての時間を過ごし、2人にすれ違いが出てきます。 個人的な予想ですが、 「私と仕事どっちが大事なの?」的なやり取りがあったのでしょうか。 ハスナットカーンは仕事に集中できないことを理由に、ダイアナ妃に別れを告げてしまうのです。 ダイアナ妃のその後 ダイアナ妃は別れた後も、ハスナットカーンの事を思い続けていたといいます。 その後も連絡を取ろうとしますが、ハスナットカーンが連絡に応じることはなく、にダイアナ妃は苦しんでいたようです。 しかし、その後ダイアナ妃はエジプトの億万長者ドディ・ファイドと付き合ったのです。 実はこれはハスナットカーンの気を引くためだという説があり、わざとパパラッチに写真を撮らせてアピールしていたのでは・・・ということも言われています。 ハスナットカーンは事故を知り、ダイアナ妃との関係については言及しなかったものの、 「あの世で結ばれよう」というメッセージと共に、献花したようです。 ハスナットカーンの証言 その後時が経ち、ハスナットカーンが明かしたとされる証言が記事にされていました。 ハスナットカーンは 「ダイアナ妃に裏切られた」と証言していたといいます。 どうやらエジプトのドディファイドとは二股関係で、ダイアナ妃がハスナットカーンに別れを告げたようで、彼はダイアナ妃を愛していたと言います。 さらにダイアナ妃の友人が、ハスナットカーンの事を嫌っていた、という証言をしたという記事が・・・今までの話とは真逆なだけに真相は謎のまま。 ハスナットカーンの証言が正しいものであるのであれば、献花した時の言葉の意味も理解できますよね。

次の