渡瀬恒彦 若い頃。 渡哲也さんの若い頃を画像でふりかえります!

東映時代千葉真一さんや渡瀬恒彦さんは若い頃喧嘩などで気が荒かったそうです...

渡瀬恒彦 若い頃

渡哲也さんのプロフィール• 本名 渡瀬 道彦(わたせ みちひこ)• 生年月日 1941年12月28日(77歳)• 出生地 島根県能義郡安来町(現・安来市)• 出身地 兵庫県淡路島• 身長 180 cm• 血液型 B型• 弟は俳優の渡瀬恒彦さん 渡哲也さんの若い頃、石原裕次郎にあこがれた青年時代 渡哲也さんの父親は日立の会社員で、島根県の安来工場で勤務していた時に、渡哲也さんが生まれました。 父親はその後、終戦前の1943年に日立を退社して実家の淡路島で洋品店を開きます。 渡哲也さんは少年期を淡路島で過ごしますが、1956年(昭和31年)中学3年の3学期からから兵庫県三田市の三田学園に転校しました。 1956年には、石原裕次郎さんが兄の石原慎太郎さんの書いた小説を原作とした「太陽の季節」でデビューし、「狂った果実」でスターとなったときです。 渡哲也さんは映画をみて、石原裕次郎さんにあこがれていました。 三田学園では勉強よりも柔道に打ち込み、学校への反抗心から授業をさぼったりしてたびたび停学処分を受けたそうです。 「不良」を気取る高校生活を送っていました。 渡哲也が高校のときに、中学に弟の渡瀬恒彦が入学してきました。 渡瀬恒彦はまじめで勉強がよくできる生徒だったので、何かにつけて比較されていました。 それが面白くなかったのか空手を習いだし、まともに受験勉強もしませんでした。 このころ、あそび呆ける息子に対して父親の賢治さんは手紙を書いています。 父は今、お前のことを非常に心配している。 ・・・夏休み中のお前の行動を父はすべて知っていたが、黙ってじっと見ていた。 ビールを飲みに行ったことも、たばこをすっていることも、もちろん知っている。 ・・・太陽族などと呼ばれる石原裕次郎がいま世に名をあげている。 だからのんきにやっていれば、裕次郎のように名をあげられるというようなことを考えてはいないだろう。 ・・・学生の本分は勉強である。 勉強をしておかなかればろくな人間にしかなれない。 ・・・最愛の道彦よ、考えよ。 渡哲也自伝「俺」より 明治生まれの父、賢治さんは愛情をもって厳格な子育てをしていたようですね。 戦後の物資不足で長男と4男を亡くしていて渡哲也さんには大きな期待をしていたと思います。 渡哲也さんの若い頃、友人のお節介で俳優デビュー 青山学院大学に入学後、弟の渡瀬恒彦と下宿生活を送っていました。 大学では空手道部に在籍して、空手道2段、柔道初段です。 渡哲也 青山学院空手部主将 空手2段、柔道初段 渡瀬恒彦 早稲田大学空手部主将 ボクシング経験アリ ケンカ最強兄弟 — らうおう Krjg14W 口下手で人見知りの性格から技術職での就職を希望し、日本航空の整備士の採用試験を受けましたが不合格。 そんな時、弟の渡瀬恒彦と友人が本人にだまって日活の新人募集に応募しました。 自分に無断で応募したことに怒りましたが、「石原裕次郎に会えるかもしれない」といわれて、日活撮影所を訪問。 残念ながら合格はしませんでしたが、その時にスカウトされて日活に入社しました。 本人は役者をやる気はなかったものの、演技の勉強中も給料が出るということで入社したそうです。 1964年(昭和39年)のことです。 渡哲也さんの若い頃、日活でスター俳優として大活躍! 既に斜陽期に差し掛かってた日活では高橋英樹に続くスター候補として渡哲也さんを売り出しました。 デビュー前の記者会見では破格の扱いを受け「映画界待望久し!日活に驚異の新星!渡哲也!!」の横断幕で大々的に売り出されました。 記者会見の場で瓦割りを披露し、翌日のスポーツ紙やニュース映像でも大きく取り上げられました。 1965年(昭和40年)3月「あばれ騎士道」で宍戸錠とのダブル主演でデビュー。 2作目の「青春の裁き」では主演し、空手の技を生かした演技を披露しています。 1966年には監督鈴木清順 脚本川内康範 『東京流れ者』に主演。 主題歌「東京流れ者」も歌っています。 がシェアした投稿 — 2019年 9月月17日午後12時31分PDT また裕次郎2世と言われたことから、リバイバル版の『嵐を呼ぶ男』に主演しました。 1968年(昭和43年)には舛田利雄監督による『無頼』シリーズがスタート。 渡哲也さんの日活時代の代表作となりました。 渡哲也さんは『東京流れ者』や『無頼シリーズ』などで、一躍日活ニューアクション時代のスターとなりましたが、1971年、日活はロマンポルノ路線に転換転換。 1971年(昭和46年)7月封切の『関東破門状』を最後に日活を退社しました。 1971年(昭和46年)9月封切の『さらば掟』を手始めに『ゴキブリ刑事』、『野良犬まで』などの松竹、東宝の作品に主演、準主演で出演をしました。 1973年8月にリリースした「くちなしの花」が年明けからヒットチャートを上昇し、1974年の年間シングルチャートで7位を記録。 オリコンセールス:77. 4万枚、累計150万枚を売り上げ、全日本有線放送大賞金賞も獲得し渡哲也さんの代表曲となりました。 順調な俳優生活を送っていましたが、過労のためか病気がちになっていきます・・・ 渡哲也さんの若い頃、俳優活動は病気との闘いだった 1972年(昭和47年)、映画の撮影中に胸に痛みを感じ息もできない状態に陥った。 本人はただの過労だろうと考え、無理をして撮影を続けたところ高熱がでて、京大附属病院で検査を受けたところ、胸に影があることがわかり「肋膜炎」と診断された。 学生時代から武道で鍛えられ病気とは無縁の渡哲也さんだったが、これから病気との闘いが始まった。 この時、妻の俊子さんは妊娠しており、定期検診のために東京の荻窪病院に通っていました。 渡哲也さんはその同じ病院に入院して治療を行い、2カ月足らずで退院することができましたがしかし・・・ 妻の俊子さんは渡さんの治療の疲れもあったのか、早産で2440グラムの男の子を出産。 命がもつかどうかの危険な状態が続いていました。 渡哲也さんは毎日病院を訪れて子供を見守りました。 そんなとき、さらに不幸な出来事が・・・ 淡路島で暮らす父親にがんの疑いがあるということで、東京に呼び寄せ手術を受けましたが病状はきびしいもので余命1カ月であった・・・ 父の賢治さんは、同じ病院で保育器の中の孫に毎日のように会いに行きました。 一週間生きられるかどうかといわれていた孫の男の子は、危機を乗り越えて退院することができました。 妻の俊子さんは病院に子供の検診にくるたびに、孫を賢治さんに抱かせました・・・しかし、賢治さんは次第に弱っていきました。 賢治さんの死の前日、胸騒ぎを覚えた渡瀬恒彦さんは、京都の撮影を早く切り上げ父のもとへ、不眠不休で看護していた母親の雅子さんを睡眠薬で寝かせたあと一人で付き添っていました。 父の最後を感じ取った渡瀬恒彦さんは渡哲也さんに危篤を知らせましたが・・・渡哲也さんは「死に目」に会えませんでした・・・ 1974年(昭和49年)、大河ドラマ『勝海舟』の主演に抜擢されました。 しかし12月の寒い中、水ごりを撮るシーンで何杯も水をかぶったため風邪をこじらせてしまい高熱で食欲もなくし74キロあった体重は66キロまで減ってしまいました。 責任感から、ひどい体調のまま撮影を続ける渡哲也さんにたいして、石原裕次郎さんが説得し途中降板が決まりました。 なお代役は松方弘樹さんが務めました。 風邪をこじらせた後、急性肝機能不全症を併発し9か月間の入院生活になりました。 渡哲也さん32歳。 石原裕次郎さん39歳のときでした。 石原プロは「太陽にほえろ!」が人気爆発中の時です。 1976年(昭和51年)『やくざの墓場 くちなしの花』の主演で第19回ブルーリボン賞主演男優賞を獲得。 この後石原プロのテレビドラマに専念するため映画出演は一時的に撤退することになります。 渡哲也さんの復帰第1作の主演ドラマ「大都会 闘いの日々」は『大都会 PARTII』『大都会 PARTIII』とシリーズ化され人気になりました。 さん giousaisho がシェアした投稿 — 2019年 6月月21日午後2時38分PDT 続いて主演した『西部警察』もシリーズ化され、5年間放映されました。 渡哲也さんは石原プロの再建に貢献し、石原プロの副社長も務めていましたが・・・ 1987年(昭和62年)7月17日に石原裕次郎が肝細胞癌のため、52歳で死去。 10月、渡哲也さんが石原プロの二代目社長に就任ました。 1989年(平成元年)3月には、渡哲也さんが社長となって初の石原プロ制作作品『ゴリラ・警視庁捜査第8班』の第5話を撮影中、ヘリから降りて全力疾走するシーンで、ヘリから着地した際、左足に激痛が走ったが「ただの捻挫だろう」と、痛みを感じつつも撮影を続行。 しかし痛みは増すばかりで翌日、病院で診察を受けたところ、全治1か月半の『腓腹筋断裂』と診断されました。 これは、ヘリから着地した際の腓腹筋の捻挫が、その後の撮影続行で更にひどくなり、遂に断裂したのが原因でした。 しかし渡哲也さんは、撮影に穴を開けるわけにはいかないと、撮影続行を宣言。 報道陣の前で「アクションと怪我は紙一重、やるっきゃありません」と、石原プロ社長としての責任感の強さをのぞかせました。 その後、この怪我が原因で、足をひきずって歩く後遺症が残ってしまいました。 翌年放映された、時代劇スペシャル『大激闘! 四匹の用心棒』では、足を引きずって歩く主人公の浪人「かかしの半兵衛」こと金子半兵衛役を演じています。 渡哲也さん直腸がんで闘病、人工肛門に・・・ 1991年(平成3年)、病気がちであった渡哲也さんは、毎月一回の定期検診を欠かしていなかった。 あるとき「最近下痢気味なんですが・・・」とのことでバリウム検査を受けることに・・・ そのバリウム検査で2つのポリープが見つかったが、仕事が忙しくポリープ除去のための内視鏡検査を受けたのは2か月後であった。 その結果、ポリープは4つ見つかり、さらに直腸に腫瘍が見つかった。 医師は、石原プロの小林正彦さんに渡哲也さんのがんを告知しました。 小林さんは何度も本人に告知しようと思ったが、結局言い出せず、渡哲也さんの妻の俊子さん、弟の渡瀬恒彦さんに相談・・・そして意を決して本人に告知した・・・ 部分切除か?人工肛門か? 渡哲也さんは、父親のがんの治療で人工肛門を知っていたので、いったん部分切除で様子を見るか、全切除で人工肛門をつけ再発のリスクをなくすか?でたいへん悩まれた。 俳優という仕事が続けられるかどうかの瀬戸際であったが・・・部分切除を選択する。 石原プロの社長として、父親として生きる選択をしたのでした・・・ しかし、手術が始まってみると、想像以上に病状は悪く、医師は全摘出を選択。 手術後、部分切除できず人工肛門となってしまったことを知った、渡哲也さんはとても動揺したが、現状を受け入れることに・・・ 退院後の3日目には「石原裕次郎記念館」のオープニングセレモニーに出席するために小樽に滞在していました。 渡哲也さんの趣味は「焚き火」?渡哲也さんの性格・趣味は? 趣味は「焚火」 火が上がるような焚き火ではなく、煙が一筋昇るくらいがよいとのこだわりがあり、たなびく煙の行方を眺めているのが好きだとのこと。 子供のころ、浜辺で採れた魚介類をその場で焚き火で食べた思い出が原点だそうです。 もともと下戸でお酒が飲めませんでしたが、無理をして飲んでいるうちに人並みに飲めるようになりました。 日本酒のCMでも有名ですね。

次の

大原麗子の若い頃画像が美人!若手女優時代や結婚していた頃

渡瀬恒彦 若い頃

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 50人の購読者に加わりましょう メールアドレス 大原麗子のプロフィール 大原 麗子 おおはら れいこ 1946年11月13日生まれ 2009年8月3日没(62歳) 東京都出身 潤徳女子中学校 北豊島高等学校 本当にきれいでしたね! なんて美しいのでしょう。 これなら女優として成功するのも分かりますね。 なんと大原麗子の父親は和菓子屋を経営していました。 大原麗子は若い頃に六本木野獣会に所属していました。 六本木野獣会とは当時流行の先端を行っていた 六本木を中心に遊びまくった若い男女の集まりでした。 特に富裕層の子供たちが多く所属指定ました。 その当時、東映の社長であった大野直にスカウトされて、芸能界に入ったのです。 この美貌ですからスカウトされて当然ですね。 その後はテレビドラマと映画でどんどん実力を付けていったのでした。 その確かかな演技力を買われて、橋田壽賀子が脚本を書いた『春日局』にも出演しました。 『春日局』では大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32. 4%を記録したのです。 さらにはあの石井ふく子からも演技力を評価されていました。 あの『男はつらいよ』ではマドンナ役を2度もつとめたのです。 映画などでは良い女お役が多かったのですが、 1996年にはダウンタウンの番組に出てウサギの着ぐるみを着たり、 はげかつらをつけてコントまでやってのけるという楽しい一面も見せています。 また、あの『SMAP SMAP』の「BISTRO SMAP」のコーナーの 第一回目の記念すべきゲストは大原麗子でした。 そして上述したようにサントリーのCMには1980年から1990年まで 10年間に渡って出演していました。 そのCMでのセリフである、 「すこし愛して、ながーく愛して」は強く印象に残っています。 大原麗子の結婚歴は? 一人目の夫 渡瀬恒彦(1973年 - 1978年) 渡瀬恒彦とは約5年間に渡る結婚生活でした。 離婚の原因は別に嫌いになったわけではなかったようです。 結婚した当初、渡瀬恒彦は役者としてどんどん忙しくなっている時期でした。 彼は東映の専属ということで仕事の拠点は京都でした。 一方の大原麗子は既に人気女優として、仕事の拠点は完全に東京だったのです。 そのために仕事を辞めて京都で暮らすということは無理だったのです。 そんなことで二人にはすれ違いが始まったのです。 そして離婚に至る結果のなったのでした。 大原麗子が子宮外妊娠をした時に、渡瀬恒彦からの血を輸血しているのです。 それで離婚した後も大原麗子は、 自分の体には渡瀬恒彦の血が流れていると喜んでいたそうです。 ということで、この離婚はお互いが嫌になったというわけではありませんでした。 二人目の夫 森進一 (1980年 - 1984年) 二人はお互いのデビュー当時からの知り合いでした。 結婚するにあたって、森進一は結婚したら家庭に入ってほしいと思っていました。 一方の大原麗子は仕事を継続したいと思っていました。 そんな二人の間には意識のズレがあったようです。 今回も別に嫌いになったわけではなく、 お互いの価値観の違いが露呈しての離婚になってしまったようです。 スポンサーリンク 大原麗子の晩年は? あれほど人気のあった大原麗子ですが、晩年は寂しかったようです。 仕事をセーブしたあたりから、 親友だった鹿沼絵里には夜中だろうとかまわず電話をかけてきたそうです。 また、浅丘ルリ子も彼女の長電話に苦しめられたそうです。 しかも、森光子からは縁を切られたそうです。 唯一手を差し伸べたのが最初の夫であった渡瀬恒彦でした。 自分が主演するドラマに大原麗子をゲスト出演させているのです。 でも、その時はあの美人女優の面影はなかったと言います。 実はその前に奥二重の整形手術に失敗して、それが原因で映画の主役を降ろされています。 また、鹿沼絵里は最後に大原麗子と食事をした時のことが忘れられないようです。 スプーンが上手く握れずに、テーブルに水たまりができるほど泣きっぱなしだったそうです。 そして大原麗子は2009年8月3日に不整脈による脳出血でこの世を去りました。 発見されたのは市から3日後のことで、 携帯電話まで3メートルまで来たところでだったようです。 大原麗子の映画をフルで無料視聴する方法 大原麗子の映画で一印象に残っているのは 「男はつらいよ 虎次郎真実一路」かもしれません。 この作品でもちろん大原麗子はヒロインを務めました。 大原麗子が一番美しかった、輝いていた時かもしれません。 もしUNEXTなら、 「男はつらいよ 虎次郎真実一路」が今すぐ無料で視聴できます。 これ以外にも 「獄門島」「柳生一族の陰謀」「おはん」といった 大原麗子の出演作品が無料で視聴できます。 U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、 この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 まとめ 大原麗子の最後はちょっと寂しかったですね。 一体人の人生とはどうなってしまうのか、わかりませんね。 あれだけの人気を誇っていた人物が、最期は一人で寂しく。 でも、私たちは彼女の残した功績に感謝したいと思います。 そして素晴らしかった頃の作品を見て、大原麗子を愛でましょう。 ありがとう、大女優、大原麗子! スポンサーリンク.

次の

渡瀬恒彦

渡瀬恒彦 若い頃

Sponsored Link 「狂った野獣」では自らバスを横転 渡瀬さんは、1976年、バスジャック犯を描いた、映画 「狂った野獣」に出演されているのですが、渡瀬さんは、どんな危険なシーンの撮影でも自ら演じ切ることを信条としていたことから、 監督の中島貞夫さんからバスの運転免許を取るよう言われると、教習所の人も驚くほどの早さで免許を取り、ほとんどのシーンでバスを運転したそうですが、 クライマックスのバスが横転するシーンでは、さすがに、中島監督も、 曲がりなりにもスターなんだから、顔にケガでもしたらどうするんだ と、そのシーンだけはスタントマンを使うよう諌(いさ)めたそうです。 すると、渡瀬さんは、スタントマンに、 バスでやったことがあるの? と、聞いたそうで、スタントマンが「ない」と返事すると、 だったら条件は同じと、 じゃあ、俺がやる そのために免許を取ったんだ と、譲らなかったそうで、結局、渡瀬さんが運転してバスを横転させることに。 すると、さん、野口貴さん、片桐竜次さんたち、 「ピラニア軍団」もバスに一緒に乗ると言い出したそうで、 それでは、カメラも入れようということになり、バスの中にロープを使ってカメラを固定すると、「用意スタート!」で走り出し、同乗している役者の誰かがカメラのスイッチを入れて撮影を開始。 そして、渡瀬さんは、すべり台のような坂道を使ってバスの片輪を上げ、傾斜したまま走ってから、見事、横転させることに成功したそうで、 後に、渡瀬さんは、 出演者が全てやっているので、リアルないい画が撮れましたよ。 と、満足そうに語っておられました。 「狂った野獣」より。 ただ、後に、 「ピラニア軍団」のメンバー達は、 横転するバスになんか乗りたくなかった。 でも、世話になっている渡瀬さんの手前、断れなかった。 と、本音を明かされていたそうですが(笑) (渡瀬さんは、当時、「ピラニア軍団」の親分的立場でした) 「暴走パニック大激突」では自ら対向車に激突 そんな渡瀬さんは、同年、監督の映画 「暴走パニック大激突」でも、200台もの車やバイクが衝突するクライマックスシーンの撮影で、出演者の中でたった一人だけ、スタントなしで自ら演じることを志願。 渡瀬さん自らハンドルを握り、対向車に飛び込んだそうで、渡瀬さんのアクションはどんどん過激になっていったのでした。 「暴走パニック大激突」より。 「北陸代理戦争」ではジープの下敷きになり大ケガ そして、翌年の1977年、映画 「北陸代理戦争」でも、海岸に敵の組員を並べてジープではねていくシーンで、渡瀬さんは、志願して自らジープを運転することになったのですが、 その日は雪が降ったため、雪に轍(わだち)がつくのを避けるべく、リハーサルをせずにぶっつけ本番で撮影がスタート。 しかし、地面の形状が雪で分からない状態の中、渡瀬さんがハンドルを切ったところに段差があり、ジープは横転。 次の瞬間、渡瀬さんはジープから投げ出されると、その渡瀬さんの上に、バウンドしてひっくり返ったジープが落ちてきたのです。 そして、幸いというべきか、渡瀬さんはジープの少し浮いたところに体が入り、命は助かったものの、生死をさまよう大怪我(右足を複雑骨折)を負ってしまったのでした。 ちなみに、渡瀬さんは、この事故で降板を余儀なくされてしまうのですが(代役はさん)、責任を感じた深作欣二監督と脚本家の高田宏治さんが、渡瀬さんの病室に見舞いに訪れると、 麻酔から眠りが覚めた、渡瀬さんは、 こうなっちゃ仕方ないよ と、逆に、お二人を慰められたといいます。 アクションに活路を見出していた そんな渡瀬さんは、デビュー当時、 僕は脱サラ俳優だから スターに学問はいらない。 映画は肉体労働だ と、言うのが口癖で、 競争するところがそこ(アクション)しかなかったですからね。 錚々(そうそう)たる俳優さん達の中に入って生きていくためには、何かやらなくてはならない。 と、後年、唯一、競争できる要素がアクションだったことを明かされているのですが、 渡瀬さんと共演されたことのある荒木一郎さんは、そんな渡瀬さんについて、 渡瀬は本気でやるだけだからね。 芝居っていうことより。 土の中に埋まるなら、ほんとに土の中に埋まるし、酒飲んで吐くシーンなら自分でほんとに一所懸命飲んでゲーゲー吐く。 芝居っていうことよりもそれをいかにほんとにやるか、みたいな奴。 と、もはや演技ではない、渡瀬さんの役者魂を絶賛されていました。 Sponsored Link 狂暴性とイノセンスで高い評価 こうして、渡瀬さんは、危険なアクションシーンでもスタントマンに任せず、自ら演じることでその地位を築いていったのですが、 それだけでなく、1973年、深作欣二監督作品 「仁義なき戦い 代理戦争」では、映画の終盤で無残な死を遂げる元工員の下っ端やくざ役ながら、 親分(さん)を待つ間、アドリブで、観葉植物にライターの火を当て、組織に恵まれずに滅んでしまう集団就職世代の痛ましさを表現し、観客の共感を得たほか、 同年、 「実録・私設銀座警察」では、ヒロポン中毒の殺人鬼をハチャメチャに演じ、主役を食ってしまうほどの存在感を放つなど、狂暴性とイノセンスを併せ持つ役者として、高い評価を受けたのでした。

次の