クローム キャスト 値段。 Chromecast(クロームキャスト)の使い方・設定とできること 総まとめ

Chromecast(クロームキャスト)とは?できること・価格・評判まとめ!

クローム キャスト 値段

index• クロームキャストって何?できることは? クロームキャストとはグーグルから発売されている製品になります。 製品の特徴としては「スマートフォンの映像を大画面テレビに映し出すことが出来る」という性能を持っています。 今でこそ動画というコンテンツが当たり前の世の中になっていますので商品価値はかなり高まっていますがひと昔前までは使っている方も少なく、メディアで取り上げられることもありませんでした。 そんな中2020年2月から新型コロナウィルスの影響で外出自粛を強いられて各家庭で動画や映画を見る方が増えたことにより需要が急増しました。 一時期電気屋さんやネットショップからも姿を消しました。 任天堂スイッチも同じ現象が起きましたね。 量産は中国になるので中国のロックダウンの影響を大多数の製品が受けてしまったのはまだ記憶に新しいかと思います。 少し話がずれましたが、クロームキャストで出来ることをまとめましたので、参考までにどうぞ。 ・YouTubeやニコニコ動画のテレビ視聴 ・携帯アプリをテレビに投影してプレイ ・某動画配信サービスをテレビで視聴 ・スマホで撮った写真や動画を大画面に投影 などなど、わかりやすく言えば携帯の画面をテレビに映し出す「ミラーリング」が出来るということになります。 スマホとテレビを繋いで画面を映し出すケーブルとかも安価で購入出来ますが、繋ぎっぱなしや画面を消せないなどの不便があるためあまり人気にはなりませんでしたね。 今回紹介するクロームキャストは一度ミラーリングしてしまえば画面を消しても他アプリを開いても電話をしても繋いだ携帯がその場になくてもテレビには映ったままにすることが出来るので、バッテリー消費も抑えられるのが最大の特徴です。 値段や種類は?ウルトラってなに? 現在までに発売されているのは3代目まであります。 新しければ新しいほど再生処理の速さやWi-Fiの受信速度も良くなるので購入するなら最新型が良いですが、某フリマアプリでは初代も2代目も安く購入出来るのでコストを抑えたい方はそちらでも十分だと思います。 初代「H2G2-42」 解像度1080p 本体差し込み型 IEEE802. 4GHzのみ対応 発売当初価格:4200円 2代「NC2-6A5」 解像度1080p ケーブル付き円形型 IEEE802. 11ac対応 従来の2. 4GHzと5GHz対応 発売当初価格:4980円 3代目「GA00439」 解像度1080p ケーブル付き円形型 IEEE802. 11ac対応 従来の2. 4GHzと5GHz対応 発売当初価格:5072円 初代と2代目は結構な性能差がありましたが、2代目と3代目にはほとんど差がないため、新たに購入する方向けに発売されたのかな、という印象がありますね。 2代目と3代目の間に「クロームキャスト ウルトラ」というものが存在していますが、ウルトラってなに? ウルトラ「GA3A00403A14」 解像度2160p()ハイダイナミックレンジ ケーブル付き円形型 IEEE802. 11ac対応 従来の2. 4GHzと5GHz対応 発売当初価格:9980円 ウルトラは4Kに対応していることが判明しましたね。 値段も倍近く変わってきますので、3代目で十分かと思いますが映像を一番にしている方にはオススメなのがウルトラになります。 スポンサードサーチ クロームキャストの使用方法 HDMIケーブルをテレビに挿入して、本体から出ている電源ケーブルをコンセントに挿せば準備は完了です。 この状態で接続ができていれば挿入したHDMI端子に入力切替をすればchromecastという表示がテレビ上でされています。 ミラーリングの方法 YouTubeやU-NEXTなど各サイトにこのようなマークがアプリ上に表示されていれば画面を転送する準備がOKだよってことです。 接続するとマークが青くなり、電波の部分が下から上に動くモーションが発生します。 そうすれば動画の再生ボタンの押すとテレビで再生されます。 こちらが接続完了の青いマーク この時テレビはこんな感じ。 筆者はU-NEXT使用していますのでこの画面。 あとは見たい動画を再生すればテレビで再生されます。 この時スマホはもう他事やっても構いません。 クロームキャストの類似品にご注意!! 廉価版と思われてる方も多いと思いますが、「Miracast」という形がchromecastにそっくりの製品がフリマアプリやネットショップを中心に出回っています。 ただ、かなり似せてきている感がありグーグルのクロームキャストの廉価版と勘違いしそうですが、まったくの別物です。 失敗したくない方は間違えないようにしてください!.

次の

Chromecast(クロームキャスト)を使い続けた感想!【結論、最高】

クローム キャスト 値段

できることはシンプル、Chromecast(クロームキャスト)を買うべき5つの理由 Chromecast(クロームキャスト)は Google製のメディアストリーミングデバイス。 Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子と電源に接続して利用するのが基本です(上位機種のChromecast Ultraでは有線接続も可)。 スマホで楽しんでいたコンテンツをテレビの大画面でも楽しめるようになるほか、簡単なセットアップと使い方の分かりやすさも大きな特長となっています。 筆者は性格上、あまりモノゴトについて断言するタイプではありませんが、Chromecastに関してはあえて「買うべき」だと言い切ります。 ただし、以下の4条件のいずれかが欠けている人にはオススメできません。 Chromecastを買うべき人が備える4条件• スマホ・タブレットを使っている• Chromecastを購入できる程度には金銭的な余裕がある• エンタメコンテンツを自宅のテレビで楽しみたい• 自宅にWi-Fi環境がある 逆に上記4条件を満たしているのであれば、Chromecastを買って損をすることはないでしょう。 Chromecastはそれほど日々のエンタメ生活に変化をもたらしてくれるデバイスなのです。 以下、Chromecastを買うべき理由を5つ挙げます。 理由1:テレビの大画面に「キャスト」「ミラーリング」できる YouTube動画をキャストしてみたところ Chromecastの使い方は非常に簡単です。 Androidスマホ・タブレットだけでなく、iPhone・iPadなどからも利用できます。 また、PCのChromeブラウザからタブやパソコン画面をキャストしたり、YouTubeなどの一部対応サイトで動画プレイヤーからキャストしたりすることが可能となります。 そのほか、 Googleフォトやなどにも対応しており、クラウドに保存してある画像や音楽をテレビにストリーミングするような使い方も実現しています。 実際に使ってみるとあまり意識しないかもしれませんが、たいていのケースではChromecastを介してスマホとテレビが直で接続されるわけではありません。 Chromecastが繋がっているのはの先のインターネットで、そこから動画コンテンツなどをストリーミングで再生するのが基本的な仕組みだからです(ミラーリング機能は例外)。 たとえば、スマホのYouTubeアプリで再生している動画をキャストする場合、YouTubeアプリ内のキャストボタンをタップすると、ネット上の同じ動画がChromecastを通じてテレビで再生されるということになります。 Google Homeを使って声で指示を出すこともできます。 Chromecastができるのは「キャスト」だけではありません。 Android端末やPCの画面をテレビに「ミラーリング」させることもできます。 たとえば、PCのChromeブラウザで開いているタブをテレビに映し出すといったことが難なくできてしまいます。 したがって、このミラーリング機能を使えば、キャスト機能に対応していないサービス(例:Amazonプライムビデオ、ニコニコ動画)を比較的かんたんにテレビで視聴できるわけです。 理由2:豊富なChromecast対応アプリ・サービス 2013年のChromecast登場以来、対応するアプリ・サービスは増え続けています。 YouTubeを筆頭にHuluやNetflix、dTV、dアニメストア、U-NEXT、Paravi、DAZN、WOWOWオンデマンド、auビデオパス、GooglePlayムービー、AbemaTVなど主だった動画配信サービスがキャスト機能に対応しています。 ただし、国内で利用者数の多いAmazonプライムビデオは未対応です。 しかも最近、AmazonプライムビデオもChromecastに対応しました。 動画以外のサービスもキャストに対応しています。 なかでも筆者が愛用しているのはGoogleフォトです。 Googleフォトからテレビの大画面に写真やビデオを手軽にキャストして表示できるので、親戚や友人が集まったときに即席の上映会をリビングで手軽に開催できます。 Chromecast Ultraは有線LANにも対応 理由4:AndroidだけでなくiPhoneやWindows PC、Macにも対応 ChromecastはGoogle製なのでAndroid端末やChromebookだけに対応していると思われがちですが、そんなことはありません。 iPhoneやiPadのほかWindows PCやMacからでもChromecastを使えます。 理由5:コスパがよすぎる、4980円という低価格 日本におけるChromecastの販売価格は4980円(税込)からです。 これを安いと見るか高いと見るかは人それぞれでしょうが、筆者は十二分に元を取れていると感じています。 もはやChromecastなしの生活には戻れないほど、日々のエンタメ生活に利用しているからです。 【機種比較】どのChromecast(クロームキャスト)を買えばいい? Chromecastシリーズには、無印の「Chromecast」(第3世代)と「Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)」および音楽専用の「Chromecast Audio(クロームキャストオーディオ)」がラインナップされています。 Chromecast• Chromecast Ultra• Chromecast Audio Chromecast Ultra Chromecast Ultraは、無印Chromecastの上位互換版です。 どちらのChromecastを選べばよいのか、頭を悩ませるユーザーも多いでしょう。 実際に使う上でポイントとなる違いは「画質」と「有線LAN対応」の2点。 Chromecast Ultraは4KウルトラHDおよびHDRに対応し、有線LANにてインターネットに接続できます。 その他の性能面では、Chromecast Ultraと無印Chromecastとの違いはほとんどありません。 値段は無印の約2倍に跳ね上がるものの、画質を重視する人やWi-Fi環境がない人はを選ぶべき。 それ以外の人は、手始めとして無印ので十分です。 クロームキャストとクロームキャストウルトラの比較表 Chromecast Chromecast Ultra サイズ 51. 81x51. 81x13. 8mm 58. 2x 58. 2x13. 7mm 画質・解像度 1080p HD、60fps 4K Ultra HD、 HDR、60fps ネット接続 Wi-Fi 802. 11ac(2. 11ac(2. サポートは当面継続)。 Chromecast Audio スピーカーに差し込んでWi-Fiに接続するだけで、スマートフォンやタブレットでキャストできます。 もちろんインターネットから音楽を直接ストリーミングします。 マルチタスク対応なので、音楽の再生中でも、スマートフォンで電話に応答したり、ゲームで遊んだりすることが可能です。 音楽再生だけで十分ならChromecast Audio、そうではなく 動画を視聴したいならChromecastを購入しましょう。 Chromecast(クロームキャスト)の使い方 セットアップ(初期設定)はかんたん 1 Chromecastとテレビを接続する Chromecastに電源ケーブルをセットした上で、テレビのHDMI端子に接続します。 2 電源アダプタをコンセントに挿し込む 電源アダプタをコンセントに挿し込むと、Chromecastの側面のLEDライトがオレンジ色に点灯し、しばらく経つと青白い色に変化します。 3 テレビをHDMI入力画面に切り替える テレビの電源を入れると、セットアップ画面が表示されます。 Chromecastが接続されているHDMI入力に切り替わっていない場合は、リモコンの入力切替ボタンを押し、Chromecastが接続されているHDMI入力を選択しましょう。 4 「Google Home」アプリを起動する Google Homeアプリを起動します。 Google Homeアプリをインストールしていなければ、下記ダウンロードボタンからダウンロードしてください。 Chromecastの機能向上に協力を求められたら[許可]または[閉じる]を選択してください。 7 デバイスの場所を選択する 「このデバイスはどこで使いますか?」と尋ねられます。 今回は「新規作成」で「屋根裏」という項目を選んでみました。 選んだら[次へ]をタップします。 8 Wi-Fi接続を設定する Chromecastで使用するWi-Fiの設定をおこないます。 接続するWi-Fiを選んで[次へ]をタップした後、を入力して[接続]をタップします。 すでにデバイスにWi-Fiのパスワードを保存していると、上の画面のように手動で入力することなく[OK]をタップするだけでWi-Fiに接続できるので便利です。 ChromecastがWi-Fiに接続され、本体のアップデートと再起動が実行されます。 Chromecast本体の更新を待つ間、Google HomeアプリでChromecastとGoogleアカウントのリンクを促されたら、適宜リンクしておきましょう。 9 キャストの準備が完了する Wi-Fiの接続とChromecast本体のアップデートが完了すると、テレビにコンテンツをキャストできるようになります。 10 キャスト方法をチュートリアルで学ぶ 続いてチュートリアルに進み、キャスト方法を確認しましょう。 サンプル動画を選んで、右上のキャストアイコンをタップし、キャスト先デバイスを選択してください(ここでは"屋根裏"を選択)。 テレビでサンプル動画が再生されます。 音量調整や動画再生の停止などはスマホ側でおこないます。 つまり、スマホがリモコン化するということです。 チュートリアルが完了すれば初期設定は完了します。 Chromecastに関する最新情報のメール配信を受け取るかどうかの選択などが求められることもあります。 基本的な使い方1:キャスト Android版YouTubeアプリを例にキャストの方法を解説します。 1 端末とChromecastを同じWi-Fiネットワークに接続する 手元のスマホ・タブレットとChromecastを同じWi-Fiネットワークに接続します。 2 画面内のキャストアイコンをタップする 動画プレイヤーに表示されているキャストアイコンをタップします。 表示されていなければ、動画プレイヤー部分をタップすると表示されます。 アプリによってキャストアイコンの表示のされ方は異なります。 3 キャスト先のChromecastを選択する キャスト先のChromecastを選択します。 4 テレビにコンテンツがストリーミングされる Chromecastを通じてコンテンツがストリーミングされます。 あとはテレビで視聴するだけです。 キャスト中の再生や停止、音量調整は、基本的にキャストしたアプリ(今回はYouTube)でおこないます。 キャストアイコンをタップすると[キャストの停止]が可能 Chromecastには専用リモコンは用意されていません。 スマホがリモコン代わりになります(テレビのリモコンで再生・停止できることもあります)。 スマホでキャスト中のアプリを表示しておく必要はありません。 スマホからコンテンツをミラーリングしているわけではないからです。 スマホで別の何かをしていても、スマホがChromecastと同じ部屋になくても、テレビでは変わらずコンテンツの再生が続きます。 基本的な使い方2:Android端末の画面をキャスト(ミラーリング) Android 4. 2以上を搭載する端末では、端末画面をミラーリングする画面キャスト機能に対応しています。 Googleでは、近年発売のPixelやNexus、Xperia、GALAXYなどを画面キャストに最適な端末としてサポートしています()。 端末の省電力機能はキャストのパフォーマンスを低下させるため、解除しておいた方が無難です。 iPhone・iPadはミラーリング機能に対応していません。 1 Android端末とChromecastを同じWi-Fiネットワークに接続する 手元のAndroidスマホ・タブレットとChromecastを同じWi-Fiネットワークに接続します。 これによりPC画面をテレビにミラーリングできるようになるので、Chromecast未対応のニコニコ動画やAmazonプライムビデオなどをテレビに映し出すことが可能になります。 ただし、画質や音質には期待できません。 1 PCにChromeブラウザをインストールする PCにChromeブラウザを未インストールの場合、をインストールします。 2 [キャスト]をクリックする Chromeブラウザのメニューボタン[ ]クリックし、[キャスト]を選択します。 ゲストモードの仕組み ChromecastはWi-Fiビーコンを発信しており、Chromecast対応アプリを起動しているゲスト端末がそのWi-Fiビーコンを検出し、アプリにキャストアイコンを表示します。 実際にキャストする際は、Chromecastが生成した4桁のPINを耳に聞こえない音で自動的に転送し、端末とペア設定をおこないます(PINは手動入力も可能)。 背景(スクリーンセーバー)モードの設定方法 Chromecastの背景モード Chromecastにコンテンツをキャストしていないとき、テレビ画面では背景(スクリーンセーバー)が表示されます。 デフォルトではアートギャラリーの写真のスライドショーが表示されます。 左:ホームタブで目的のChromecastを選択し、[背景をカスタマイズ]をタップ 右:背景モード画面でカスタマイズできる 背景モードをカスタマイズすることで、Googleフォトに保存してある写真を使用したスライドショーなどを表示することもできます。 その他、天気情報や時刻、デバイス情報などの表示設定やスライドショーの切り替え速度も変更できます。 Google Homeと連携すれば声でキャストできる 自宅でGoogle Homeを使っているなら、発話によってコンテンツをキャストすることができます。 以下は音声コマンドの一例です。 「OK Google、YouTubeの動画を見せて」(おすすめのYouTube動画が再生される) Google Homeは人間の話しかける言葉を人間と同じように理解できません(2019年1月時点)。 ある程度型にはまった音声コマンドを人間側が発話してあげる必要があり、できることも限られているので、まだまだ実用性の面では手元のスマホ操作に大きく劣ります。 今後に期待したいところです。 接続できない? Chromecast(クロームキャスト)の調子がおかしいときの解決策 筆者の経験上、初代Chromecastは認識されなくなることが多々あった Chromecastを使っていると何かしらの不具合が発生することがあります。 筆者がこれまでしばしば遭遇したのが、アプリにキャストアイコンが表示されず、キャストできなくなる現象です(毎回、Chromecastの再起動で改善しました)。 Chromecast本体を再起動させる いつもキャストしているアプリでキャストアイコンが表示されない場合、Chromecast本体を再起動すると問題が解決することがあります。 再起動のやり方はかんたん。 Chromecast本体から電源コードをいったん外して、1分ほどしてから電源コードを接続しなおすだけです。 Google Homeアプリを操作して再起動させることもできます。 アプリの強制終了と再起動 Chromecast対応アプリ側に問題があることも考えられます。 キャストアイコンが表示されない不具合があるアプリを一度強制終了させて、再起動させてみましょう。 接続しているテレビのHDMI端子を別のHDMI端子に代えてみる もしかするとテレビとChromecastとの接続不良が原因かもしれません。 HDMI端子が複数あるテレビであれば、Chromecastを接続している端子を別のHDMI端子に代えてみましょう。 テレビの再起動 テレビの電源を切り、電源コードをコンセントから外します。 Chromecast本体もHDMI端子とコンセントから外しておきます。 テレビの電源を入れ、しばらくしてからChromecast本体をHDMI端子とコンセントに接続しなおします。 テレビの入力をChromecastを接続しているのと同じHDMI入力に設定してください。 Chromecastのデータ初期化 Chromecastのデータを初期化するには、Chromecastがテレビと電源に接続されている状態でChromecast本体側面にあるボタンを押しつづけてください。 LEDライトがオレンジ色に点滅しはじめるので、青白い色に変化したらボタンを離します。 これでChromecastが再起動し、データの初期化が完了します。 Chromecastのデータを初期化すると、出荷時の設定にリセットされます。 セットアップからやり直しになるので注意してください。 Googleのヘルプページをチェックする 上記の方法を試してみても問題が解決しない場合は、ほかの対処法を試してみましょう。 以下のGoogleのヘルプページで問題事例と対処法が詳しく紹介されています。 0120-186-163 Chromecast(クロームキャスト)ユーザー向けのクーポンについて クーポンの現状 Chromecast発売当初、Chromecastユーザー向けにお得なクーポンが配布されることが度々ありました。 具体的には、Google Playで映画を無料レンタルできるクーポンや、Google Playクレジットを付与するクーポンなどを入手できていたのです。 配布されたクーポンの合計額は、Chromecast本体の値段を上回るほどでした。 2019年現在、クーポン機能自体は存在するものの、以前と比べて大盤振る舞い感のあるクーポンの配布はあまりないようです。 ウェブサイトでクーポンを確認する方法 デスクトップ版Chromeでにアクセスすると、利用できるクーポンが表示されます。 歴代Chromecast(クロームキャスト)のスペック・発売日・価格・購入方法 サイズ 58. 2x58. 2x13. 7mm 重量 本体:47g、アダプタ:101g カラー ブラック 解像度 4K Ultra HD、HDR、60fps 無線 Wi-Fi 802. 11ac(2. 1以降、iOS 8. 0以降、Windows 7以降、Mac OS X 10. 9以降 付属品 USB電源ケーブル(2m)、電源アダプタ Chromecast(第2世代) 米国では2015年9月29日(現地時間)に35ドルで発売。 日本では2016年2月18日に税込4980円で発売。 ちなみに2018年12月現在、コストコホールセールでは未だに第2世代のChromecastを販売しているので、最新版を購入したい人は注意してください。 サイズ 51. 9x51. 9x13. 49mm 重量 39. 1g カラー ブラック、レモネード(Googleストア限定)、コーラル 解像度 1080p HD 無線 Wi-Fi 802. 1以降、iOS 7. 0以降、Windows 7以降、Mac OS X 10. 7以降、Chrome OS 付属品 USB電源ケーブル(1. 75m)、電源アダプタ Chromecast(第1世代) 米国では2013年7月24日(現地時間)に35ドルで発売。 日本では2014年5月28日に税抜き4200円(税込4536円)で発売。

次の

低価格に釣られて「Chromecast」を買って失敗したと思っている人のための元が取れる裏技3つ

クローム キャスト 値段

日本で発売されたChromecast• 2014年5月:Chromecast(第1世代)• 2016年2月:Chromecast(第2世代)• 2016年2月:Chromecast Audio(音楽専用)• 2016年11月:Chromecast Ultra(4K対応)• 2018年10月:Chromecast(第3世代) 最新モデルChromecast(第3世代)が、 一番スペックが高いわけでも無く、 2016年11月に発売された、 Chromecast Ultraが上位モデル、高価格で高スペックとなります。 Amazonからの締め出しにより、 Amazonでは購入できなくなった為、 買うなら「Google Play Store」か「楽天市場(楽天ブックス)」。 ポイントが貯まる分、楽天市場がお得です。 新旧 Chromecast スペック比較 新型Chromecastと旧型Chromecastの違い Chromecastは、2014年に日本で発売されて以来、 過去2回リニューアルされています。 9 x 51. 9x 13. 9 x 51. 9x 13. 1g 40g カラー ブラック ブラック コーラル(赤) レモネード(黄) チャコール(黒) チョーク(白) 有線LAN 無し 解像度 フルHD(1080p, 30fps) フルHD(1080p, 60fps) WiFi 802. 4GHzのみ) 802. キャストも遅いし、フリーズするし、発熱するし・・・ 第二世代になり、ストレスなく使えるようになった感じ。 ただ、同じフルHD対応でも、Chromecastが画質が悪いと感じる理由。 その理由は、 第2世代まで60fpsに未対応だったこと。 Amazon Fire TVやApple TVは、 過去モデルで、とっくに対応していたんですけどね。 そもそも、Chromecastはスペックで謎の部分が多い。 オーディオもサラウンドシステムには対応しているらしいが、 具体的にオーディオスペックはわからずのまま、 5. 1ch動画を再生しても、出力されなかったり、 どうやればサラウンド環境で再生できるのかもよくわからない。 ちなみに、第3世代では、 びよよ~んって出てるHDMIプラグが、 磁力でくっつかなくなりました。 地味な改悪です。 ChromecastとChromecast Ultraの違い Chromecastは、2018年に第三世代となりましたが、 上位モデルは、2016年に発売されたChromecast Ultraであり、 4K再生する場合は、Chromecast Ultraが必要となります。 価格もUltraの方が高く、基本スペックもUltraのが上。 Chromecast Ultra スペック比較 Chromecast (第3世代) Chromecast Ultra 日本発売日 2018年10月10日 2016年11月22日 発売価格 4,980円 9,720円 本体サイズ 51. 9 x 51. 9x 13. 2 x 58. 2x 13. 主な違いは、通信速度の向上。 電源アダプタにイーサネットを搭載し、 有線LANに対応。 また、無線のWiFi通信も 高速ストリーミング対応となっています。 Chromecastはイマイチだけど、Chromecast Audioは超オススメです。 Chromecast Audioのスペック Chromecast Audio 発売日 2016年2月19日 発売価格 4,980円 本体サイズ 51. 81 x 51. 81x 13. 4,980円という価格で、 手軽に ネットワークオーディオ環境を構築できる。 他社に似たような端末も有りませんから、マジでコレ最強。 安かろう悪かろうでも無く、 ハイレゾ対応しており、対応出力も豊富。 変換ケーブルで、 光デジタルやRCA出力にも対応。 アンプやスピーカーもつなぎ放題ってわけ。 マルチルーム再生も可能となったので、 複数のChromecast Audioから、同時に音楽再生も可能です。 家中、部屋中、いたるところで同じ音楽を流せるわけ。 ワイヤレスなのに、遅延も一切ありませんから。 Google Play Musicは、 無料会員でも クラウドに50,000曲も保存できるし、 Youtube Premium会員( 月額1,180円)で、 Google Play Musicの聴き放題サービス( 約4,000万曲)も使えるようになってしまった。 音楽好きなら、Chromecast Audioは使った方が良い。 Chromecastのデメリット 電源OFFが不可能 Chromecastは、電源がオフになりません。 第一世代、第二世代、第三世代・・・ ほっといても、スクリーンセーバーが起動するだけ。 スリープ状態にもなりません。 いや、別にChromecastの電源が切れないのは問題ないんだけど、 Chromecastの電源が切れないことにより、 ディスプレイの電源がオフにならないことが困る。 映像出力され続けることが問題なの。 USB給電だから、 ディスプレイから給電するっていう裏技も見かけるけど、 Chromecastは、 同梱の電源アダプタからの給電を推奨されており、 テレビやディスプレイ給電だと、 電力不足でパフォーマンスに影響を及ぼす可能性も有る。 実用的な方法は、スイッチ付きの電源タップに交換して、 手動でコンセントの電源をオフにするか、 手動で液晶ディスプレイの電源を切るか、 液晶ディスプレイをリモコン付きのやつにするか・・・ テレビで使うなら話は別だけど、 ウチAndroid TVだから、テレビにはChromecastは要らんのよね。 Chromecastは単体で利用不可能 Chromecastは、他端末からキャストして動画を再生する仕組み。 Chromecast単体では動作しません。 リモコン代わりとなるのは、スマートフォンとか、 パソコン、Google Homeとかとか。 別途、起動を促す端末が必要なわけ。 これ家族で使う場合に、ちょっと面倒です。 スマホやPCは、パスコードロック前提で使うものですし、 子供や第三者にお願いするときも困り物。 スマホで操作できる利点はあるけど、 Amazon Fire TV StcikやApple TVも、 スマホアプリ経由で操作できるし、 こちらは リモコン付属しているからね。 キャスト再生による遅延 他再生端末に比べると、ワンテンポ遅れる感が否めません。 スマホから動画アプリ起動、キャストボタンを押して、 再生するChromecastを選択する。 Chromecastを接続したディスプレイで読み込み開始。 動画がストリーミング再生される・・・っていう流れ。 キャストしてから再生なので、 読み込みに時間がかかるってのも有るけど、 ワンアクション増えるわけ。 動画再生時の操作もスマホ側、やはりワンテンポ遅れる感が有る。 Fire TVやApple TVでも、 再生したばかりの動画の画質は荒いのですが、 Chromecastでは、特に 再生スタート時の画質が悪いです。 スマホはアクションするだけ、 映像処理をするのはChromecast側って話ですが・・・ キャスト処理で負荷がかかってるのも否めないですね。 Amazonサービス、Apple端末に制限が有る Amazonは、Googleのサービスを追い出しているので、 Fire TV、Fire HDとGoogleサービスには、基本的に未対応。 Fire TVでは、Youtubeこそ視聴できるようになりましたが、 Silk、Firefox経由での再生が前提となってます。 同様に、 Chromecastでも、Amazonのサービスへの制限が有ります。 Amazonプライム・ビデオはChromecastには未対応。 また、 Apple端末には、Apple縛りが有るわけで、 iOSアプリでChromecastへ出力できるのも、 一部の動画アプリ(Youtube、Hulu、U-NEXT、Netflix等)のみ。 iPhoneやiPadから、Chromecastへのミラーリングも不可能となっています。 Amazon Echo(Alexa)、Amazon Music、 AppleのHomePod(Siri)、Apple Music、iTunes・・・とかも、 Google端末へは、基本的に出力できません。 Google以外の動画サービスなら、 Fire TVの方が使いやすいのも間違い無いから。 どっちか選べって言われたら・・・Fire TVってなる人も多いかと。 Chromecastのメリット Chromecastは、Amazon Fire TV Stickに劣りがち。 じゃあ、何で私がChromecastを使うのか?その理由。 Googleサービスとの連携が素晴らしい Chromecastは、Googleが販売する端末。 Google関連サービス、他Google機器との連携は、 他のどの端末よりも優れています。 最近は、Amazonも力を入れているのがスマートスピーカー。 Googleは音声入力、翻訳と元々強いので、 Amazon Echo(アレクサ)より、 Google Home(Googleアシスタント)の方が認識力も一歩上。 特に、日本語は複雑ですからね。 我が家はAmazon Echoも設置していますが・・・ 結局使うのは、Google Homeばかり。 なんだかんだで理解力が違い、ストレス無く使えます。 Chromecast単体としては微妙だけど、 Google関連サービスが優秀。 Homeハブとしての連携も素晴らしいです。 Google Homeアプリで、Chromecast、Google Homeと管理でき、 Chromecastの設定も簡単にできるし、 部屋分け、グループ分けだけでなく、 連続動作のルーティン機能(旧ショートカット)も可能。 上述したように、 音楽でマルチルーム再生可能となったので、 Google Home、Chromecast、Chromecast Audio、Android TVと、 全ての端末で同時出力できちゃいますから。 音楽環境構築では右に出るもの無し。 AndroidとChromeミラーリングに完全対応 Chromecastは、 Androidスマホ、 Chromeブラウザの ミラーリングが可能です。 Androidは、 スマホOSシェアNo. Chromeブラウザも、 WEBブラウザシェアNo. Google嫌いでも無い限り、どちらかは使ってるハズ。 スマホのミラーリングはお馴染みかと思いますが、 意外と使えるのが、PCブラウザ「Chrome」のキャスト。 WEB画面をミラーリングして、家族で共有したり、 Chrome上で再生する 動画や音楽もキャストできるわけです。 Fire TVでも、ミラーリングアプリはありますが・・・ まぁ、非公式なんで、挙動はイマイチで不具合も多い。 アプリ課金してまで使うなら、 私は快適に使えるChromecastを買いますね。 ちなみに、ミラーリングできるのはAndroidスマホのみ。 iPhone画面のミラーリングは非対応であり、 こちらも非公式アプリで、ミラーリングも可能になるけど、 やっぱりオススメしません。 Apple TVでのミラーリング(Air Play)とは比べ物にならない。 iPhone、iPad、Macでミラーリングしたいなら、 高くてもApple TVを選ぶべき。 ヌルヌル感、画質、再生速度と全然違います。 だからiPhoneユーザーの私は、Apple TVも手放せないっていう。 Chromecastまとめ 動画視聴の専用端末としては、ちょっと弱いChromecast。 ようやくFire TV Stickに追いついたというところで、 2018年12月には、4K対応の新型Fire TV Stickも出てしまいましたから。 世の中にはGoogleサービスが蔓延っており、 Googleサービスを利用していない人も居ないハズ。 Amazon端末では、Googleサービスに制限が有る点も、 逆にChromecastの強みになっているのかと。 Chromecastは、 Youtubeの4K動画に公式対応しているのも、 Fire TVには無い強み。 動画配信サービスとしても驚異の存在となっています。 Youtube動画のCMカット、動画ダウンロードだけでなく、 オリジナルコンテンツも配信しており、 Youtube Music Premium、Youtube Originalsも視聴可能。 音楽聴き放題サービス 「Google Play Music」の料金も含まれているっていう、大盤振る舞いっぷり。 音楽も楽しむって点では、Google端末が最高なんじゃないかと。 音楽聴き放題も、コンテンツ数の争いになってますからね。 音楽動画、音楽オリジナルコンテンツ、音楽クラウド保存では、 Youtube Music、Google Play Musicが最強ってわけです。 同様に、Appleのサービスを利用するなら、Apple TVが有利。 ただ、値段が高いので・・・こちらはAirPlayとの兼ね合いで。 端末価格も、たったの 4,980円ですからね。 いずれにせよ、Chromecast、Apple TV、Amazon Fire TVなら、 動画配信サービスは選び放題。 両方買って損するって話でも無いかなと。

次の