沙悟浄 最 遊記。 最遊記の登場人物一覧

「西遊記」の原作......登場人物のホントの話 [中国語] All About

沙悟浄 最 遊記

イベント全般に関する諸注意事項 出演者へのプレゼントは会場内に設置いたしますプレゼントボックスにてお預かりいたします。 生ものや食べ物などはお受け取り出来ません。 また、スタッフの判断によりお断りする場合もございますので予めご了承ください。 本イベントの安全な運営に支障をきたすと主催者が判断した場合、ご退場いただくか、ご入場をお断りする場合がございます。 予めご了承ください。 入場時に手荷物検査をさせていただく場合がございます。 会場では、お荷物をお預かりすることは出来ません。 また通路等に置く事も、周りのお客様のご迷惑となりますので、ご遠慮ください。 キャリーバックのようなご自身の座席足元に置けない、大きなお荷物は近隣のコインロッカー等に予めお預けいただきますよう、ご協力をお願いいたします。 本公演は全席指定となっており、他の座席への移動や、通路に立ち止まってのご鑑賞はいかなる場合でも禁止とさせていただきます。 会場内での録音・撮影等は一切禁止となります。 そのような行為が発見された場合、撮影データを消去の上、ご退場いただきます。 その際のチケット代金の払い戻しは一切致しかねます。 また、公演を中止させていただく場合もございますのでご了承ください。 公演中は携帯電話、アラーム等音の出る機器の電源はお切りください。 いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換え後のチケットの変更や払い戻しは出来ません。 当日、撮影が入る場合がございます。 その際、お客様が映像や画像に映り込む可能性がございますことを予めご了承ください。 会場内に車椅子エリア・身障者エリアを設けさせていただいております。 ご利用を希望される方は、当日のご案内をスムーズに行えますよう、恐れ入りますが下記の「公演に関するお問い合わせ先」まで事前のご連絡をお願い致します。 天災及びその影響等によるやむを得ない事由により、開催日や会場を変更させていただく場合がございます。 未就学児の入場はご遠慮ください。 当イベントに関する会場へのお問い合わせはお控えください。 祝い花について フラワースタンドや楽屋花は以下要領にてお手配ください。 指定サイズを超えるフラワースタンドにつきましてはお預り出来ない場合もございますのでご了承ください。 フラワースタンドは必ずお引取りくださいますよう、お願い申し上げます。 ロビー内に設置いたしますが、設置場所の指定は出来ません。 楽屋花の設置場所は関係者エリア内になり、公演当日に設置状態をご確認いただくことは出来ませんので、予めご了承ください。 手配頂きました花及び付属物等をご自身でお持ち帰りいただくこと、ならびに返却に関するご要望はお受け出来ません。

次の

最遊記朗読劇

沙悟浄 最 遊記

中国の伝奇小説で 最も有名といっても過言ではない 「西遊記」。 日本でも 何度も映像化されたり、 ゲームや漫画のモチーフになったりしている。 そのため、 原作をちゃんと 読んだことがなくても、その あらすじを 知っている人は 多いだろう。 そんな 西遊記といえば 三蔵法師と仲間の一団が 天竺を目指して 旅をする物語。 そして 仲間のメンツといえば 孫悟空・沙悟浄・猪八戒だ。 それぞれ、 サル・カッパ・ブタを モチーフとした キャラクターである。 しかし、ここで 驚くべき情報がある! なんと 沙悟浄が カッパとして描かれているのは 日本だけというのだ。 日本ではすっかり カッパであることが 定着しているが、 原作では違うということだろうか。 【雑学解説】沙悟浄は原作ではカッパではなく顔色の悪い妖怪 調べてみると、やはり 原作の西遊記では 沙悟浄は カッパではないことが発覚した。 では、 どういった動物が モチーフなのか。 なんと、驚くべきことにそもそも 何かをモチーフとしたキャラクターではないのである。 てっきり、 サル・ブタと 続いているので、何かしら モチーフが あるのかと思ったが そうではないのだ。 原作の沙悟浄は 妖怪であることに 変わりはないものの、 その見た目は単に 「顔色の悪い男」として描かれている。 具体的には 青や黒に近い顔色と、 ふわふわの髪(頭頂部は剃っている)をもった 妖怪だそうだ。 カッパではないとしても、充分に キャラクター性をもっているのである。 顔色悪いてっぺんハゲ…それだけ聞くとほぼカッパじゃないっすか。 では、そんな 沙悟浄がどうして 日本では カッパという 設定になったのか? それはある 誤解のためだという。 原作の 沙悟浄は、 「流砂河(りゅうさが)」という 「河」で人々を襲う妖怪として登場した。 しかし、 この場所は本来、 水の流れる「河」ではなく、字面の通り 「流砂の河」という意味らしい。 つまり、水辺というより 砂漠に近い場所だったのである。 それが、 水の流れる河として 誤解されて広まってしまった。 日本では、 水辺の妖怪といえば カッパという イメージが 根強かったため、 沙悟浄も カッパだろうということになったのである。 うーむ、なんとも 驚きの事実である。 まさか、 カッパではなく単なる 異形の妖怪だったとは…。 こういった経緯もあって、 中国人が 日本の 西遊記を モチーフとした 作品を見ると 沙悟浄の姿に 困惑するらしい。 もし、 中国人と 西遊記について語り合うときは気をつけよう! 【追加雑学】猪八戒が「猪」なのにブタである理由とは さて、 沙悟浄の本当の姿を 紹介したが、 西遊記といえば他に 猪八戒という キャラクターがいる。 こちらも実は 原作では違う姿…なんてことはなく、日本と同じく ブタの姿をした妖怪という 設定だ。 しかし、1つ 疑問を抱かないだろうか。 「猪」八戒なのに、どうして ブタなのか。 漢字の意味を考えたら、 ブタではなく イノシシの妖怪なのでは? 不思議に思ったので、そのあたりを調べてみた。 すると、 中国では イノシシは 「野猪」と書く。 単に 「猪」と書けば、日本でいう 「豚」と 同じ意味になるらしい。 たとえば 中華料理には 子豚の丸焼きがあるのだが、中国表記だと 「烤乳猪」と書く。 つまり、 猪八戒が ブタの妖怪であることは 中国語の観点からすると、 何も間違っていないのである。

次の

沙悟浄

沙悟浄 最 遊記

この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• これが無いと、孫悟空ではない如意棒(にょいぼう) 孫悟空(そんごくう)と言えば、この如意棒なしには語れないでしょう。 正式には、、如意金箍棒(にょい・きんこぼう)といい、 神珍鐵(しんちんてつ)という最強の金属で造られ伸縮自在、 重さは8トンもあるという代物です。 製作者は、太上老君(たいじょうろうくん:老子)ですが、 重すぎるので、本来の目的は武器ではなく、 夏王朝の建国者、聖人禹(う)が黄河の水深を測るのに 使用したり、デコボコした海底をならすのに使用したようです。 元々は、東海竜王の持ち物だったのですが、 孫悟空が ジャイアン方式で奪い取り、 以後は孫悟空のトレードマークです。 実は元帥昇進の思い出の品 猪八戒の九本歯の馬鍬(まくわ) 西遊記では、悟空と丁々発止をやりあう、 陽気で楽天的で怠惰な人気キャラクター猪八戒(ちょ・はっかい)、 彼の自慢の武器は、九本歯の馬鍬です。 元々は、農具なのですが、彼の前世、天上の天蓬元帥 (てんぽうげんすい)の頃に、元帥昇進の祝いとして、 天帝からプレゼントされたもので、製作者は、またしても太上老君です。 劇中では見られませんが、太上老君の製作だけあり、 本気を出せば、一振りで風を呼び、炎を呼ぶ凄い武器なんだそうです。 沙悟浄(さ・ごじょう)の武器は、降魔(こうま)の宝杖(ほうじょう) 三蔵法師の三人の弟子では一番地味な沙悟浄は、 僧の姿をしているので、その武器にも降魔の宝杖という名前がついています。 半月型の刃が、棒の先についている形ですが、ただの武器ではなく、 柄の材質は、月に生えている桂(かつら)の木で出来ていて、 芯には一本の金の筋が通っているので簡単には折れません。 また、周辺には、沢山の宝珠が飾られています。 孫悟空の義兄弟 牛魔王の武器、混鉄木(こんてつぼく) 牛魔王(ぎゅうまおう)は、地上の六大魔王の一人であり、 孫悟空とは、大昔、義兄弟の契りを結んだ間柄です。 そんな彼の武器は混鉄木というのですが、どんな形状なのか 不明です。 名前からして、刃が無く、相手を打ち据える棒の種類だと 考えられますがハッキリしません。 【次のページに続きます】.

次の