インフィニティ の なり 損ない。 【用語解説】エヴァンゲリオンのコア化とはどういう意味?

貴方の隣でぽかぽかしていたい(切実)

インフィニティ の なり 損ない

あくまでも考察です。 カヲル…「インフィニティのなり損ない」 この台詞のときシンジの前に飛び込んだ光景は暗くて見にくいですが、首の切れたエヴァ量産型機のようなものが見えます。 そして、シンジが地上の荒廃した姿を見たときにもエヴァ量産型機のようなものがマンションや民家から飛び出ているのがよく見るとわかります。 これもインフィニティのなり損ないたちです。 肝心のインフィニティとは辞書等で調べると「永遠の、無限の」と記されています。 サードインパクトはゼーレにより引き起こされ人類は一つの生命体へと回帰し、永遠の命を得ようとします。 ですが、ネルフ側がこのサードインパクト 人類補完計画 を妨害、儀式の途中でリリスの首を切ります。 サードインパクトが発動したため人類 リリン は進化を始め、エヴァへと進化。 ドグマにいるリリスへの融合を目指し、インフィニティ 永遠の命を得る者 になろうとします。 しかし、リリスは首を切られ、それに呼応するようにエヴァも首が切れます。 TV版見てないと上のいってること意味わからないと思うんでわかんないとこあったら補足へ疑問点をお願いいたします。

次の

【無重力感ハンパない】自宅でリラックスできるコールマン インフィニティチェアをレビュー

インフィニティ の なり 損ない

Q60 に市場向けの高級車ブランドとして設立された。 設立当初は流通システムの不備から販売は低迷したが、とのアライアンス発足後の体制下においては、高価格・高付加価値型車両中心のブランドとしての販売網整備と車両のデザインの改良等が行われた。 その後、(日本名:)のヒット などもあった。 を含む北米への展開に続き、に、翌に、に、に、におよび、2008年からは市場へ参入。 には に上陸し、展開国数は40カ国を超えた。 4月、ルノー及び日産ととの間で、小型車向けに共通した新設計思想の採用、高効率のとの共用化および小型領域での協業など、幅広い分野での戦略的な協力に関する契約を締結。 インフィニティ向けにダイムラーAGよりディーゼルエンジンとガソリンエンジンの供給を受け、には欧州向けのにダイムラーAG製のディーゼルエンジンが搭載され、には引き続きQ50にガソリンエンジンが搭載された。 2010年8月にはチューニング部門である、 IPL が設立され、同年12月よりチューニングカーの販売が開始された。 2012年4月、本社機能を香港に移転。 日産ではこの移転により「日産本社の意向に束縛されないブランド展開」を打ち出すと同時に「発の高級車ブランド」との姿勢を鮮明に示すことを狙っていた。 しかし、半ばにその本社機能を香港からへ移転する事が発表された。 日本国内での展開 [ ] インフィニティ設立に伴い、フラッグシップ車のを日本市場では「」として発売された。 2013年11月、のフルモデルチェンジとしてQ50の日本販売を2014年2月下旬に開始するに当たり、フロントグリルにインフィニティエンブレムを採用すると発表した。 2月には、フーガのマイナーチェンジ版の販売開始にあたって、同様にインフィニティエンブレムを採用した。 ただし日産は、「世界水準で創られた高級車としての証しとしてであり ブランドそのものの日本投入を意味しない」としており 、独自の販売チャネルは設けず日産の既存の販売網で販売し、車名も「日産・スカイライン」「日産・フーガ」のまま変わらず、また車体リアガーニッシュ部分に「SKYLINE」「FUGA」の車名が刻まれている。 ただし、初代Q45が各種広告や車体に日産のロゴを入れ、既存の日産車の車種階層に組みこまれていたのに対し、Q50およびQ70では日産のCIを一切出さず各種広告では「NISSAN MOTOR CORPORATION」の表記とし、既存の日産車のラインナップと一線を引き「インフィニティブランドとしての扱い」をアピールした。 両車の発売当時のキャッチコピーは「 さあ、日本のプレミアムを騒がそうか」だった。 2015年12月に両車種の一部改良が行われたが、当初はフロントのみであったインフィニティエンブレムがリアにも装着され、Q50およびQ70の外観に更に近づくようになった。 とはいえ、Fセグメントセダンのフラッグシップモデルである「日産・シーマ」に関しては日産エンブレムのままであり、グローバルで見たインフィニティブランドとしての高級車でなく、日産という会社においての最上位車である印としている。 その後、スカイラインが2019年7月のビッグマイナーチェンジでインフィニティエンブレムが廃止され日産のCIに変更され、各種広告においても日産のCIが登場した。 フーガも2019年12月のマイナーチェンジでインフィニティエンブレムが廃止され日産のCIに変更された。 、がインフィニティの各車の日本国内での並行輸入販売を開始。 ベースは北米仕様車で灯火類などを国内の法規に合わせての販売となる。 欧州市場での展開 [ ] 欧州市場向けの生産については時点では主にイギリスの工場で、(車)、(車)を生産、欧州市場に供給していたが、欧州市場の販売量は高級車市場の競争激化の中で低迷。 2019年、日産は2020年代前半までに欧州(西欧)市場からの撤退を表明している。 特徴 [ ] M35 HYBRID(2010年) 高級車ブランドとしてはスポーティさを強調している。 2004年のI35の販売終了以降、しばらくは全ての車種の駆動方式がないしFRベースのとなっていたが、2012年にを採用したが登場したため、現在はFRの車種を中心としつつもの車種が一部混在している。 デザイン上ではオーセンティックな面を強調し、ラグジュアリーでスポーティ、かつクラシカルな要素も持ち合わせたスタイリングが特徴とされる。 具体的には、ダブルアーチフロントグリルやダブルウェーブインテリアなどが共通して採用されている。 ブランド名・エンブレム [ ] 「 INFINITI」は、無限を意味する。 綴りは、の「INFINITY」ではなく、の「INFINITI」である。 この名称は7月に決定された。 エンブレムは「無限の彼方へと向かう開けた道」と「」を表している。 車種 [ ] 市販車種一覧 [ ] 車種 初登場年 現行型 備考 生産工場 発表 マイナーチェンジ セダン Q70 1990年 2010年5月 (4代目) の最上級セダン。 2013年12月、「インフィニティM」からネーミングを変更。 日本市場のみ「」として販売されている。 ラインアップはV6 3. 7Lを中心に、北米市場にはV8 5. 6Lを、欧州市場には V6 3. 5Lハイブリッドと製の2. 2Lディーゼルターボを設定する。 「Q70L」は北米・中国で販売されるロングホイールベース版である。 日産自動車 栃木工場 (栃木県) Q50 2013年 2013年8月 (初代) 2017年4月 グローバルDセグメントに属するプレミアムセダン。 日本市場のみ「」として販売されている。 エンジンは日本市場でも販売される直4 2. 0Lターボ、V6 3. 5Lハイブリッドに加え、 V6 3. 0Lツインターボを設定。 北米市場向けの同エンジンは出力違いで2種用意されて おり、トップモデルの「RED SPORT 400」では400HPに達する性能を有する。 また、欧州市場を中心に製の2. 2Lディーゼルターボも用意される。 「Q50L」はロングホイールベース版で中国市場専用モデルである。 Q50:日産自動車 栃木工場 (栃木県) Q50L:東風日産乗用車公司 襄陽工場(中国 湖北省) クーペ Q60 2002 2016年9月 (3代目) Q50をベースとした2ドアクーペバージョン。 先代モデルまでは、日本でも「」として販売されていたが、 現行モデルから海外市場専用モデルとなっている。 エンジンは直4 2. 0Lターボ、V6 3. 0Lツインターボをの2タイプ。 北米市場向けのV6 3. 0Lは、出力違いで300HP、400HPの2種のチューンを用意する。 両エンジンともにAWDが選択ができる。 日産自動車 栃木工場 (栃木県) ハッチバック Q30 2015年 2015年12月 (初代) 海外市場専用モデル。 主に、欧州およびアジア市場に投入される Cセグメントクラスのプレミアムコンパクト。 インフィニティのエントリーモデル との位置づけである。 3代目と基本コンポーネンツを共用している。 エンジンは、製の1. 5Lディーゼルターボ、製の1. 6Lターボ、 2. 0Lターボ、2. 2Lディーゼルターボの計4種から選択ができる。 のSUVラインアップ中、最大サイズとなるフルサイズSUV。 と多くの部分を共用して開発されている。 2013年7月、「インフィニティQX」からネーミングを変更。 V8 5. 6Lエンジンを搭載している。 主に、北米およびアジア市場に投入されている。 (福岡県) QX70 2003年 2008年6月 (2代目) - 海外市場専用モデル。 2013年7月、「インフィニティFX」からネーミングを変更。 ロングノーズ&ショートデッキのクーペ風デザインが特徴のクロスオーバーSUV。 欧州市場向けにはV6 3. 7LとV8 5. 6Lの2タイプを設定するが、 中国向けはV6エンジンのみの設定。 なお、2018年9月をもって北米市場での販売を終了している。 日産自動車 栃木工場 (栃木県) QX60 2012年 2012年4月 (初代) - 海外市場専用モデル。 2013年7月、「インフィニティJX」からネーミングを変更。 エンジン横置きFFベースのシャシーに、3列シートを備えたSUV。 エンジンは、北米市場向けにはV6 3. 5Lを、中国仕様には直4 2. 5Lハイブリッドを 搭載している。 主に、北米および中国・アジア市場に投入されている。 スマーナ工場 (米国 テネシー州) QX50 2007年 2018年1月 (2代目) - 先代は「」として、日本市場でも販売されていたが、 2018年にリリースされた2代目は海外市場専用モデルとなった。 世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」の搭載が特徴。 同エンジンは2. 0Lの排気量から268HPを発生。 CVTと組み合わせている。 なお、現行2代目から駆動方式をFRベースからFFベースに変更している。 主に、北米およびアジア市場に投入されている。 メキシコ日産自動車会社 アグアスカリエンテス第2工場 (メキシコ) QX30 2016年 2016年 (初代) 海外市場専用モデル。 Q30をベースとしたCセグメントクラスのクロスオーバーSUVである。 エンジンは、いずれもから供給される2. 0Lターボ、欧州市場のみとなる 2. 2Lディーゼルターボが用意される。 販売エリアを限定しているQ30と異なり、北米・中国でも展開される グローバルモデルとなっている。 サンダーランド工場 (英国) ESQ 2014年 2014年 (初代) - 中国市場専用モデル。 「」のインフィニティ版。 ジュークをベースにフロントグリル等、細部デザインを変更し、独自性を主張している。 6L 自然吸気、1. 6Lターボの2タイプを設定。 それぞれにCVTを組み合わせている。 (日本名: )• (日本名: )• (日本名: )• (日本名: ) モデル名 [ ] 2012年12月18日付のインフィニティプレスリリースで、2014年モデル以降の全商品ラインアップに適用する新ネーミング戦略の詳細が発表された。 プレミアム自動車分野でのプレゼンスをさらに拡大する計画の重要な一歩としている。 2014年以降のモデル名は、セダンとクーペおよびコンバーチブルモデルには「Q」、クロスオーバーとSUVモデルには「QX」が頭につけられ、続くグレードを表す二桁の数字とともに各モデルを表すことになった。 新ネーミング戦略によると、「Q」というネーミングは次世代インフィニティモデルのインスピレーションを付与するだけでなく、1989年にリリースした最初のフラッグシップモデルである『Q45』を想い起こし、そのパフォーマンスの歴史を際だたせると説明されている。 なお、従来ネーミングの数字として採用されていたエンジンの排気量や、4WDモデル、スポーツグレード、ハイブリッド、ターボモデルの表記は次の通りになる。 例:Q50の場合• V6 3. 7 AWD• 2 d• 0t 既存の車種名称は適応後次のように変更され、エンブレムについては、AWDのみトランクリッドに、排気量とHYBRIDの表記は、左右のフロントフェンダーに装着される。 「Q」セダンとクーペおよびコンバーチブルモデル• 「QX」クロスオーバーとSUVモデル• コンセプトカー [ ] Q60プロジェクトブラックS(2018年) インフィニティというブランドが発足する前に、Q45の前身となるコンセプトカー「CUE-X」が1985年秋ので公開された。 しかしながら、コンセプトカー「CUE-X」の特徴であったグリルレスのフロントマスクを初代「Q45」に取り入れたところ、高級車として斬新なデザインではあったものの、保守的な層の多いマーケットの中では不評となり 、マイナーチェンジではオーソドックスな縦格子デザインのグリルが装着されることとなった。 なお同車は日産ブランドの車種として日本市場にも導入された。 市販化されたコンセプトカー [ ] FX CONCEPT• 2001年1月、北米国際自動車ショーにSUVコンセプト「FX」を出展。 後に市販化されるクロスオーバーSUV FXの原型コンセプトカーであるが、全体的に平面的で無骨なデザインであった。 2002年1月、北米国際自動車ショーにSUVコンセプト「FX」のセカンドバージョンを出展。 後に市販化されるクロスオーバーSUV FXの原型コンセプトカーであるが、こちらは2003年に市販化されるモデルにもっとも近いデザインであり、前作にくらべよりスポーティーかつラグジュアリーになり、造形も抑揚のあるものとなった。 COUPE CONCEPT• 2006年1月、北米国際自動車ショーに「クーペコンセプト」を出展。 2007年秋に市販された新型Gクーペのコンセプトカーである。 基本的な造形は量販車に反映されたデザインであるが、フロントマスクやバンパー、ホイールなどのディテールが違うほか、ルーフ全面がガラスルーフになっていた。 全体的な仕上がりはまさしくコンセプトカーであった。 インテリアもコンセプトカー的な仕上がりで、細かいディテールは量販車とは違うものであった。 EX CONCEPT• 2007年4月、に「EXコンセプト」を出展。 2007年冬に市販された新型クロスオーバーSUV「EX」のコンセプトカーである。 「クーペコンセプト」に比べて、量販車をベースにデコレーションしたような仕上がりであった。 そのため、量販車と比べて違和感が少ない。 市販化されていないコンセプトカー [ ] この節のが望まれています。 2003年、北米国際自動車ショーにおいて初公開された4人乗りコンパクト3ドアハッチバック。 SUV、スポーツクーペとのクロスオーバーコンセプトカーの先駆けである。 スタイリングはロングノーズ、ファストバックシルエット。 ハイドロシステムにより50 の車高調整が可能、ドア開閉と同時に乗降に最適な高さに車高が下がるシステムを搭載。 開いた際は2,134 mmの高さになる電動ガルウイングドアを搭載し、VQエンジンをベースにしたV6 3. 5リットル DOHC 24バルブエンジンに5速ATが組み合わされている。 エンジンはフロントに搭載され、FMプラットフォームが用いられている。 駆動方式は四輪駆動で、ATTESA E-TSシステムが採用された。 2005年、北米国際自動車ショーにおいて初公開された3列シート6人乗りのSUVで、QX56ベースのミニバン、セダン、SUVを融合させたコンセプトカーである。 特徴としては3列目への乗降性を高めるために3列目部分に設置された観音開き式のドアがある。 そのためドアは6つあり、また、後方はルーフラインが高くなっており、3列目が高く設置されている。 また、16x6インチの掛け軸モニターと呼ばれる縦長のモニターが設置されており、インパネから3列目までセンタコンソールビームが延ばされている。 デザインは厚木市の日産デザインセンターで行われた。 このクラーザのデザインエッセンスの一部は、2010年にフルモデルチェンジされた2代目QXに活かされている。 2009年3月3日、にて世界初公開されたラグジュアリースポーツカーコンセプト。 エッセンスは、インフィニティの開業20周年を記念して企画された高級スポーツクーペのコンセプトカーで、同ブランドの精神や今後の方向性を提示するアイコンとしての役割を果たしている。 2011年3月、ジュネーヴモーターショーにて世界初公開されたエントリーラグジュアリーハッチバックコンセプト。 これまでの高級車のイメージにとらわれない、特に若い世代のドライバーに向けた、新しいラグジュアリーカーであり、全長4. 4mの取り回しの良いサイズのボディに、クーペのようなエレガントなスタイル、セダンのような快適な室内、ハッチバックの持つ合理性など、複数の異なった車型が持つ長所を備えている。 また、同コンセプトカーは、日本の伝統的な美意識やクラフトマンシップをモダンに再構成して表現している。 躍動的なボディデザインや、特徴的な三日月状のCピラーなどとあわせて、今後のインフィニティデザインの方向性を示唆している。 2012年3月、ジュネーヴモーターショーにて世界初公開されたレンジエクステンダー型3気筒エンジン搭載のEVスポーツ。 との協業により開発されている。 2012年4月、ニューヨーク国際オートショーにてインフィニティブランド初のゼロ・エミッションラグジュアリーセダンの生産モデルに近いコンセプトカーであるインフィニティ「LEコンセプト」を公開。 「LEコンセプト」の生産モデルは、今後2年以内に発売される予定とされた。 Q30コンセプト• 2013年9月、にて世界初公開されたコンパクトカー。 エセレアの発展モデルである。 2014年1月、北米国際自動車ショーにて世界初公開された中型スポーツセダン。 R35型のエンジンが移植されており、市販の計画が進められたが中止となった。 Q80インスピレーション• 2014年10月、パリモーターショーにて世界初公開された大型ラグジュアリーカー。 世界各地のインフィニティ・デザインスタジオによるコンペティションが行われ、北京のデザインチームが提案したテーマが採用案となった。 2014年12月17日に向けゲームタイトル『』にてダウンロード開始。 2015年4月、上海モーターショーにて実走行可能なフルサイズモデルが世界初公開された。 2015年5月19日、イギリスで開催された『』の発表イベントで欧州初公開された。 Q60コンセプト• 2015年1月、北米国際自動車ショーにて世界初公開された中型クーペ。 QX30コンセプト• 2015年3月、ジュネーヴモーターショーにて世界初公開された小型クロスオーバーSUV。 QXスポーツインスピレーション• 2016年4月、にて世界初公開された中型クロスオーバーSUV。 2016年10月、にて進化版となる QXスポーツインスピレーション2016が公開された。 QX50コンセプト• 2017年1月、北米国際自動車ショーにて世界初公開された中型クロスオーバーSUV。 Q60プロジェクトブラックS• 2017年3月、ジュネーヴモーターショーにて世界初公開されたスポーツクーペ。 チームとの協業で開発が進められ、F1マシン譲りの ERS が導入された。 QX80モノグラフ• 2017年4月、ニューヨーク国際オートショーにて世界初公開された大型SUV。 プロトタイプ9• 2017年8月、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて世界初公開されたシングルシーターの小型オープンスポーツカー。 最先端技術と伝統的技術の融合をテーマとし、発表当時は開発中の2代目のパワートレーンに、1940年代のレーシングカーをモチーフとする手作業によるボディが組み合わされた。 Qインスピレーションコンセプト• 2018年1月、北米国際自動車ショーにて世界初公開された中型セダン。 インフィニティの新しいデザイン言語を示唆するとともに、このモデルのプラットフォームをベースとする、インフィニティブランドでは初となるEVを近い将来に量産する計画が公表された。 モータースポーツ [ ]• webCG. 2006年12月13日. プレスリリース , 日産自動車, 2011年11月2日 ,• 日経産業新聞・2012年4月12日付 最終面• プレスリリース , 日産自動車, 2019年5月29日 ,• ロイター日本語ニュース トムソン・ロイター. 2013年11月12日. プレスリリース , 日産自動車, 2015年2月13日 ,• ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版 ダウ・ジョーンズ. 2013年11月11日. 日本経済新聞 2019年3月13日. 2019年3月12日閲覧。 - (2006年10月23日アーカイブ分) LIPPINCOTT• プレスリリース , 日産自動車, 2012年12月18日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2009年3月3日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2011年2月15日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2012年3月6日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2012年4月5日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2013年8月27日 ,• プレスリリース , 日産自動車, 2013年9月10日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2014年1月13日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 グランツーリスモ・ドットコム ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2014年12月17日. Response. イード. 2014年12月18日. Response. イード. 2015年4月21日. Response. イード. 2016年5月21日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 Autocar Japan ACJマガジンズ. 2015年1月6日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 Response. イード. 2015年3月3日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2016年4月14日 ,• プレスリリース , 日産自動車, 2016年4月25日 ,• プレスリリース , 日産自動車, 2016年9月29日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2017年1月9日 ,• Car Watch インプレス. 2017年1月18日. Autocar Japan ACJマガジンズ. 2017年3月7日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 carview!. 2017年11月21日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 Autocar Japan ACJマガジンズ. 2017年8月12日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2018年1月15日 ,• webCG. 2018年1月16日. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の考察いろいろ

インフィニティ の なり 損ない

まぁ旧版だと細胞からでもエヴァの巨体作れたみたいなんで無理じゃないかもしれんのですが・・・ 前提:2nd時、何故か南極にはリリスが2体、アダムが2体いた。 これが光の4巨人、アダムスの内訳。 6(魂あり:ほぼリリス本人の魂。 だから自律可能でもある。 9(魂なし) *恐らく第12使徒=Mark. 4人のうち2人持ってて2人持ってなかったから、多分南極で実の奪い合いが起こったと思われ。 6(リリスA)+第13号機(アダムC)および槍2本 *槍を抜いた途端にセントラルドグマの磔巨人(アダムA)の部分は形象崩壊した 生命の実をインフィニティ損に与え尽くしていたため? 【第13号機にATFが無い理由】 今回のエヴァは肉体や実を用意しただけでは不完全で、搭乗した魂のあるリリンとシンクロさせることで初めてATFを持った、魂のある生命体になりえる 綾波を助けようとしたとき、槍で世界をやり直そうとしたときのようなシンジの強烈な情動をコピーして魂を創った(=覚醒) 槍抜きに行く途中で第13号機の制御系がシンジにシフトしたのは、カヲルには槍を抜く『やる気=魂の素』が無かったから 【AA弾=アンチATF弾が利かない理由】 魂が無いから。 自分の記憶ではATFとは他者への恐怖とか心の壁以上に、本来は「自分の形を保とうとする力」。 (旧劇場版の3人目のレイは、この力が弱いのか左腕が崩壊していた) そして恐らく作中では、自分=魂ではないかと。 ATF=「魂(の形)を保とうとする力」とすると、 アンチ・ATF=「魂(の形)を崩そうとする力」と考えられる。 そして使徒でも人間でも魂はある以上、ATFもアンチATFも作用しうる。 しかし、だからこそ逆に言えばATFもアンチ・ATFも『魂を持っていない相手には効果が無い。 』 重力と電磁力が作用し合わないようなもの。 方向性が違えど同質で同じ直線上だから作用・反作用しあえる。 空白の14年間について、以下のように妄想。 カヲルの投槍により初号機凍結。 ガフの扉を開いた初号機は第11使徒と認定。 しかしゲンドウと冬月は雲隠れ。 重要証拠隠滅を勘繰ったUN軍は本部制圧作戦に乗り出す。 6をセントラルドグマへ。 ゼーレはリリスとの契約により、セントラルドグマの磔巨人から槍を抜き取り、 リリス Mark. 6の中身=第12使徒 とアダム セントラルドグマの磔巨人 を融合。 神リリス誕生。 3rd発動。 神リリスのアンチ・ATFで、第三新東京市へ進軍したUN軍は壊滅。 LCL化。 ガフの扉を開けず。 神リリスはUN軍のLCLと魂から、セントラルドグマで無数の新生命:インフィニティの創生にとりかかる。 交渉もしくは威嚇要求のため、神リリスの首を落とし発令所へ。 凍結初号機とリリスの首を乗せ、発令所は天空へ飛翔。 インフィニティのなり損ないによる塔形成。 その時地表に出た一部のインフィニティのなり損ないは、周囲の残存UN軍を食い散らかし、そのまま世界中へ。 それでも止まらなかったため、Mark. 6を遠隔操作し、セントラルドグマの槍で刺す。 神リリス、槍二本により活動停止。 同時に塔をなして発令所の首に迫っていたインフィニティのなり損ない達も活動停止。 ゼーレの報復を恐れてか、神リリスはセントラルドグマを結界で塞ぐ。 (一般世間から見た場合、旧ネルフも新ネルフも大差ない、同一組織にしか見えない。 ) 以降、UN軍(後にヴィレへ改編か?)とゼーレネルフの二陣営による大戦争の開幕。 ゼーレネルフはまず量産機を戦力として投入。 次に、凍結初号機から排出させたネーメジス・シリーズを戦線へ投入。 初号機はネーメジス・シリーズ製造プラントとして全世界で猛威を振るう。 信号一つで任意の場所に、自在にネーメジス・シリーズを投下する衛星兵器、死の流星として恐れられる。 多分、リリスはアダムから生命の実を奪い取って、強力な自分の子分(インフィニティ)を増やすことしか考えてなかった。 ゼーレの魂をガフの部屋に導く気など更々なかったというか、どーでもよかった。 つか、契約自体忘れてる可能性大。 ミサトたち旧作戦本部は国連に引き渡されているため、実質人員が丸ごと入れ替わっています。 恐らく、ネルフ構成人員は、ほぼすべてアヤナミシリーズに置き換えられている。 そしてまた行動目的も旧ネルフとは全く違います。 しかし世間一般には継続的に組織存続しているようにしか見えなかったでしょう。 6の中身=第12使徒 とアダム セントラルドグマの磔巨人 を融合。 06は装甲しか残っておらず、その先は動かせないじゃん 序のラストで、月面のリリスは手術の縫合痕らしき傷が全身に見られます。 恐らく、Mark. 6建造時に、体内にダミープラグと遠隔操作システムを仕込まれた。 後にセントラルドグマでアダムと融合し、神リリス 旧劇の巨人 となるわけですが、 その神としての肉体はMark. 6の外装甲を骨格に、神としての新たな肉体が上乗せされた形状 だったと思われます。 着ぐるみ Mark. 6の外装甲 の上に、さらに着ぐるみ 神リリスの肉体 を着るような状態です。 そして一番奥の中のヒト(手術痕リリス)はダミープラグ仕込みに改造されている。 6 リリス とアダムが融合した結果生まれた、神リリスが第12使徒 と広く認知されていると思いますが、事情により詳しいヴィレやアスカのなかでは、 神リリス=中身のMark. 6 手術痕リリス =第十二使徒、と同一に認識されていると考えられます。 次に神リリスの首をどうやって切ったのかについてご説明させていただきます。 神リリスの裏切りを悟ったゼーレは遠隔操作で、Mark. 6内のダミープラグを起動させます。 そして、ダミープラグによって神リリスの体内の最深部にある、Mark. 6 手術痕リリス を操り、 Mark. 6 手術痕リリス の手で神リリスの頭をもぎ取らせたのです。 二重の着ぐるみを着た中の人が、一番上の着ぐるみの頭をもぎ取るイメージが一番近い感じ。 恐らく、表面の神リリスにしろ最奥の手術痕リリスにしろ、想像を絶する苦痛を味わったと思われます。 なんせ脊椎〜頸椎あたりから生えた寄生生物 Mark. 6 が自分 神リリス の首をちぎり取るんですから。 しかもその寄生生物は自分だという怪現象。 そして神リリスの首をもぎ取ったMark. 6は、頭上に広がる大穴、メインシャフトから発令所めがけて 真上に首を投げ上げます。 ゼルエルがセントラルドグマへ通じるメインシャフトを降りる過程で発令所に到れたことから、 発令所とセントラルドグマの入り口の大穴はほぼ直線経路で繋がっています。 メインシャフトを投げ上げられた神リリスの首は、ゼルエルがあけた発令所付近の大穴で待機していた (恐らくは)Mark. 9がキャッチし、発令所へ放り込んだのでしょう。 6の中身=第12使徒 とアダム セントラルドグマの磔巨人 を融合。 6の中身=第12使徒 とアダム セントラルドグマの磔巨人 を融合。 自分は、リリスはもともと契約を守る気があったかどうかすら疑わしいと想像しています。 サルと契約を交わす人間は少数派でしょうし、守る人間など皆無のレベルです。 ましてやリリスにとってゼーレ、リリン(人類)は自分の体液から湧いた、生命の実を持たない出来損ないの微生物。 自分の尿や汗に沸いたサルモネラ菌や大腸菌もどきとの契約なぞ守る気は絶無でしょう。 ガフの部屋を呼び出し、扉を開け、さらに魂を出し入れするのはかなりの重労働ではないかと 自分は考えています。 それこそ綾波を助けようとしたシンジのように、凄まじい火事場の馬鹿力 で意図せずあけてしまったというのがニア3rdの実情だったのではないかと。 そして忘れがちなのは、神(生命の実と知恵の実の融合体)といえども本当に無限のエネルギー を持っているわけではないということです。 それこそ旧劇版では9体の量産機の共鳴効果の補助で、やっと全地球を覆い尽くすことができた程度です。 そして新劇版も、恐らくは神になりかけていたアダムスが4体もいながら、人類を半分しか滅ぼせませんでした。 そしてまた、リリスはアダムから奪った知恵の実で無数の子分(インフィニティ)を増やすのが 最大目的であり、その行為にも莫大なエネルギーが必要だったはずです。 なおさら扉を開ける作 業にエネルギーなんて注いでいられない。 だからこそ契約をリップサービスとしてですら守らなかった。 神リリス体内でMark. 6を暴れさせ、自分の手で自分の首をねじ切らせた。 ひょっとしたら手直にあった鋭利な刃物(磔巨人のロンギヌスの槍)を使ったかもしれません。 そちらの方が効果的だったでしょうし。 新劇で特徴的なのは、槍が無くても一時的になら使徒を封印できる『呪詛柱』の存在です。 完全に封印すれば動きませんが、部分的な封印なら、限定的に能力を使わせることも原理上可能 だと推定されます。 夢遊病患者を誘導するような感覚で、神化初号機を操ったと推測されます。 6のダミーシステムが作動。 頸椎付近からめくりあがり、目の前のリリス神の首 を切り取って直上のMark. 9にパス。 Mark. 9は発令所へスラムダンク。 6のダミーシステムは磔巨人のロンギヌスの槍で、Mark,6内部の手術痕リリスと、神リリスを諸共に刺し貫く。 殺人犯(ゼーレ に追われて部屋に逃げ込んだ被害者 リリス が、追っ手を防ぐため部屋の鍵をか けたまま絶命し、密室殺人や自殺と勘違いされるケースと同様の成り行き。 そしてまた初号機はというか、シンジには積極的に起きる理由がない。 神化した目的である綾波救出は達成できており、自分の隣で一緒に寝ています。 しかも槍が抜かれてるから完全に眠っている(完全封印されている)わけでもない。 よって、呪詛柱の制御下、外部からの電気的・化学的刺激によって容易にコントロールされたで あろうことが想像されます。 そして神の能力である新生命創生能力を利用されて、ゼーレネルフ の操作するままにネーメジス・シリーズを生み出し続けた。 寝ぼけ眼の子供、いやむしろ夢でも見ているような、半覚醒状態であった可能性が高い。 それでいて自分から積極的に動く理由は無い。 最悪の場合、ゼーレネルフによって、綾波とシンジは二人で子供を創り産み育てる夢を見せら れながら、ネーメジス・シリーズを量産し続けたのではないかと妄想しています。 ただの『不思議なエンジン』欲しさに莫大なエネルギーをかけて宇宙へ来たとは到底思えないからです。 それこそ、その宇宙に行くための莫大なエネルギーを活用しろよ、という感じです。 むしろ、初号機を何としてでも回収しなければならない切実な事情がヴィレにはあった。 それが何かと考えると、神化初号機のエネルギーが何らかの兵器として世界中に猛威を振るっていたと考えるのが一番自然なのです。 アスカは十字架棺を発見したとき、「目標が移動している!」と驚き混じりで報告しています。 ただ衛星軌道上を動いているだけならそんなことは言う必要も驚く必要もないですから、 十字架棺があきらかに別軌道へシフトする運動を行っていたと解釈するのが妥当でしょう。 恐らく衛星兵器の行動システムに組み込まれた、外敵回避行動だと考えられます。 落下するだけの状態で、侵入者を排除したところで無意味なはずです。 それなのにあえて防御システムのネーメジス・シリーズが作動し、侵入者を排除するということは、侵入者排除後に、改めてもとの衛星軌道へ戻るだけの移動能力を持っていたと考えられます。 そしてただ危険だから封印し、宇宙のゴミとして振り回すためだけに衛星軌道に安置しておくとも考えにくい。 廃棄や隔離を考えているだけなら、誰もいない月面、太陽、太陽系外にでも向けて飛ばすでしょう。 以上の2点を総合すると、半封印の初号機が衛星兵器として活用されていた状況が浮かび上がってくるのです。 そう考えるとアンチ・ATFを備えたネーメジス・シリーズが二号機に即座に飛んできたのも当然です。 あれは十字架棺のネーメジス・シリーズ製造プラントブロックから打ち出された近接防衛兵器とか対空小型ミサイルのようなものだったのでしょう。 自分が想像するに、あの十字架棺は少なくともこれくらいの機能はあったはずです。 彼らは近年のゼーレネルフとの戦闘において、シンジの放ったネーメジス・シリーズの猛攻に散々苦しめられてきたからです。 (14年前の惨劇の原因だというだけにしては、今現在の嫌悪感が強すぎる).

次の