リクルートキャリア エージェント 違い。 リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いを徹底比較!どっちに登録すべき?

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い | リクルートエージェント

リクルートキャリア エージェント 違い

株式会社リクルートホールディングス自体が、人材派遣、販促メディア、人材メディアなどの人材サービス全般を手掛ける企業であるため、様々な求人媒体を自社内に保有しています。 その中に• リクルートスタッフィング• リクルートエージェント• リクナビNEXT があるのですが、正直「この3つにはどういう違いがあるの?」って感じている人が多いと聞きます。 一言でいうと、それぞれが取り扱っている求人の採用形態が異なっているのですが、詳しく解説してみたいと思います。 リクルートスタッフィングは派遣求人をメインに取り扱っている リクルートスタッフィングは、リクルートホールディングスが運営する人材派遣会社です。 最大手ということもあり、拠点も全国各地にあり、あらゆる職種・業種の求人を多数取り扱っているため、派遣スタッフとして働くのであれば、真っ先に登録しておく派遣会社になります。 コーディネーター、派遣営業マンの評判も高く、信頼性も高いため、他の派遣会社の登録者がリクルートスタッフィングに乗り換えるという話もよく耳にします。 8 ほぼ全ての職種・業種 リクルートスタッフィングの関連会社には、• 株式会社 リクルートスタッフィング情報サービス• 株式会社 リクルートキャリア• 株式会社 リクルートジョブズ• 株式会社 スタッフサービス・ホールディングス• 株式会社 リクルート住まいカンパニー• 株式会社 リクルートスタッフィングクラフツ• 株式会社 リクルートマーケティングパートナーズ• 株式会社 リクルートライフスタイル がありますが、いずれにしても、リクルートグループのアウトソーシング事業の大半がこのリクルートスタッフィングによって提供されていると言えるでしょう。 つまり、どこかの企業の派遣社員として働きたいと思っている人の選択肢として考慮される求人サービスが、この「リクルートスタッフィング」ということになります。 リクルートエージェントとリクナビNEXTは正社員転職をメインに取り扱っている 他方、同じリクルートのサービスとして、「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT」がありますが、これらは正社員転職をメインとしている転職サービスとなります。 もう少し詳しく書くと、「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT」は、どちらも、リクルートホールディングスで人材紹介事業や求人広告事業といった、人材採用に関わる事業を統合した会社である、「株式会社リクルートキャリア」内にあるサービスです。 おなじ正社員転職ではありますが、「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT」には明確な違いがあり、 であり、リクナビNEXTは自分で求人を探すタイプの転職サイトになります。 転職エージェントと転職サイトとの違いは、前者が担当コンサルが求人を紹介を含め、面接対策など求職者の転職のサポートを全面支援してくれるのに対し、転職サイトは、求人探し、求人応募、面接対策、求人企業担当者との全てのやり取りなど、全て自分自身で行わなくてはいけないため、転職活動する上での「求職者への負荷」や「募集求人の質」に大きな違いが出る可能性が高いと言えるでしょう。 正社員転職を考えているのであれば、両者の使い分けは簡単です。 転職エージェントは誰でも利用できるわけではありません。 求職者の年齢とキャリア面をみて、企業に紹介できるだけの市場価値がある人材以外は、。 そのため、まずはリクルートやそれ以外の転職エージェントに登録してみて、利用できそうであれば、転職エージェントを活用して転職活動してみましょう。 どの転職エージェントも利用できないのであれば、次の選択肢として、転職サイトを利用してみましょう。 転職エージェントでも、転職サイトでも、転職先が決まらなかったとき、はじめてハローワークを活用すると良いでしょう。 ハローワークの求人は、正社員求人にしろ、パート求人にしろ、正直あまり条件の良い求人は見かけないです、、 自分の希望する働き方によって、両者を使い分けましょう ここまで、求職者からみた「リクルートスタッフィング」と「リクルートエージェント」や「リクナビNEXT」の違いについてまとめてみました。 派遣社員として働きたいのであれば、リクルートスタッフィングを利用し、正社員転職を考えているのであれば、まずはリクルートエージェントや、その他の転職エージェントを活用することを第一に考えてみてください。 自分の希望する働き方によって、「リクルートスタッフィング」と「リクルートエージェント」や「リクナビNEXT」を使い分けるのがポイントになります。

次の

リクルートエージェントとリクルートキャリアコンサルティングについて

リクルートキャリア エージェント 違い

目次【クリックして移動できます】• リクルートエージェントとマイナビエージェントを求人数で比較! 転職エージェントの優劣を比較する上で欠かせないのが「求人数」です。 求人数が多ければ多いほど希望条件にマッチする求人も増えることになるからです。 リクルートエージェント、マイナビエージェントの求人数 求人数 リクルートエージェント 約20万4000件(内訳:公開求人数が約3万4000件、非公開約17万件) マイナビエージェント 約2万8000件(公開求人数が約7000件、 非公開求人2万1000件) (2018年2月現在) ご覧頂いたとおり、求人数比較ではその差は歴然です。 リクルートエージェントは、マイナビエージェントの約7倍におよぶ求人数を誇っています。 分母となる全体の求人数では多くとも、特定職種に限って比較した場合にはあまり差がなかったり、逆転したりするケースもあります。 しかしながら、7倍以上の差があればほとんどの職種でリクルートエージェントがマイナビエージェントを上回っていると見て間違いないでしょう。 できるだけ多数の求人企業を紹介してもらい、比較検討した上で転職先を決めたいという方はリクルートエージェントを選択した方が良いと言えます。 リクルートエージェントとマイナビエージェント、それぞれどんな人におすすめ? 次に両社が得意としている求職者、あるいは特に力を入れて支援を行っている求職者という点で違いがないか比較したところ、この点でも両社には次のような違いがありました。 リクルートエージェントの主な対象者 20代~40代の幅広い求職者を対象としている リクルートエージェントは幅広い世代の転職活動を支援しています。 リクルートエージェントが対象としているのは概ね、業務経験を有する20代後半ぐらいから40代ぐらいまでの層の求職者と言えます。 【第二新卒・既卒の方にはこちらがオススメ!】 20代で業務経験が浅い第二新卒、または全くない既卒の方々については、リクルートグループが20代専門に就職・転職支援を行っている 「就職Shop」への登録がおすすめですよ。 マイナビエージェントの主な対象者 20・30代が中心で、特に第二新卒の転職に強み。 女性に特化したサービスも有り。 企業全体の傾向として、学生の就活をはじめ若者の進学にも力を入れているマイナビグループ。 「マイナビエージェント」については、やはり転職市場においても20代の若手の転職に強い傾向があります。 マイナビエージェントは書類選考や面接対策のサポートがとても丁寧で分かりやすいと評判です。 転職が初めてだったり、社会人としてのスキルがまだ浅い20代の求職者にとってマイナビエージェントの手厚いサポートは非常に頼りになると言えるでしょう。 ところが、業種の検索項目を比較してみるとかなり大きな違いがあることがわかります。 そのため、検索項目にない業種であっても「その他」に含まれている可能性はあります。 しかしながら検索項目にない業種というのは、仮に求人があってもそれほど多くないため検索項目が設けていないものと推察されます。 こうした推察をふまえた上で両者の業種項目を比較した場合、次のようになります。 リクルートエージェントにあってマイナビエージェントにない業種 マイナビエージェントとリクルートエージェント 紹介企業 マイナビエージェントとリクルートエージェンで、紹介してもらえる企業を職種を絞って比較してみました。 マイナビエージェント リクルートエージェント IT・WEBエンジニア AVANT KONAMI NEC NAVITIME DeNa など 楽天 GREE コロプラ DELL Klab など MR・メディカル 小林製薬 シミック株式会社 ノイエス株式会社 株式会社龍角散 MPアグロ株式会社 など 第一三共株式会社 AsahiKASEI アステラス製薬 MSD ブリストロマイヤーズ株式会社 など ものづくり・メーカー OLYMPUS NEC EPSON MITSUBISHI DAIKINHONDA など 野村不動産株式会社 タカノ株式会社 NISSAN 富士ゼロックス株式会社 BCG など 会計士 株式会社アヴァンティア EYTAS株式会社 東京共同会計事務所 税理士法人平成会計社 PwCアドバイザリー合同会社 など 株式会社RSテクノロジー 株式会社北の達人コーポレーション ソフトバンク株式会社 イビデン株式会社 デロイト トーマツ など マイナビエージェント、リクルートエージェントどちらも大手企業から中小企業までさまざまな会社を紹介してくれるようです。 全体的な企業登録数は、リクナビエージェントの方がかなり多いのですが、今回比較した4つの業種ではそこまで大幅な差はありませんでした。 しいて言えば、リクナビエージェントは東京・大阪など本社が都心部にある企業が多いことに対して、マイナビエージェントでは、比較的地方の企業も多く紹介しているようです。 本社勤務を希望している人は、リクナビエージェントの方が探しやすいと思います。 通勤距離を気にしたり、UターンやIターンを希望している人には、マイナビエージェントの方が探しやすそうです。 リクルートエージェント・マイナビエージェント海外勤務の求人数比較 リクルートエージェントはマイナビエージェントの7倍以上の求人数を誇りますので、海外勤務の求人数比較でも7倍程度の開きが生じていたとしても不思議ではありません。 ところが海外勤務の求人数について比較したところ、次のような意外な結果となりました。 それぞれの海外勤務求人数 リクルートエージェント マイナビエージェント• 公開求人数:31件• 非公開求人数:406件• 計437件• 公開求人数:29件• 非公開求人数:212件• 計241件 これら求人数からわかるとおり、海外勤務の求人に限れば、リクルートエージェントの方が数では上回っているものの、約1. 8倍に過ぎず7倍以上といった大きな開きが生じていないことがわかります。 次に全体に占める海外勤務の求人数割合で比較してみた場合、マイナビエージェントであっても約1%程度に過ぎず、リクルートエージェントはそれを更に下回るわずか0. 3%未満という、大変少ない割合に留まっています。 海外勤務の求人を狙いたい方はリクルートエージェントやマイナビエージェント以外のエージェントも吟味してみるのが良いかも知れません。 などは海外に強い転職エージェントといえますので、検討する価値はあるでしょう。 リクルートエージェント・マイナビエージェント電話受付け対応比較 転職エージェントに問い合わせをしたい場合、メールなら24時間いつでも受付けてくれるのは当たり前です。 問い合わせ対応で差がつくのは電話での対応サービスですので、この点についても両社をを比較してみました。 日、祝日はなし ご覧のとおり、電話での受付け対応では平日、土日祝日の両方においてマイナビエージェントに軍配があがります。 マイナビエージェントは平日午後8時半まで電話で対応してくれること、更に土曜日も午後5時半まで電話対応してくれる点はかなり良心的な対応といえます。 リクルートエージェント・マイナビエージェント キャリアアドバイザー比較 自分を専任で担当してくれるキャリアアドバイザーによる転職支援サービスは、転職エージェントを評価する祭の最も重要な指標になると言っても過言ではありません。 この点でも比較を行ってみました。 リクルートエージェント・マイナビエージェント共通のサービス キャリアアドバイザーによる転職支援サービスメニューを比較した場合、次のようなサービスについては一致することがわかりました。 面談(キャリアカウンセリング)• 希望に合った求人の紹介• 求人票だけではわからない詳細な情報提供• 応募書類の添削や面接対策• 条件面や入社日の調整• 転職後のアフターフォロー 一方、一致していないサービスメニューは何かと言いますと、マイナビエージェントにあって、リクルートエージェントで確認できなったサービスとして 「推薦状の作成」が唯一あげられます。 仮に推薦状を作成しなかったとしても、推薦コメントを求人企業側へ伝えることは業務の一環として通常行われていることなので、推薦状の有無はそれほど決定的なサービスの違いとは言えません。 このことからキャリアアドバイザーによるサービス内容では、両社間で大きな違いはないと評価できます。 そこで利用者がキャリアアドバイザーによるサービスに対してどう評価しているか、当サイトに寄せられていた口コミ評価を集計し、比較してみました。 リクルートエージェントで特に多かった口コミベスト3 ・当たりハズレが激しい・・・・・・・・・・・・・34% ・事務的、機械的な対応・・・・・・・・・・・・・27% ・求人を多数紹介してくれる・・・・・・・・・・・18% マイナビエージェントで特に多かった口コミベスト3 ・親切な対応・・・・・・・・・・・・・・・・・・28% ・業界に精通していた・・・・・・・・・・・・・・22% ・自分の希望とは合ってない案件を紹介された・・・17% 当サイトに寄せられた両社への評価を内容によって分類・集計した結果では、ご覧のような明暗が分かれる結果となりました。 リクルートエージェントは担当者による対応に差が大きく、また事務的な対応だったという評価が多く、マイナビエージェントは親切で転職先の業界にも精通しているといった高く評価する口コミが多く見られました。 その一方で、リクルートエージェントは求人数を多数紹介してくれたという点で評価を得ており、マイナビエージェントは希望条件にマッチしていない求人の紹介を受けたといった評価がかなりありました。 キャリアアドバイザーによるサービスの品質は、キャリアアドバイザーの個人的な資質や性格によって大きく左右されます。 そのため、この結果が全てのキャリアドバイザーに当てはまるとは言えませんが、キャリアアドバイザーによる転職支援サービスを重視したい場合には、少なくともマイナビエージェントを検討対象から外すべきではないと言えます。 「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」自分はどっちタイプ? マイナビエージェント タイプ ・前職で3年は継続して勤務した、いわゆる第2新卒に当てはまる ・仕事は勤務条件も大事だが、やはり働きがいなど仕事内容を重視したい ・前からやってみたかった仕事があって、それに向けて勉強したり資格を取っていた(または取得中) ・結婚してから今の仕事ではなく、引越し先の近くで新しい仕事を探したい ・今のキャリアを生かして、ハイクラスの転職にチャンレンジしてみたい リクルートエージェント タイプ ・仕事内容も大事だけど、休日や給与などの労働条件を最優先させたい ・職種はまだ迷っているけど、転職することはもう決めている ・前職のスキルを生かす仕事だけでなく、未経験だけど他の職種につくことも考えている ・第2新卒にも転職適齢にも当てはまらない30後半以降だけど、転職がうまくいくのか?不安がある ・アドバイザーの相性とかよりも、転職できたという結果を重視したい それでも悩む人は2つのエージェントに登録するのもあり! それでもまだ悩む人は、思い切って2つのエージェントに登録しましょう。 転職エージェントの中には、複数登録をしないように言われるところもありますが、この2社はそういった縛りがありません。 エージェントによって強み、弱みもそれぞれ違います。 得意分野がどの職種なのか?どんな企業とのパイプが強いのか?などを知るきっかけにもなります。 1度登録してみて、転職活動がスムーズにいきやすい方やコンサルタントの方の相性をチェックすることも転職活動において大切なポイントです。 ただし、複数登録をするときはコンサルタントの方に必ず伝えましょう。 もし、2社同時に同じ案件に応募してしまったときに、どちらのエージェントからの話をすすめるのか?揉めることにもなってしまいます。 効率よく転職活動をするためにも、早い段階でコンサルタントの方に伝えましょう。 あなたならどっち?リクルート・マイナビ リクルートエージェント 転職の成功実績No. 1 マイナビエージェント 【20代】第二新卒の転職強し! こちらの記事も読まれています.

次の

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い | リクルートエージェント

リクルートキャリア エージェント 違い

大手転職エージェントのリクルートエージェントやdoda・マイナビって実際使うべきなの?使った人の評判を知りたい!という人のために、転職のプロである著者が、評判や口コミを徹底比較、オススメ理由について教えます! 目次 どの転職エージェントが良いかはあなた次第 転職エージェントって大手・中小を含めると物凄くたくさんあって、利用するにしても、どこが良いのかわからないですよね…。 スカウトメールが大量に送られて来るものの、その中からどうやって転職エージェントを選択するべきか、転職エージェントの選び方がわからないと困っている転職者が多いです。 実際、弊社にも「 どこのエージェントが良いのか教えてください!」と数多くの相談がきています。 転職の相談は会社の同僚、周りの友人に相談しにくいため、信頼できる転職エージェントと出会えるか否かは、あなたの転職活動に大きな影響を与えます。 転職者にとっては、とても重要なことです。 大手転職エージェントは、知名度・ブランド力がある企業がいくつもありますし、求人サイトに提携している中小転職エージェントは全国に1500以上あるので選べないですよね。 もちろん、立場的に「転職エージェントに対してメリットしか言わないだろう」と思われるかもしれません。 ですが、私は 転職エージェントにはそれぞれメリット・デメリットどちらもあると考えています。 実際、転職エージェントの評判は自分に合う転職エージェントか判断する上での1つの指標でしかないですし、 人によって利用すべきエージェントは異なります。 ですので、メリットだけでなく、デメリットも含めてぶっちゃけで包み隠さずすべてお伝えしたいと思います。 大手転職エージェント8社の評判まとめ 大手・中小、特化含めて「 よく耳にする8社の転職エージェント」をあなたの現状に沿うように特徴を明記した上で、それぞれの評判・口コミと共にご紹介します。 それぞれの転職エージェントに対する5段階評価を表にまとめて、比較してみました。 7 4. 5 4. 5 3. 8 4 4. 3 3. 8 3. 9 3. 8 4. 2 4. 1 4. 2 4. 0 4. 0 4. 0 3. 9 4. 0 3. 6 3. 0 3. 0 3. 0 4. 0 4. 3 3. 5 下記から、各転職エージェントの特徴・評判に移動します。 気になる転職エージェントをぜひ選んでみてください! 「転職に、親身なブレーンを」 これがのサービスコンセプトです。 非常に勢いがある転職エージェントで、 20代・第二新卒を中心に高評価を得ているのが特徴です。 IT・事務系の職種に長けており、20代向けの案件、中小企業の求人数を積極的に増やしています。 もちろん、経歴に自信がない人でも、安心して転職サポートが受けられます。 聞きにくい質問や、転職相談もキャリアアドバイザーにできるため、安心して利用できます。 また、マイナビエージェントの他に「マイナビ転職」も展開しています。 は求人の約8割が非公開求人となっており、マイナビ転職は幅広い求人掲載をしています。 それぞれ特徴がありますので、転職エージェントとなどの求人サイトを上手に使い分けると良いですね。 マイナビエージェントのメリット は、20代に信頼されている転職エージェントです。 20代の転職に強みを持ち、各業界・企業情報に精通したプロフェッショナルが力を持っています。 もちろん、転職未経験者にも丁寧にアドバイスをしてくれるため、大きな安心感があるのもの魅力だと言えます。 自分の強みがわからない人も、キャリアアドバイザーと壁打ちして見つけることができます。 マイナビエージェントのデメリット マイナビエージェントの課題点は、20代向けの転職に力を入れているため、 30代以上の転職、ハイキャリア求人が物足りないという部分です。 また、アドバイザーとの連絡が密におこなわれるので、窮屈に感じてしまう人もいらっしゃるかもしれません。 マイペースに転職活動をしていきたい人は、他の転職エージェントを活用するほうが良いです。 もう1つ、アドバイザーによって、サポートの質に差が生じるケースもあります。 知識不足のアドバイザーに当たってしまった、という声も利用した転職者から寄せられています。 マイナビエージェントの評判・口コミ は、パーソルキャリア株式会社が運営する求人サイトです。 こちらでは、求人サイト・エージェント・スカウトの3つが展開されているのが特徴です。 求人数はリクルートエージェントと同じ約10万件です。 求人数や質が非常によく、非公開求人も多く取り扱っているのが特徴です。 2009年には障がい者の採用支援する「dodaチャレンジ」を、2013年には海外勤務や外資系への転職・求人情報サイト「dodaグローバル」のサービス提供を開始させています! を利用すべき人としては「プロの視点で一定豊富な求人を絞って、提案して欲しい人」です。 この点が、リクルートエージェントとの大きな違いですね。 は、求人数もリクルートエージェントと同じくらい豊富ですが、は求人数を一定自ら吟味させるのに対し、dodaは一定アドバイザーが吟味した上で提案してくれるという違いがあります。 どちらが自分の好みなのか、いまいち分からない人は、両方相談してから、自分に合うほうで転職をスムーズに進めてみるといいのではないでしょうか。 dodaのメリット 上記でも少し触れたように、が扱っている 求人は大手企業案件や、比較的に高収入と言える企業案件が多いです。 他社とは被らない求人情報を保持しており、ライバルに差をつけて優良企業への転職成功の可能性も高くなっています。 は海外にも拠点を持っているため、海外への転職を希望する人にもオススメだと言えるでしょう。 また、スカウトサービスやヘッドハンティングサービスなど、転職に役立つサービスの充実も良い点として挙げられます。 dodaのデメリット の課題点は、 非公開求人は早い者勝ちになってしまう傾向にあることです。 求人数が多く規模も大きいので、それだけ登録者数も比例して多くなっています。 だからこそ、非公開求人の数が多くても、すでに他の人がエントリーしてしまっている可能性が高いのです。 非公開求人は全て見られるわけではなく、自分のスキルとマッチしているもの、希望しているものしか見られない点もネックです。 また、業界大手のため、1人のキャリアアドバイザーが担当する人数が多く、返事が遅くなってしまうこともデメリットと言えますね。 dodaの評判・口コミ は、 業界最大手で売上・転職決定数・求人数・登録者数、いずれも最大を誇る転職エージェントです。 営業職・ITエンジニア、業界別ではIT・通信・医薬業界に強いです。 転職者の強みを最大限活かせるようアドバイスをし、提出書類の添削・面接対策も徹底サポートしてくれます。 求人サイトだけでは得られない、会社情報を提供していますので、マッチング力も高いと好評です。 利用すべきオススメの人として「ある程度アドバイザーに決められるよりは豊富な求人の中で、一定数自分で吟味したい人」は、業界大手の1社としてに相談しましょう。 リクルートエージェントのメリット は、 求人の質・量ともに他社を圧倒しています。 求人案件の中には、外資系・海外勤務案件もあり、ハイレベルな転職を検討している人にもオススメです。 また、多くの企業との信頼関係を築いているため、企業に直接条件交渉を進めてもらえる場合がある点も、嬉しいところですね。 加えて、採用確率を高めるために、面接対策を充実させています。 のキャリアアドバイザーは「キャリアコンサルタント」の有資格者が多く見られるのも特徴です。 リクルートエージェントのデメリット 課題点として挙げられるのは、 メールなどの細かい対応が遅いという点です。 登録者数が多いので、キャリアアドバイザーが多数の転職者の対応をすることになるため、どうしても遅れてしまうのです。 また、担当者が転職者と求人のマッチングに積極的なので、 じっくり検討したい人には強引に感じてしまうこともあります。 また、は求職者担当と企業担当が異なる分業制なので、その両方のコミュニケーション不足によって、質の低い求人や、希望条件に合わないものをすすめられる、というケースもあったりします。 リクルートエージェントの評判・口コミ は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートなど、20代若手層に特化している転職エージェントです。 上記の4つのカテゴリの求人を多く保有しているので、正社員への就職・未経験分野への転職を考えている人におすすめです。 これまでに15万人以上をサポートしている実績もあり、正社員への就職を検討している人は安心して利用することができます。 求人数が特別多いエージェントではありませんが、正社員に就職する求人は数多く取り揃えています。 また、アドバイザーが親身に対応してくれるという声も多く、正社員就職に向けて徹底的に向き合ってサポートしてくれるのもの強みの1つです。 ハタラクティブのデメリット 懸念点としては、首都圏の求人の割合が非常に高いので、地方に住んでいる人との相性はあまり良くない可能性が高い点です。 首都圏以外に住んでいる人は、に一度登録してサポートしてもらえるかを確認しつつ、上記で紹介した他の転職エージェントも同時に利用することをおすすめします。 ハタラクティブの評判・口コミ を利用してみて良かったことは、エージェントが優秀だったということです。 私がどんな求人を望んでいるかヒアリングで聞いてもらったら、即座に理解して求人を探してくれました。 また、私が転職できるように面接での対応から服装、言葉遣いなどもすべて指導してくれたんです。 おかげで転職のためのスキルが上がったと思います。 実際、ハタラクティブのエージェントのおかげで転職できました。 満足してます。 悪かった点はとくにありませんが、前職からお給料がアップするような求人はほとんど皆無でした。 職場環境がよさそうな求人は結構ある感じですが、給料も高い求人も増えれば良いなと思います。 いずれにしても私の総合評価としては良い転職エージェントだと思ってます。 女性特化型転職エージェントの評判 @type女性の転職エージェントの総括評判 オススメ度 は、18年以上続いている転職エージェントです。 20代女性を対象に転職サポートをおこなっています。 専任のキャリアアドバイザーが、転職者の経験とスキルの棚卸しを行い、転職者に適した求人を紹介。 ワーク・ライフ・バランスに理解ある職場、女性が活躍しやすい会社を紹介してもらえるのも嬉しいところです。 自身の印象をアップさせるための「特別セミナー」も開催しています。 希望勤務地が上記のサポート対象外の場合は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつやへの登録がおすすめです。 @type女性のメリット は、 キャリアアドバイザーの年齢層が幅広く、多くが女性であること、これが良い点だと言えるでしょう。 万が一、男性アドバイザーになってしまっても、女性アドバイザーに変更も可能です。 「女の転職@type」も運営しているため、女性目線での取材レポートなど、幅広い情報が吸収できます。 働き方改革にこだわりを持ち、会社の雰囲気や風土も、しっかり調べられています。 だからこそ、応募先企業に対してベストな方法で、アプローチができているのかと思います。 は、相談会・転職セミナーを積極的に開催している点、アパレルやファッションなど、女性が有利な業界に強みを持っているのも魅力です。 @type女性のデメリット 課題点としては、 建設・物流といった業界の求人が少ないことです。 求人案件に偏りが生じてしまうので、幅広く紹介してほしいと考えている人には、あまり意味がないかもしれません。 タイプ女性の転職エージェントのサポートを受けることができない人は、やへの登録をおすすめします。 @type女性の評判・口コミ は、・に次ぐ業界第3位の転職エージェントです。 もともとイギリスで日本人夫婦が創業し、世界各国で事業展開しています。 日本で一部上場もしていますね。 もともと、そういった創業背景から、 業界で外資系企業に強いといった認識をされてきました。 しかし、最近はそういった外資系企業だけでなく、リクルートキャリアやdodaと近しい全領域を総合的にサポートするようになっているようです。 が、リクルートキャリア・dodaと異なるのは、ここ数年、分業制から両面体制へと変更した点かと思います。 業務効率的に大手エージェントは、分業制を敷く事が当たり前の業界ですので、この規模で両面体制にする事は非常に珍しく、画期的な取り組みと言えると思います。 両面型の場合、自分の担当コンサルタントが求人企業とも直接接点があるので、担当コンサルタントに直接、求人企業の内情や面接の対策をお願いすることが可能です。 そういった意味で、大手2社と同時に、は平行して活用しても良いのではないかと思います。 JAC社は、年収が現状600万円以上の求人案件を中心に取り扱っていますが、年収500万から600万円以上を目指す人にも十分チャンスはありますので、オススメです! は、年収が現状600万円以上の求人案件を中心に取り扱っていますが、年収500万~600万円以上を目指す人にも十分チャンスはあります! JACリクルートメントのメリット 上記で触れた通り、は求人数が多く、かつ、 両面制をとっているという点で、ある意味とても良いサービスを提供できる可能性があると思います。 もちろん、ここでも誰が担当者になるか次第ではありますが、個人的にはオススメできると思っています。 JACリクルートメントのデメリット これは他の中小規模の両面型の転職エージェントにも言える事ですが、担当者によっては、自分が担当している求人企業に決めようと、 バイアスがかかった情報提供や誘導が一定ある可能性がやはりあります。 ドライな言い方に聞こえるかもしれませんが、やはりビジネスですので、こればかりは一定は存在するのは止むを得ないと思います。 それが故に無料でサービスを受けられる、という転職者にとってのメリットもあると思いますので…。 上記のようなビジネス利害が存在するとは言え、コンサルタントを信用しないという態度ではなく、そういった冷静な視点はもちながら、上手く活用すると良いです。 JACリクルートメントの評判・口コミ は、株式会社レバレジーズが運営する IT・WEB系エンジニアに特化した転職支援サービスです。 技術開発の請負からスタートした会社ということから、技術系の知識に強いのが魅力です。 IT・Web業界のエンジニア希望の人、キャリアアップを目指す人を対象にしているのが特徴です。 では、コーディネーターとマンツーマンでカウンセリングをおこないます。 面談時間は、初回面談に90〜120分程度の時間をかけて、じっくりとヒアリングしていきます。 応募書類の作成・面接対策はもちろんのこと、給与・入社日、円満退社に向けたフォローまでしっかりサポート! レバテックキャリアのメリット は企業との信頼関係がしっかり築かれているので、高給与求人が多いのも魅力の1つだと言えます。 コンサルタントが優れた専門知識を持っていること、技術的な知識だけでなく、最新のIT業界の動向にも熟知しています。 最新技術セミナーにも積極的に参加し、常に知識をアップデートしている点も良いです。 開発現場のタイムリーな情報収集にも余念がなく、年間に3,000回もの現場訪問もおこなっています。 企業と転職者がベストマッチできるよう、努めています。 レバテックキャリアのデメリット IT・エンジニア求人に特化しているため、 IT・WEB業界以外への転職を考えている人には、不向きだと言えるでしょう。 もともとシステム会社だったということもあり、取り扱っている案件がエンジニアに偏っています。 関東圏以外の求人がまだ少ない点や、未経験者への求人紹介が難しい点も、注意しておきたい部分です。 また、大手エージェントと比較して、知名度が低い点・登録者数が少ない点も課題点だと言えますね。 レバテックキャリアの評判・口コミ は、最大級の求人サイトであるマイナビが運営している、 IT・WEB業界に特化した求人を扱う転職エージェントです。 IT・WEBエンジニアなどを対象にしています。 1万件を超える案件の多さは、 業界でもトップクラスで、dodaエンジニアITにも劣っていません。 の キャリアコンサルタントは元エンジニアなど、業界を熟知しています。 転職者の特性・キャリアプランを考慮し、質の良い求人を提案してくれるのも特徴です。 他社にはない独占求人を紹介してもらえる点も高評価を得ており、利用者の満足度が96. コンサルタントとの折り合いが悪いと感じた場合、担当者を変更できるのも良い点だと言えます。 通過率が高い理由は、担当者の話し方・声のトーンに至るまで、きめ細やかな面接指導をおこなっているためです。 また、コンサルタントが定期的に連絡をくれたり、結果のレスポンスが早かったりなど、親身に対応してくれる点も高評価ですね。 IT未経験OKという求人も多く取り扱っているので、第二新卒の人にも嬉しいです。 マイナビITのデメリット 課題点は、 未経験OKの案件は第二新卒を対象にしたものが多いという点だと言えるでしょう。 そのため、30代で未経験の業界へ転職する場合、やや厳しいと思います。 また、完全にIT関係に特化しているわけではありません。 IT業界にあまり詳しくないカウンセラーが、担当になる可能性もあるという点にも注意が必要です。 マイナビITの評判・口コミ 転職エージェントのオススメ利用法 上記で、大手・中小、特化転職エージェント8社について、メリットだけでなく、デメリットもぶっちゃけでお伝えしました。 ですので、それぞれの転職エージェントの評判は一定、分かったのではないでしょうか? 正直、どんな分野でも、 全てが完璧なサービスはなかなかないものです。 ですので、 それぞれのメリットやデメリットを理解した上で、自分自身が賢く付き合う、活用するといった姿勢が大事になります。 では、転職エージェントを賢く活用するためにはどうしたらいいのでしょうか? 結論からいいますと、転職エージェントは、業界大手2~3社、中小・特化1社を利用しましょう。 なぜなら、さらにはアドバイザーごとによって得意な業界・職種、サポートの質が全く異なるからです。 そうなると、あなたに合うエージェントを一回でピンポイントで探すのは困難です。 実際、担当者は選べないのが事実ですし、もしサポートの質が悪いアドバイザーが担当者になった場合、再び一からエージェントを探す時間的リスクもあります。 そのような、リスクを事前に回避する上でも、 あらかじめ3社ほどの異なるエージェントに登録しておき、自分に合っていてサポートの質が高いアドバイザーを比較できるようにしておくわけです。 今回ご紹介したエージェント8社をまとめておきますので、複数のエージェントに登録しておくことをおすすめします。

次の