日本 コロナ ピーク。 日本のコロナウィルスはもうすぐピークアウトする(と思う)理由

「コロナのピークは数カ月先」感染症の権威が語る本当に必要な予防策

日本 コロナ ピーク

日本には明るい未来が待っている事を信じて執筆しています。 2019年末に中国の武漢から発生したとされる新型コロナウイルスの拡大が止まりません。 発生当初アジアを中心に拡大した新型コロナウイルス( COVID-19)は、欧州に飛び出した瞬間から一気に世界的な流行へと拡大しました。 感染拡大を抑止する為に、各地で経済活動のストップが起こりました。 これらの懸念から、世界各国の株価は大暴落します。 参考記事: 欧州で特にコロナが猛威をふるっている国はイタリアです。 1月30日に初感染を確認してからわずか2ヶ月間で感染者が10万人に近づき、死者数は1万人を超えました。 画像出典:nippon. com 死者数ではイタリアが爆発的に増加していますが、感染者ではアメリカの増加ペースも大変な事になっています。 この世界的な新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大によって、世界各国が大規模な経済対策を行う事を表明しています。 参考記事: 幸いにして現状の日本は感染者数、死亡者数双方がら世界と比べてコントロールが出来ていると言えます。 外部リンク: この記事を執筆中に新しいニュースが舞い込んでしまいました。 増産も進める。 アビガンについては、安倍晋三首相が28日の記者会見で、正式承認に向けた手続きを始める考えを示していた。 アビガンを開発した富士フイルムHD傘下の製薬会社、富士フイルム富山化学(東京)が病院と連携して行う。 感染拡大が深刻化している状況を踏まえ、治験後は早期に承認される可能性がある。 生産能力拡大のため他社への生産委託も検討している。 出典:共同通信 画像出典:日経新聞電子版・アビガン錠 アビガンは感染拡大当初から、新型コロナウイルスへの効果が囁かれていました。 この記事の中にある正式な治験のプロセスはアビガン承認の最終段階であり、 予備の投与で明確に有効だった事が予想されます。 これからはら細かい計画を立ててエビデンスを取りながら禁忌や副作用、体重あたりの血中濃度を決めていきます。 通常の抗インフルエンザ薬よりも副作用が強いと言われるアビガンですが、エビデンスに基づき承認されれば、日本の企業が世界を救う事になるかもしれれません。 一方で経済活動においては依然として制限が強化され、新型コロナへの経済対策は現状では全く足りていません。 参考記事: また、確実に新型コロナウイルスへの感染リスクは私たちに近づいて来ています。 当記事では、この新型コロナウイルスのピークはいつなのか? 私たちがこの国難に対してどう向き合うのか? このような問題を、経済的観点から考えてみます。 新型コロナウイルスのピークは? 現在、新型コロナウイルス感染拡大においては様々な予測がなされています。 これは株式会社エムスリーが運営する医療情報サイトに掲載された、数理モデルを用いて感染拡大のピークを予測した報告に関する記事からの引用です。 しかし、ある一定の効果を得るには、6カ月間の長期にわたる対策が必要な可能性も示された。 引用記事は、2020年1月15日から2月29日までに報告されたCOVID-19の新規感染者数から流行のピーク期をSEIRモデルを用いて予測したところ 初夏から真夏にかけてが感染者数のピーク ではないか?という報告です。 メディアが感染拡大を報道する際は、累計の感染者数や新規発症者に注目しがちですが、当然回復された方もいるわけです。 そうすれば、日本の増加率のピークは意外と近いのではないかと予測されています。 SEIRモデルとは? 簡単にSEIRモデルを解説します。 SEIRモデル エスイーアイアールモデル とは感染症流行の数理モデルを言います。 【 Susceptible】 感染症に対して免疫を持たない人 【 Exposed】 感染症が潜伏期間中の人 【 Infectious】 発症した人 【 Recovered】 感染症から回復し免疫を得た人 これら感染症の拡大における4つの分類の頭文字をとってSEIRモデルと呼ばれます。 SEIRモデルでは、このようなグラフが形成されます。 新型コロナウイルスと経済 今、世界経済はリーマンショックを超えて、世界恐慌が訪れることが懸念されています。 昨今の世界の株価の暴落ぶりと経済活動の抑制を見れば、かつて1930年に起こった世界恐慌が現実になっても何ら不思議ではありません。 世界恐慌、大恐慌 英語:Great Depression とは、1930年代にアメリカを皮切りに世界的に起こった深刻な経済恐慌のことである。 大恐慌の時期は国によって異なり、ほとんどの国では1929年に始まり、1930年代後半まで続いた、 Wikipediaより引用 この世界恐慌は、豊かな国と貧しい国の両方に壊滅的な影響を与えました。 個人所得、税収、利益、物価は下落し、国際貿易は50%以上減少します。 また、米国の失業率は23%に上昇し、一部の国では33%にまで上昇しました。 当然日本もこの時期は大デフレ不況に陥り、農村では身売りが横行するなど国民の生活は困窮します。 この時の日本はいち早く動きました。 当時の大蔵大臣、高橋是清は金融緩和と財政出動によるリフレーション政策を行いました。 金融政策と財政政策をフル稼働させた結果、 日本は世界恐慌から世界で一番早くに脱却しました。 現在の新型コロナウイルスへの押さえ込みやアビガンの治験が成功など、現代日本でもいち早く恐慌から脱出する可能性を充分に秘めています。 それどころか、世界経済を救う事が出来るかもしれません。 その為にも、感染拡大の抑え込みと大規模な経済対策が実現できるかが今後の日本の課題です。 資産価格の暴落と資産運用 2020年に入り、株式の口座の新規開設数が急増しています。 ネット証券、口座開設が急増 株価急落で初心者参入 インターネット証券で新規口座を開設する個人が急増している。 楽天証券では2月の開設数が初めて10万を超え、3月は2月比で3割程度増えそうだという。 初心者が足元の株安を「投資を始める好機」と捉えている。 これまでの相場下落局面でも新規開設は増えたが、広がりは一時的だった。 個人投資家の定着には証券会社のアフターフォローが課題だ。 出典:日本経済新聞電子版 2019年末に24000円代だった日経平均株価が、3月には一時16000円代までに急落しました。 株式投資や資産運用を始める好機と捉える一人も多いでしょう。 国内消費や設備投資に大打撃を受けた今、余剰資金の中で資産運用を始める事は、日本経済にとっては良いことです。 参考記事: しかし今から資産運用を始めて成功させるには、重要視すべきポイントがあります。 一方で、本格的に世界恐慌に突入してしまえば、いくら日本国内のコロナが収束に向かったとしても日本経済は厳しい状況となってしまいます。 参考記事にも記してあるように、3月30日の現段階において発表されている日本政府の経済対策は充分と言えるには程遠い内容です。 確かに現状は国難と言っても良い状況ですが、ピンチはチャンスとも言えます。 暗くなっていても仕方がありません。 今、日本は世界を救い、世界経済への貢献が出来る絶好の機会も持ち合わせているのです。 結果としてそれらは、私たちの生活を守り、未来を明るくしていくのです。 過度な悲観はパニックの元となり、国の方向を誤った方向にシフトさせてしまう危険性を持ち合わせています。 今こそ私たちは冷静に状況を捉えて、未来に向けて出来る事を行っていく必要があると私は考えています。

次の

新型コロナウイルス感染者数の推移:朝日新聞デジタル

日本 コロナ ピーク

韓国とイタリアでは同じように2月20日前後に患者が急増している。 3月9日にはWHOの数字によれば、両国とも感染者数が7000人を超えている。 詳しく述べれば、3月9日はイタリアの感染者数は7375人、死亡者数は366人、韓国は7382人で、死亡者数は51人である。 つまり、両国においてはここからの経過がまったく異なっており、3月22日現在、イタリアは感染者数が5万3578名、死亡者数は4825人、韓国の感染者数は8697人で、死亡者数は104人にとどまっている。 感染者数においては国ごとの対応が異なったりする場合や、手洗いなど生活習慣の差などがあろうが、死亡者数に鑑みて一言で言えば、韓国は医療崩壊を免れてピークアウトしたといえよう。 感染者数激増の韓国が イタリアのようにならなかった理由 ここで韓国とイタリア、ドイツの医療提供体制において3カ国を比較してみよう。 筆者はイタリアについては、現地調査に行ったことがない国なので、もしかしたら誤解があるかもしれないが、すべてデータに基づいて考えてみたい。 まず特徴は、3カ国とも国民皆保険の国であるということである。 イタリアは100%国民皆保険の国であり、ドイツは収入の多い一定層は国の保険に入っていないため国の保険制度への加入は89. 4%であるが、その代わりに民間保険に加入することが義務付けられているので実質は100パーセントといっていい。 韓国、日本も100%国民皆保険の国である。 その点において、同じく感染者数、死亡数が急増しているアメリカとは全く異なる背景を持つ。 そうなると、比較のポイントとして、病床数(特に重症な患者を扱う急性期病床数)、医師数、そして医療レベル、付随的に、医療費といった視点で評価したい。 急性期病院の比率のみは、2017年のOECDデータによる。 韓国の急性期病床の「ー」は約7. 5 表を見ていただきたい。 最初に韓国である。 韓国については3月13日前後の各メディアの報道を見ると、「PCR検査を拡大したために感染者数が一気に増えて医療崩壊した」という指摘が目立ったが、それは一時的な現象にとどまり、最終的には医療崩壊を起こさずにピークアウトした。 その理由は何か。 一つはイタリアよりはるかに多い豊富なベッド数である。 OECDのデータからはわからなかったが、筆者の過去の調査では、韓国では急性期の医療が中心であり、ベッド数の60%以上は急性期ベッドで、日本とほぼ同じ比率である。 急性期病床の占有率(利用率)は10%ほど高いと思われる。 その点で病院の余力は少なく、医師数もヨーロッパよりは少ないが、乗り切ることができている。

次の

コロナで絶体絶命のイタリアと違い、日本で死者激増の可能性は低い理由

日本 コロナ ピーク

ヨーロッパの新型コロナウイルス感染ピークは1~2ヶ月先? 渋谷健司氏は、 イギリスでは5~6月がピークになると予測を立てています。 その上で、今後1~2ヶ月で、社会的な隔離がゆるくなると再び感染拡大が戻ってくると話しています。 パンデミックが収まるには、人口の60~80パーセントが免疫を持つまで続くだろうとし、 終息まで数年かかると予想。 一方で、イタリアでは高等衛生研究所(ISS)が3月31日に「 ピークに達した」と発言し、感染者数が今後は減っていくだろうと述べています。 少し減ってきたところで、急いで規制をゆるめれば上記の渋谷氏の予測とおりとないかねないだけに慎重に検討してほしいところ。 「 営業停止」や「 外出不可」という強い権限を持たない日本では、「 自粛要請」が精一杯であり、はたして日本ではどうなっていってしまうのか・・・。 日本でもし数ヶ月続いたら ヨーロッパではマスクをしない、頬をくっつけてあいさつする、食事前にあまり手を洗わないなど、日本との文化の違いがニュースにも取り上げられています。 これらに関しては日本ではあまりない文化なのでヨーロッパの感染爆発と比べることはできませんよね。 しかし、日本でも終息のメドが立たないことからも、まだ一気に増えてしまう可能性も否定できません。 渋谷氏の言うように、ヨーロッパで1~2ヶ月後にピークを迎えることになるのであれば、 日本もまだピークを迎えていないということもありえますよね。 もし、それ以上に長く続いたとして、夏を迎えてしまったらどうなってしまうのでしょうか。 7~8月には猛暑や豪雨が続き、外出しない人は節約のためにエアコンを使わなくなってしまう可能性があり、そうなれば 熱中症の恐れがあります。 さらに9月~10月にまでいってしまうと、 台風による災害とのダブルパンチが怖すぎます。 被災して家で生活ができなくなれば避難所で大勢が生活することとなり、一気に感染拡大になる可能性が高いでしょう。 ワイドショーなどでは、外出しないことで経済がヤバイという話をよくしていますが、もし今、地震が起きたらどうなってしまうのかという話題にも触れてほしいものです。 避難所ではどう対処するの? 地震や気象災害などで、避難所生活を強いられてしまったらどうすればいのでしょうか。 早めに発見し、別の部屋に移ってもらい対応するとのことなのですが、症状が出ないまま高齢の方に感染してしまっていたらあまり意味ない気もします。 国や自治体は、感染を食い止めることを優先的に行っていますが、もし 災害が起きてしまった時のガイドラインを早く作っておいてほしいんですよね。 新型コロナウイルスは未知のウイルスだったこともあり、対応が後手後手になってしまうのは多少仕方のないことかと思いますが、これでは東日本大震災の時と変わってないのでは!? 「想定外」では済まされないということを教訓にしたはずなのに・・・。 1つの問題が起きたら解決策を出し、さらに出たら解決策を・・・もう、2歩も3歩も先を見据えて最悪の事態に備えて対策を話しあってもらいたいものです。 日本は、地震大国だということを忘れていませんか? まとめ ヨーロッパでは、イタリアなどは新型コロナウイルスの感染拡大はピークに達したとし、今後は減っていくとの見解を示しています。 一方で、WHOの渋谷健司氏は、ヨーロッパのピークは今後1~2ヶ月後だとし、イギリスでは5~6月頃がピークになると予想しています。 今となっては世界中どこでも同じですが、「 今、大地震が起きたら」どういった対応をとるべきなのか明確な道筋を示してほしいものです。 2020. 2020. 2020. 2020. 29 2020年2月28日にとあるTeitterで、南極の氷雪が赤く染まっているのが投稿されました。 2月の中旬 […][…]• 2020. 2020. 23 2020年1月8日、気象庁を始めとした日中韓の研究チームが、温暖化がこのまま進めば台風のスピードが遅くなっていくと発表。 […][…]• 2020. 2020. 24 2019年9月からオーストラリア東部で燃え続けている大規模な森林火災。 2020年1月16日から18日にか […][…]• 2020. 2020. 28 毎年、必ず日本に被害をもたらす台風。 日本では「台風15号」「台風19号」などと言われていますが、他にちゃ […][…]• 2020. 2020. 23 インドでプラスチックからレンガを作る技術で商品化したインド人が2017年の学生時代に起業した。 インドのプ […][…]• 2020. 2020. 24 冬の風物詩でもある「札幌雪まつり」ですが、2020年は深刻な雪不足に悩まされています。 つどーむ会場では2 […][…].

次の