食べてすぐ寝る 向き。 寝るのはダメ!食後すぐ横になると牛じゃなくて逆流性食道炎になる!

» 食べてすぐ寝るなら左が下で胃もたれなら右が下

食べてすぐ寝る 向き

この記事の目次• 食べてすぐ寝ると太るのか? そもそもなんで 「食べてすぐ寝ると太る」なんて言われるようになったのでしょう? これには「BMAL1(ビーマル1)」という時計遺伝子が関係してくると言われています。 BMAL1とは「Brain and Muscle Arnt-Like 1」の略で、 夜に増加する時計遺伝子です。 BMAL1の量は午前2:00にもっとも増え、午後14:00にもっとも減る性質があります。 例えば、 夜0:00に寝る人がその直前に食事をしてしまうと、 BMALLの量が1番多い午前2:00付近で血糖値は高い状態になり、 脂肪が蓄積されやすいと言われてきました。 だから、 夜遅くにご飯を食べると太りやすいだろう。 と言われてきたのです。 しかし、実際どうなのでしょう。 BMAL1遺伝子欠損マウスによる実験 「正常なマウス」と「BMAl1遺伝子欠損マウス」を比較した実験では、 BMAL1遺伝子欠損マウスは脂肪肝やコレステロール結晶を引き起こしたという結果になりました。 しかし、 これはあくまでもBMAL1が欠損した時の話。 そもそもBMAL1は時計遺伝子であり、 脂肪代謝関連の「 制御」を行なっているものです。 だから、 このマウスを使った実験でも BMAL1を欠損させてしまうと体脂肪が増えたり、 インスリンが正常に分泌されず、糖尿病になりやすくしてしまうと言っているだけです。 それに、 私たちは全員「朝起きて夜に寝る」という生活リズムを送っているわけではありません。 午前0:00に起きる人は、朝食がもっとも太りやすいタイミングの食事になってしまいます。 逆にBMAL1は脂肪を合成するどころかインスリンと協力して働くことで、 タンパク質合成を助けるいう考え方もあります。 そのため、 身体を鍛えている「ボディービルダー」などの人は、 寝る前にプロテインを飲んで、血中アミノ酸濃度を高めておくのです。 また、夕食から寝るまでに2時間以上空けた方が良いと言われたりしますが、 岡山大学の研究で、 夕食後2時間以内に寝ても血糖値やHbAlcに悪影響はないとし、 むしろ、喫煙やアルコール摂取を控えるべきだとしています。 だから、 「筋肉をつけたい!」 「身体を大きくしたい!」というのであれば、 寝る前にステーキでも食べちゃえばバルクアップには良い方法なのかもしれません。 また、 ある程度であれば糖質を摂取してもさほど問題はないようです。 逆流性食道炎の危険性 だからと言って、 食べてすぐ寝るのは良いというわけではありません。 実は、 逆流性食道炎を引き起こす可能性があります。 最近テレビCMなどでも「逆流性食道炎」という言葉を耳にすることが増えてきましたが、 一体どういう病気なのでしょう? 逆流性食道炎とは 逆流性食道炎とは、 胃から胃酸が逆流して食道に炎症が起こり、 胸焼けやゲップなどの症状を引き起こす病気です。 食道には、 胃と違って粘液がないため酸に弱く炎症を引き起こしてしまいます。 本来、胃と食道の間には下部食道括約筋があり、この働きで食べ物が通るとき以外は閉じています。 しかし、 高齢者の人ははこの括約筋が弱くなることで引き起こされる可能性があります。 また、 食べ過ぎによって胃内圧が上昇したときや、 トレーニング中に腹圧がかかると胃内圧が上昇して引き起こされることもあります。 そして、 食べてすぐ寝ることも逆流性食道炎の原因になります。 これは横になることで胃酸が逆流するからと思われがちですが、 最近では食後に胃の上方に酸の層(acid pocket)ができて、 それがゲップによって胃酸を逆流されるため引き起こされると言われています。 ゲップしにくいように仰向けではなく「横向きになって寝る方が良い」という説もあります。 出典:New algorithm for the treatment of gastro-oesophageal reflux disease しかし、胃の形は人それぞれなので、 ・「右側を下にして寝る」 ・「左側を下にして寝る」 を試してみて、ゲップの出にくい態勢を選ぶと良いでしょう。 おすすめ記事 ・.

次の

「食べてすぐ寝る」はOK? 食後の寝る向きが重要だった!

食べてすぐ寝る 向き

食後すぐ寝るのはどうしてよくないの? 食後すぐに寝るのはよくないとされていて、根拠も存在します。 注意したいのは、寝るのが駄目だからといって、動くのが正解とは限らないことです。 しっかりと 消化のメカニズムを理解する必要があります。 胸やけ注意!逆流性食道炎を起こす! ? 食後にすぐに寝るのが体に悪いのは、食べ物を消化するための胃液が食道などに入り込み、炎症を起こすことがあるからです。 胸やけだと思っていた症状が、実際には 食道の炎症によって起こっていたというケースもあります。 逆流性食道炎という病気もあるので、食後すぐ寝るような習慣自体を、見直した方が良い場合があります。 食後すぐに眠ると太りやすくなる? 食後すぐに眠ってしまうと、血糖値のコントロールや代謝などが難しくなります。 起きていればエネルギーを消費する使い道が多く、無駄なくエネルギーを使えるようになります。 しかし、眠っている場合は、ゆっくりでも食事の消化が進み、使いどころのない血糖が脂肪にかわりやすくなるからです。 肥満が気になる場合は、 食後に休むタイミングをチェックする必要性があります。 夜寝る前は3時間前に食事を済ませるのがベスト! 食べ物の消化にかかる時間は、食べ物の内容によって異なります。 果物であれば20分から30分程度、野菜であれば1時間から2時間程度、ごはんやうどんなどの炭水化物は2時間から4時間程度と非常に長くなっています。 肉などのたんぱく質を消化させるには4時間から6時間もの時間がかかります。 多少の仮眠なら影響は少ない 食後の仮眠で10分から20分程度休むのであれば影響は少ないものの、しっかり休むのであれば身体に及ぼす影響も大きくなります。 夜寝る時は、就寝3時間前には最後の食事を終えておくのがベストです。 軽食で済ませるのであれば、量や内容応じて30分から1時間を目安に、起きている時間を調整するのがおすすめです。 横を向いて寝る時の左右にこんな違いが! 食後に横になって眠る場合、向きによって大きな違いがでてきます。 注意したいのは、人によって左右逆向きの方が良いケースがあることで、 自分の体質にあわせて選択することが重要になってきます。 左側を向いて寝る場合 食べ物は胃腸を通る時に、左から右に流れていきます。 右向きに寝ると食べ物が腸に向かいやすくなりますが、一方でその構造上の理由から、逆流性食道炎がおきやすくなるというデメリットがあります。 胃の形は左右対称ではなく、右向きに寝れば腸だけでなく食道にも食べ物が戻りやすくなってしまうからです。 食べ物と同時に胃酸が食道に流れ込み、食道に炎症を起こす危険性がでてきます。 左向きに寝れば胃のふくらみの部分に食べ物が収まるため、逆流性食道炎がおきにくくなります。 ただし、腸に食べ物が流れづらくなり、消化機能の妨げとなる場合があります。 右側を向いて寝る場合 健康的な消化器を持つ人や、胃下垂の人は右側を向いて寝る方が良いとされています。 メリットとデメリットは左向きと逆になりますが、健康な人であれば、下部食道括約筋がしっかりと働き、胃液や胃の内容物が逆流して食道にダメージを与えないといわれています。 下部食道括約筋とは、食道と胃のつなぎ目にある筋肉のことで、胃や食道が弱っていると、この筋肉の働きが衰えた状態になり、食べた物が逆流しやすくなります。 一般的に、右側を向いて寝る方が、食べ物が腸に流れやすくなるため、 消化不良がおきにくい等のメリットがあります。 寝る前に気をつけたいコトは何があるの? 寝る前に気をつけることとは、どのようなことでしょうか。 ここでは、 寝る前の過ごし方と休憩のとり方をみていきます。 食後の過ごし方 寝る前に注意したいのが、食後すぐに動いた場合も消化不良が起きやすくなるなど、体に悪影響を及ぼす危険性があるということ。 『食べた後にすぐに寝ると牛になる』という言葉もあり、牛になる=太るというイメージがつきがちです。 しかし、食べ物の消化には消化液を分泌するためのエネルギーも必要で、すぐに激しい運動をすると、消化器にいくはずの血液が不足して、消化管の血流不足から消化不良がおきやすくなり、かえって太る原因にもなります。 寝る際の左右が気になるからといって極端に動いても、デメリットの方が大きくなります。 意識がなくなると、体はリラックス状態になろうとしますが、胃に食べ物がある場合は、消化のための活動などをしなければならず、リラックスしきれないのがポイントになります。 横になるのは意識がある状態を指し、いつでも活動に移れる状態を指します。 目を閉じていても、意識があれば眠ったことにならないのがポイントです。 目を閉じているだけ、横になっただけでも、体力はある程度回復するため、うまく使い分けるのがおすすめですね。 こんな病気にご用心!寝る姿勢に着目 寝る姿勢によっては、身体の不調や病気につながる可能性もでてきます。 胸焼け 食事の量が多すぎる場合や、油ものや肉などに偏った食事をすると胸焼けが起こりやすくなります。 食べ物を見ただけで胸焼けがするのは、実際に胸やけをした時のことを思い出したり、想像したりしてしまうから。 左側を向いて寝るクセがついている場合は、消化不良が原因で胸焼けが起こっている可能性が高くなります。 肥満 肥満は消化不良によって起きることもあります。 消化不良は短時間の仮眠で起きるリスクは低く、食後にしっかりした睡眠をとると発生のリスクが高まります。 また、左向きに寝ると消化不良が発生しやすくなることもあるため、注意してください。 逆流性食道炎 逆流性食道炎は、胃液が食道に逆流し、食道にダメージを与えると発生する病気です。 胃液の影響で食道が炎症を起こしてしまい、放置すると内部出血が起こり、ガンなどの重大な疾患が発生しやすくなります。 食道は胸の辺りまで伸びているだけでなく、痛みを感じる神経が発達していないため、胸焼けと勘違いしやすいのが特徴。 食直後右向きに寝ると起こりやすくなります。 胸部やみぞおち辺りに違和感がある場合は、医師の診断を受け、治療することが必要になります。 寝る向きを考えて休息を! 食後に寝る向きは、思っている以上に身体に大きな影響を与えます。 どの程度寝るのか、食後の寝る前にどの程度時間を置くかも重要で、仮眠かしっかりとした睡眠かでも影響の度合いが変わってきます。 普段意識していない寝る向きと習慣が、病気や肥満の原因となっているケースあります。 身体への負担を意識して、健康的な生活習慣に変えていき、病気や肥満などの健康リスクを予防・回避していきましょう。 関連する記事• 2018. 12 ダイエットには、激しく体を動かしたり、長時間トレーニングをしたり、好きなものを好きなだけ食べられないといったネガティブなイメージがつきまといます。 実[…]• 2015. 29 自分では気がついていない、いびきの音を指摘されたことはありませんか?または、朝起きたときに口の中が乾燥して気になるということはありませんか?そのような[…]• 2015. 24 なかなか寝付けなかったり、しっかり眠ったはずなのに疲れが取れなかったりすることはありませんか?もしそのようなことがあるのなら、質の良い睡眠が取れていな[…].

次の

寝る前の食事は何時間前なら良い?守れてないのにダイエット成功中

食べてすぐ寝る 向き

こんにちは。 スタッフのミントです。 睡眠は、健康な生活を送る上で欠かせないものです。 しかし、ただ眠ればよいというわけではありません。 ぐっすり熟睡できないと、朝起きたときに疲れが残っていたり自律神経が乱れて頭痛やだるさ、冷え性やイライラなどの様々な体調不良を起こしたりすることもあります。 その日の疲れをその日のうちに取り除き、身体も心も元気な状態を取り戻すために、ぐっすりと質の良い睡眠を取るようにしたいですよね。 では、質の良い睡眠を取るためにはどうしたらよいのでしょうか? 寝具やパジャマを自分に合ったものにする、寝室の環境を整えるなど、質の良い睡眠のためには様々な方法がありますが、そのひとつに眠る時の姿勢があります。 正しい姿勢で眠ることで、身体の疲れを取り除き熟睡することができると言われています。 反対に、まちがった姿勢で眠ると腰痛や肩こり、身体のゆがみなどが引き起こされることにもなります。 そこで、睡眠時の正しい姿勢について考えていきたいと思います。 仰向け寝は理想の寝姿勢 仰向けや横向きなど、寝る時の姿勢にもいろいろありますが、中でも最も理想的な寝姿勢は仰向け寝だと言われています。 仰向けで寝ると身体の圧力が均等に分散されるため、血液が身体のすみずみまで循環しやすくなり、血栓ができにくくなります。 他にも仰向け寝には、寝返りが打ちやすい、呼吸が深くなるなど、熟睡するのに必要な様々なメリットがあります。 仰向け寝をする時には、手足を広げるようにします。 このような姿勢で寝ると、手足からスムーズに放熱されるので体温が下がりやすく、さらにぐっすりと眠れます。 また、仰向けで寝ると顔のしわやたるみを予防できるという、女性にうれしい美容効果も期待できます。 朝起きたときに身体が痛かったりだるかったりする場合は仰向けで寝ると体圧を上手に分散できて、痛みやだるさが解消されることがあります。 横向き寝の効果、メリット 横向きで寝ると舌根がゆるみ気道がふさがることを防ぐため、いびきを軽くしたり睡眠時無呼吸症候群を予防したりする効果があると言われています。 横向きと言っても、右向きと左向きがあり、その向きによっても身体に与える影響に違いが出てきます。 右側を下にして眠る右向きの姿勢の場合、心臓の位置が上になります。 更に、肝臓という重い臓器が右側にあることからも、右向きで寝ると心臓にかかる負担を軽くすることができると考えられています。 また、胃や腸は右側に消化器の出口があるので、消化器系の働きを良くする効果が期待できます。 左側を下にして眠る左向きの姿勢の場合、リンパ液の分泌を良くする効果があると言われています。 身体の左側はリンパが集中しているためそのような効果があると考えられており、老廃物や体内の毒素の排出を促すことが期待できます。 うつぶせ寝のメリット、デメリット うつぶせで寝ると心臓やお腹などが圧迫されるため、苦しいと感じる人も少なくありません。 ただ、太っていて首回りに脂肪が多かったり顎が小さく気道が狭かったりする場合、気道が狭くなって仰向けでは熟睡できないこともあります。 気道が狭くなると睡眠時無呼吸症候群を引き起こすこともあるため、そのような場合はうつぶせで眠った方が安全です。 ただ、うつぶせ寝は寝返りを打てる人であれば心臓やお腹が圧迫されることを軽減することができますが、自分で寝返りが打てない赤ちゃんやお年寄りにはおすすめできない寝姿勢です。 他にも、顎にかかる重さが大きいため、歯並びに影響を及ぼしたり顎関節症の原因になることが分かっています。 寝る時の姿勢によって、多くの身体への影響があります。 ただ、あまり寝姿勢のことを神経質に考えすぎる必要はありません。 好みもありますし、人によって効果の現れ方も様々です。 自分が寝やすいと感じられる姿勢、自分の体調に合わせた姿勢で寝るようにし、より熟睡しやすい寝姿勢を探してみるといいですね。

次の