カンナバーロ バロン ドール。 【サッカー】バロンドール トップ10 ランキング【1986年~2019年】

過去15年バロンドールの傾向と対策~オーウェン、ネドベド、カンナバーロ...~

カンナバーロ バロン ドール

また、バロンドール2017の最終順位を併せて発表している。 また、個人記録としても史上初のCL5年連続得点王を獲得した。 2008年と2013年、2014年 2010年以降はFIFAバロンドール 、2017年に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年連続の受賞となり、バルセロナのアルゼンチン代表FWと最多5回で並んでいる。 メッシは、所属するバルセロナでコパ・デル・レイ3連覇を達成。 また個人としてはリーガエスパニョーラで38得点を記録して得点王に。 この数字で、C・ロナウドと並び最多4度目のヨーロッパ・ゴールデンシューにも輝いている。 ネイマールは、昨シーズンまでバルセロナに所属していたが、史上最高金額の2億2200万ユーロでPSGに移籍している。 2016-17シーズンはCLで史上初の6試合連続無失点を達成。 さらに、国内ではセリエAとコパ・イタリアのシーズン2冠を達成している。 また、チームのリーグ・アン優勝に大きく貢献しCL準決勝進出の原動力となるなど、躍進モナコの象徴となった現・PSGのフランス代表FWが7位にランクインした。 候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止されている。 なお、今回発表された最終順位は以下の通り。 スペイン『アス』が対談の様子を伝えた。 フェリックスは昨シーズン、ベンフィカで公式戦43試合20得点11アシストを記録し大きく飛躍。 多くの欧州有力クラブを惹きつける人気銘柄として大きな脚光を浴びる中、クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ 約153億円 とも言われる移籍金でアトレティコに加入していた。 一方のカカ氏は、現役時代ミランやレアル・マドリーで活躍し、2007年にはバロンドールも受賞。 2017年に現役を引退している。 その風貌やスピードがどことなく似ている部分もある両者。 バロンドール受賞者と未来のバロンドール受賞が期待される逸材という豪華なコンビのやり取りを抜粋してお伝えする。 」 カカ 「最も難しいのは移行の最中だと思う。 下位カテゴリーから移行してプロになると、全く異なる世界で異なる状況に適応する必要がある。 選手は君に教え、歓迎し、助けてくれる。 それが私のキャリアの重要な瞬間だ。 難しいが同時に美しくもある。 君はすでにプロとして2年やっているが、自分の役割を理解している? 」 フェリックス 「僕にとっても最も難しいことでしたけど、試合以外ではそうでもなかったです。 なぜなら、ベンフィカのチームメイトが本当によくしてくれて、常に僕が元気かどうか確認してくれました。 チームと同じ土俵に立てば、うまくプレーできます」 「しかし、最も僕が影響を受けたのはメディアへの対処でした。 新聞や僕が以前フォローしていたSNSは、良いことを言ってくれた時は好きですが、そうでない時は好きではなかったです」 「ある時からそれを追うのをやめ、その後はしていません。 今の僕は元気で、ポルトガルからスペインのリーグに映りました。 今の僕にとって何が一番重要だと思いますか? 」 カカ 「君にとってベストなのはスペインの仕組みを理解することだ。 試合はどこでも同じだと思うかもしれないが、全く違う。 ブラジル、イタリア、スペイン、アメリカ。 これらは私がプレーした場所だ。 そして、違いがある」 「戦術がより重要な場所もあれば、よりテクニカルな場所もある。 周りの環境やアトレティコが世界で何を表しているのかを理解する必要がある。 今、君は素晴らしい場所にいる。 」 カカ 「2007年は私のキャリアのピークだった。 チームとしても個人としても。 チャンピオンズリーグの決勝に到達した時、セビージャとのヨーロッパスーパーカップ、日本でのボカ・ジュニアーズとのクラブ・ワールドカップ、そしてバロンドールを受賞した。 2007年は私にとっては素晴らしい年だ」 フェリックス 「あなたがその1年で達成したことは、選手がキャリアを通じて達成したいことだと思います」 カカ 「本当に素晴らしい年だった。 何か特別な夢はある? 」 フェリックス 「両方を勝ち取りたいです。 」 フェリックス 「はい。 11月には21歳になります」 カカ 「言い換えれば、次のワールドカップで23歳になる。 準備しなくてはならないね。 君と私はフィジカル的に似ていると思うし、君はとても攻撃的な選手だと思う」 「私よりテクニックがあると思う。 私はより攻撃的で、直線的だった。 しかし、私は比較が好きじゃないんだ」 フェリックス 「カカはカカ、フェリックスはフェリックスだと思います。 僕が小さい頃、あなたは私のアイドルの1人でした。 あなたのポスターを部屋に置いていましたし、こうしてあなたと話すことができるとは思ってもいなかったです」 2020. 14 18:50 Thu かつてはユベントスやレアル・マドリー、そしてイタリア代表としても活躍したファビオ・カンナバーロ氏が、リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクについて語った。 イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在は中国スーパーリーグの広州恒大で指揮を執るカンナバーロ氏。 現役時代はナポリ、パルマ、インテル、ユベントス、レアル・マドリー、そしてUAEのアル・アハリでプレーした。 レアル・マドリー時代の2006年にはイタリア代表としてワールドカップで優勝。 さらに同年には世界最優秀選手の証となるバロンドールを受賞している。 一方のファン・ダイクは、リバプールで昨シーズンのチャンピオンズリーグ CL 制覇の原動力となり、2019年のバロンドール受賞こそ叶わなかったが、その争いでバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと熾烈な一騎打ちも演じた。 惜しくも、カンナバーロ氏以来、13年ぶりにディフェンダーが受賞することにはならなかったが、カンナバーロ氏はディフェンダーがバロンドールを獲得するには運も必要だと明かした。 「私は昨シーズン、ファン・ダイクに祝福のメッセージを送ったが、ディフェンダーとして勝ち取ることは難しい。 必ずしも素晴らしいパフォーマンスやタイトルを獲得することが必要なのではない」 「 クリスティアーノ・ ロナウドや リオネル・ メッシのようなストライカーが目の前にいないという運も必要だ。 これが鍵だ。 メッシやC・ロナウドがいる場合には、1-0で試合開始しているようなものだ」 カンナバーロ氏の指摘通り、2008年以降はC・ロナウドとメッシの2強時代が10年続いた。 2018年こそレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞したものの、2019年は再びメッシが受賞しており、バロンドール受賞は本人のパフォーマンス以上に運も必要なのかもしれない。 2020. 11 20:55 Mon 元ブラジル代表MFカカ氏がパリ・サンジェルマン PSG に所属するブラジル代表FWネイマールのバロンドール受賞に太鼓判を押している。 ブラジル『Torcedores』が伝えている。 現役時代には、ミランやレアル・マドリーで活躍し、2007年にバロンドールを受賞したカカ氏。 その後は2018年まで続くポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの2強時代が到来したこともあり、カカ氏がブラジル人最後のバロンドーラーとなっている。 そんなカカ氏が、同胞ネイマールのバロンドール受賞の可否についてフランス『AFP』のインタビューで語っている。 「 ネイマールはバロンドールを受賞できるか? 私はそう思う。 彼は世界最高の選手であり、それについて疑いの余地はない。 ネイマールが必要なのは、チームでタイトルを獲得し、その主役の一人になることだ」 今シーズン前半戦こそ故障が相次いだネイマールだが、徐々に復調すると、リーグ戦7試合連続弾ゴールを記録するなど、さすがの存在感を放ち続けている。 PSGがチャンピオンズリーグ CL を制覇するようなことがあればネイマールのバロンドール受賞の可能性は一気に高まるだろう。 2020. 07 14:10 Fri 12月2日、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、バロンドールを受賞した。 2018-19シーズンは、ラ・リーガでチームが優勝。 自身もリーグ戦34試合で36ゴールを記録し得点王に輝くと、チャンピオンズリーグ CL でも準決勝まで勝ち進んだチームで12ゴールを記録し、得点王を受賞していた。 その活躍が認められ、バロンドールを受賞。 さらに、ザ・ベストにも選出され、個人として2つの賞を獲得した。 メッシにとって、今回のバロンドール受賞は通算6度目となる。 これは、永遠のライバルである、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド ユベントス と並び、歴代最多の受賞回数となった。 常に比較され続けてきたメッシとC・ロナウドだが、ここまでの道のりが同じだったわけではない。 今回はメッシのバロンドール受賞の歴史とともに、キャリアを振り返ってみようと思う。 22歳の時だった。 2007年に初めて最終候補3名に入ったメッシだったが、当時は3位。 カカ 当時ミラン が受賞し、C・ロナウドが2位、メッシが3位だった。 2008年は、C・ロナウドが初のバロンドール受賞となり、2位にメッシ、3位はサガン鳥栖でプレーし今シーズン引退したフェルナンド・トーレスだった。 2008-09シーズンのメッシは、ラ・リーガで31試合に出場し23ゴール12アシスト。 チャンピオンズリーグでは12試合に出場し9ゴール5アシスト。 コパ・デル・レイでは8試合に出場し6ゴール1アシストを記録。 チームは3冠を達成し、メッシが名実ともにスター選手への一歩を踏み出した年とも言えるだろう。 今ならメッシが手に入る!? FIFA最優秀選手賞とバロンドールを合わせた形での表彰が2015年まで続いた。 すると、メッシはこのFIFAバロンドールを3年連続で受賞。 2009年のバロンドールと併せて、4年連続で受賞することとなる。 そのメッシを支えたのは、バルセロナのチームメイトであり、2008-09シーズンに指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督 現マンチェスター・シティ だった。 ペップに率いられたチームは、前述の通り1年目でスペイン史上初の3冠を達成。 続く2009-10シーズンはラ・リーガを連覇。 2010-11シーズンはラ・リーガ3連覇とチャンピオンズリーグ優勝を達成した。 2011-12シーズンはコパ・デル・レイを制したものの、ラ・リーガとチャンピオンズリーグのタイトルは逃していた。 中盤にはアンドレス・イニエスタ 現ヴィッセル神戸 、チャビ・エルナンデス 現アル・サッド監督 がおり、ズラタン・イブラヒモビッチやダビド・ビジャ 現ヴィッセル神戸 らも所属。 世界屈指の攻撃ユニットが揃う中で、メッシもゴールを量産する。 2009-10シーズンは公式戦53試合で47ゴール13アシスト、2010-11シーズンは公式戦55試合で53ゴール24アシスト、2011-12シーズンは公式戦60試合で73ゴール29アシストを記録。 衝撃的なゴール率を残し、4年連続の受賞も納得と言える。 バロンドーラーが勢ぞろい! バロンドールも、2013年、2014年はC・ロナウドが受賞。 2015年はメッシが受賞したが、2016年、2017年もC・ロナウドが連続受賞となり、2人のライバル関係がより色濃くなっていった。 そして迎えた2018年、C・ロナウドが連続受賞する中、メッシは最終候補3名から姿を消した。 2007年に初めて最終候補に残って以来、毎年1位か2位に入っていたメッシがだ。 この年は、ロシア・ワールドカップでチームを準優勝に導き、チャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたことからルカ・モドリッチが受賞した。 2位にはC・ロナウドが入り、3位にはロシアW杯で優勝したフランス代表のアントワーヌ・グリーズマン 現バルセロナ が。 4位には同じくフランス代表のキリアン・ムバッペ パリ・サンジェルマン が入り、メッシは5位に終わった。 このシーズンは公式戦54試合に出場し45ゴール18アシストを記録したメッシ。 ラ・リーガとコパ・デル・レイの2冠を達成していたが、CLではベスト8敗退、ロシアW杯でも活躍できずに終わっていたことがインパクトを欠いたのかもしれない。 また、ケガも増えるようになり、メッシのキャリアは衰退に向かうとも予測が出ていたが、冒頭で紹介した通り、変わらずゴールを量産。 バロンドールとメッシ。 残りのキャリアで、あと何度受賞するかは分からない。 しかし、バロンドールをもって余りあるキャリアを積み、数字を残している。 世界最高峰のフットボーラーは、まだ色褪せてなんかいない。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》通算6度目のバロンドールを受賞したリオネル・メッシが、大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』 サカつくRTW に登場! メッシの他にも、バロンドール候補に入っていた選手たちが登場するガチャを開催中。 『サカつくRTW』で最高の選手たちを集めてみないか? 今ならメッシが手に入る!? 26 01:00 Thu ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、今年のバロンドールについて語った。 イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2019年のバロンドールは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶり6度目の受賞となった。 バロンドールの授賞式が行われた夜、イタリアサッカーの頂点を競うイタリアサッカー選手協会 AIC 主催の『グラン・ガラ・デル・カルチョ2019』がミラノで開催。 そこに出席したキエッリーニは、バロンドールについてコメント。 メッシの受賞は妥当としながらも、昨季レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞した件については、疑問があると語った。 「レアル・マドリーはC・ロナウドが受賞できないようにしたんだろう。 昨シーズンのバロンドールを本当に奪われた。 本当に奇妙だった」 「今シーズンはよりバランスが取れていたと思う。 敬意を払って、モドリッチは彼のキャリアの最高のシーズンでさえ、それに値しなかった。 C・ロナウドが勝ち取るのを止めたいと思っていた。 それは、マドリーからの合図だったんじゃないかな」 「彼はチャンピオンズリーグで優勝した。 しかし、その論理で行くと、 ヴィルヒル・ ファン・ダイクは今年、また去年は アントワーヌ・ グリーズマン、 ポール・ ポグバ、または キリアン・ ムバッペが受賞したはずだ。 ワールドカップで特別なことをしたからね」 2019. 03 12:55 Tue.

次の

ファビオ・カンナヴァーロ

カンナバーロ バロン ドール

セルヒオ・ラモス 写真提供:Gettyimages レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクのバロンドール受賞の可能性について言及した。 スペイン紙『アス』が報じている。 今年度のUEFA男子最優秀選手賞に輝いたファン・ダイク。 やと並び、バロンドールの最有力受賞候補の1人とみなされている。 ただ、ディフェンダーがバロンドールを最後に受賞したのは2006年の元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏まで遡るなど、守備的な選手は攻撃的な選手に比べて受賞が難しい賞とされている。 ただ、ラモスはファン・ダイクに受賞の可能性があると考えているようだ。 以下のように語っている。 セルヒオ・ラモス 「わからないけど、カンナバーロが勝ち獲ったなら獲れるんじゃないかな。 子供のころの夢をキープし続けるのは大事だし、そうすることで実現できる。 彼(ファン・ダイク)は素晴らしいシーズンを過ごしたと思うよ。 いつもメッシとロナウドが話題になるけど、それ以外の選手が受賞するのは美しいことだと思う。 彼が受賞できたら祝福するよ。 彼は本当にいいシーズンを過ごしたからね」.

次の

バロンドールはカンナバーロ

カンナバーロ バロン ドール

サッカーの2006年欧州年間最優秀選手に、ワールドカップドイツ大会でイタリアを優勝に導いた同国代表主将で、レアル・マドリード所属のDFファビオ・カンナバーロが初選出され、27日発表された。 カンナバーロはイタリア人では1993年のR・バッジョに続く5人目の受賞で、DFとしては96年のザマー(ドイツ)以来10年ぶりの栄冠となった。 サッカー専門誌「フランス・フットボール」選出の最優秀選手賞(バロンドール=黄金のボール)は欧州各国のサッカー記者の投票によるもので、2位はイタリア代表のGKブッフォン、3位はW杯準優勝のフランス代表FWのアンリだった。 ・・・カンナバーロが、バロンドールを受賞した。 とってもとっても納得した。 あのドイツW杯でのピッチでみせたカンナバーロは、脅威だった。 あのDFは、すごい!!サッカーでは、なかなか目立たない存在のDFだが、カンナバーロは、見る人を魅了した。 世界TOPのDFを見せられ、日本との差を痛感した。 DFが、10年ぶりに評価を受けたことにも意義がある。 ・・・.

次の