歯茎 に お でき。 口内炎が歯茎の付け根にできたのは普通?種類は?治し方?原因?予防方法は?

歯茎を引き締める成分とは?キレイな歯は歯茎の健康から!

歯茎 に お でき

歯茎は 咀嚼 そしゃく や発語などによって生じる歯の衝撃を吸収し、歯を支える重要な役目を担っています。 しかし、歯茎には日常的に多くの外力が加わっており、飲食物の刺激や口腔内で増殖する雑菌などによってダメージを受けやすい部位です。 このため、歯茎にはさまざまな症状が生じやすく、特に歯茎の腫れは発生頻度の高い症状のひとつです。 口臭がひどく、歯茎の腫れや出血が見られる• 歯茎にしこりができて徐々に大きくなり、全体的に腫れている• 歯の痛みに続いて周辺の歯茎にも痛みと腫れが生じた これらの症状がみられた場合、原因としてどのようなものが考えられるでしょうか。 歯茎が腫れる病気 歯茎の腫れは、好ましくない生活習慣によって引き起こされることもありますが、なかには以下のような病気が原因の場合もあるので注意が必要です。 歯茎に炎症を引き起こす病気 歯茎の腫れは歯茎に炎症を引き起こす病気によって生じることがあります。 原因となる主な病気は以下のとおりです。 歯周病 歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯石や歯垢などが溜まって細菌感染による炎症を引き起こす病気です。 発症初期は自覚症状がないことが多いですが、徐々に炎症が進行すると歯茎の腫れや発赤、痛みなどを引き起こし、些細な刺激で出血するようになります。 また、歯周ポケットが深くなることで歯を支える歯槽骨にまで炎症がおよび、歯の動揺や脱落を引き起こすことも少なくありません。 歯根嚢胞 虫歯( 齲歯 うし )が進行し、歯根部(歯の根っこ)にまで炎症がおよぶことで、歯根部に膿が溜まった 嚢胞 のうほう (ふくろ)を形成する病気です。 歯や歯茎に強い痛みが生じるばかりでなく、歯茎の発赤や腫れが生じ、 膿 うみ が流出して口臭の原因になることもあります。 歯根膜炎 虫歯の進行、歯への慢性的な強い外力などによって歯根部を取り囲む「歯根膜」に炎症が生じる病気です。 歯茎の腫れや痛みを生じ、特に歯茎を押したり食べ物を噛んだりしたときに痛みが強くなります。 また、歯が浮いたような感覚を生じることも少なくありません。 進行すると周囲のリンパ節が腫れたり、やあごの痛みを伴うこともあります。 含歯性嚢胞 智歯(親知らず)など歯茎の中に埋没して 萌出 ほうしゅつ (歯が生えること)しない歯の上皮組織から 嚢胞 のうほう が形成される病気です。 多くの場合、自覚症状がなく、レントゲン撮影などで偶然発見されることがほとんどですが、嚢胞が大きくなると歯茎やあごが腫れることもあります。 半埋伏歯、不完全埋伏歯など 主に智歯に見られる病気で、歯が不完全に萌出した状態となる病気です。 通常は特に症状はありませんが、食べカスなどの汚れが溜まりやいため歯茎に炎症を起こしやすくなって痛みや腫れを生じることがあります。 また、炎症があごの骨などに広がると口が開かなくなったり、顔が大きく腫れたりすることも少なくありません。 歯茎に生じる非炎症性の病気 歯茎の腫れは歯茎の生じる非炎症性の病気によって引き起こされることがあります。 原因となる主な病気は以下のとおりです。 歯肉がん 歯茎に発症するがんです。 珍しいがんですが、発症すると歯茎にしこりを形成し、進行すると大きくなったしこりの表面にただれや 潰瘍 かいよう を引き起こします。 そのため、痛みや出血を伴うようになり、歯茎が全体的に腫れた状態となります。 また、リンパ節転移を起こすことも多く、 頚部 けいぶ リンパ節にしこりが触れることがあります。 薬物性歯肉肥大 主にやの治療薬、免疫抑制薬の一種による副作用で歯茎が増殖する病気です。 歯茎が増殖することで歯茎の腫れを引き起こしますが、痛みや出血などの症状は伴いません。 一方で、歯茎と歯に隙間ができやすくなるのでなどを発症しやすくなるとされています。 歯肉線維腫症 歯茎が異常増殖を引き起こし、歯茎の肥厚が生じる病気です。 病変は歯茎全体におよぶことが多いとされています。 遺伝や不衛生な口腔環境などの後天的な刺激によって発症すると考えられており、小児では歯茎が過度に肥大化することで歯の萌出が見られないこともあります。 受診の目安とポイント 歯茎の腫れは日常的によく起こりうる症状であるため、軽く考えられがちです。 しかし、なかには早急な治療が必要な病気が潜んでいる場合もあり、治療が遅れることで抜歯や手術が必要になることも少なくありません。 そのため、症状が長引くときは病院を受診することがすすめられます。 特に、以下の場合はなるべく早めに病院を受診しましょう。 歯茎の痛みや出血などを伴う場合• 歯の痛みがある場合• 発熱などの全身症状がある場合• 腫れがひどくなる場合 など 受診に適した診療科は口腔外科ですが、まずは一般的な歯科医院を受診してもよいでしょう。 受診の際には、いつから歯茎の腫れが生じたのか、腫れの誘因、随伴する症状、現在罹患中の病気や内服薬などを詳しく医師に説明するようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 歯茎の腫れは日常生活上の好ましくない習慣によって引き起こされることがあります。 原因となる主な習慣とそれぞれの対処法は以下のとおりです。 不衛生な口腔内 口腔内は雑菌が繁殖したり、食べカスなどが溜まることで不衛生になりやすい部位です。 口腔内が不衛生な状態が続くとや虫歯を発症しやすくなり、結果として歯茎の腫れを引き起こすことがあります。 口腔内を清潔に保つには 毎食ごとに丁寧なブラッシングすることをはじめ、歯の隙間に残った汚れは歯間ブラシなどで丁寧に取り、歯垢を溜めないようにしましょう。 また、セルフケアでは除去しきれない歯石などは定期的に歯科医院でクリーニングを受けて除去してもらうのもひとつの方法です。 過度なストレスや緊張 ストレスや緊張感が続くと、無意識のうちに歯を食いしばることがあります。 その結果、歯茎に過度な負担がかかり、歯茎の腫れを引き起こすことがあります。 歯に負担を与えないためには 適度なストレス解消法や緊張感をほぐす方法を身に着け、過度なストレスや緊張を感じない生活を心がけましょう。 また、就寝中に無意識に歯を食いしばったり、歯ぎしりをしたりする場合は市販のマウスピースなどを使用するのもよいでしょう。 口呼吸 口で呼吸を続けると、口腔内が乾燥して歯茎に慢性的な刺激が加わった状態となり、歯肉増殖症を引き起こすことがあります。 口呼吸をしないためには 意識的に口を閉じて鼻で呼吸するよう心がけ、就寝中などは口の中が乾燥しないようにマスクを着用したり、室内を適度に加湿したりするようにしましょう。 よくならないときには 日常生活上の習慣を改善しても、歯茎の腫れがよくならないときは思わぬ病気が潜んでいることがあります。 軽く考えずに早めに病院を受診して、検査・治療を受けるようにしましょう。

次の

歯茎が下がる!健康な状態へ戻すため治療法と予防法│知りたいことはココにある【歯の知りたい!】

歯茎 に お でき

歯茎に水疱ができる場合の原因として考えられるものには、やけどや外傷による刺激によるもの、ウイルス性のもの、自己免疫疾患によるものなどあります。 ヘルペス性口内炎 単純性ヘルペスウイルスによる初感染で起こり、ほとんどは子供に見られますが、大人でかかる場合もあります。 口の中に多数の水疱ができて、それが破れて口内炎となり、強い痛みを出し、食事、会話すら困難になります。 発熱、倦怠感、顎下リンパ節の腫れ、強い口臭なども見られます。 <治療法> 抗ウイルス薬の投与、痛みに対しては消炎鎮痛薬、二次感染の予防として抗生剤の投与、口の中を清潔に保つためにうがい薬、トローチの投与が行われます。 また、食事が取れず、脱水症状も起こしている場合には入院をして全身管理のもと点滴やチューブで栄養補給などをしなければならない場合があります。 帯状疱疹 子供の時にかかった水疱瘡のウイルスが神経の付け根にのこっていて、抵抗力が落ちた時にそれが活性化して発症します。 歯茎などの口の場合にできる場合もあり、かなりの痛みを伴いますが、唇などにも現れますので他のものと区別がつきやすいです。 <治療法> 抗ウイルス薬、消炎鎮痛剤、抗生剤の投与が行われます。 また、うがい薬、トローチの投与も行われ、重症の場合は入院し、全身管理のもと点滴、栄養補給をする必要があります。 手足口病 コクサッキーA16 またはエンテロウイルス71などのウイルス感染で起こり、 名前の通り、手、足、口に多数の水疱を作ります。 口の中の水疱は破れて口内炎になり、唾を飲み込むのでさえも苦痛になるほどです。 子供に多い感染症ですが、大人でもかかることがあり、その場合は症状が重く出る傾向があります。 <治療法> 特効薬がないため、自然治癒を待ちます。 全身症状が強い場合は、症状を和らげる対症療法を行います。 様々な大きさの水疱が口の中を始め皮膚や性器に大量発生します。 のちに水疱は潰れ口の中は口内炎と次々にできる水疱でかなりの痛みを伴います。 <治療法> ステロイド薬の高用量投与、破裂した水疱の感染に対しては抗生剤投与が行われます。 噛んでしまったり、刺激を受けることで起こり、潰れてもまた繰り返しできてきます。 小唾液腺は口の中のいたるところにあるため、歯茎でも起こる場合があります。 <治療法> 2mm以下ほどの小さなものは様子を見ても問題ありませんが、大きくなる場合は手術で周囲の唾液腺と一緒に取ったほうが良い場合があります。 ヒリヒリと痛むことがあります。 <治療法> ほとんどの場合は自然治癒します。 心配な場合は医療機関を受診しましょう。 噛んでしまったり、歯ブラシなどで傷つけたりなどの刺激で起こります。 <治療法> 数日でなくなるため自然治癒を待ちます。 <治療法> 放っておいても自然治癒はしませんので、根の治療が必要になります。 <治療法> 消毒、炎症を抑える処置を行って、親知らずの状態により必要であれば抜歯をしたほうが良い場合があります。 潰したところから感染を起こす可能性がありますし、ウイルス性のものの場合は周りの人にうつしてしまう可能性もあります。 ウイルス性のものや尋常性天疱瘡などの場合は重症化する前に早めの対処が必要になります。 特に、尋常性天疱瘡は命に関わることもある重度の病気です。 歯根の周囲に膿が溜まったことによってできるフィステルも早めの治療が必要です。 放っておくと、骨がどんどん吸収されてしまい、最悪抜歯になる可能性もあります。 その後の感染が起こりにくくなるように口の中をうがいなどで清潔にしておきましょう。 また、やけどをして水ぶくれができてしまった場合、冷やすことが大事です。 冷たい水か氷を口に含み、患部を冷やして悪化を防ぎましょう。 ヘルペス性口内炎 <治療法> ・抗ウイルス薬、消炎鎮痛薬、抗生剤の投与、うがい薬、トローチの投与 ・ひどい場合には入院し全身管理のもと、点滴、栄養補給 2. 帯状疱疹 <治療法> ・抗ウイルス薬、消炎鎮痛薬、抗生剤の投与、うがい薬、トローチの投与 ・ひどい場合には入院し全身管理のもと、点滴、栄養補給 3. 手足口病 <治療法> 特効薬がないため、自然治癒を待つ 4. もし診察を受ける場合、潰れてしまってからでは正確に診断ができませんので、潰れる前に早めに診てもらいましょう。 関連カテゴリ• この記事に関連した診療•

次の

口内炎が歯茎の付け根にできる原因は?早く治す方法や予防方法はコレ!

歯茎 に お でき

歯茎は粘膜で覆われており、歯を包むように存在しています。 歯茎と歯の隙間には「歯周ポケット」と呼ばれる隙間があり、飲食物や唾液のカスなど、さまざまなものが溜まりやすくなっています。 このため、歯茎は口腔内の衛生状態が悪化すると炎症を起こしやすい部位です。 また、粘膜特有の病変ができて痛みを伴うことも少なくありません。 歯茎が腫れて痛みがある• 歯茎の痛み以外にも出血や歯の痛みがある• 歯茎に 潰瘍 かいよう のような病変ができて痛む このような症状が現れた場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。 歯茎の痛みが症状として現れる病気 歯茎の痛みはさまざまな病気によって引き起こされます。 歯茎の痛みの原因となる病気には以下のようなものが挙げられます。 歯茎の病変による痛み 歯茎の痛みは歯茎自体に以下のような病気がある場合に生じることがあります。 歯肉炎 歯の隙間や歯周ポケットに、飲食物のカスなどから形成される歯垢が蓄積し、細菌が増殖することで歯茎に炎症が生じる病気です。 歯茎の腫れや出血などを伴うことが多く、口臭の原因にもなります。 歯根膜炎 虫歯や 咬合不全 こうごうふぜん (かみ合わせがよくない状態)、などの過度な外力によって、歯根(歯の根っこ)を覆う歯根膜に炎症が生じる病気です。 歯茎の痛みだけでなく、咬合時の歯痛や、歯が浮いた感じ(挺出感)などを伴うのが特徴です。 歯肉がん 歯茎にできるがんで、中年以降の男性に好発します。 や飲酒、歯並びの悪さなどによる歯茎への刺激が発症の原因と考えられています。 一般的に、早期の段階では自覚症状はありませんが、進行してがんが大きくなると歯茎の腫れや痛みなどが生じ、歯槽骨や歯が溶解されて抜け落ちることもあります。 歯茎以外の部位の病気による痛み 歯茎の痛みは以下のような歯茎以外の病気によって引き起こされることがあります。 副鼻腔炎 ふくびくうえん 副鼻腔に炎症が生じ、鼻閉や鼻汁、頭重感、顔面痛などの症状を引き起こす病気です。 の中でも特に 上顎洞 じょうがくどう に炎症が生じているものは、上顎に痛みが放散して歯茎の痛みを自覚することがあります。 心筋梗塞、狭心症 心臓の冠動脈が狭窄・閉塞することによって生じる病気です。 発症すると非常に強い左胸の痛みや圧迫感、 灼熱感 しゃくねつかん が生じますが、歯茎に痛みが放散することがあります。 特に左下顎の歯茎に放散しやすく、突然痛みが現れた場合は注意が必要です。 受診の目安とポイント 歯茎の痛みは口腔内の衛生状態が悪化したときに生じやすく、日常的にもよくみられる症状です。 しかし、歯茎の炎症による痛みは放置すると進行して、最終的には歯を失う可能性も出てきます。 また、中には早急な治療を必要とする病気が潜んでいる可能性もあります。 歯茎の痛み以外にも腫れや出血、歯痛、潰瘍などがみられた場合や口腔内以外の部位に何らかの症状がある場合は病院を受診して適切な検査・治療を受けることが望まれます。 また、歯周ポケットに溜まった歯垢はブラッシングだけで除去することは難しく、歯科医院での専門的なクリーニングが必要ですので、特に症状がない場合でも定期的な歯科検診を受けることをおすすめします。 受診に適した診療科は一般的な歯科や口腔外科などですが、歯茎に潰瘍がある場合、他の身体症状がある場合はかかりつけの内科などで相談するのもよいでしょう。 受診した際には、いつから痛みがあるのか、痛み以外にどのような症状があるのかをしっかりと医師に伝え、前回の歯科検診の結果がある方は持参するようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 歯茎の痛みは日常生活上の習慣が原因になっていることがあります。 考えられる主な原因には以下のようなものが挙げられます。 口腔ケアの不足 口腔内はさまざまな飲食物、粘膜のカスが残りやすく、細菌が繁殖しやすい部位です。 このため、適切な口腔ケアを行わないと歯茎に炎症が生じやすくなります。 適切な口腔ケアを行うには 歯茎の痛みを予防するための口腔ケアで大切なのは、飲食後はしっかり歯を磨き、歯の隙間や歯周ポケットにカスを溜めないことです。 また、半年に一度は歯科医院で歯のクリーニングを受けることが推奨されます。 刺激物の摂取 歯茎はデリケートな粘膜で覆われています。 このため、過度な香辛料やアルコール、などの刺激で痛みを生じることがあります。 歯茎に刺激を与えないようにするには 歯茎への刺激を最小限に抑えるには、香辛料やアルコールは適量に控え、することが大切です。 また、歯磨き粉やマウスウォッシュ製品も刺激が強いものは痛みを伴う場合もありますので、口腔ケア用品を使用して痛みを感じた場合は使用を中止しましょう。 歯ぎしり 歯ぎしりやスポーツなどで歯を強く噛みしめる癖のある方は、慢性的に歯茎に強い外力が加わった状態となって痛みを生じることがあります。 歯ぎしりや歯の食いしばりをやめたいときには 歯ぎしりや歯の食いしばりは意識的にやめようとしても、中々上手くいくものではありません。 このため、睡眠時やスポーツをするときにマウスピースを装着するのがおすすめです。 自身の歯型に合ったマウスピースは歯科医院で作成できますので、思い当たる症状がある方は一度相談してみて下さい。 よくならないときは 日常生活上の習慣を改善しても、歯茎の痛みが改善しない場合はセルフケアだけでは除去できない歯茎周囲の汚れがあることや、何らかの病気が潜んでいることが考えられます。 中にはなどの生命に関わる病気が潜んでいるケースもありますので、放置せずになるべく早めに病院を受診するようにしましょう。

次の